葬儀用の男性の靴の色・素材・デザインは?葬儀の服装、持ち物も紹介

男性が葬儀に参列する際にどんな靴を選べば葬儀用の靴として適しているか、悩んだことはありませんか? 男性が葬儀に参列する際の喪服にはどのようなデザインや色の靴を合わせたらいいか、葬儀用の靴におけるマナーについて学んでおきましょう。

目次

  1. 葬儀用の男性の靴について
  2. 葬儀用の男性の靴はどんなものがベスト?
  3. 選んではいけない葬儀用男性の靴は?
  4. 女性・子供の葬儀用の靴は?
  5. 葬儀の服装に関する男性の注意点
  6. 男性の葬儀での身だしなみ・持ち物について
  7. 葬儀用の男性の靴まとめ

葬儀用の男性の靴について

葬儀

訃報というものは、いつも突然来るものですよね。
しかし、急場と言えど葬儀の場では相応しい格好というものが求められます。

「オシャレは靴から」という言葉もあるように、意外と足元は目に付くものです。

今回終活ねっとでは、葬儀用の男性の靴について靴を選ぶ時にどんなことに気を付けて選んだらいいかなどを以下の点に焦点を当て詳しく解説していきます。

  • 葬儀用の男性の靴には、どんな靴を選ぶのが適切か。
  • 葬儀に履いて言ってはいけない靴とは?
  • 一緒に参列するご家族の靴はどうしたらいいか。
  • 身につける小物のマナー
  • 葬儀に参列する際の身だしなみについて

いざ葬儀の場で恥ずかしい思いをしないためにも、この記事をきっかけに学んでいただき、もしもの時に備えていただければと思います。

ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀用の男性の靴はどんなものがベスト?

葬儀

葬儀用の男性の靴には、どんなものを選ぶのが適切なのでしょうか?
マナーにあまり詳しくないという方でも、葬儀=黒というイメージをお持ちの方は多いと思います。

では、葬儀用の靴の色は?デザインは?飾りがあってもいいの?など、気になる点は多いですよね。
ビジネスの場なら、目にひくようなデザインも決して悪いものではありません。
ですが、果たして葬儀の場でもそれは当てはまるのでしょうか?

何を基準に、どんな葬儀用の男性を選ぶのが適切か、以下で詳しく解説させていただきます。

靴の色は黒にしましょう

当然ですが、葬儀に参列する際は、普段のカジュアルなファッションではマナー違反になります。
冠婚葬祭の際に着用する礼服の内、黒色のものを「ブラックフォーマル」と呼びます。

喪服は総じて、男性は黒のスーツを着用することが多いと思います。
ですので、靴もスーツの色に合わせて黒色のものを選ぶようにしましょう。

尚、葬儀の場において、薄い黒やグレーに近い黒を着用することはマナー違反とされていますので、漆黒のものを選ぶと良いでしょう。

中敷に関しては、そう神経質になる必要はありません。

ですが、靴を脱いだ際に気になるという方はベージュや紺色など落ち着いた雰囲気の色合いのものを選ぶのが無難と言えます。
100円ショップなどで黒色の中敷を購入し一時的に色を変更するというのも1つの手と言えるでしょう。

葬儀用の靴は内羽式が基本

葬儀用の靴は色だけではなくデザインにも注意が必要です。

葬儀用の靴を選ぶ際には、「内羽式」と呼ばれるデザインのものを選ぶのが適切です。

内羽式とは、靴紐を通す部分が内側に収納されている仕様のことです。
「落ち着き」「上品さ」「スマート」と言った印象を与えるデザインになります。

フォーマルな装いを求められる葬儀の場では、相応しいデザインと言えるでしょう。

一方、靴紐を通す部分が外側に出ているデザインの靴を外羽式と呼びます。
外羽式はスニーカーやブーツなどに多く、「軽快」「無骨」と言った印象を与えてしまうデザインになります。
ですので葬儀の場に相応しいとは言えません。

ストレートチップかオープントゥ

ストレートチップとオープントゥというのは、あまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか?

ストレートチップとは、靴の先端のデザインの呼び名です。
革の切り替え部分が一文字(ストレート)になっているものを指します。
切り替え部分に穴飾り(メダリオン)がないものほど、冠婚葬祭向けと言われています。

ストレートチップの他に、葬儀には適さないデザインとして「Uチップ」や「ウィングチップ」が挙げられます。
この二つのデザインについては、記事下部で説明させていただきます。

オープントゥとは、トゥ、つまりつま先が空いている靴のことを言います。
男性用の革靴ではあまり見かけるデザインではありませんが、女性用のパンプスなどでよく用いられるデザインです。

スリッパなどによく用いられる形状で、極端にカジュアルな印象を与えてしまいます。
また、つま先という言葉から「妻が先に逝く」という連想をさせるため、一般的にはNGとされています。
冠婚葬祭の場では避けるべきデザインと言えるでしょう。

上述のことから、男性が葬儀に履いていく靴では「ストレートチップ」で、かつ「内羽式」のデザインが最も格式が高いとされています。

またデザインとしては、金具などの装飾が付いたものもカジュアルな印象となってしまいます。
なるべく装飾のないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

靴の素材は?

色やデザインの他に、使われている素材にも注意が必要です。

葬儀用の靴の素材は、合皮か本革が良いでしょう。
本革は「殺生をイメージさせるため葬儀では避けるべき」と言う方も中にはいらっしゃるでしょう。
ですが最近は、本革の靴を履いてくる方も多くいらっしゃいますので、予算やお好みで選択しても構わないでしょう。

スエードやナイロンといった素材は、カジュアルな印象をあたえてしまうため、葬儀の場にはふさわしくありません。

選んではいけない葬儀用男性の靴は?

困った人々

ここまでは、男性が葬儀に参列する際にどんな靴を選ぶのが適切かを解説してきました。

ですが訃報とは突然くるものです。
いきなりの報せに必ずしも万全な装いで望めるとは限りません。

では、急場と言えど絶対に避けなければいけない靴とはどんなものがあるでしょうか?
以下ではいくつかのポイントに分けて詳しく解説していきます。

ローファー

葬儀の場において、靴紐のないローファーを着用することはマナー違反になります。

冠婚葬祭の場でローファーを履いても良いとされているのは、参列者が学生の場合のみとなります。
ローファーは学生向けの靴でもありますので、学生が着用する分には、許容範囲と言えるでしょう。

成人して、着用するものが制服から礼服に変わった時には、用意する礼服に合わせて相応の靴を用意することが求められます。

派手なデザインのもの

身に着けるのであればなるべくオシャレなものを身に着けたいと、誰しもが思うでしょう。

ビジネスの場であれば革の切り返し部分が一文字になっているストレートチップに対し、先端の革の切り替え部分がU型のUチップ、羽を広げた鳥のように見えるウィングチップなど選択肢は様々です。

これら二つのデザインは遊びごごろとして靴に取り入れられており、おしゃれな印象を与えることができます。
ですが、葬儀用の靴として選ぶのであればなるべくシンプルなデザインを選ぶのが良いでしょう。

上述のストレートチップの靴は、革靴の中でも格式の高いデザインとされています。
葬儀の場に履いていくにはうってつけと言えるでしょう。

チップ(靴の先端にある革の切り替え部分)にメダリオンのあるものは避けましょう。
また、ステッチ(縫い目)や金具での装飾が施されたものは、どちらかというとカジュアルな印象を与えてしまいます。

こういった装飾を避けることで落ち着いた雰囲気を与えることができます。

葬儀の場というのは厳粛な場とされています。
似合うかどうかよりも、その場に相応しい格好を意識して選ぶのが良いでしょう。

殺生をイメージさせるもの

先ほども述べたようにスエード生地や、アニマル柄で作られた靴は葬儀用には向きません。

スエード生地とは、主に子牛や子羊のなめした革の裏側を毛羽立たせて加工する生地なのですが、本革以上に殺生を連想させると言われています。

上述した通り、本革での参列ですら気になる方は居ますから、殺生を連想させてしまうスエード生地の靴は避けるのが適切と言えます。

また、クロコダイルや蛇の革で作られた靴は、故意に飾り付けをしなくてもその動物の柄が表面に出てしまいます。
こちらも与える印象としてはどうしても殺生を思い浮かばせてしまいます。

派手な印象を与えてしまう装いでもありますので、殺生をイメージさせるものは葬儀用の靴を選ぶ際には避けるようにしましょう。

女性・子供の葬儀用の靴は?

人々

ここまでは男性の葬儀用の靴について解説してきました。

ですが、身近な方の葬儀であればご家族で参列することも少なくないと思います。

それでは、一緒に参列する方が女性や子供の場合はどんな靴を選んだらよいのでしょうか?
以下ではそれぞれに分けて詳しく解説させていただきます。

女性の場合

女性の場合でも男性同様、カジュアルにならないよう気をつける必要があります。

高く細いヒールの付いたピンヒールや、ウェッジソールのようなデザインはカジュアルな印象を与えてしまうので避けるようにしましょう。

パンプスのようなデザインを選ぶのが無難と言えます。

葬儀では長時間立ちっぱなしになることも考えられますので、ヒールのない靴の方が良いようにも思えます。
ですが、ヒールのないデザインはカジュアルな印象を与えてしまいますので、適度な高さのヒールがついたものを選ぶと良いでしょう。

ヒールの高さの目安は3センチから5センチです。
これ以上短いとカジュアルに見えてしまいますし、これ以上高いと葬儀の間に足が疲れてしまいますので、気をつけるようにしましょう。

なお、理想的なのはプレーンな黒の布や革製のパンプスです。
仕事ように持っている方も多いかと思いますが、光沢があったり色がグレーに近い方も少なくありません。

ストラップタイプだと、脱ぎ履きが大変だったり飾りに見えてしまいカジュアルな印象になってしまうので、避けた方が良いでしょう。

急にくるもしもに備えて、弔辞ように一足準備しておくと安心ですね。

子供の場合

子供の場合の靴は大人と違い、フォーマルである必要はありません。
ですがあまりにもカジュアルなデザインや色使いのものですと、その靴を選んだ親の責任として捉えられてしまします。

派手な蛍光色や、キャラクターデザインの靴は避けた方が無難でしょう。

学校に履くローファーのような靴であれば問題ありません。

葬儀の服装に関する男性の注意点

困った人々

男性の葬儀用の靴について解説してきましたが、気になる点は靴だけではないと思います。
以下では、葬儀に参列する際の男性の服装として、どんな点に気をつけたら良いかを簡単に解説しておきます。

スーツ

一般的には、フロントボタンが縦一列のシングルスーツか二列になっているダブルスーツを選びます
色は黒色を選ぶようにしてください。
黒色が濃いほど格式が高いとされ、薄い黒やダークグレーのものはマナー違反となります。

ビジネス用の黒いスーツを葬儀の場で着用することもマナー違反になりますので避けるようにしてください

ワイシャツ

葬儀の場では、白色の無地のYシャツを着用します。
靴や小物を黒で統一するため、シャツも黒色のものを用意した方がいいと思う方もいらっしゃるとは思います。

ですが、葬儀に参列する際は白いYシャツをちゃくようすることがマナーとなっています。

色が白だからといっても、ストライプ柄が入っていたり襟にラインが入っているものは避けましょう。
ビジネスの場では周りに差をつけるオシャレとして受け入れられますが、カジュアルな印象を与えてしまうため葬儀の場ではNGとされています。

その他、光沢のある生地やシワ加工のされているシャツもありますが、これもカジュアルシャツとして見られてしまいますので注意が必要です。

Yシャツはデザインがとても豊富です。
付いているボタンも気をつけなければいけないポイントの1つでしょう。
ダウンボタンや黒色のボタンは避け、白い小さなボタンが付いているものを選ぶようにして下さい。

ネクタイ

葬儀の際に着用するネクタイは、黒色のものが一般的です。
ここでも派手にならないように、光沢のあるものを避け柄のあるものも避けるようにしましょう。

葬儀の場ではジャケットのフロントボタンは閉じて置くものですので、ネクタイピンを使用する必要もありません。
葬儀の場では装飾品はできるだけ身につけない方が良いでしょう。

ネクタイの結び方ですが、葬儀の場だからといって特別な結び方があるわけではありません。
プレーンノットやダブルノットなど、通雨情の結び方で構いません。
スマートな装いに見えるよう、ディンプルはなるべく小さくなるように結んで下さい。

ベルト

ベルトも基本的には無地のものを選ぶと良いでしょう。
柄物はカジュアルな雰囲気になってしまいますし、動物柄は殺生を連想させてしまいます。

色は黒のものを選びましょう。
スーツが黒色なのでそれに合わせて落ち着いた雰囲気を作りましょう。

素材は革のものを選ぶと良いでしょう。
光沢のないシンプルなデザインなら落ち着いた雰囲気を壊すこともありません。
なるべく光沢のないものを選びましょう。

靴のデザインの際にも書きましたが、動物柄は殺生を連想させてしまうのでNGとされています。
ヘビ柄やワニ柄のデザインのものは選ばないようにようにしましょう。

靴下

葬儀の際、男性であれば靴下を履くことになると思いますが、あまり見えることのない靴下でもマナーはあるのでしょうか?
答えは「YES」です。

葬儀の際には靴下も黒色のものを着用するのがマナーとなっています。
黒でなくても、濃いグレーや紺色なら落ち着いた雰囲気になるのでいいのでは?という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、黒以外の靴下ではマナー違反となるので注意しましょう。

また、黒色であっても柄が入っているものはたとえワンポイントであってもNGです。
もしもの時に備えて、職場や自宅に黒無地の靴下を用して置くと良いでしょう。

終活ねっとでは、この記事の他にも葬儀の際の服装について詳しく解説している記事を掲載しております。
これを機に、ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

男性の葬儀での身だしなみ・持ち物について

仏壇

ここまでで葬儀に臨む服装には細かいマナーが存在することがご理解いただけたかと思います。

それでは、男性の葬儀の服装以外の身だしなみについては、どんなマナーがあるのでしょうか?
以下にいくつか項目をご用意しましたので、最後までお読みいただき完璧なマナーを身につけていただけたらとおもいます。

ヘアスタイル

ヘアスタイルにもマナーがあります。
葬儀に参列する際のヘアスタイルに大切なのは「清潔感」です。

ジュレやワックスをするのであれば、テカリが出ない程度に抑えましょう。

また髪色にも注意が必要です。
暗めの茶髪程度であればマナー違反とはなりませんが、金髪や青色など派手な色合いに染めている場合は葬儀の場ではNGとなってしまいます。

急な訃報には、黒染めスプレーなどで一時的に黒色にするなどして対応するようにしましょう。

ハンカチ

スーツを着用するのであれば、ハンカチを持ち歩くことは必須ですよね。

しかし、葬儀の場では持ち歩くハンカチにも注意が必要です。

小物やネクタイ、靴を黒で統一しているためハンカチも黒色でと思う方もいるかとは思います。
ですが、葬儀の際に持ち歩くハンカチは白色がマナーとなっています。

ここでも無地のもの推奨され、柄物はNGとなっています。
普段から純白のハンカチを使用する方はあまりいないかもしれませんが、葬儀に備え1〜2枚は用意して置くようにしましょう。

数珠

葬儀の場では必ずと言っていいほど数珠は持ち歩くと思います。

基本的には、数珠にはマナーと呼べるものはあまりありません。
それは、信仰している宗派によって様々だからです。
ご自身が信仰されている宗派に合わせたものを持つようにしましょう。

稀に、急な訃報に数珠が用意できないので他人から借りたという人が居ます。
ですが、実はこれがマナー違反となります。

数珠は本来持ち主を守るための物なので、借り物を使用することは望ましくありません
どうしても準備できないようであれば、数珠は持たずに参列しましょう。

大切なのは、故人を偲ぶ心です。

葬儀用の男性の靴まとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは葬儀の男性の靴について以下のポイントで詳しく解説させていただきました。

  • 喪服に合わせて色は黒色を選ぶ。
  • 内羽式、ストレートチップなど落ち着いた雰囲気を意識し、派手な印象にならないようにする。
  • スエード生地やアニマル柄は殺生を連想させてしまうので取り入れないようにする。
  • 靴だけでなく持ち歩く小物も、落ち着いた雰囲気を意識し相応しいものを持ち歩く。

靴はデザインや材質など千差万別です。
葬儀の場では多くのマナーがありますので、葬儀に相応しい一足を用意しておくようにしましょう。

終活ねっとでは、この記事の他にも葬儀にまつわる知識やマナーについて詳しく解説した記事を掲載しております。
興味を持っていただいたこの機会に正しい知識を身につけ、急な訃報に備えていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀用・靴・男性」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀用・靴・男性」についてさらに知りたい方へ

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説のサムネイル画像

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説のサムネイル画像

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説

ネットで中継できる葬儀とは?葬儀依頼の他帽子ネットも解説のサムネイル画像

ネットで中継できる葬儀とは?葬儀依頼の他帽子ネットも解説

葬儀での嫁のマナーとは?葬儀の持ち物や服装についても解説のサムネイル画像

葬儀での嫁のマナーとは?葬儀の持ち物や服装についても解説

葬儀を執り行うことの意味とは?葬儀の費用相場や基礎知識も解説のサムネイル画像

葬儀を執り行うことの意味とは?葬儀の費用相場や基礎知識も解説

葬儀用のお花の種類と相場平均は?手配の仕方や飾る際の注意点を紹介のサムネイル画像

葬儀用のお花の種類と相場平均は?手配の仕方や飾る際の注意点を紹介

葬儀までに準備することとは?葬儀までの流れや日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀までに準備することとは?葬儀までの流れや日程の決め方も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬儀用・靴・男性」についてさらに知りたい方へ

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説のサムネイル画像

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説のサムネイル画像

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと