葬儀での服装マナーって?男性と女性・子供の服装や靴のマナーも解説

葬儀への参列は突然訪れるもので、服装で迷う方も多いと思います。葬儀での服装マナーは具体的にどういったものなのでしょうか?今回は葬儀での服装マナーを男性と女性、子供に分けて詳しく解説します。親族と参列者それぞれの服装マナーについても紹介します。

目次

  1. 葬儀での服装マナー
  2. 葬儀での男性の服装・身なりのマナー
  3. 女性の服装・身なりのマナー
  4. 子供の服装
  5. 夏の葬儀での服装マナー
  6. 葬儀での服装マナーまとめ

葬儀での服装マナー

葬儀

葬儀の参列は突然起こることですので、服装の準備ができておらず、焦ってしまう方も多いと思います。
葬儀での服装は一般的には喪服であり、男女それぞれにマナーがあります。

今回、終活ねっとでは葬儀での服装や身なりのマナーを男女別にご紹介します。

  • 男性の葬儀での服装・身だしなみ
  • 女性の葬儀での服装・身だしなみ
  • 子どもの葬儀での服装・身だしなみ
  • 葬儀が夏の場合の服装・身だしなみ

以上の項目を軸に解説していきます。
葬儀に参列する際の服装で迷うことがないよう、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀での男性の服装・身なりのマナー

葬儀

葬儀の際の男性の礼儀正しい喪服はどのようなものなのでしょうか?
遺族・親族と参列者では着てよいとされる喪服が異なります。
喪服だけでなく、髪型や小物も落ち着いたものを身に着けるのがマナーです。

喪服

喪服とは葬儀や法事の際に着る礼服のことです。
喪服には喪に服すという意味があります。

喪服は黒ければ黒いほどよいとされており、格式は正喪服・準喪服・略喪服の3段階あります。

遺族・親族

正喪服といわれるのは五つ紋付羽織袴やモーニングコートです。
正喪服は遺族や親族のみが着用し、参列者は着用しません。
しかし、最近では遺族や親族も準喪服のブラックスーツを着用するのが一般的です。

ブラックスーツは黒の無地でシングルスーツかダブルスーツです。
喪服のブラックスーツは光沢のない、深い黒色でなければなりません。

ブラックスーツは一般的にウール素材で、厚めの生地のものが多いです。
ブラックスーツは基本的には夏冬兼用の一着を持っていればよいといわれています。

ちなみに和装をする場合は、羽二重の染抜き五つ紋付羽織に仙台平か博多平の袴を着用します。
半襟は黒かグレーのものを、羽織紐は黒か白のものを身に付けます。
足袋も黒か白のものを履きます。

また、モーニングコートを着用する場合は、モーニングコートに縞模様のズボンを着ます。
ズボンはベルトを付けず、代わりにサスペンダーを付けます。
ネクタイと靴、靴下は黒色のものを身に付けます。

参列者

参列者は、遺族・親族と同じ準喪服のブラックスーツを着用するのが一般的です。
略喪服のダークスーツでも問題ないといわれています。
ダークスーツとは濃紺や濃いグレーなどのスーツのことを指します。

ブラックスーツが最も好ましい傾向にありますが、どうしても用意が難しい場合はダークスーツを着用してもよいかと思います。

靴は黒色のものを履きます。
エナメル質で光沢がある靴や、金具のついている靴は避けましょう
また、模様が入っている靴も避けます。
靴下は黒色のものを履きます。

ネクタイ

ネクタイは黒色で無地のネクタイを付けます。
ネクタイピンは装飾のひとつであるため、付けてはいけません。

ワイシャツは白色で無地のものを着用します。
カフスボタンはパールか光沢のないものなら付けても構いません。

コートを着てもいい?

コートは黒色や紺色、グレーなど地味な色のものは着ても問題ありません。
ダウンジャケットや革製のコートは避けたほうが無難です。

ハンカチ

ハンカチは基本的には白色ですが、近年では黒色のハンカチでも問題ないようです。
故人が着用するのが白装束のため、それに合わせてハンカチも白色を持つことが一般的です。
派手な色のハンカチは持って行ってはいけません。
ハンカチに入っている刺繍は入っていても大丈夫です。

髪型

髪型は清潔感の感じられる髪型にしましょう。
ワックスの付けすぎや強いパーマ、明るめの髪色はふさわしくありません。
明るめの髪色の場合は、スプレーで暗く染めてから葬儀に参列するのもマナーの一つです。
また、お辞儀をした際に前髪が目にかからないようにしておくとよいでしょう。

女性の服装・身なりのマナー

葬儀

女性の喪服にも正喪服・準喪服・略喪服の3段階の格式があります。
どの喪服においてもできるだけ露出を避けるようにしましょう。
アクセサリーや髪型は華美にならないように地味な格好を心がけます

喪服

葬儀の際の女性の正しい喪服はどのようなものなのでしょうか?
親族と参列者それぞれの喪服を紹介します。

親族

親族の場合は正喪服もしくは準喪服である、和装か洋装をします。

和装の場合は黒無地の染め抜き五つ紋付を着用します。
帯や草履、バッグは全て、黒色の光沢のないものを身に着けるのがマナーです。
足袋や半襟、襦袢は白色で構いません。
喪主を務める方は和装の場合が多いようです。

洋装の場合は黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。
なるべく露出が少なく、体のラインがあまり出ないものが好ましいです。
スーツの場合は、インナーも黒色のものを着用します。

参列者

参列者は、黒色が基本のワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。
親族よりも格式が高くならないように気を付けましょう。
露出は少なめに、派手になりすぎないようにします。

万が一、喪服の準備が間に合わない場合は、黒や紺色、グレーなど地味な色を着ていっても構いません。

アクセサリー

アクセサリーを付けるのは洋装の喪服に限ります。
喪服にアクセサリーを付けるかどうかは人・地域によって意見が分かれているようですが、基本的に特定のものなら付けても問題ないといわれています。

ただし、アクセサリーを付ける場合は、一種類のみ付ける(結婚指輪は除く)ことが一般的です。
アクセサリーを2種類以上付けると派手になってしまうため、葬儀には不向きです。

イヤリング

地域によって異なりますが、イヤリングをつける場合には、ネックレスは付けないのがマナーです。
葬儀で身に着けるイヤリングは、一粒のものが好ましいといわれています。
ダイヤなどの光沢があるイヤリングや、揺れるイヤリングは控えましょう。
イヤリングの金具の色は、シルバーやホワイトゴールドを選びます。

一般的にはパールのイヤリングを付ける方が多いようです。
パールは「月の涙」「涙の象徴」といわれており、葬儀の場でパールを身に着けることは悲しみを表します。

ちなみにピアスはマナー違反とされる地域もあるようなので、イヤリングのほうが無難だと思います。

ネックレス

ネックレスにおいてもイヤリングと同様、パールのネックレスを付けるのが一般的です。
一連になっているネックレスを付けましょう。
二連になったネックレスは不幸なことが重なるという意味に捉えられるため、必ず一連のネックレスにします。
パールの色は白・グレー・黒の3色なら構いません。
パールの粒の大きさは小ぶりなものを選びましょう。

指輪

指輪は結婚指輪だけは身に着けていても問題ありません
ただし、結婚指輪にダイヤが入っている指輪は、ダイヤが見えないようにダイヤを内側にするか、外すほうがよいかと思います。
ファッションとして付けている指輪は外しましょう。

靴は黒色で光沢のないパンプスを履きます。
ヒールは3㎝~5㎝程度はあったほうが品がよく見えます。
リボンがついたパンプスや、金具がついたパンプスもよく見かけますが、葬儀の場合は、装飾のないパンプスを履いていきます。
ストッキングは黒のストッキングを履くことが多いようですが、ベージュのストッキングでも構いません。

また、葬儀では靴を脱いだり履いたりすることも多いため、ストラップなしの靴のほうがよいと思います。

ネイル

葬儀の際にはネイルは落としていくのが基本的なマナーです。
特に親族として参列する場合は、ネイルを落としていく方がほとんどのようです。
ネイルサロンでしてもらったネイルは自分では落とせないため、ネイルサロンで落としてもらいましょう。

どうしてもネイルを落とせない場合は、方法が3つあります。

1つ目は、ネイルをしている上からベージュを塗る方法です。
100円ショップにも売られている、光沢のないベージュのネイルポリッシュで上から塗ります。
葬儀が終われば、マニキュアを落とす専用の液で落とすとベージュだけ落ちます。

2つ目は、黒い手袋を付ける方法です。
お焼香の時だけは外しますが、それ以外は付けていても構いません。

3つ目は、ネイルしている爪に絆創膏を貼る方法です。
立体的なネイルをしている場合は、絆創膏を貼ると隠せますが、見た目はきれいではないかもしれませんね。

髪型

髪型は、黒色で崩れないようにまとめ、派手な装飾をしないことが基本です。
明るめのカラーに染めている方はスプレーで黒色に染めていくとよいでしょう。

ショートヘアの方は、外はねやワックスの付けすぎは避け、自然なままにします。
お辞儀をする際に髪が顔にかからないよう、耳にかけたりピンで留めたりしておきます。

ミディアムヘアからロングヘアの方は髪は結びます。
後ろで一つにまとめたり、お団子にしたりしてすっきりとした印象の髪型にします。
髪を結ぶ際には黒ゴムや黒色のバレッタ等を使用します。
葬儀用の髪飾りを売っている店舗もありますので、それを使用すると間違いないでしょう。

前髪は目にかからず、毎回直すことがないように固めたり、留めたりしておくとよいでしょう。

子供の服装

葬儀

子どもの喪服には大人ほど決まりはなく、喪服でなくても構いません。
清楚な服装を心がけましょう。
年齢によっても異なります。
子ども用の喪服レンタルもあるようなので、レンタルを利用するのも一つの手です。
喪服のレンタルは、スーツだけでなくシャツや靴下などの小物まで全てついており、クリーニングも不要の商品もあるようです。

喪服

赤ちゃんの場合は、黒色の服はなかなかないので、白色や薄い水色、ベージュ等、派手な色でなければ問題ありません。
赤ちゃんは基本的には葬儀には連れて行きませんが、親族の場合は連れて行かなければなりません。

幼稚園児(保育園児)以降の子どもは制服があれば制服を着ていくことが一番の正装です。
以下では制服のない男性・女性の葬儀での服装をご紹介します。

男性

制服のない小学生以下の男性の場合は、白シャツに黒・紺・グレーのズボンを着用します。
ズボンはくるぶしが隠れる長さのあるものを履きます。
ブレザーやベストは持っていれば着ても構いません。
靴は黒色が基本ですが、スニーカーでも問題ありません。

制服のない中学生以上の男性の場合は、制服風の服装または大人と同じ服装をします。
基本的には白シャツに黒・紺・グレーのズボンを着用すれば問題ありません。
冬であればブレザーや黒のカーディガン等を着ます。
靴は黒色が基本ですが、スニーカーでも問題ありません。

女性

制服のない小学生以下の女性の場合は、白い襟付きブラウスに黒・紺・グレーのスカートやワンピースを着用します。
服も無地かワンポイントや少しのレースなどが入った服なら構いません。
光沢のあるアクセサリーは付けないようにしましょう。
靴は黒色が基本ですが、スニーカーでも問題ありません。
サンダルは避け、靴下を履きます。

制服のない中学生以上の女性の場合は、制服風の服装または大人と同じ服装をします。
基本的には白いブラウスに黒・紺・グレーのスカートやワンピースを着用すれば問題ありません。
冬であればブレザーや黒のカーディガン等を着ます。
靴は黒色が基本ですが、スニーカーでも問題ありません。

髪型

子どもの葬儀での髪型は大人とさほど変わりません。
地味で、まとまりのある髪型にします。

男性

男性の場合、髪が耳や目にかからない程度の長さにします。
ワックスの付けすぎや寝ぐせがそのままであるということがないようにしましょう。

女性

女性の場合、髪が短ければ目にかからない程度の長さで、ナチュラルな髪型にします。
髪が長ければ、耳より下で結びます。
髪飾りは黒色のシュシュやバレッタは付けても構いませんが、リボンは避けましょう。
髪が落ちてこないようにピンで留めておくことが大切です。

夏の葬儀での服装マナー

葬儀

暑い夏の葬儀に長袖の喪服は着ていられないと思う方もいらっしゃると思いますが、葬儀は夏でも冬でも同じ格好で参列することが基本的なマナーです。
葬儀では肌を露出することは失礼にあたります。

男性は、必ず上着を着用し、ネクタイをします。
ただし、上着は絶対に脱がないため、ワイシャツは半そででも構いません。
夏の葬儀は暑くて大変ですが、背抜きの上着を着用するなどして参列するとよいかもしれませんね。

女性の場合は、ワンピースタイプの喪服なら半袖のものがあり、上着を着用しなくても結構です。
ただし、葬儀ホールで行われる葬儀に参列する場合は、冷房が効いていることが多いようなので上着を持って行ったほうがよいと思います。

終活ねっとでは、夏用の喪服について以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

葬儀での服装マナーまとめ

葬儀

今回、終活ねっとでは葬儀での服装マナーについて以下のことを解説してきました。

  • 男性は親族・遺族・参列者全員、ブラックスーツを着用し、全身黒で統一することが基本的なマナーである。親族・遺族はブラックスーツ以外に五つ紋付羽織袴やモーニングコートを着ることもある。
  • 女性は親族は和装か洋装、参列者は洋装で派手な装飾は避ける。喪主を務める場合は和装を着用することが多い。
  • 女性の和装は黒無地の染め抜き五つ紋付、洋装は黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルである。
  • 子供は制服が正装であるため、葬儀においても制服を着用する。
  • 子供で制服がない場合、男性なら白シャツに黒・紺・グレーのズボンを着用する。女性なら白ブラウスに黒・紺・グレーのスカートまたはワンピースを着用する。
  • 夏の葬儀でも男性は必ず上着を着用する。女性は半そでのワンピースでもよい。

葬儀への参列は突然訪れるため、今回ご紹介した服装マナーを参考に事前に準備してみてはいかがでしたか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、葬儀の費用についても詳しく解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・マナー・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・マナー・服装」についてさらに知りたい方へ

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介のサムネイル画像

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介

葬儀に金具のついた靴はNG?靴や服装のマナーをご紹介!のサムネイル画像

葬儀に金具のついた靴はNG?靴や服装のマナーをご紹介!

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介のサムネイル画像

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

岡山県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!のサムネイル画像

岡山県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!

新潟県の葬儀費用の相場って?葬儀の特徴や給付金についてもご紹介のサムネイル画像

新潟県の葬儀費用の相場って?葬儀の特徴や給付金についてもご紹介

キリスト教葬儀での献花の作法とは?花の種類や献花をする順番も解説のサムネイル画像

キリスト教葬儀での献花の作法とは?花の種類や献花をする順番も解説

葬儀・告別式での喪主と参列者のマナーって?服装や持ち物もご紹介!のサムネイル画像

葬儀・告別式での喪主と参列者のマナーって?服装や持ち物もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・マナー・服装」についてさらに知りたい方へ

葬儀の欠席を伝える文例って?内容や伝え方・注意点までご紹介!のサムネイル画像

葬儀の欠席を伝える文例って?内容や伝え方・注意点までご紹介!

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀で行われている儀式とは?宗教別や海外の葬儀の儀式を解説しますのサムネイル画像

葬儀で行われている儀式とは?宗教別や海外の葬儀の儀式を解説します

葬儀で渡す香典の表書きの書き方は?神式やキリスト教の表書きも解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きの書き方は?神式やキリスト教の表書きも解説

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説のサムネイル画像

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと