葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!

いざ葬儀を執り行うことになったとき、どのくらいの費用がかかるのか、安くする方法はないのか、気になる方も多いでしょう。 今回終活ねっとでは、葬儀費用をより安くする方法についてご紹介していきます。 あわせて、葬儀の種類ごとに必要となる費用やポイントも解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用を安くする方法について
  2. 葬儀にかかる費用はいくら?
  3. 葬儀費用を決めるポイント
  4. 葬儀費用を安くする方法をご紹介
  5. 葬儀費用を安くする方法のまとめ

葬儀費用を安くする方法について

お金

ご家族や兄弟など、人が亡くなった時には必ず葬儀を行うこととなりますが、葬儀にかかる費用は簡単に支払えるほど安い金額ではありません。
安くできる箇所はできるだけ費用を安く抑えたいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、以下のようなポイントを中心に葬儀費用を安くする方法についてまとめていきます。

  • 葬儀にはどのくらいの費用がかかるのか
  • 葬儀費用はどのようなポイントによって決まるのか
  • 葬儀費用を安くする方法について具体的にご紹介

今回の記事を参考に、葬儀費用を安くする方法について理解を深めてみてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用はいくら?

困った人々

葬儀を執り行う際に必要となる費用としては200万円程度が相場とされています。

これは、一般的な葬儀を想定した場合の相場ですが、葬儀には様々な形式のものがあるのはご存知でしょうか。
そして、どのような形式の葬儀を執り行うかよって葬儀に必要となる費用相場は異なってきます。

どのような形式の葬儀にどのくらいの費用が必要となるのか、葬儀の形式に応じた費用の相場について、以下で解説していきます。

葬儀ごとの費用相場

葬儀には、葬儀の規模やどのような儀式を実施するかによって様々な形式があります。
以下では、それぞれの形式の葬儀について、費用の相場に触れつつ解説していきます。

一般葬

一般的にイメージされる葬儀で、通夜、告別式から火葬など、葬儀に関わる一通りの儀式を行う形式の葬儀となります。
ご遺族やご家族のみならず、故人と縁のある友人や知人、会社の関係者など多くの方が参列する葬儀です。
一般葬にかかる費用は葬儀の形式の中でも最も高く100万円〜200万円ほどが費用の相場となっています。

こちらも読まれています

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

家族葬

家族葬は家族や親族のみで、または、家族・親族のみならず親しい友人や知人などをお呼びして小さく行う葬儀です。
家族葬は一般葬ほど参列者を呼びませんのでその分費用は安く抑えられ、60万円〜150万円ほどが費用相場とされています。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

一日葬

一日葬は、お通夜を実施せずに、告別式と火葬のみを1日で行う葬儀の形式です。
告別式を行いますので、故人とお別れをする儀式を行いつつ、費用も抑えられる葬儀の形式といえるでしょう。
費用は葬儀社によって異なってきますが、相場としては60万円くらいとされています。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

直葬

直葬は、火葬や埋葬のみを行って葬儀とする形式で、通夜や告別式などの儀式は行いません。
通夜や告別式に必要となる施設の費用や参列者を招いての会食、返礼品などに必要となる費用はかかりませんので、非常に安く葬儀を執り行えます。
費用相場としては、20万円〜40万円ほどとされています。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

キリスト教葬儀

キリスト教による葬儀の場合は、費用は約70万円〜80万円が相場とされています。
装飾など細部までこだわって実施する場合でも、かかる費用は120万円程度となりますので、仏式の費用よりも安く葬儀を実施することができます。

こちらも読まれています

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介

キリスト教の葬儀に参列したことがなく、作法が分からない、という方も多いはず。この記事では、キリスト教の葬儀のマナーをご紹介します。

神式葬儀

神式葬儀にかかる費用も、仏式葬儀の費用相場と比較して安い傾向になっています。
神式葬儀による葬儀費用は30万円〜50万円程度が相場となっています。

無宗教葬儀

無宗教葬儀とは、仏式やキリスト教式などの宗教にとらわれることなく、自由に執り行われる葬儀のことです。

無宗教葬儀の場合、自分たちで自由に葬儀を執り行えますので、一般的に必要な儀式であったり、仏教の風習であるお布施などもありませんので、一般的な相場というものがありません。

自分たちがどういう葬儀を実施したいのか、決めた予算の中で可能な葬儀を自由に実施できるのが無宗教葬儀です。

葬儀にかかる費用の内訳

葬儀費用には様々な項目の内訳があり、それぞれの内訳の項目にかかる費用の総額が葬儀費用として必要となる金額になります。

葬儀費用の内訳を大きく分けると、「葬儀一式に関連する費用」、「寺院関連の費用」、「接待飲食に関連する費用」に分けられます。

通夜や告別式、火葬などの儀式等の全般に関連する費用が「葬儀一式に関連する費用」となります。
「葬儀一式に関連する費用」は120万円程度が相場となっています。

「寺院関連の費用」は読経料や戒名料など僧侶や寺院へのお布施等として必要となる費用で、47万円程度が相場となっています。

「接待飲食に関連する費用」は通夜振る舞いや精進落としなど、参列者を振る舞うための飲食代で、参列者一人当たり2,000円程度が相場となっています。

終活ねっとでは、葬儀費用についてさらに詳しく書いている記事も用意しています。

葬儀にはどのくらいの費用がかかり、その内訳はどうなっているのかについて解説していますので、今回の記事とあわせてぜひお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用を決めるポイント

お金

上記では葬儀にはどのくらいの費用がかかるのか、葬儀費用の相場や葬儀費用の内訳について整理してきました。

では、葬儀にかかる費用はどのようなポイントで決まってくるのでしょうか。
ここでは、葬儀費用を決めるポイントについて、いくつかの項目に分けながら整理していきます。

葬儀の内容

葬儀費用の中で最も費用がかかる項目が、葬儀一式に関連する費用です。
つまり、どのような葬儀にするか、その内容によって費用が大きく左右されます。

最近では、葬儀会社各社においても様々なオプションを用意しており、葬儀社が用意するオプションを申し込むかによって費用は大きく変わってきます。

司会進行をプロの方にお願いしたり、ご遺体を特殊な技術で衛生的に保つためのエンバーミングなどオプションを多数つけるとその分、費用の総額は大きくなってきます。

どのような葬儀にするか、葬儀社が用意するオプションを付けるかによって葬儀費用は異なり、葬儀費用を決める大きなポイントとなります。

葬儀の規模

葬儀の規模も、葬儀費用を決める大きなポイントです。
何名くらいの参列者が参加するかによって、接待飲食に関連する費用は大きくなってきますし、参列者分の返礼品にかかるか費用も大きくなります。

接待飲食に関連する費用は、お一人2,000円程度が相場ですが、参加者数が増えれば増えるほどその費用は大きくなってきます。

また返礼品も、お一人500円〜1,000円程度が相場とされていますが、参列者分の品物を用意することを考えると、葬儀の規模によっては大きな費用となってきます。

葬儀の華やかさ

葬儀を彩る様々な装飾についても、費用がかかる項目の一つとなります。
葬儀ではどのような祭壇にするのか、祭壇を飾る生花を豪華にアレンジするのかなど、葬儀の華やかさも費用の内容を決めるポイントとなります。

祭壇にかかる費用も安いもので10万円程度から、豪華なものを選ぶと100万円ほどの祭壇もあります。

葬儀の華やかさをどの程度求めるのかによっても、葬儀費用総額は違ってきます。

葬儀を執り行う地域

葬儀を執り行う地域によっても、葬儀費用は違ってきます。
通夜や告別式を実施する斎場の利用料や火葬場の利用料など、その施設のある地域によって料金が異なってきます。

また、地域の風習によっては、通夜や告別式の後の会食に参列者は招かず、ご家族・親族のみで実施する地域もあります。
このような地域であれば、接待飲食に関連する費用は抑えられます。

葬儀を執り行う地域の風習なども葬儀費用を決めるポイントとなります。

葬儀費用を安くする方法をご紹介

お金

ここまで、葬儀にはどのくらいの費用がかかるのか、その相場や内訳についてご紹介してきました。
では、これらの費用を安く抑えるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

以下では、葬儀費用を安く抑えるための具体的な方法についてご紹介していきます。

葬儀にかかる費用は決して手軽な金額ではありません。
少しでも経済的に予算を組めるよう、ここで紹介する方法を押さえておいてください。

葬儀会社を見極める

最近では、葬儀について葬儀会社に相談する方が多いでしょう。
インターネットなどを通じて葬儀会社を調べると、多数の葬儀会社があり、どこに相談して良いか迷ってしまう方も多いかもしれません。

各葬儀会社にはそれぞれの特徴があります。

予算を重視するのか、ご家族やご遺族の意向を重視するのか、葬儀を行う際に重視するポイントと各葬儀会社の特徴を照らして、希望に合った葬儀会社を選ぶことが重要です。

葬儀費用の見積もりを出す

葬儀会社に葬儀を依頼する場合、まずは事前にどのくらいの予算が必要か、見積もりを出してもらうことになります。
見積もりを出す際には、葬儀会社を一社に絞らず、複数の葬儀会社に見積もりを依頼しましょう。

同じような葬儀の内容でも実際にかかる費用は葬儀会社によって異なってきます。

一社の見積もりだけでは、同じ内容でも一般的な相場と比較して安いのか高いのか、ご自身が検討している内容と照らし合わせて妥当な費用なのか、検討することができません。

2〜3社の葬儀会社に見積もりを依頼し、複数の見積もりを出してもらって比較することが、葬儀の費用を安くするポイントとして重要です。

家族葬であれば会場を自宅にする

葬儀形式が家族葬の場合、ご家族やご親族のみで葬儀を実施しますので斎場などを使わず、ご自宅などで小さく実施すれば、斎場を使用するための費用はかかりません。

また、葬儀社に依頼せずご自身で準備を進めれば、葬儀社のスタッフの人件費なども抑えられますので一般的な相場よりも費用を安く抑えることも可能です。

市民葬・区民葬にする

区民葬・市民葬は、区や市が用意した葬儀の内容、料金等に基づいて実施される葬儀です。

葬儀自体は、区や市と提携している葬儀社が執り行いますが、一部の自治体によっては自治体が行なう場合もあります。

費用は各自治体によって異なりますが、約20万円〜30万円程度が相場となっていますので、最低限の費用で葬儀をあげたいと考えている方は検討してみると良いでしょう。

補助金などをもらう

葬儀にかかる費用は非常に高額ですが、全てを個人で負担しなくても、各自治体に申請することで補助金をもらえる場合もあります。

故人が国民健康保険か社会保険に加入していた場合、自治体に請求することで給付金を受け取ることができます。

国民健康保険加入者の場合、葬祭費として3万円〜5万円程度の補助金が給付されます。
金額については自治体によって異なりますので、お住いの市区町村に確認してみる良いでしょう。

社会保険加入者の場合、埋葬費として一律5万円の補助金の給付があります。
こちらは、故人の勤め先か社会保険事務所への申請が必要となります。

葬儀保険に加入する

葬儀にかかる費用は高額のため、急な事態で十分な蓄えがなかったりということも考えられます。
親族に負担をかけないためにも、葬儀保険に加入しておくという手段もあります。

葬儀保険は少額短期保険のため、どなたでも加入しやすい点がメリットです。

相続財産を葬儀費用にあてる

故人の残した財産を葬儀費用に充てるということも可能です。

故人の相続財産を葬儀費用に充てる場合、相続財産から差し引くことができる費用と差し引くことができない費用があります。

どの費用が差し引けて、どの費用が差し引けないかは法律事務所などに相談すると明確になりますので、相続財産から払うことを検討する場合には、法律家に相談してみるのが良いでしょう。

葬儀費用を安くする方法のまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀費用を安くする方法について解説してきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀にかかる費用は200万円程度が相場。ただし、葬儀の形式や宗教によっても相場は異なる。
    葬儀費用は「葬儀一式に関連する費用」、「寺院関連の費用」、「接待飲食に関連する費用」に大きく分けられる。
  • 葬儀の内容、葬儀の規模、、葬儀の華やかさ、葬儀を執り行う地域が葬儀費用を決めるポイントであり、ご自身の予算を検討する上で考慮する必要がある
  • 葬儀費用を安くするには事前に見積もりを出したり、葬儀社を見極めることが大事である。
    また、補助金の給付を受けることができる場合もあるので、事前に情報収集して経済的にする方法を選択することが重要

今回の記事を参考に、葬儀に必要となる費用の相場を把握した上で、費用を安くするための方法にはどのような方法があるのか整理してみてください。

「葬儀・費用・安く」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・安く」についてさらに知りたい方へ

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

沖縄県での葬儀にかかる費用の平均は?内訳や安く抑えるコツも解説のサムネイル画像

沖縄県での葬儀にかかる費用の平均は?内訳や安く抑えるコツも解説

葬儀の祭壇のランクとは?戒名や霊柩車など葬儀に関するランクを解説のサムネイル画像

葬儀の祭壇のランクとは?戒名や霊柩車など葬儀に関するランクを解説

葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!

葬儀の欠席を伝える文例って?内容や伝え方・注意点までご紹介!のサムネイル画像

葬儀の欠席を伝える文例って?内容や伝え方・注意点までご紹介!

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説のサムネイル画像

ノーメイクはNG?葬儀のメイクマナーから髪型や服装のマナーも解説

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介

葬儀での袱紗は紫色がおすすめ?その理由と数珠の色についてご紹介のサムネイル画像

葬儀での袱紗は紫色がおすすめ?その理由と数珠の色についてご紹介

カトリック葬儀の流れとは?マナーや費用、服装についてもご紹介のサムネイル画像

カトリック葬儀の流れとは?マナーや費用、服装についてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・費用・安く」についてさらに知りたい方へ

海外での葬儀費用はいくら?日本の平均費用と比較してみました!のサムネイル画像

海外での葬儀費用はいくら?日本の平均費用と比較してみました!

葬儀に参列する際の流れや時間をご紹介!服装や持ち物も解説します!のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間をご紹介!服装や持ち物も解説します!

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀前に行う死化粧の流れとは?誰がするの?湯灌との違いも解説!のサムネイル画像

葬儀前に行う死化粧の流れとは?誰がするの?湯灌との違いも解説!

葬儀にストールは付けていってもいい?冬の葬儀の服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀にストールは付けていってもいい?冬の葬儀の服装マナーもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと