直葬ってどんな葬儀?葬儀の流れや納骨方法、香典や戒名について解説

最近は一般的な葬儀ではなく、こじんまりと直葬という葬儀の仕方を選ぶ人が増えてきています。直葬とはいったいどのような葬儀かご存知でしょうか。この記事では直葬とはどんな葬儀なのかを、流れや納骨方法、香典や戒名について中心に解説します。

目次

  1. 直葬ってどんな葬儀?
  2. 直葬とは
  3. 直葬にかかる葬儀料金
  4. 直葬の流れ
  5. 直葬した場合の納骨方法
  6. 直葬のメリット・デメリット
  7. 直葬で戒名は必要?
  8. 直葬の場合に香典は必要?
  9. 直葬に関するまとめ

直葬ってどんな葬儀?

困った人々

葬儀と言えば、お通夜があって、翌日には葬儀式・告別式が行われる流れを想像します。
逆に言えば、それ以外の葬儀の流れは想像し難いと言えます。

最近耳にすることがある直葬とはどんな葬儀なのでしょうか。
流れはどうなっていて、一般的な葬儀とどう違うのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、直葬とはどのような葬儀なのかを中心に、流れや納骨方法、香典や戒名に関して以下の項目を解説していきます。

  • 直葬とはどんな葬儀なのか?
  • 直葬にかかる葬儀費用はいくらなのか
  • 直葬の流れは?
  • 直葬の納骨方法について
  • 直葬のメリットとデメリット
  • 直葬に戒名は必要なのか?
  • 直葬での葬儀に香典は必要なのか?

直葬の流れや費用の違いなどを理解すると、直葬が今注目されている理由がわかるのではないでしょうか。
ぜひ最後までご覧いただき、直葬について理解を深めていただければと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

直葬とは

葬儀

直葬とは一般的な葬儀とはかなり違ってきます。
しかし、注目度は高く、実際に直葬をされる方も増えてきています。
直葬とはどのような葬儀なのか、とても気になるところです。

こちらでは、直葬の特徴や参列者の人数、直葬を選ぶ人の割合について解説します。

直葬の特徴

直葬とは、病院や施設、ご自宅などのご逝去先からご遺体を火葬場へ直接搬送して、火葬をのみを行う葬儀の方法です。
一般的な葬儀のお通夜や葬儀式・告別式は行いません。
火葬式とも言います。

通常の葬儀と比べ、かなりの部分が省かれた葬儀になりますので、遺族の精神的な負担や経済的な負担の軽減に繋がります。
短時間で行われるので故人とのお別れの時間はあまりありません。

参列者の平均人数

一般的な葬儀だと、家族葬で20人~30人程度、一般葬だと100人以上の参列者になることもあります。

直葬は葬儀式も告別式を行うことなく、基本的に家族を中心とした遺族のみで行われることが多いです。
参列する人数も数人から多くても10人以内の場合がほとんどです。

葬儀全体に占める直葬の割合

葬儀にはいくつかの種類があります。
それぞれの葬儀形式ごとの割合はどの程度なのでしょうか。

平成26年の鎌倉新書の調査によると、一般葬の割合は全体の42%、家族葬の割合が32%、直葬が16%、一日葬が9%でした。
直葬に関しては、都心部に限って言えば、もっと割合は高いと言います。

昔と比べると一般葬が減少してきて、家族葬や直葬などの小規模の葬儀が増えてきていると言えます。
この傾向は年々、顕著になっています。

直葬にかかる葬儀料金

お金

直葬はお通夜も葬儀式・告別式も行いません。
一般的な葬儀と比べると相当な部分が省かれる形式になります。
そのため、葬儀料金はかなり安くなると想像できます。

ここでは、直葬にかかる平均的な費用を一般的な葬儀で行った場合の平均的な費用と併せて解説します。

直葬にかかる平均費用

直葬にかかる平均的な費用は、10万円台から30万円台が一般的です。
一般的な葬儀と比べると相当、費用を抑えることが可能です。

その理由は明白です。
お通夜も葬儀式・告別式も行わないこと、参列者が限られており飲食接待費が少ないことや葬祭場の費用が不要なことなどが大きな要因です。
一般葬であれば当然、発生するような経費が発生しないことになるからです。

具体的に費用の内訳を見ていきますと以下のようになります。

  • 寝台車料金 2~3万円程度

    ご遺体の安置場所から火葬場までの運搬費用です。

  • 棺 6万円程度

    棺にご遺体が入っていなければ火葬してもらえません。

  • 火葬場の利用料金(公営)数千円~5万円程度(民営)5万円~15万円程度

    直葬で最後のお別れをする場所になります。

  • 骨壷代 4千円~2万円程度

    火葬場が公営か民営かで骨壷代も違ってきます。

  • 火葬場控室(公営)1万円以内(民営)2万円程度

    火葬中の控室になります。

以下の記事では、直葬の費用はいくらかかるか、費用の内訳や注意点をより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

葬儀にかかる費用はいくら?

葬儀にかかる費用は、葬儀の内容によって変わってきます。
お通夜も葬儀式・告別式も行われる一般的な葬儀は、およそ200万円程度の費用がかかります。
この金額はあくまでも平均的な相場で、立派な祭壇を採用したり、参列者が多いとより費用はかかることになります。

費用内訳は、祭壇費用やお通夜に葬儀、火葬などの葬儀一式で120万円程度、飲食接待費用が30万円程度、僧侶への戒名代やお布施等で50万円程度になります。

また、最近注目をされている一般葬と流れは同じで、規模が小さい家族葬の費用相場は関東地方で115万円程度が平均的な費用になります。

直葬が多くの儀式を省いている分、いかに費用的に抑えて執り行うことが可能かよくわかります。

以下の記事では、葬儀の費用はいくらかかるか、費用の内訳や安くする方法をより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

直葬の流れ

葬儀

直葬はお通夜も葬儀式・告別式も行わず、火葬を行う形式です。
ご逝去されてから火葬が終わるまでの行程は、一般的な葬儀と比べるとかなり簡素化されています。

ここでは、直葬の流れをご遺体の安置からお骨上げまでの流れを解説します。

ご遺体の安置

ご逝去されたら、先ずは葬儀社に連絡をします。
ご逝去後は、24時間は火葬ができないことになっていますので、ご遺体の安置が必要になります。
自宅の一室で安置するか、葬儀社が準備できる安置所に搬送することになります。

この間に、医師に死亡診断書を発行してもらいます
ご遺体の安置後は、葬儀社の担当者と直葬に関する打ち合わせを行います。
ご自身、もしくは葬儀社で死亡届の提出や火葬許可証の受け取りを役所にて行います。

出棺

ご逝去から24時間が経過したら、ご遺体の安置場所で納棺を行います。
お通夜も葬儀式もありませんので、お別れをしっかり出来る最後のタイミングになります。

この時点で参列される方は全員が揃われていることが望ましいと思われます。
法衣や花入れも出来ますので有意義に使うべき時間になります。

納棺後、火葬時間に合わせて出棺となります。
火葬場へ棺を載せ寝台車にて向かいます。

お骨上げ

火葬場にて、火葬炉の前で最後のお別れを行ない、予め決められた時間に火葬が始まります。
荼毘に付された後、1時間から2時間でお骨上げになります。
お骨は骨壷に納めます。

尚、火葬が始まる前に火葬炉の間で僧侶がお経をあげる場合もあります。

直葬した場合の納骨方法

仏壇

直葬は極めて簡素化された形式で行われます。
葬儀式も告別式もありません。
そのため、僧侶も呼ばず、戒名もないというのが一般的です。

火葬が終わって、骨壷に入ったお骨はどのようにしてお墓に納骨するのでしょうか。
ここでは、直葬した場合の納骨の方法について解説します。

納骨方法の種類

直葬だから特別変わった納骨をするというわけではありません。
一般的な葬儀をあげた時と何ら変わりない方法で納骨します。
主な納骨の方法の種類は以下の通りです。

  • 墓地へ納骨する

    菩提寺の墓地や公営墓地、民営の霊園が納骨場所となります。

  • 納骨堂へ納める

    最近流行りの形式です。
    墓はありませんが、お参りしやすいのが特徴です。

  • 散骨する

    海や山に遺灰を撒きます。
    海洋散骨がよく知られています。

  • 樹木葬

    樹木を目印にし、遺骨は目印近くの土の中に埋めます。

直葬での納骨に関する注意点

直葬の場合は一般的な葬儀とは違い、いきなり火葬を行い納骨することになります。
簡略化され遺族の負担は軽減されますが、納骨に関してはトラブルになる可能性を秘めています。

特に菩提寺がある場合は注意が必要です。
直葬はお通夜や葬儀式などの宗教的儀式を一切行いません。
僧侶も呼ばないことになるので読経もなく戒名もついていません。

そのため、菩提寺がありながら、その存在を無視して儀式を行わなかったことを理由にお墓への納骨を断られることがあります。
頑なに納骨を断られる可能性もありますが、場合によっては火葬炉の間での読経や四十九日法要を菩提寺にお願いすれば納骨をしてもらえることもあります。

こうしたトラブルを防ぐには、たとえ直葬を行うとしても、菩提寺には軽くでも相談をしておくべきと言えるでしょう。
直葬を行う理由が経済的なものであるのであれば、相談をしておけば直葬に対しても理解してもらえる可能性もあるのです。

直葬のメリット・デメリット

困った人々

直葬は非常に注目をされている葬儀の形式です。
直葬が自分たち家族にとって本当に合致している葬儀の形式なのかどうかを理解するためにも、良い点や悪い点を理解しておくことはとても意味のあることです。

直葬のメリットとデメリットを以下の通りまとめました。

直葬のメリットは以下になります。

  • 費用がかからない

    お通夜や葬儀式・告別式がなく、僧侶や参列者への費用がかかりません。

  • 参列者への対応が不要

    基本的に遺族など一部の人間のみで行うので、対応に追われることはありません。

  • 香典返しが不要

    香典をいただかない場合が多いので、香典返しがいりません。

  • 時間が短くて済む

    数時間で終わるので、一般葬儀のように二日を要することはありません。

対して直葬のデメリットは以下のようになります。

  • 参列者が限定され不満が出ることがある

    極めて少数で行われるので、参列出来なかった人から不満が出ることがあります。

  • 故人とのお別れの時間が少ない

    火葬までの時間が少なく、じっくりとお別れが出来ないと感じることがあります。

  • 弔問の対応が発生する

    葬儀に参列できなかった人が弔問に来ることが多くなる可能性があります。

  • 寺院との関係がもつれることがある

    直葬自体を認めない寺院もあったり、直葬後のトラブルにも注意が必要です。

以下の記事では、直葬のメリットとデメリットを注意点と共により詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

直葬で戒名は必要?

仏壇

戒名とは一般的に、亡くなった後に付けられることが多いのですが、仏様の弟子になると付けられる名前になります。

通常の葬儀ですと、僧侶が読経し、戒名を与えてくれるものとなりますが直葬の場合はどうなるのでしょうか。

直葬は基本的に僧侶はいません。
そのため、戒名もなく位牌もないことが普通です。
後は、故人の遺言や遺族の意思によることになります。

戒名が不要だと思うのであれば、なくても問題があることはありません。
特に、元よりお寺と縁がないような人でしたら気にする必要もないでしょう。

問題となるのは菩提寺のある人です。
菩提寺にお墓があり、そこへ納骨するのであれば戒名は必要になると考えたほうが良いでしょう。
直葬を行ったとしてもお寺と蜜に相談をするべきです。

菩提寺がない人で戒名だけは付けたいと思う人は、直葬を案内してくれた葬儀社などに相談をしましょう。
お寺を紹介してもらえます。

気をつけておきたいのは、戒名をつけるとなると費用がかかることです。
宗派により戒名の値段は違いますが、高位の戒名ですと100万円を超えるような場合もあります。

以下の記事では、直葬での戒名の必要性や戒名の付け方・費用に関して詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

直葬で戒名は必要?戒名のつけ方や費用についても徹底解説します

直葬の時に戒名をつけない人もいますが、戒名をつけないと困ることもあります。直葬する場合は、寺院とのつながりがないため直葬の時の戒名のつけ方や費用について、わからないことが多いのが実情です。ここでは、直葬での戒名について詳しく解説します。

直葬の場合に香典は必要?

葬儀

直葬は多くのことが省かれた形式の葬儀です。
ただし、故人を送り出すことに変わりはありません。
そのため、直葬であっても一般葬と同じような常識が必要だと考えるべきです。

直葬に参列するのであれば、服装は喪服でお香典も持参するべきです。
もしも、直葬のお知らせを受けた時に、お香典は辞退するという旨を聞いている場合は持参する必要はありません。

一般葬と違うのは葬儀場ではなく火葬場でお香典を渡すことになる可能性があるくらいで、一般的な葬儀とは相違点は何もないと理解しておきましょう。
当然、お香典をもらう側は、香典返しをお渡しすることがマナーとなります。

以下の記事では、直葬の香典に関して詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

直葬とは、ごく一部の親しい人だけで火葬のみを行うお葬式のことを言います。 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーはぜひ知っておきたい知識です。 今回は、香典の必要性や相場をご紹介していきますのでぜひ最後まで読んでご参考にしてください。

直葬に関するまとめ

葬儀

直葬とはどのような葬儀なのかおわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、直葬とはどんな葬儀なのかについて以下のことを解説してきました。

  • 直葬とはお通夜や葬儀式・告別式を行わず、直接火葬場でご遺体を火葬する葬儀であること。
  • 直葬は葬儀の規模は小さく、遺族を中心に10人程度が参列する葬儀であること。
  • 直葬の葬儀費用は10万円台から30万円台で、費用を抑えることが出来ること。
  • 直葬の流れは、24時間のご遺体安置からすぐに出棺され、火葬・お骨上げが行われ数時間で葬儀が終わること。
  • 直葬での納骨に関しては菩提寺がある場合は、トラブルに気をつける必要があること。
  • 直葬には経済的なメリットなどがある反面、参列者が限定されるなどのデメリットもあるということ。
  • 直葬での戒名に関しては、菩提寺がある場合は気にする必要があるものの、基本的には故人の遺言や遺族の意思で決めることが出来るということ。
  • 直葬であっても、葬儀のマナーは通常の葬儀と変わりなく、香典辞退の連絡がない場合は香典を持参したほうが良いということ。

直葬とはお通夜も葬儀式なども行わず、ご遺体を火葬場へ直接搬送する経済的で合理的な形式の葬儀なのですね。
核家族化や少子高齢社会の今の時代にはマッチしている葬儀の形式だとも言えそうです。
今後、さらに直葬を行う人は増えていくかも知れませんね。

直葬であってもマナー自体は一般的な葬儀と変わりがないこともわかりました。
ただ、菩提寺がある場合は関係性を良好に保てるように考慮して行動することが必要なようです。

終活ねっとでは「直葬がどんな葬儀なのか」に関する記事以外にも、葬儀や直葬に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「直葬・葬儀」に関連する記事

  • 直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

    直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

    シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

  • 通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介のサムネイル画像

    通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

    直葬という葬儀方法について聞いたことはありますか?直葬は一般的な葬儀と違って費用を抑えられるというのは本当なのでしょうか?今回はそんな直葬にかかる費用や納骨の流れ、メリットやデメリットについてなど、具体的な疑問点についても合わせて解説をしていきます。

  • 直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

    直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

    直葬という葬儀のスタイルが増えていることをご存知でしょうか?直葬とは火葬だけを行う葬儀のことです。お通夜や告別式を行わない分、時間短縮になり家族の負担はかなり軽減します。そんな直葬について、その所要時間を流れとともに解説してきます。

  • 直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

    直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

    最近は直葬を行う方が増えてきていますが、直葬の場合の読経や費用、戒名についてどうすれば良いかあなたは知っていますか?何も知らない状態では、いざという時に困ってしまいますよね。 今回は直葬時のお経や費用、戒名についてまとめましたのでぜひ最後までご覧下さい。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

    葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

    葬儀にはお金がかかるというのが多くの人が持つ共通のイメージではないでしょうか。しかし、最近では葬儀の形式も多様化し、葬儀代を大幅に安くすることができるんです。今回はそんな葬儀代を安く済ませる方法と共に、家族葬や火葬式のメリットも紹介します。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

  • 葬儀にかかる最低費用はいくら?種類別に徹底的に解説します!のサムネイル画像

    葬儀にかかる最低費用はいくら?種類別に徹底的に解説します!

    葬儀には最低どのくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀を執りおこなう際の最低限必要とされる費用相場を紹介します!また、家族葬や一般葬といった種類別の費用もくわしく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

    直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

    一般的な葬儀とは異なる直葬ですが、近年この直葬を行うケースが増えてきています。ですが直葬の場合、菩提寺に納骨ができないなどのトラブルが生まれているのはなぜでしょう?そこで、直葬が増えている理由と、菩提寺へ納骨する方法をご紹介します。ぜひ最後までご拝読ください。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「直葬・葬儀」についてさらに知りたい方へ

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介のサムネイル画像

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

葬儀にかかる最低費用はいくら?種類別に徹底的に解説します!のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用はいくら?種類別に徹底的に解説します!

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「直葬・葬儀」についてさらに知りたい方へ

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介のサムネイル画像

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと