家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

昨今、様々な理由から盛大な葬儀ではなく、家族や親族のみの小さな葬儀である家族葬を執り行う方が増えてきています。 今回、終活ねっとでは、家族葬の葬儀費用の相場と内訳について解説していきます。 併せて、支払い方法や家族葬以外の葬儀形式の費用についても解説していきます。

目次

  1. 家族葬の場合の葬儀費用について
  2. 家族葬の葬儀費用相場
  3. 家族葬の費用内訳
  4. 家族葬の費用の支払い方法
  5. 家族葬以外の葬儀形式の費用
  6. 家族葬の葬儀費用まとめ

家族葬の場合の葬儀費用について

葬儀

昨今では、葬儀にかかる費用を家族に負担させたくないなどの理由から、小さい葬儀を希望される方が増えてきています。
家族葬は、家族や親族、親しい知人のみで葬儀を執り行う小さな葬儀の代表とも言えます。

今回、終活ねっとでは、家族葬に必要となる葬儀費用について以下のようなポイントを中心に解説していきます。

  • 家族葬にかかる葬儀費用の相場はどのくらいなのか
  • 家族葬の費用の内訳はどのようなものがあるのか
  • 家族葬の費用はどのように支払うのか
  • 家族葬以外の葬儀形式ではどのくらいの費用がかかるのか

今回の記事を参考に、最近増えてきている家族葬の費用について、知識を深めてみてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬の葬儀費用相場

お金

一般的な葬儀の場合、大勢の参列者を招いて盛大に執り行われるため多額の費用がかかってくるのが一般的です。

日本における葬儀の費用相場としては、200万円程度といわれていますので、葬儀にかかる費用が手軽に支払える金額でないことがわかります。

では、家族や親族、親しい友人のみに限定される家族葬の場合、どのくらいの費用が相場となっているのでしょうか。
家族葬の参列者は少ないという特徴から、参列者をもてなすために必要となる費用が抑えられるため、一般的な葬儀よりも費用は安く抑えられます。
費用相場としては、約60万円〜150万円程度となっています。

家族葬にかかる費用の内訳については、次の項で解説していますのでそちらをご参照ください。

また、家族葬の費用や費用の内訳、支払い方法についてさらに詳しく記載している記事も用意しています。
以下のリンクから併せてご参照ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬の費用内訳

お金

家族葬にかかる費用の内訳はどのようになっているのでしょうか。

予算を見積もる際には葬儀社に相談のうえ葬儀社から見積書を出してもらうことが一般的ですが、どのような内訳になっているのか自身でも把握しておくと、話がスムーズに進みやすいです。

以下では家族葬の費用内訳とそれぞれの費用の相場について、項目ごとに細かく解説していきます。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用は、葬儀一連の流れに必要となる費用です。

葬儀一式の費用の相場は約120万円程度となっています。
家族葬においても、一連の葬儀の流れは一緒ですので、葬儀一式の費用の相場は家族葬の場合でもほぼ同じくらいと考えてよいでしょう。

葬儀一式の費用を具体的に示すと、以下のようになっています。

  • ご遺体の運搬費

    病院からの運搬や火葬場への運搬の際に必要となる費用です。

  • 葬儀社スタッフの人件費

    葬儀では、葬儀社のスタッフがセレモニーの司会進行や葬儀の運営を行います。その際に必要となるスタッフの人件費です。

  • 遺影写真の撮影

    生前の故人が元気だった写真の撮影代金となり、3万円〜4万円程度が相場となっています。

式場利用料

葬儀や通夜を執り行う際の斎場や火葬を行うための火葬場については、それぞれを行う施設を利用するための料金がかかります。
それぞれの式場利用料が、火葬場利用料や斎場利用料としての費用となります。

火葬場利用料と斎場利用料については以下で、それぞれの項目について解説していきます。

火葬場利用料

火葬場は建設するための法的な規制などの関係で、民間の企業が火葬場を建設するハードルが高いため、一般的には公営の火葬場ほとんどです。

ただし、地域によっては民営の火葬場も存在します。

火葬場利用料は、公営の火葬場の場合1万5千円程度が費用の相場となっています。
一部の民営の火葬場の場合、公営よりも費用は高くなり、3万5千円程度が費用の相場となっています。

斎場利用料

斎場についても民営の斎場と公営の斎場が存在します。

民営の斎場の利用料金の相場としては、10万円〜30万円程度となっているのに対し、公営の斎場の利用料金の相場は5万円〜10万円程度が相場となっています。
したがって、公営の斎場を選ぶことで費用を抑えることが可能です。

ただし、斎場は火葬場と異なり建設に対するハードルは高くありませんので、公営の斎場は民営の斎場より少ない地域が多いです。
したがって、公営の斎場を選ぶ方多くなかなか斎場が取れないといったデメリットもあります。

家族葬においては参列者が少ないため、通夜や告別式を斎場で行わず自宅で行う場合もあります。
その場合は斎場利用料がかかりませんので、その分、一般的な葬儀に比べて費用を抑えることができます。

飲食接待の費用

通夜の後や告別式の後には、参列者の方を招いて会食を実施することが一般的です。
通夜の後に行う会食を「通夜振る舞い」といい、告別式の後に行う会食を「精進落とし」といいます。

それぞれ参列者分の食べ物や飲み物を用意する必要があり、それらに要する費用が飲食接待の費用として必要となります。
飲食接待の費用は、食事代が1,500円程度、アルコールなどの飲み物代が500円程度の一人2,000円程度が相場となっています。

家族葬の場合、一般的な葬儀と比べて参列者がすくないので、飲食接待の費用が抑えられます。

車両利用料

葬儀では何かと車両が必要となります。
ご遺体を病院から搬送する「寝台車」や火葬場まで搬送する「霊柩車」、参列者の方を送迎するバスなどが代表的な車両となります。

それぞれの車両を手配するための費用として車両利用料が発生します。
「寝台車」と「霊柩車」については、基本使用料に距離に応じた費用が加算されるようになっています。

送迎用のバスのレンタルに必要な費用としては、中型のタイプのバスで7万円〜10万円程度となっています。

寺院費用

寺院費用は主に、寺院にお布施として支払う費用となります。
寺院費用として必要な項目には「読経料」、「戒名料」、「御膳料」、「お車代」などがありますので、それぞれの項目について解説していきます。

読経料

読経料は、僧侶にお経を読んでもらったことに対して感謝の意を込めて支払いうお布施となります。

読経料としてお渡しするお布施としては、通夜・告別式の両方をお願いした場合で、20万円〜30万円程度が平均となっています。

ただし、お布施は相場がありませんので、ご自身の宗派のお寺やこれまでの風習を踏まえて包む必要があります。

戒名料

戒名とは、仏教の教えに従い僧侶が亡くなった方に名前を付けることであり、仏教では戒名することで現生と縁を切り、成仏させることができるとされています。

戒名には位があり、位に応じて戒名は異なってきます。
戒名料として必要な費用は、30万円〜100万円になるものもありますので事前に寺院などに確認してみると良いでしょう。

御膳料

一般的に、葬儀の会食にはお経をあげていただいた僧侶も招きますが、僧侶が何らかの事情で参加できない場合もあります。

そのような場合に、食事に替えてお渡しするのが御膳料となります。
本来であればおもてなしとしての会食に参加できないためにお渡しするお金となりますので、食事代に見合った金額をお渡しするのがマナーです。

お車代

お車代は、僧侶が読経を読むために足を運んでいただいたことに対する交通費としてお渡しするお金です。

斎場などで葬儀を実施する場合には、葬儀を行う斎場に足を運んでもらいますのでお車代が必要となります。

お車代は実際にかかった費用に5,000円〜1万円をプラスしてお渡しするのが一般的です。

祭壇の費用

葬儀会場の前面に、遺影の写真を飾ったりお花を飾ったりする壇が祭壇となります。
祭壇にも種類があり、それぞれ用意するためには費用がかかります。

以下では、祭壇の費用を葬儀において伝統的な白木祭壇と最近増えてきている生花祭壇についてご紹介していきます。

白木祭壇

白木祭壇は、仏式の葬儀において伝統的に使われている木で組み上げられた祭壇です。

白木祭壇は葬儀を行うにあたって購入するものではなく、すでにある白木祭壇をレンタルする形式となります。
したがって、白木祭壇の費用はレンタル料として必要な費用となります。

祭壇の大きさによっても費用は異なってきますが、安いものだと10万円程度から、高いものだと100万円を超えるものもあります。
ですので葬儀社に相談しつつ、予算に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

生花祭壇

生花祭壇は最近増えてきている祭壇で、お花や植物で作られた祭壇のことをいいます。

個人が生前好きだった花で祭壇をアレンジしたりでき、ご家族やご遺族の希望でデザインした祭壇を作ることが可能です。
生花祭壇の場合、どのようなお花をどれくらい使用してアレンジするかによって値段が異なってきます。

値段が安いもので20万円程度から提案しているところもありますので、相談しながら形作ると良いでしょう。

返礼品の費用

返礼品は、参列者の香典に対するお返しとしてお送りする贈答品です。

葬儀の返礼品では石鹸屋コーヒーなどが良く選ばれており、返礼品の費用として参列者一人当たり約500円〜1,000円程度の商品が選ばれています。
返礼品を選ぶ際には、不幸を残さないという意味も含めて無くなるものを選ぶことが基本となります。

オプションの費用

インターネットなどで調べると葬儀社の数もたくさんあり、また、それぞれの葬儀社では独自のオプションサービスを用意しています。

通常の葬儀プランに、ご家族やご遺族の希望に添えるような様々なオプションがありますので、以下では代表的なものをご紹介していきます。

  • エンバーミング

    ご遺体を長期保存するために消毒や保存処理をしたり、必要に応じて修復したりするサービスです。
    費用は15万円〜25万円程度が相場となっています。

  • 湯灌

    ご遺体をお湯に入浴させて清め、化粧などを施す儀式をいいます。
    湯灌に必要な費用としては、8万円〜10万円程度が相場となっています。

  • 棺の種類

    葬儀社によって様々な色や素材の棺を用意しており、ご家族やご遺族の希望に沿った棺を選べるサービスです。
    棺の素材などによって費用は違ってきますが、天然の木材でできた棺などでは100万円を超えるような棺もあります。

  • 骨壷の種類

    棺と同様に、ご家族やご遺族の希望に沿った骨壷を選択できるサービスです。
    伝統的な焼き物などで作られた骨壷などですと、7万円程度のものもあります。

以下の記事では、家族葬の費用をさらに安くする方法について解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用を安くするには?注意点やさらに安い葬儀形式も紹介

社会的、経済的な事情から家族葬を選ばれる方が増えてきています。家族葬は費用が抑えられると言いますが、より費用を抑える方法はあるのでしょうか。今回は、家族葬の費用をさらに安くする方法や注意点、家族葬よりも費用を安く抑えた葬儀形式についてご紹介していきます。

家族葬の費用の支払い方法

お金

家族葬とはいえ、葬儀を実施するために必要となる費用は決して手軽な費用ではありません。

これまでは現金一括での支払いが主流でしたが、昨今のキャッシュレス化の流れやクレジットカードの普及などを踏まえ、葬儀会社でも多数の支払い方法を用意しています。

また、葬儀費用をどのタイミングで支払う必要があるのかも、葬儀を執り行う上で重要な内容です。
以下では、葬儀費用を支払うタイミングや支払い方法、葬儀費用の負担者について解説していきます。

費用は前払い?後払い?

葬儀費用の支払いは、葬儀が終わった後の1週間から10日以内に支払うことが一般的です。
したがって、葬儀費用の支払いは後払いとなっています。

葬儀の場合、参列者が突然増えたりすることにより、用意した会食が少なくなったり、葬儀後の返礼品の数が少なくなったりといったことが考えられます。

そのような場合は、追加で注文したりすることで費用が加算されます。

そのような事態に対応するために、最終的に発生した費用を支払うことから後払いとなっていることが一般的です。

クレジットカードは使える?

クレジットカードでの支払いも可能です。
葬儀についてのプランは葬儀会社と話し合いながら検討していきますが、当然、費用の支払いについても相談しながら決めていきます。

これまでは、現金で一括で支払うことが通例でしたが、一般的な葬儀費用は手軽に現金で支払えるほど安い金額ではありません。
各葬儀会社においても、現金のみの対応ではなく、各種クレジットカードでの支払いにも対応してきています。

支払いについては、葬儀会社に相談しつつ、使えるクレジットカードを確認してみると良いでしょう。

誰が費用を支払うの?

葬儀費用の負担者は、葬儀の施主である喪主が負担することが一般的とされています。

ただし、費用の負担者について明確に規定した法律等は存在していません。
喪主だけではなく兄弟や親族も含めたご遺族にも負担する義務があると法律的な解釈も可能ですので、事前に誰が負担するのか相談しておくと良いでしょう。

故人の遺産で費用を支払うことも可能です。

家族葬以外の葬儀形式の費用

葬儀

ここまで家族葬に関する費用について、内訳や支払い方法についてみてきました。

では、家族葬以外の葬儀形式ではどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。

この見出しでは家族葬以外の葬儀形式の費用について解説していきます。
葬儀の形式にはいくつかの種類がありますので、それぞれの形式に応じてどのくらいの費用相場となっているのか、以下で解説していきます。

直葬

通夜や告別式を行うことが葬儀と思われる方も多いでしょう。
しかし、必ずしも通夜や告別式を行わない葬儀の形式もあります。

直葬は、通夜や告別式を行わず火葬のみを取り行って葬儀とする形式で、火葬場の前で僧侶にお経を読んでもらいます。
通夜や告別式必要な費用がかからない分直葬は非常に安価に葬儀を執り行うことができます。

直葬の費用の相場としては、20万円〜40万円程度となっています。

終活ねっとでは、直葬について詳しく紹介している記事も用意しています。
以下のリンクから、直葬に関する記事も併せてご参照ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬

一日葬では通夜は実施せず、告別式と火葬のみを執り行うこととなります。
したがって、直葬では行わない故人との別れの儀式をしっかりと行いつつ、費用を抑える形式の葬儀となります。

費用も一般的な葬儀と比較しても抑えられ、60万円程度が相場となっています。
直葬では故人とゆっくりお別れができないという方は、一日葬を選ばれています。

一日葬についても詳細な記事を用意していますので、下記リンクをご参照いただき、一日葬の費用について確認してみてください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

一般葬

一般的に葬儀としてイメージできる葬儀の形式が一般葬です。

一般葬はご家族やご遺族、故人の親しかった友人や知人、会社関係者も参列して盛大に実施する葬儀の形式です。
通夜や告別式から火葬までを行い、それぞれに必要となる費用も高額になってきます。

一般葬の費用相場としては200万円程度とされていますが、参列者の人数や葬儀の内容によって金額は前後します。

家族葬の葬儀費用まとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、家族葬の葬儀費用についてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 一般的な葬儀にかかる費用の相場としては200万円程度といわれているが、家族葬の場合、参列者が少ないなどの理由から、60万円〜150万円程度が相場とされている。
  • 葬儀費用の内訳は主に、次のような費用で構成されている。
    ・葬儀一式の費用
    ・式場利用料
    ・飲食接待の費用
    ・車両利用料
    ・寺院費用
    ・祭壇の費用
    ・返礼品の費用
    ・オプションの費用
  • 葬儀費用は基本的には葬儀が終わって1週間〜10日以内に支払う。クレジットカードでの支払いも葬儀社によっては可能。
    費用は、喪主が負担することが一般的だが、ご遺族が負担する場合もある。
  • 家族葬以外には、直葬、一日葬、一般葬などの葬儀の種類がある。
    直葬の費用は20万円〜40万円程度が相場となっている。一日葬の費用相場は60万円程度、一般葬の相場は200万円前後となっている。

家族葬を検討されている方は、今回の記事を参考にどのような項目にどのくらいの費用が必要か、費用の相場感を把握してみてください。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・費用・家族葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・家族葬」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!のサムネイル画像

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説のサムネイル画像

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

種類別の葬儀費用の相場とは?費用の内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

種類別の葬儀費用の相場とは?費用の内訳や安くする方法も解説!

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説のサムネイル画像

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・費用・家族葬」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと