葬儀で着る略礼服とは?男性・女性の略礼服と持ち物なども解説します

葬儀に参列する際の服装には、さまざまなマナーがあります。大人として恥ずかしくないよう、正しい知識を身につけましょう。今回は、葬儀で着る略礼服を中心に、喪服や葬儀に必要な持ち物についてご紹介していきます。略礼服について知りたいという方は、ぜひご参考にして下さい。

目次

  1. 葬儀での略礼服について
  2. 葬儀で着る服装の種類とは?
  3. 葬儀での略礼服とは?
  4. 略礼服の服装をご紹介
  5. 葬儀に参列する際の持ち物
  6. 葬儀後の法事の服装をご紹介
  7. 葬儀での略礼服に関するまとめ

葬儀での略礼服について

葬儀

葬儀に参列する際に着用する略礼服とは、一体どんな服装のことを指すのでしょうか。
そもそも葬儀での礼服には、「正礼服」「準礼服」「略礼服」など、さまざまな種類があります。

今回終活ねっとでは、葬儀での略礼服を中心に、服装や必要な持ち物について男女別に詳しくご紹介していきます。
以下のポイントに沿って解説していきますので、急な訃報に困った方は、ぜひこの記事をご参考にしてください。

  • 葬儀で着用する喪服の種類
  • 葬儀で着る略礼服について
  • 略礼服とは具体的にどんなものなのか
  • 葬儀には何を持って行けばよいのか
  • 葬儀の後の法事にはどんな服装で行くべきなのか

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀で着る服装の種類とは?

葬儀

葬儀で着用する服装には、さまざまな種類があります。
それぞれにどんな違いがあるのか解説していきます。

礼服の種類

葬儀で着用する礼服には格式があります。
「正礼服」「準礼服」「略礼服」「平服」について、ひとつずつ解説していきましょう。

  • 正礼服

    正礼服とは、礼服の中で最も格式の高いもののことを指し、葬儀では主に遺族や親族、喪主と言った主催者側が着用する礼服である。一般の参列者は、遺族や喪主よりも格式を下げた装いで参列するのがマナーとされている

  • 準礼服

    正礼服の次に格式の高い礼服が準礼服であり、一般的な喪服とは、準礼服のことを指している。準礼服は遺族も一般の参列者も着用できるので、大人ならば一着は用意しておきたい礼服と言える

  • 略礼服

    略礼服とは、簡略化された礼服のことを指し、ダークスーツや、カジュアルにならない地味な服装が略礼服にあたる。急な訃報で駆けつける仮通夜では、略礼服を着用するのがマナーとされている。喪服では、訃報を予期して準備していたようで、逆に失礼にあたる

  • 平服

    平服とは、上記のような略礼服のことを指す。「平服でお越しください」と言われた場合、かしこまった格式高い服装では、かえって失礼にあたるので注意が必要である

喪服と礼服の違い

「喪服」や「礼服」といった言葉をよく耳にするけれど、ふたつの違いについてはうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。
それぞれの服装の意味合いを、簡単にご紹介します。

まず「礼服」とは、冠婚葬祭で着用する正装のことを指します。
そしてその礼服の中でも、葬儀や法事の際に着用するものを「喪服」と呼びます。
喪服は「喪に服し、故人を偲ぶ」といった意味合いのある服装です。

つまり、喪服は礼服の一種というわけです。
「礼服」は冠婚葬祭で着用する正装の総称で、「喪服」は礼服の中のひとつであると覚えておきましょう。

葬儀での略礼服とは?

葬儀

葬儀に参列する際は、準礼服を着用するのが一般的です。
しかし、近年では葬儀に略礼服を着用する方が増え、略礼服での参列が主流となってきました。
また、ご近所などの地域の葬儀の場合は、略礼服でも良いとされている場合もあります。

故人から三親等までの親族は、正礼服を着用するのが良いとされています。
ですが、その他の親族や一般の参列者は、葬儀に略礼服を着用してもかまわないでしょう。

また、略礼服は葬儀の他に、仮通夜や三回忌以降の法要でも着用できます

略礼服=平服でOK

略礼服と平服の違いについて悩む方も多いと思います。
しかし、略礼服と平服は同じと考えて問題ありません。

「平服でお越し下さい」という招待状や案内状が届いたら、略礼服を着用して行きましょう。
この場合の平服は、ジーンズなどのカジュアルな普段着ということではありませんので、注意してください。

葬儀だけでなく結婚式などにも着れる

略礼服は、葬儀だけでなく結婚式などの慶事でも着用できます。
平服で良しとされた場合の結婚式や二次会、パーティー、更にはお子さんの入学式や卒業式など、略礼服は幅広いシーンで活躍する装いなのです。

男性の場合、スタンダードなブラックスーツに合わせるネクタイの色を変える事で、同じスーツでも弔事にも慶事にも対応できます。

略礼服の服装をご紹介

葬儀

礼服の一種である略礼服ですが、具体的にどのような服装のことを指すのでしょうか。
「平服でお越しください」とのご案内があった際は、かしこまった格式高い装いで赴いては、逆に失礼にあたります。

故人やご遺族に失礼のないよう、また、自身が恥をかかない為にも、略礼服がどんな服装なのか、大人としては知っておきたいところです。
略礼服とは一体どんな服装なのか、男女別に詳しくご紹介していきます。

男性の略礼服

男性の略礼服や、略礼服に合わせる靴やネクタイについてご紹介していきます。

基本はブラックスーツ

男性の略礼服の基本は、ブラックスーツです。
しかし他にも、濃紺や濃いグレーなどのダークスーツも、略礼服にあたります。

光沢のある生地や大柄なものは避け、無地かそれに近い地味なものを選びましょう。
ただし、色味が暗いからといって、ビジネスシーンで着用しているスーツを着用するのはNGです。
略礼服でないスーツはそもそものつくりが違うため、略礼服とは別物と考えてください。

略礼服のスーツは、ジャケットの襟にステッチがありません。
また、ジャケットの後ろの裾の切れ込み、つまりスリットがないノーベントです。
一方、ビジネススーツのほとんどはジャケットの襟にステッチがあり、動きやすいよう裾にスリットが入っています。

そして、略礼服のズボンの裾はシングルが基本です。
折り返しのあるダブル仕上げのものは「繰り返す」という意味合いから、弔事にはNGとされています。

また、略礼服のスーツは普通のスーツよりも、深い黒色の生地でつくられています。
普通のスーツを着て他の参列された方と並ぶと、その違いは一目瞭然です。
略礼服のスーツでないことがあらわになり、恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

インナーのシャツは、白無地のものを合わせましょう。
レギュラーカラーで、装飾のないものが好ましいです。

スーツはシングル?ダブル?

略礼服のスーツは、シングルでもダブルでもどちらでもかまいません
ジャケットの前のボタンが縦一列に並んだシングルのスーツは、正礼服であるモーニングやタキシードに多く見られるデザインです。

ジャケットのボタンが縦に二列あり、合わせ部分が大きく重なるダブルのスーツは、シングルよりもフォーマルな印象が強いです。
ダブルのスーツはお腹まわりをカバーしてくれる利点があるので、気にされている方はダブルのスーツを選ぶのが良いでしょう。

また、昔はダブルのデザインの方が貫録があるという理由から、シングルよりもダブルのスーツを選ぶ方が多かったと言います。
実際はシングルとダブルに格差はないのですが、「ダブルの方が格が高い」というイメージを持たれている方が多いようです。

意識して見てみると、年配の方はどちらかというとダブルのスーツを着ている方が多いのではないでしょうか。
しかし近年では、ダブルよりもシングルのスーツが人気な傾向にあります。

略礼服のスーツを選ぶ際にシングルかダブルかで迷ったら、ご自身の好みで選んで問題ありません。

ベストは着る?

略礼服のスーツは、ジャケットとズボンの他に、ベストがセットになった3ピースで販売されているものがあります。
モーニングやシングルのスーツの場合は、ベストを着用するのが基本だと言われています。

しかし、近年では葬儀で略礼服のスーツを着用する際は、ベストを合わせないのが主流です。
ベストはひとつの装飾品との考えもあり、葬儀の場ではあまり良い印象を持たない方もいるようです。

ただし、葬儀にベストを着用するのがマナー違反というわけではありません。
葬儀にファッション性の高い装いは不必要だと考える方がいるという事から、ベストを着用しないのが無難であると広まったようです。

靴・ネクタイ

まず、略礼服に合わせるネクタイについてご紹介します。
葬儀の際は、光沢のない黒無地のネクタイを選びましょう。
目立たないとしても、刺繍や柄が入っているものは避けてください。

ネクタイピンなどの光物や、装飾品は付けないのがマナーです。
また、ネクタイの結び方として、結び目にできるくぼみ、つまりディンプルを作るのはマナー違反になるので注意してください。

続いて、略礼服に合わせる靴についてご紹介していきます。
略礼服に合わせる靴は、黒の地味な革靴を選ぶのが一般的です。
金具などの装飾が付いていない、シンプルなものを選びましょう。

靴のひもを留めている部分のことを「羽根」と呼びますが、この羽根にはふたつの種類があります。
まず、足の甲を外側から包み込むようなデザインのものを「外羽根」と言い、こちらはカジュアルな印象のシューズです。

反対に、内側から羽根が収納されている「内羽根」と言われるデザインのものは、品があるフォーマルな印象のシューズだと言われています。
葬儀の際は、カジュアルな外羽根の皮靴ではなく、フォーマルな場にふさわしい内羽根の皮靴を履くのが正解です。

また、爪先の辺りに横一文字の縫い目があるデザインのものを「ストレートチップ」と言い、何の線も入っていないデザインのものを「プレーントゥ」と言います。
葬儀の際は、内羽根のストレートチップまたはプレーントゥの皮靴を履きましょう。

葬儀に履いて行く靴について、もっと詳しく知りたいという方は、以下の記事でご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説

訃報の知らせとはいつでも突然なものですよね。しかし、突然の葬儀の場でもその場に適した服装や靴は身に付けなければいけません。そんな葬儀の際の男性の靴には細かなルールがあるのをご存知でしょうか?今回は、男性が葬儀で履く靴の選び方や注意点について詳しく解説します。

女性の略礼服

女性の略礼服や、略礼服に合わせるアウターや靴についてご紹介していきます。

基本はブラックフォーマル

女性の略礼服は、ワンピースやアンサンブル、スーツなどの洋装が一般的です。
濃紺やダークグレーなどのダークカラーでも良いですが、基本的には光沢のない黒で揃えたブラックフォーマルを選びましょう。

略礼服を選ぶ際、女性は色だけでなく、サイズ感や露出度についても気を配る必要があります。
久しぶりに袖を通したら、とてもタイトな着こなしになってしまったという方は、買い替えが必要です。

葬儀での略礼服は、袖丈は夏でもひじが出ないもの、スカートの丈はひざ下からふくらはぎくらいの丈のものが相応しいです。
また、襟もとが大きく開いたデザインのものは避けてください。

合わせるアクセサリーは、一連のパールのネックレスと結婚指輪以外は必要ありません。

アウター・靴について

冬の寒い時期の葬儀には、コートなどの上着を着て行って問題ありません。
ただし、カジュアルなものや殺生を連想させる毛皮やアニマル柄のものは避け、黒や濃いグレーなどの落ち着いた色合いのものを選びましょう。

葬儀にはダウンや、フードが付いたカジュアルなコートは相応しくありません。
また、コートを着て行くのは良いですが、葬儀会場に入る前に脱いでおくのがマナーです。

続いて、略礼服に合わせる靴についてご紹介します。
葬儀の際は、装飾のないシンプルなパンプスを履いていきましょう。
ピンヒールなどのヒールが高すぎるものや細すぎるものは避けてください。

終活ねっとでは、葬儀の際に女性がどんな靴を履いたら良いのか、以下の記事にまとめております。
もっと詳しく知りたいという方は、ぜひこちらの記事もご参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!

女性が葬儀で履く靴はどんな点に注意すれば良いのでしょう。急な葬儀にも慌てないようブラックフォーマルを用意している方は多いでしょうが、靴はどうですか?黒い靴にも葬儀の場にふさわしい靴と履いてはいけない靴があります。今回は女性の足元のマナーをご紹介します。

葬儀に参列する際の持ち物

葬儀

葬儀にはどんなものを持って行くべきなのか、必要な持ち物についてご紹介していきます。

香典

香典とは、故人の霊前に供える現金のことを言います。
香典にはお線香の代わりと、葬儀で支出の多いご遺族にお役に立ててほしいという意味合いのあるお金です。

終活ねっとでは、以下の記事で香典袋の名前や金額の書き方についてくわしくご紹介しています。
香典袋の書き方に迷った際は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

数珠

数珠は、故人に向かって合掌する際に手にかける仏具です。
そんな数珠には、本式数珠と略式数珠の2種類があります。

宗派によって本式数珠の種類は異なりますが、略式数珠はどんな宗派でも使用できます。
迷った場合は、略式数珠を用意するのが良いでしょう。

また、男性用の数珠はひとつひとつの珠が大きく、女性用の数珠はひとつひとつの球が小さめであるのが特徴です。

袱紗(ふくさ)

葬儀に香典を持って行く際は、丸裸で持つのではなく、袱紗に包んで持参するのがマナーと言われています。
弔事の際の袱紗は、緑やグレー、紺色などの寒色系の色が一般的です。
弔事だけでなく慶事の際にも使用できる紫色の袱紗は、ひとつ持っていると便利です。

袱紗について詳しく知りたいという方は、袱紗についてまとめた以下の記事をぜひご参考にして下さい。

こちらも読まれています

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

ハンカチ

葬儀に着て行く服装にもマナーがあるように、小物であるハンカチにもマナーがあります。
男女ともに基本は白か黒の無地のハンカチが好ましく、派手でカジュアルなものは避けるのが一般的です。

しかし近年では、地味でシンプルなハンカチであれば問題はないとされています。
女性の場合、控えめなレースや刺繍が入っていてもマナー違反にはあたりません。

葬儀後の法事の服装をご紹介

葬儀

葬儀が終わった後の法事の際も、葬儀に着用した服装で出向いて問題ありません
今回ご紹介した略礼服は、葬儀だけでなく法事にも着用できます。

終活ねっとでは、法事の際の服装や身に付けるアクセサリーについて、以下の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

葬儀での略礼服に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀で着用する際の略礼服を中心に、服装や持ち物について以下のことをご紹介しました。

  • 葬儀で着用する喪服には正礼服や準礼服、略礼服など、さまざまな種類がある
  • 葬儀で着用する略礼服とは、平服と同じ意味であり、葬儀だけでなく結婚式などの慶事の際にも着用できる
  • 葬儀の際の略礼服とは、基本的に男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルの事を指し、合わせる靴やアクセサリーにもさまざまなマナーがある
  • 葬儀の際は、服装だけでなく持ち物にもマナーがあり、気を配る必要がある
  • 略礼服は、葬儀の後の法事でも着用できる

葬儀での一般の参列者は準礼服を着用するのが一般的でしたが、近年では略礼服での参列が主流となっています。
葬儀の後の法事や、結婚式などの慶事にも着用できる略礼服は、さまざまなシーンで活躍します。
略礼服はいざという時のために、一着は用意しておきたい礼服と言えるでしょう。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関するさまざまな記事を掲載しております。
ぜひそちらもご参考にして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「略礼服・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「略礼服・葬儀」についてさらに知りたい方へ

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!のサムネイル画像

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

通夜と葬儀の服装は同じ?男性と女性の服装や髪型のマナーも解説!のサムネイル画像

通夜と葬儀の服装は同じ?男性と女性の服装や髪型のマナーも解説!

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「略礼服・葬儀」についてさらに知りたい方へ

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!のサムネイル画像

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと