お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

お守りは受けた神社や寺に返します。しかし、旅行先でいただいたり人にもらった手作りのものなど、お守りの処分に悩むこともあるのではないでしょうか。今回は、お守りの処分方法をいくつか紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

原則的なお守りの処分方法

困った人々

お守りは神社のものもお寺のものも1年毎に処分し、新しくします。
基本は初詣で取り換えることですが、例えば春に受けたお守りは翌年の春に処分します。

例外的に、1年経たずに願いが叶った場合やお守りが破損した場合は、その時点で御礼参りに行き、処分します。
また、お寺のお守りの中には、1年以上持てるもの、一生持てるものもあります。
処分前に寺務所でいつまで持っていていいか訊いてみることをおすすめします。

お守りを返す場所は、神社や寺にある古札収所、古札受付などと書かれたところです。
ここにおさめると、神職や僧侶がお焚き上げという儀式で焼いて天に還してくれます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」の運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、お守りに関する以下の情報について解説いたします。

  • お守りの基本的な処分方法
  • お守りを受けた寺社に行けない際の処分方法や注意点
  • お守りを自宅で処分する際の注意点

お守りについて理解を深めたいという方のために、お守りの処分方法に関するあらゆる情報をまとめております。
時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっと」ではお守りに関する記事を多数掲載しています。
お守りの効果の期限については、以下の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お守りを受けた寺社に行けない場合

引っ越した、旅行先でお守りを受けたなどの理由でお守りを受けた場所に返して処分することが難しい場合があると思います。
また、手作りのお守りや土産物屋で買ったお守りもそのままゴミ箱に捨てるのに抵抗を感じるものの、寺社に持って行くわけにも行きません。

ここでは、そういったお守りををどうすればいいか紹介します。

郵送する

郵送でのお守りの返納を認めている神社や寺も増えてきました。
ただ、自分の足で返しに来ないことを不快に思い拒否する寺社も多いです。
これは、それぞれの寺社の考え方次第です。

スムーズにお守りを処分してもらうため、事前に公式サイトや電話で郵送でのお守りの返納を認めているか、その場合の送り方、お賽銭についてなど、よく確認してから送りましょう。

他の寺社で処分してもらう

他の神社やお寺のお守りの処分を受け付けてくれる寺社もあります。
これも、郵送と同じく寺社ごとにスタンスが異なります。

古札受付は無人のことが多いため、確実に儀式を経て処分してもらうには、スタッフに「他の神社(または寺)のお守りなんですが、」と、処分してもらえるか確認することが大事です。

因みに、他の寺社のお守りも郵送で受け取って処分してくれる寛容な寺社もあるようです。

どんと焼きに持って行く

各地で1月15日頃に正月飾りを焼く行事があるかと思います。
どんと焼き、左義長、お焚き上げなど地方によって行事の名称は様々ですが、こうした行事でお守りも処分することもできます。

お寺や神社の関わりが薄い地域行事であれば、遠方の寺社のお守りや手作りのお守りなども持って行きやすいですね。

自宅で処分する

郵送での返納を断られ、近くに他の寺社のお守りを処分してくれるところもなく、地域でどんと焼きをやっていないという場合、自宅で処分するしかありません。
こちらでは、自宅で処分する際の方法を紹介します。

用意するものは、お守りをすっぽり包める大きさの白い紙と塩です。

紙を広げ、お守りをのせて、感謝の気持ちを込めて塩を振ります。
紙でお守りを包み、処分します。

異なる寺社に処分してもらうときの注意点

他の神社、他の寺にお守りの処分をしてもらうときの注意点を紹介します。

神社と寺は別物

神社

神社と寺は似て非なるものです。
そして、寺には宗派があります。

異なる神社や寺のお守りを受け取ってくれるところもありますが、神社に寺のお守りの処分をお願いすることと、寺に他の宗派の寺のお守りの処分をお願いすることは、これとは別です。

本来の方法で儀式を行って処分してもらうためにも、神社や寺を困らせないためにも、神社のお守りは神社に返し、寺のお守りは同じ宗派の寺に返しましょう。

必ず寺社の人に確認をとる

先ほども述べましたが、基本はお守りの処分は受けた寺社に頼むものです。
実際には他の神社や寺のお守りを受け取ってくれる寺社が多いですが、中には家庭ゴミの持ち込みに悩み、自分のところ以外のお守り以外を拒否せざるをえない状況にある寺社も多いと聞きます。

そうした事情を知らないで勝手にお守りを置いて行ってしまったら、やむを得ずゴミとして処分されてしまうかもしれません。
お互いに嫌な結果になってしまいますから、他の寺社のお守りについて了解を得た上で古札受付に出してください。

自宅でお守りを処分するときの注意点

次は、自宅でお守りを処分するときの具体的な方法と注意点についてです。

生活ゴミと袋を分ける

きれいな紙に包んで塩を振って処分するのであれば、ゴミに出して構いません。
そのとき、生活ゴミと袋を分け、お守りはお守りだけで出すか、正月飾りやお札などの神聖なものだけと一緒に出しましょう。

危険なことはしない

昔は、古くなったお守りを庭で燃やして処分していました。
この処分方法はゴミに出すよりモヤモヤが少ない処分方法かと思いますが、時代に合わない処分方法といわざるを得ません。
個人が燃やして処分するのは、近隣の迷惑になりますし危険なのでやめましょう。

お守りの処分のまとめ

いかがでしたか?
お守りの処分は、受けた神社や寺に返すことが基本ですが、郵送や他の寺社、地域行事で処分できる場合もあります。
どの方法も駄目だった場合は自宅でも処分することも可能です。

ただし、郵送で処分することや他の寺社におさめることを快く思わない神社や寺があること、引き受けてくれる場合もそれなりの配慮が必要だということは心に留めておいてください。

「終活ねっと」では、その他にもお守りに関する記事をご紹介しています。
以下の記事ではお守りのもつ効果について詳しく解説してい流ので、ぜひご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事