横書きの年賀状は失礼?横書きの年賀状の書き方をご紹介します!

横書きの年賀状は失礼?横書きの年賀状の書き方をご紹介します!

年賀状は縦書きと横書きがあります。横書きの年賀状には細かいルールが存在することを知っていますか?ここでは横書きの年賀状の疑問や宛名の書き方、年賀状を元旦に届けるための注意点について詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください!

最終更新日: 2020年12月15日

横書きの年賀状について

年賀状

メールで新年の挨拶を済ます方も増えている現代ですが、近年年賀状が再び見直されているのをご存知ですか?
年々年賀状の売り上げが低迷してはいますが、その一方で心を込めて書かれた年賀状の良さに再び注目が集まっています。

そんな年賀状を横書きで書くのは失礼にあたるのでしょうか?
今回「終活ねっと」では、横書きの年賀状に関する疑問を以下の順で詳しく解説していきます。

  • そもそも年賀状を送る意味は?

  • 横書きの年賀状はNG?

  • 年賀状の宛名の正しい書き方

以上の内容を中心にご紹介します。
また、年賀状を元旦に届ける方法もご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

年賀状は送る意味は?

困った人々

年賀状の起源は平安時代だといわれています。
平安貴族たちの手紙の中に、年始の挨拶として残る文面が見つかっているからですが、年始の挨拶が書面に定着したのは江戸時代です。

それまでは、年始回りが当たり前でしたが、江戸時代には人々の交際範囲も広がり年始回りすることが大変になり手紙で行うようになったからです。

さらに、明治に入ると年始挨拶用のはがきに1月1日の消印を押すのが庶民たちの間で流行ったことから年賀状が広く広まったといわれています。

そんな経緯を持つ年賀状ですが、年賀状を送る本当の意味とはどんなものなのでしょう?
現在の年賀状は、新年の挨拶とともに昨年の感謝の気持ちを伝えるものであり、遠方に住む方へ近況報告、人間関係上の信頼を作るために送られています。

以下の記事では、年賀状を送る意味や由来について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

横書きの年賀状は失礼?

年賀状

年賀状を書く際に横書きのほうが書きやすいけど失礼にならないか、気になるという人もいるのではないでしょうか。

本来日本語は縦書きが正しいとされています。
しかし、現在では仕事上の書類や役所からの文書など、そのほとんどが横書きになっていますね。

基本的に、年賀状を書く際にも横書きで良いとされています。
しかし、横書きの年賀状は送る相手によっては失礼になる場合があることがあります。
ここでは、年賀状の横書きで注意する点を詳しく解説していきます。

表面と裏面の縦横をそろえる

年賀状は裏面のデザインに個性があらわれるものです。
心を込めて一枚一枚手書きで書く方もいれば、気に入ったデザインを印刷される方もいます。

最近では、年賀状を簡単に作れるパソコン用のソフトなどもありますからパソコンを使える方なら印刷をお店に頼む必要もありません。

年賀状を作るうえで大切な事は裏面と表面がチグハグにならないことです。
裏面を縦書きにしたなら表面の宛名も縦書きに、横書きなら裏表ともに横書きにしましょう。

また、写真やイラストを横書きで入れた場合は、宛名書き・メッセージともに横に書いたほうが見た目が自然です。

上司やビジネスで送る場合はNG

年賀状は離れて住む家族や友達以外に、仕事関係の方に送ることもあるでしょう。
仕事関係の方に送る年賀状には細心の注意が必要です。
基本的に、仕事関係の方へ送る年賀状を横書きするのはNGです。

あなたのほうが仕事上の立場が下であれば、非常識と思われて今後の仕事に影響が出る可能性もあるので注意しましょう。
また、同じ職場の上司や学生時代にお世話になった恩師など、目上の方にも縦書きで書いたほうが良いです。

受け取る側の方が、年賀状は縦書きが当たり前という認識であれば失礼に思われてしまいます。
恥をかかないためにも、仕事関係者への年賀状は縦書きにしましょう。
敬意をあらわすためにも年賀状は縦書きがおすすめです。

逆に、離れて住む家族や親しい友人に書くときは横書きでも構いません。
年賀状を様々な立場の人に送る必要がある場合は、あらかじめはがきを縦書き用、横書き用に分けて作っておくことをおすすめします。

年賀状の宛名の書き方

困った人々

年賀状の宛名を横書きで書く際には、住所の書き方や数字の表し方などの様々な疑問があります。
ここでは、年賀状の横書きの宛名の書き方についてご紹介します。

横書きの年賀状の向きは?

年賀状の裏面をはがき自体を横にして書いたなら、表面の宛名も横書きにしてそろえてください。
ただし、表面の宛名を書くときには、はがきを横向きに置いてはいけません。

はがきの向きは、郵便番号を上にして文字だけを横書きしましょう。
年賀状の裏面は、表面は縦書きでも横書きでも郵便番号が上にくるように置いて書くのが正しい宛名の書き方です。

住所の書き方

年賀状の宛名の住所は正確に書くことが必要です。
ここでは、住所の書き方や数字の書き方についてご紹介します。

住所は略さない

年賀状の宛名を書くときは住所を略さないようにしましょう。
郵便番号、都道府県から書き始め、番地や建物に名前があればそれも正確に記すのが正しい宛名の書き方です。
また、旧字体を使っている方の名前を略字で書いてはいけません。

年賀状の住所の仕分けは通常機械がします。
ですが、住所を略したりすることで正常に仕分けができずはじかれてしまうことがあります。
そうなれば、今度は手作業で仕分けするため余計な時間がかかり元旦に着かなくなってしまう可能性があります。

年賀状をもらう側は元旦に着くとそれだけで嬉しいものです。
その気持ちを裏切らないためにも住所や郵便番号、名前は正確に書きましょう。

数字は算用数字

横書きの年賀状の番地などの数字はすべて算用数字で書きましょう

算用数字はアラビア数字ともいわれ「1.2.3」と表記します。
縦書きのときの数字は漢数字を使い「一、二、三」と表記します。

年賀はがきを書き損じたときはもったいないからと修正してはいけません。
年賀ハガキは、修正ペンで直したり線で消して隣に書き直すのは失礼にあたりますから新しいハガキで書き直しましょう。

ちなみに、書き損じた年賀ハガキは年賀状取り扱いの期間であれば郵便局で5円の手数料を支払うと新しい年賀ハガキと交換できます。

氏名の書き方

氏名の敬称の書き方にも相手によって違いがあります。
ここでは、敬称の使い方や連名の場合についてご紹介します。

敬称の使い方

年賀状の宛名の氏名の敬称は、一般的にはを付けます。

しかし、お世話になっている恩師や医師などに送るのであれば〇〇学校(病院) 〇〇〇〇先生と付け加えて書くと良いでしょう。

ただし、自宅に直接送る場合や普段から親しく付き合いがある場合は、様だけでも失礼にはあたりません。

連名の場合は?

連名に関しても年賀状を書く際に多い疑問の1つです。
結婚している方に年賀状を出すときは夫婦連名で書くか迷ってしまうこともあるでしょう。

この場合、基本的にご夫婦の名前をわかっているなら連名で書いたほうが良いです。
書き方は、ご主人を右に書き奥様は左に書きましょう

お子様のことも良く知っている場合は、お子様の名前も横に連名で書いても良いです。
このとき、書き方は奥様や子供の名字は略して構いません。
また、連名する名前の字の大きさは、すべて同じ大きさで書きましょう。

以下の記事では、年賀状の正しい宛名の書き方についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

横書きのデザイン・レイアウト

年賀状

年賀状を横書きで書くときのデザイン・レイアウトの注意点は読み手のことを考慮して書くことです。

一般的に年賀状は表面を見て宛名を確認し、そのあとで裏面を見ます。
このとき、宛名を確認するときに年賀状ハガキは郵便番号を上に縦に持っているはずです。

宛名を見た後、たいていの人ははがきの右下角をもって本のページをめくるように裏面を見ます。
そう考えれば、裏面の上部は表面からすると左が上にくるので、そちらを裏面のデザイン・レイアウトでも上になるように作ると読み手に親切です。

年賀状を元旦に届けるには?

年賀状

せっかく書いた年賀状ですから、できれば元旦に届くようにしたいものです。
では、年賀状を元旦に届けるには事前にどんな注意をしたらよいのでしょう?

  • 郵便局が指定している日付を守る

  • 郵便番号・住所・名前を正確に書く

  • 近所のポストより郵便局で投函する

以上の点が元旦に年賀状が届くために守るべきことです。

補足として、近所のポストは集配時間が決まっています。
そのため、郵便局が指定する最終日付に投函したときは注意が必要です。
投函した時間によっては集配が翌日になって元旦に着かないことがあるので注意しましょう。

ただし、郵便局では極力元旦に間に合うように配達する努力はしていますから、多少であれば郵便局が指定する日付を過ぎても元旦に届く場合があります。

しかし、距離が遠いところなどはやはり間に合わない可能性もありますから、時間に余裕をもって投函することをおすすめします。

以下の記事では、年賀状の期間について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

横書きの年賀状まとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、横書きの年賀状についてご紹介しました。

横に文字を書くことが一般的になっている私たちの生活を考えれば、年賀状の横書きは当たり前の書き方と思われますが、受け取る側によっては非常識と思われることもあるので、受け取る側に対する配慮は忘れてはいけません。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 年賀状は、年始の挨拶や昨年の感謝の気持ちを表すもの

  • 年賀状の横書きは、基本的に問題ないが裏面と表面を横書きに統一して書く

  • 相手がお世話になった上司や恩師・会社関係の場合は、年賀状の横書きNG

  • 横書きの宛名の書き方は、住所は略さずに書き、数字は算用数字を使う

  • 宛名の氏名敬称は、「様」が一般的であり、連名で年賀状を出す際には、妻や子の名前を夫の左側に名字を略して書く

  • 横書きの裏面は、読みやすいよう読み手に配慮する必要があり、表面を縦に置いたときの左の部分を裏面で上にして書く

  • 年賀状を元旦に届けるには、郵便局の投函期日を守る・郵便番号・住所・名前は正確に書く・ポストの投函は集配時間に注意する、といったことが挙げられる

年賀状を書く時期は年の瀬で何かと忙しいことと思います。
しかし、年賀状は日ごろの感謝を伝えられる良い機会です。

そして、年賀状は気持ちがこもっているほどもらった側はうれしいものですから、年賀状を書くのが面倒くさいと敬遠していた方もこの機会に年賀状の良さを見直してみてはいかがでしょう?

「終活ねっと」では、年賀状に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、年賀状の書き方について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事