葬儀で平服を着てもいいの?男性・女性の平服や服装マナーを解説!

葬儀の案内で服装について「平服でお越しください」という文言を目にした経験を持つ方は多いのではないでしょうか?平服と聞くと綿パンやTシャツといったいわゆる普段着をイメージしがちですが、葬儀の場でそのような服装を着用しても良いのでしょうか?

目次

  1. 葬儀で着る平服について
  2. 平服とは
  3. 葬儀で平服を着てもいいの?
  4. 葬儀での身なりのマナー
  5. お別れ会・お別れの会は平服で参列する?
  6. 葬儀で着る平服についてまとめ

葬儀で着る平服について

困った人々

葬儀の場に参列する際、誰もが黒系の喪服や礼服といったきちんとした服装を着用するのは常識とされています。
しかし、葬儀の案内状の中で「平服でお越しください」と書かれている場合も多く、読者の方の中にもこのような文言を目にした方はいるでしょう。

さて、平服と聞くと一般的なイメージとしては綿パンやジーパン、Tシャツといったいわゆる普段着(私服)をイメージしがちです。
しかし、故人にお別れを告げるための厳かな場である葬儀にそのような服装で行って良いのかどうかについて悩む方も多いでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀で着る平服について、葬儀で平服を着用することが良いのかどうかを見ていきます。

  • 平服とはいったいどのような服装のことを指すのか?
  • 葬儀で平服を着用しても良いのか?
  • 葬儀の際の身なりのマナーとはどのようなものなのか?
  • 葬儀ではなくお別れの会の場合は平服を着用しても良いのか?

葬儀の際の服装で平服を着用しても良いのかどうかがわからないという方にとって、お悩みを解決できる内容となっておりますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

平服とは

葬儀

「平服」という言葉は普段生活をしている中ではあまり耳にすることはなく、冠婚葬祭や就職活動の時などの案内で目にするという方は多いでしょう。

ここではまず、結婚式や就職活動の場などでもよく使われる一般的な「平服」がどのような服装であるのかについてを男性と女性、子供の場合に分けて見ていきます。

なお、一般的に「平服」とは普段着のことではなく、あくまでもかしこまった場で着用しても恥ずかしくない服装のことです。

男性

男性の平服は、ビジネスの場で着用してきても見苦しくないような服装が最も無難です。
具体例を挙げると、上下のスーツやネクタイ、ワイシャツといった普段のお仕事に出かける際に着込んでいるいでたちであれば大丈夫でしょう。

色については黒が一番無難ですが、ややくだけた場であれば落ち着いた色合いのものでも問題ありません。

靴についても黒が最も無難な色といえます。
特に結婚式や披露宴、就職面接、外でのプレゼンの場では黒靴を履いていくことが、常識のある人物としてみなされるうえで必要です。
ただし、結婚式の2次会などの場合は、落ち着いた色であれば黒以外の色の靴でも問題ありません。

なお、Tシャツやジーパン、タンクトップ、サンダルといった露出が著しく見苦しいものは避けましょう。

女性

女性の平服についても、基本的には男性同様にビジネスなどかしこまった場に着用しても恥ずかしくないものが原則です。
具体例としてはスーツやワンピース(ビジネス用など)、シャツとスカート、あるいはシャツとパンツというのが最も無難といえます。

靴についても男性と同じように黒系を原則として、くだけた場に限り落ち着いた色のものを履くということであれば問題ありません。
男性と同じように、派手ないでたちや露出の著しい格好は控えるようにしましょう。

子供

子供については、通っている学校に制服がある場合は制服を着用して来るということで問題はありません。

もし、制服がない場合は、黒や紺など落ち着いた色合いのブレザーとズボンあるいはスカートの組み合わせに、ワイシャツとブラウスといういでたちで良いでしょう。

葬儀で平服を着てもいいの?

葬儀

一般的に適切とされている平服について見てきましたが、葬儀に参列する場合は平服を着用しても問題はないのでしょうか?

ここでは、葬儀の場における平服について一般的な場合と特殊な場合とに分けて見ていきます。

基本的に平服は着ない

葬儀の場では基本的に平服を着用するということはありません。
葬儀では、ご遺族であっても参列者であっても、きちんとした喪服を着てくることが作法とされています。

これは、故人に対して心からお悔やみの気持ちを示して、お別れをするという意思を服装という形であらわす意味合いがあるためです。

なお、よく誤解される点として、普通の仕事の際に着用するビジネススーツや、就職活動の時に着用するリクルートスーツであれば無難というものがあります。
しかし、厳密にはビジネススーツもリクルートスーツも喪服には含まれません。
このため、冠婚葬祭の場に適している黒のスーツやワンピースを用意しておくようにしましょう。

平服での参列の旨を伝えられた場合

葬儀によっては案内の際に平服での参列の旨を伝えられる場合もあります。
このような場合は平服を着用しても問題はないのでしょうか?

案内の際に平服での参列を依頼された場合は、平服でも問題はありません
ただし、あくまでも葬儀の場であるため、黒やグレーといった落ち着いた色合いのスーツやワンピースなどを着用していくと良いでしょう。

もちろん一般的な意味の平服、つまり普段着での着用は原則として作法に反しますので、くれぐれもジーパンやTシャツ、タンクトップといった服装は着用しないようにします。

葬儀での身なりのマナー

葬儀

ここまで葬儀を中心に冠婚葬祭の場などで適した平服についていろいろと見てきました。
それでは、葬儀の際に適切な服装とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

男性

男性の場合は基本的に黒の上下スーツに白のワイシャツとネクタイを着用したものといういでたちになります。

服装

服装は原則として黒系や落ち着いた色合いの上下スーツが原則です。
ただし、上と下とで色が違うという状態は避けるようにしましょう。

ほかにも靴下や靴も黒とし、特に靴については光沢の目立たないものを選ぶようにします。
これは、葬儀の場では光物(光沢の目立つもの)は厳禁とするマナーがあるためです。
なお、靴下についても黒に無地のものを履いてくるようにしましょう。

ネクタイ

ネクタイも葬儀の場での男性の服装としては欠かせませんが、こちらも黒で無地のものが原則です。
もちろん、ストライプや水玉模様の靴下は厳禁ですので、間違ってもつけてこないようにしましょう。

なお、急な葬儀でネクタイを用意する時間的な余裕がない場合は、コンビニなどで販売されている葬儀用のネクタイを着用してきても問題はありません。
ちなみに、一般的にネクタイに一緒につけることが多いネクタイピン(タイピン)は光沢が目立つものであるため、つけてこないようにしましょう。

髪型

髪型については、生活感のある見苦しさのないものとするのが原則です。
より具体的には、耳にかからない程度の長さで、寝ぐせの目立たないきちんと整った髪型で参列しましょう。

もし、普段から髪の長い場合はヘアバンドなどでひとまとめにしておくと良いです。
また、よほど目立つような色合い(金髪)の場合は、ヘアスプレーなどで黒といった無難な色に染めなおしてから参列するのが無難でしょう。

腕時計はしてもいいの?

葬儀に参列する際は、会場に着くまでに時間をチェックするという方も多いでしょう。
そこで、時間のチェックするために腕時計をつけてきても良いのかどうかが問題となります。

結論から書けば、葬儀中はなるべく時計はつけない方が良いでしょう。
特に、金属製の腕時計は光沢が目立つため、葬儀のマナーにも反しますのでつけてこない方が無難です。
ほかにも派手な外見のものや高価そうなものなども控えるようにするべきでしょう。

もし、どうしても腕時計を付けるということであれば、光沢の極力目立たないものがおすすめです。

女性

女性の場合は、男性の場合以上に気を付けるべき点がありますので、以下の内容をよく読んでおくと良いでしょう。

服装

服装については、原則として黒系や落ち着いた色合いのスーツやワンピース、あるいは和服を着用するようにしましょう。
スカートについては、丈の長さが正座などをしたときに膝が隠れる程度の長さが理想的とされています。

なお、靴についても黒系のパンプスが最も無難である一方、ハイヒールなどは歩きづらいこともありますので避けた方が良いです。
また、ストッキングも黒色のものを着用しましょう。

化粧

化粧については、はた目から見ても自然に見えるようなシンプルなナチュラルメイクのものを施すようにします。
特に血色が悪そうな場合は、血色が良くなるくらいに化粧を施すと良いでしょう。

なお、マニキュアなどネイルへの化粧は施さないのが原則です。

髪型

女性も髪型については、葬儀の際に見苦しくないようにするのが基本です。
特に髪が長い方の場合は、焼香の時などに邪魔にならないようにヘアバンドなどでひとまとめにすると良いでしょう。
もし、髪留めを使う場合は黒でシンプルな外見のものを使うようにします。

もし派手な色になっている場合は、男性と同様にヘアスプレーで黒など落ち着いた色合いのものに染め直すと良いでしょう。

アクセサリー

アクセサリーについては、結婚指輪以外は極力つけないようにするのが作法とされています。
ネックレスについても真珠や黒真珠のものであれば、一連に限りつけても問題ありません。

このほか、イヤリングやピアスも外すようにしましょう。

お別れ会・お別れの会は平服で参列する?

葬儀

葬儀ではなく、お別れの会などでの場合は平服を着用してきても問題はないのでしょうか?
お別れの会の場合は案内で指定された服装を見て、平服と指定されている場合であれば着用しても問題はありません。

なお、お別れの会は葬儀形式の場合もあれば、故人をしのぶ食事会の形式をとっている場合がありますが、どちらにせよ案内状の中での服装の指定を参考にすればよいでしょう。

葬儀で着る平服についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀の際に平服を着ても良いのかどうかについて見ていきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 平服とは普段着のことではなく、あくまでもかしこまった場で着用しても恥ずかしくない服装のことである。
    男性であれば黒系の上下のスーツやネクタイ、白いワイシャツ、黒靴という組み合わせが基本的である。

    また、女性については黒系のスーツやワンピース、白いワイシャツといったいでたちが一般的とされている。
    子どもの場合は、制服か、制服がなければブレザーにズボンやスカートに、ワイシャツやブラウスという組み合わせが良い。
  • 葬儀では基本的に平服は着用しないようにするのが作法である。
    ただし、案内状などで平服で参列するような旨が記されている場合は、平服を着用しても問題はない。
  • 葬儀の際の身なりについては、男性の場合は黒系の落ち着いた色合いの上下のスーツに白いワイシャツ、黒の靴に靴下を着用する。
    ネクタイも黒でタイピンはつけないようにし、髪型も整ったものにして、腕時計は特に光沢の目立つものはつけないようにする。

    女性の場合は、黒など落ち着いた色合いのスーツやワンピース、和装が基本である。
    化粧についてもはた目から見て自然に見えるナチュラルメイクにする。
    髪型は長い場合はヘアバンドなどでひとまとめにする。
    アクセサリーについては結婚指輪以外は極力つけてこない。
  • お別れの会の場合は、案内状に平服の指定がある場合であれば、平服を着用しても良い。

葬儀の場では基本的に平服を着用することはできませんが、案内状に平服での参列の旨が記されている場合は、平服を着用しても問題はありません。
ただし、普段着という意味ではないという点に注意が必要です。

葬儀といえば費用のことが気になるという方も非常に多いでしょう。
葬儀費用については以下の記事に詳しく記されておりますので、気になる方はぜひとも参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・平服」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・平服」についてさらに知りたい方へ

楽器で演奏!?日蓮宗の葬儀についてご紹介します。のサムネイル画像

楽器で演奏!?日蓮宗の葬儀についてご紹介します。

葬儀に適した服装や靴って?女性・男性・子供の場合に分けてご紹介!のサムネイル画像

葬儀に適した服装や靴って?女性・男性・子供の場合に分けてご紹介!

葬儀にフレンチネイルはNG?ネイルを隠す方法や身だしなみを解説のサムネイル画像

葬儀にフレンチネイルはNG?ネイルを隠す方法や身だしなみを解説

知っておけば慌てません。葬儀を行うまでの手順を紹介!のサムネイル画像

知っておけば慌てません。葬儀を行うまでの手順を紹介!

葬儀のお車代とは?葬儀の疑問をスッキリ解決!のサムネイル画像

葬儀のお車代とは?葬儀の疑問をスッキリ解決!

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!のサムネイル画像

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

葬儀に必要なものをご紹介!喪主や葬儀に参列する方は必見です!のサムネイル画像

葬儀に必要なものをご紹介!喪主や葬儀に参列する方は必見です!

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介のサムネイル画像

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・平服」についてさらに知りたい方へ

先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明しますのサムネイル画像

先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明します

岡山県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!のサムネイル画像

岡山県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!

キリスト教の葬儀で歌う賛美歌とは?よく斉唱される賛美歌をご紹介!のサムネイル画像

キリスト教の葬儀で歌う賛美歌とは?よく斉唱される賛美歌をご紹介!

友人の葬儀に参列する際のマナーって?香典や服装・供花について紹介のサムネイル画像

友人の葬儀に参列する際のマナーって?香典や服装・供花について紹介

葬儀に必要なものをご紹介!喪主や葬儀に参列する方は必見です!のサムネイル画像

葬儀に必要なものをご紹介!喪主や葬儀に参列する方は必見です!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと