葬儀における遺族の挨拶の例文って?場面ごとの例文や挨拶周りまで!

葬儀では色々なシーンがあります。ご遺族としてどのように挨拶すればよいのかわからなくなってしまうこともあると思います。今回終活ねっとでは、葬儀においてのご遺族としての挨拶の例文や、挨拶周りの時のマナー等についてまとめていきます。

目次

  1. 葬儀でのご遺族の挨拶について
  2. 葬儀でご遺族が行う挨拶の例文
  3. 葬儀後に行うご遺族の挨拶例文
  4. 葬儀後のご遺族の挨拶回りのマナー
  5. 葬儀で参列者がご遺族にかける言葉
  6. 葬儀でのご遺族の挨拶まとめ

葬儀でのご遺族の挨拶について

葬儀

ご家族やご親戚がお亡くなりになり、ご遺族として挨拶をしなければならないことは、誰にでも起こり得ることです。
それでは実際にご遺族としての挨拶はどのようにしていけば良いのでしょうか?

今回終活ねっとでは、ご遺族としての挨拶はどのようにすればよいのか、例文と合わせてシーン別に紹介しながら、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • シーン別の挨拶と例文について

    各場面に合わせた挨拶と例文をご紹介していきます。

  • 葬儀後の挨拶と例文について

    葬儀後に行う挨拶例と、例文を紹介していきます。

  • 葬儀後の挨拶回りのマナーについて

    葬儀後に行う挨拶回りのマナーを中心に解説していきます。

  • 葬儀後に参列者がご遺族にかける言葉とマナーについて

    参列者としての挨拶とマナーの解説をいたします。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀でご遺族が行う挨拶の例文

葬儀

葬儀の場では、ご遺族として様々な場面で挨拶をする必要があります。
挨拶はご自身の立場やシーンに合わせて変えていかなければなりません。
しかしながらご遺族の方にとって、辛く忙しい状況の中、挨拶を考えることは、とても大変なことだと思います。

ここでは、シーン別に形式的ですぐに使える挨拶を例文でご紹介していきます。
参考にしていただき、参列していただいた方々への感謝の気持ちを伝えられるようにしましょう。

受付での挨拶

受付を担当される方は参列者の方々を迎え入れるというお仕事があります。
たくさんの方を迎え入れ、挨拶をしなければいけません。

下記、挨拶例を参考にして挨拶しましょう。

受付での基本の挨拶 例文

本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます。
当日、天候が悪かった時の挨拶 例文

足元の悪い中、お越しいただきありがとうございます。
参列者からの挨拶に対しての返事 例文

ご丁寧に恐れ入ります。
お忙しいところお運びいただきありがとうございます。
ご遺族、ご親族がいらした場合の挨拶

この度は誠にご愁傷さまでした。

葬儀開式の挨拶

葬儀が始まる時は、通常だと挨拶は省かれて、読経から始まることが多いです。
開式の挨拶が必要な場合は、シンプルに葬儀開式の挨拶を皆様にお伝えするだけで大丈夫です。
必ずご自身と故人の関係を伝えるようにしましょう。

例文:
遺族を代表致しまして、皆様に一言、挨拶させていただきます。
私は故人の(夫/妻/親 等)の〇〇でございます。
本日はお忙しい中をお運び下さいまして、本当にありがとうございます。
この後、◯◯時に閉式、〇〇時に出棺を予定しております。
もしご都合がよろしければご会葬くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ご遺族・親族代表の挨拶

喪主の挨拶と親族の方が代表として挨拶する場合の例文を紹介いたします。
葬儀、告別式の参列のお礼、そして、喪主の方は故人の最後の様子を軽く述べるようにしましょう。
挨拶には決まったものではありませんが、順番があります。
下記を参考に挨拶をしましょう。

  • 葬儀参列のお礼
  • 故人の最後の様子を説明
  • 参列者に対して故人に代わってお礼
  • 今後の指導のお願い
  • 結び

喪主の挨拶、親族代表の挨拶の例文は下記です。

喪主挨拶 例文
本日はお忙しいところを亡き〇〇の葬儀にお集まり頂きまして、まことにありがとうございました。
また、◯◯が入院中は多くの皆様に温かいお見舞いを頂きまして、この場でお礼を言わせていただきます。
〇〇は、昨年末の精密検査において、ガンが発覚して以来、入退院を繰り返し、一時は回復の兆しを見せておりましたが、その後、再び体調が悪化し○月○日に永眠をいたしました。

発覚する以前は、〇〇は仕事ばかりでなかなか私共と接する時間がありませんでしたが、入院してからは、家族と過ごす時間も増え、私達にとって有意義な時間が過ごせたと思っております。

どうか皆様、未熟な私どもに、今後とも〇〇と同様にご支援を賜(たまわ)りますようお願い申し上げます。
親族代表の挨拶 例文

遺族ならびに親族を代表いたしまして、皆さまにひと言、ご挨拶を申し上げます。

本日はご多用にもかかわらず、故○○の葬儀にご参列いただき、厚く御礼(おんれい)申し上げます。

〇〇は、昨年末に道中で倒れ、病院での検査の結果、ガンが発覚して以来、入退院を繰り返しておりました。
私共一同、◯◯の回復を祈っておりましたが、その甲斐も無く○月○日に永眠をいたしました。

故人の生前中は、皆さまにひとかたならぬお世話になり、そのご恩返しもできないまま、この日を迎えましたことは、故人にとりましても誠に残念であったと思います。

残されました家族に対しましても、今後とも故人の生前と変わりなきご指導・ご鞭撻(べんたつ)を賜(うけたまわ)りますようお願いいたします。

閉式の挨拶

閉式の時は出棺に先立ち、参列者の方々に対し、参列に対する感謝と、生前お世話になったことに対するお礼を述べます。

下の例文を参考にして下さい。

閉式挨拶の例文

本日はご多用(たよう)にもかかわりませず、ご会葬(かいそう)・ご焼香(しょうこう)を賜(たまわ)り、故◯◯の葬儀・告別式もとどこおりなく済ませることができました。

生前はひとかたならぬご厚誼(こうぎ)にあずかり、故人もさぞみなさまのご厚情に感謝いたしていることと存じます。

なお残された私たち家族にも、今後とも変わりなくご指導、ご厚誼(こうぎ)を賜(たまわ)りますようお願い申し上げまして、挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。

出棺の挨拶

出棺の挨拶は、参列いただいたことに対する感謝と、生前お世話になったことに対するお礼を述べます。

下記の例文を参考にして下さい。

出棺の挨拶 例文

本日は大変お忙しいところ、わざわざお越しいただき、ご焼香(しょうこう)賜(たまわ)りまして、ありがとうございました。
このようなたくさんの方々にお見送りいただき、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。
生前のご厚情(こうじょう)に対し、厚く御礼(おんれい)を申し上げます。
皆様にお力添えいただいたおかげで、葬儀も無事すませることができ、これより出棺の運びとなりました。
今後も私達一同、故人の意志を継いで一層頑張って行く所存です。
故人同様、変わらぬご指導をくださいますようお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

精進落としの挨拶

「精進落とし」とは、葬儀がすべて終了したあと、親族や参列者に対して酒肴(さけさかな)を用意し、ふるまうことです。

故人に献杯(けんぱい)し、個人の思い出を語り合う場になります。

挨拶は開始と終わりの挨拶があります。

下記文例をご参考にしてください。

開始の挨拶例

本日はお忙しい中、最後までお見送りいただき、本当にありがとうございました。
おかげさまで滞りなく葬儀を済ませることができました。
ささやかではございますが、精進落としのお膳をご用意いたしましたので、召し上がっていただければと存じます。
どうぞおくつろぎになって、故人の思い出などお時間の許す限りお聞かせ頂きたく存じます。
終わりの挨拶例

本日はお忙しい中、お時間を頂きまして、誠にありがとうございました。
これにてお開きにさせていただければと存じます。
〇〇がいなくなって寂しくはなりますが、今後、家族一同助けあっていきたいと思いますので、どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

葬儀後に行うご遺族の挨拶例文

葬儀

葬儀後はご遺族として挨拶をする必要があります。
葬儀後の挨拶は、どのように挨拶したら良いのでしょうか?

ここでは、葬儀後の挨拶を場面ごとに解説していきます。

ご近所への挨拶

ご近所方への挨拶は、故人に代わっての感謝の気持ちと、葬儀で色々お手数をおかけしたことを念頭に挨拶します。
習慣として、近所の方に葬儀のお手伝いをしていただいたりする地域もあります。
地域の町内会長や自治会長が近所の人のまとめ役をしてくださる場合もあります。

挨拶は下記例文を参考にして下さい。

生前中は、何かとお世話になりありがとうございました。
この度の葬儀に際してもご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
おかげさまで滞りなく葬儀を済ませる事ができました。
これからも変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

僧侶への挨拶

寺院や教会の関係者へ挨拶に行く際は、喪服が最も良いとされています。
また挨拶に行く際は、喪主とご遺族、親戚のどなたかもう一名連れて行くと良いでしょう。

挨拶にはお礼金やお布施が必要になる場合がほとんどです。
葬儀社を通じて僧侶にお願いされていたら、葬儀社に確認してください。

下記例文を参考にしてください。

先日の葬儀に際しては、ご多忙(たぼう)のところ大変にご丁寧なお勤めを賜(たまわ)りありがとうございました。
心ばかりですが、お布施(ふせ)でございます。
どうかお納め下さい。
後日の法要の折(おり)には改めてご連絡申し上げますのでよろしくお願いいたします。

世話役・お手伝いへの挨拶

世話役やお手伝いなど、とても大変な仕事を引き受けてくれた方々には、感謝の気持ちが伝わるように挨拶します。

下記例文をご参考にしてください。

世話役への挨拶例

葬儀に際しましては大変お世話になり、誠にありがとうございました。
おかげさまで滞(とどこお)りなく葬儀を済ます事ができました。
これも、◯◯様のお力添えの賜物(たまもの)と心から御礼(おんれい)申し上げます。
何かと不行き届きな点もあったかと思いますが、どうぞお許しくださいますようお願い申し上げます。
今後ともご指導賜(たまわ)りますよう、よろしくお願い申し上げます。

葬儀後のご遺族の挨拶回りのマナー

人々

葬儀後の重要なイベントとしては、お世話になった方々への挨拶回りがあります。
故人が生前にお世話になった方々へ、故人の代わりに喪主が挨拶して回ることが一般的です。

葬儀で特にお世話になった方や故人の恩人など、早めに挨拶回りすべき方を念頭に日程を調整します。
挨拶回りでお伺いするケースといたしましては、下記になります。

  • お寺・神社・教会など葬儀に関わった所
  • 世話役代表の方や葬儀委員長など務めていただいた方
  • 故人の会社の方々(上司や同僚)
  • 故人の恩人の方
  • ご近所の方(町内会の役員も含む)
  • 病院など

挨拶回りに伺う前に、先方の都合を考え、必ず連絡を入れるようにしましょう。
挨拶回りで気をつけなければいけないマナー等を中心に下で紹介していきます。

挨拶回りのタイミング

葬儀後の挨拶回りは、翌日から1週間を目処にスタートするようにしましょう。
喪主の方とご遺族か親族の方と一緒に回るのが一般的です。

お伺いする時間帯は前もって先方に伝え、先方に気を遣わせないようにしましょう。
挨拶回りでは長居することを避けることも大切なマナーです。

手土産を持参する

挨拶回りの時は、手土産を用意しましょう。
下記は、手土産の例と、値段の目安になります。
ご参考にしていただければ幸いです。

  • 世話役をしてくれた方々

    お車代として5000円~1万円を包んで渡してあげてください。
    代表の方には1~2万円ほど包みましょう。

  • 近所の方々

    2000円~3000円程度の菓子折りや商品券、ビール券などを用意しましょう。

  • 故人の会社関係の方々

    社員の数を見越して、5000~1万円程度の菓子折りを持参しましょう。

  • 故人の恩人や、地位の高い方

    5000~1万円程度の菓子折りを持参しましょう。

挨拶回りの服装は?

挨拶回りの際、直近の場合は喪服で挨拶回りに向かうことが通常ですが、葬儀後2~3日たっている場合は略喪服(平服)でもかまいません

挨拶回りの服装の基準について、下記をご参照ください。

  • 男性の服装(略喪服、平服)

    ダークカラーを基調としたスーツ、無地の白いシャツ、そして黒を基調としたネクタイをつけます。
    光沢のある生地は避けるようにします。
    靴と靴下は黒で揃えるようにしましょう。

  • 女性の服装(略喪服、平服)

    ダークカラーを基調としたワンピースやスーツ、アンサンブルが基本です。
    袖なしなど、露出度の高いものは控えましょう。
    靴も黒を基調にしたもので揃えるようにしましょう。

葬儀で参列者がご遺族にかける言葉

葬儀

葬儀の際、参列される方々はご遺族に挨拶をしなければいけません。
この際、故人が亡くなった背景もあり、何を言えばよいかわからなくなりますね。
一般的には故人を偲んで、ご遺族にお悔やみを告げることになります。

お悔やみの言葉は例文を参考にしてください。

基本の挨拶
「この度は心よりお悔やみ申し上げます。」
「この度は誠にご愁傷様でした。」
故人が病気で亡くなった場合の挨拶例
「献身的なご看病の甲斐もなく、本当に残念だと思います。
心よりお悔やみ申し上げます。」
事故などが原因で急に亡くなった場合の挨拶例
「突然のことで、おかけする言葉も見つかりません。
心よりお悔やみ申し上げます。」

葬儀でのご遺族の挨拶まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは葬儀の際の挨拶について、例文を紹介していきました。
ご紹介した内容を以下にまとめています。

  • シーン別に挨拶は異なるので例文を参考に挨拶しましょう。
  • どの挨拶の時も、参列していただいた方々に感謝の気持ちを伝え、今後のご指導をお願いする形にしましょう。
  • 葬儀後の挨拶はなるべく1週間以内に、人によってする挨拶が変わります。
    例文を参考に挨拶しましょう。
  • 挨拶回りの手土産は、お世話になった方、また協力していただいた方の度合いによって選びます。
  • 挨拶回りは黒を基調とした服で揃えるように気をつけましょう。
  • 挨拶回りをする際は、先に連絡を入れることを忘れずに。

終活ねっとでは「葬儀における遺族の挨拶の例文」に関する記事以外にも、葬儀における挨拶やマナーについての記事もたくさんご紹介しております。

ぜひそちらの方もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・遺族・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・遺族・挨拶」についてさらに知りたい方へ

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!のサムネイル画像

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

葬儀での親族の挨拶の例文って?喪主が配偶者、子供の場合別にご紹介のサムネイル画像

葬儀での親族の挨拶の例文って?喪主が配偶者、子供の場合別にご紹介

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀でのお礼の挨拶方法や例文って?挨拶回りのマナーもご紹介!

葬儀での遺族の範囲はどこまで?服装や香典・焼香のマナーをご紹介!のサムネイル画像

葬儀での遺族の範囲はどこまで?服装や香典・焼香のマナーをご紹介!

葬儀明けの挨拶の方法とは?挨拶状の例文や会社への挨拶もご紹介!のサムネイル画像

葬儀明けの挨拶の方法とは?挨拶状の例文や会社への挨拶もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・遺族・挨拶」についてさらに知りたい方へ

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!のサムネイル画像

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと