福井県にあるおすすめ神社14選!初詣や七五三で有名な神社を紹介

北陸三県の1つである福井県には東尋坊などさまざまな観光スポットがあるとともに、実は有名な神社も多く存在します。その中でも特におすすめの場所は14社あり、ご利益も期待できるところです。今回は福井県内でおすすめの神社14社をご紹介いたします。

目次

  1. 福井県の神社について
  2. 福井県に神社はどれぐらいある?
  3. ご利益のある福井県のおすすめ神社一覧
  4. 条件別福井県のおすすめ神社一覧
  5. 神社参拝の方法
  6. 神社参拝時の服装マナー
  7. 神社参拝に適した時間帯って?
  8. 福井県の神社についてのまとめ

福井県の神社について

神社

福井県は北陸三県の中でも最も京都や大阪寄りに位置する県です。
越前ガニや越前そば、水ようかん、糠サバ(へしこ)といった名物があるほか、東尋坊や丸岡城、永平寺、一乗谷朝倉氏遺跡、三方五湖といった観光スポットも豊富にあります。
また、漫画作品『ちはやふる』にもとりあげられたように競技かるたの盛んなことでも有名です。

同時に福井県内には数多くの神社があり、中にはご利益があるということで有名な神社も少なくありません。
その中でも特におすすめといえる場所が14社あるため、福井県に観光に訪れたらぜひとも参拝してみると良いでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、福井県内で特におすすめの神社14選を、以下の各ポイントに沿ってご紹介していきます。

  • 福井県内には全部でどのくらいの神社があるのか?
  • 福井県内の神社でも特にご利益があることでおすすめの場所とは?
  • 条件別でおすすめの神社にはどこがある?
  • 神社参拝の方法とは?
  • 神社参拝の時の服装として適したものとは?
  • 神社参拝に適した時間帯はいつ?

福井県内にお住まいの方や福井に観光に出かける予定のある方にとってイチ押しの情報が豊富ですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

福井県に神社はどれぐらいある?

神社

まず福井県内には全部でいくつくらいの神社があるのでしょうか?

毎年、文化庁(文部科学省の外局)が公開している宗教統計調査(寺社などにまつわる調査)の最新版(2017年度)によると、福井県内にある神社数は1711社あるというデータが出ています。
この数字は全国のランキングで20番目に多いというデータです。

ご利益のある福井県のおすすめ神社一覧

神社

ここからは福井県内で特にご利益があるとされている神社についてご紹介いたします。
ぜひとも、福井に観光に出かけた場合などのご参考にしていただければ幸いです。

縁結び・恋愛運

特に若い方にとってどうしても気になるテーマの1つが恋愛ですが、福井県内にある神社で縁結びや恋愛運関係のご利益があるところとして、以下の神社が挙げられます。

福井市中央・柴田神社

柴田神社はJR福井駅の駅前からほど近いところにあり、織田信長の配下であった柴田勝家とその妻だったお市の方(信長の妹)が祭神として祀られています。
また、神社がある場所も勝家の居城があった北ノ庄城の跡地です。

勝家とお市の方の夫婦は生前大変仲睦まじく、勝家が豊臣秀吉に滅ぼされた際にそろって自害したほどであったため、良縁や復縁、夫婦円満のご利益がある場所として非常に知られています。
また、お市の方が浅井長政との間にもうけた3人の姉妹(淀殿、お初、お江)を祀った三姉妹神社も境内にあるため、家族運関係にご利益もいただける場所としても有名です。

以上のことから、柴田神社は別名絆の宮としても知られているため、出会いを求めている方や夫婦・家族円満をお願いしたい方はぜひとも参拝すると良いでしょう。

柴田神社

所在地福井県福井市中央1丁目21-17

JR・えちぜん鉄道福井駅より徒歩約2分
北陸自動車道福井ICより車で約10分
TEL:0776-23-0849

福井市渕・出雲大社福井分院

縁結びや開運のご利益があることで有名な出雲大社の福井における分社です。
同時に北陸地方唯一の出雲大社の分社としても知られています。

祭神は出雲大社と同じ縁結びの神様として知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)であるため、単に縁結びだけではなく、商売繁盛や交通安全、健康などのご利益も期待できるでしょう。
なお、この神社での祈願の作法は、二礼四拍手一礼です。

ちなみにアクセス方法としては、JR福井駅の駅前からバスを利用するという方法がとられます。

出雲大社福井分院

所在地福井県福井市渕2丁目2001番地

営業時間9:00~18:00

JR・えちぜん鉄道福井駅前7番または8番バス乗り場より京福バスで18分、「社中央」停留所より徒歩2分
TEL:0776-35-1187

金運・仕事運

商売繁盛や金運上昇のご利益をいただきたい方は、以下の神社がおすすめです。

敦賀市金ヶ崎町・金崎宮

福井県でも滋賀県寄りの敦賀市にある神社です。
祭神は鎌倉幕府を滅ぼして建武の新政を行った後醍醐天皇の2人の皇子、恒良(つねなが)親王と尊良(たかなが)親王です。

この2人の皇子は足利尊氏(室町幕府初代将軍)が京都を攻め落とした際に、新田義貞(後醍醐天皇配下の武将)に伴われて北陸まで逃れたものの、のちに非業の最期を遂げることになりました。
その後、明治時代に入ってから地元の人々の願いで金崎宮が造営された際に祀られるに至りました。
なお、新田義貞は福井市新田塚の近くにある藤島神社の祭神です。 

「金」の字が入っているために金運のご利益があるほか、戦国時代に織田信長がこの地でピンチを切り抜けたことから難関突破のご利益もあります。
難関突破については、非常に特殊な形のお守りもありますので、スポーツなど勝負事を控えている方は、ぜひとも授けて頂くことをお勧めします。

ちなみに同じ敦賀市には、気比神宮という非常に有名な神社もあります。

金崎宮

所在地福井県敦賀市金ヶ崎町1-4

JR敦賀駅よりバスで18分「金崎宮口」停留所下車、徒歩10分
北陸自動車道敦賀ICより10分
TEL:0770-22-0938

丹生郡越前町・劔神社

劒(つるぎ)神社は福井市の南西にある丹生(にう)郡越前町にある神社で、越前の二の宮という別名もあります。
また、織田信長の祖先がこの地で神職を務めていた歴史があるため、神社一帯の地域は「織田」とも呼ばれているところです。

祭神は天照大神の弟神としても有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)で、古くから商売繁盛のご利益があることで知られているため、金運上昇を願いたいという方は参拝してみると良いでしょう。
なお、駐車場は神社の隣にある織田文化歴史館の駐車場を利用がおすすめです。

ほかに県内で素戔嗚尊を祀っている神社に、福井市松本にある簸川(ひかわ)神社があります。

劒神社

所在地福井県丹生郡越前町織田金栄山

北陸自動車道福井ICより車で約40分
武生・鯖江ICより車で約20分
TEL:0778-36-0404

子宝

子供関係や妊娠関係にまつわるご利益をいただきたい場合は、以下の2つの神社がおすすめです。

福井市足羽上町・足羽神社

福井市中心部の南西にそびえる足羽(あすわ)山にある、福井県内で最も古い神社です。

祭神は第26代継体天皇で、即位前に越前を治めたことで知られています。

継体天皇が非常に多くの皇子や皇女に恵まれたことから、足羽神社では子宝や妊娠関係のご利益があることで非常に人気が高いです。
また「継体」のお名前から、継続して繁盛するというご利益もあります。
このため、お宮参りをするうえではおすすめの神社です。

このほか、境内にはしだれ桜の木があるため、桜の名所としても知られています。

足羽神社

所在地福井県福井市足羽上町108

JR福井駅から赤十字病院行バス15分、「左内公園口」停留所下車、徒歩約7分
福井鉄道福武線公園口駅より徒歩約10分
北陸自動車道福井ICから約15分
TEL:0776-36-0287

福井市加茂町・賀茂神社

福井市(旧清水町)にある神社で、京都にある上賀茂・下鴨の両神社の分社です。
祭神として、京都の上賀茂・下鴨の両神社でも祀られている別雷神(わけいかづちのかみ)や大国主大神などが祀られています。

賀茂神社で特に有名なのが約300種類におよぶお守りを扱っているという点で、この数は全国にある神社の中で最も多いとさえいわれているほどです。
なお、お守りについては、陰陽師として有名な安倍晴明の師匠に当たる賀茂氏から伝わるものとされています。

このため、子宝のご利益で知られるほか、恋愛関係のご利益でも非常に有名です。

賀茂神社

所在地福井県福井市賀茂町

JR福井駅よりバスで30分、「大森」停留所より徒歩10分
TEL:0776-98-3087

条件別福井県のおすすめ神社一覧

福井

ここまで、福井県にある神社の中でも、特にご利益で知られているところについて見てきました。
しかし、福井県内にある神社の中には絶景にあるといった理由で人気がある場所や、初詣や七五三などでおすすめの場所もあります。

ここでは福井県の条件別おすすめ神社を8社ご紹介いたしましょう。

絶景

西に海、東と南に山があるというのが福井県の地理の特徴ですが、その中でも絶景を楽しむことのできる神社が2社あります。

勝山市平泉寺町・平泉寺白山神社

平泉寺白山神社は福井県でも東側、奥越地方の勝山市(左義長祭りで有名)にある神社です。
名前に「平泉寺」とついていますが、かつては平泉寺という大規模な寺院がここにありました。
平泉寺は発掘調査の結果、巨大な宗教都市として栄えていたことが明らかになり、その意味では永平寺(吉田郡永平寺町:禅宗である曹洞宗の大本山)と同じくらい重要な寺院でした。

明治時代に白山をご神体とする神社として歩むことになり現在に至っていますが、境内には往時の繁栄をしのぶ遺跡があるとともに、梅雨から夏にかけての苔が美しく広がることで有名です。
県内で白山をご神体とする神社は、福井市森田地域にもあります。

ちなみに福井市から勝山市に向かう途中には、弁財天白龍王大権現(竹原弁財天)と呼ばれる金運のご利益がある神社も有名です。
宝くじを当てたい場合などに御神体の白蛇様に祈ってみてはどうでしょうか。
また、その近くには水の神様である瀬織津姫が祭神の川上神社もあります。

また、苔で有名な神社として、若狭町(小浜市の手前)にある常神社(つねかみしゃ)もおすすめです。
加えて、奥越地方の神社には大野市の蕨生(わらびよう)にも埴安姫(はにやすひめ)神社もあります。

平泉寺白山神社

所在地福井県勝山市平泉寺町平泉寺56-63

えちぜん鉄道勝山永平寺線勝山駅より徒歩12分「平泉寺神社前」停留所下車
北陸自動車道丸岡IC・福井北ICから50分

福井市南菅生町・鉾島神社

鉾島(ほこじま)神社は福井県でも海岸沿いにある神社で、日本海の荒波が作った島の柱状突起が鉾(武器の一種)が並んでいるように見えるさまから鉾島の名があります。
島といっても、橋で陸地と直接つながっているために、その橋を渡って参拝することが可能です。

神社といっても実際は祠ほどの大きさで、中には不動明王が祀られています。
ただし、鉾島の断崖絶壁の上にあることから眼下に広がる日本海を一望して楽しめる場所です。
このため、参拝するだけではなくデートスポットとしてもおすすめですが、途中の道は細くなっているので参拝の際はくれぐれも足元に注意するようにしましょう。

鉾島神社

所在地福井県福井市南菅生町28−1

JR福井駅からバスで45分
北陸自動車道福井北ICから車で50分

初詣

私たちには毎年新年を迎えると初詣をする習わしがありますが、福井県にある神社の中で初詣におすすめの神社に以下の2社が挙げられます。

坂井市三国町・三國神社

福井市の北にある坂井市の九頭竜川と竹田川との合流地点近くにある神社です。
祭神は足羽神社と同じく継体天皇のほか、竹田川で山王権現の御神体を拾って祀ったことから山王権現も祀られています。
このため地元では「お山王(さんの)さん」として親しまれている神社です。

正月3が日には同じく三国町域にある三国成田山(総社は千葉県の成田山新勝寺)とともに初詣客で非常ににぎわうとともに、参拝者には福甘酒が振舞われます。
なお、三国町域は東尋坊や雄島といった海に面した観光スポットがあることでも有名です。

三国神社

所在地福井県坂井市三国町山王6-2-80

北陸自動車道金津IC・丸岡ICから一般道で三国方面
えちぜん鉄道三国芦原線三国神社駅より徒歩10分
TEL:0776-81-2514

福井市宝永・神明神社

全国には神明神社という天照大神(皇室のご先祖様とされる女神)を祀ってある神社が数多くありますが、そのうちの1つがここでご紹介する福井市中心部の宝永地域にある神明神社です。
地元では「お神明(しんめ)さん」と呼ばれて親しまれています。

福井市内に数ある神社の中でも特に初詣時の参拝客が多いことで有名です。
ただし、参拝客の多さもあることから、初詣の時は駐車場が混みあうため、徒歩で出かけるのが良いでしょう。
このほか2月3日には無病息災を願って行われる節分の豆まきも有名です。

ちなみに、福井県内の神明神社はほかにも福井市鷲塚地区や坂井市春江町、鯖江市、越前市、大野市(神職が大麻で逮捕されたことで話題)にも鎮座しています。
また、福井市内にも天照大神を祀っている高木神社もあります。

なお、越前市は越前和紙の産地として、また猫寺である御誕生寺(庄田町)や雷神社(広瀬町)があるところとしても有名です。

神明神社

所在地福井県福井市宝永4-8-1

JR福井駅から徒歩約12分
福井鉄道福武線裁判所前駅より徒歩3分 
TEL:0776‐24‐2210

七五三

子供たちの健やかな成長を祈るための通過儀礼が七五三(753)ですが、福井県の中でも七五三参りで有名な神社は以下の2社です。

福井市大宮・福井県護国神社

全国にある護国神社(明治維新以後の国家のために亡くなった方を祀った神社)のうち福井にあるものですが、東京の靖国神社の分社ではありません。
そして、福井県護国神社の祭神は、福井県出身者で戦争などによって亡くなった方で、その中には幕末の志士であった橋本左内(さない)なども含まれています。

学識豊かであった橋本左内が祀られていることにあやかって、七五三では子供たちが左内のように成長してほしいという願いを込めて背伸び石という石碑で背比べさせるのが習わしです。
加えて、受験の合格祈願など学業成就や病気平癒、縁切りのご利益があるともされています。

福井県護国神社

所在地福井県福井市大宮2丁目13-18

JR福井駅よりタクシーで7分
福井北ICより車で15分
福井ICより車で20分
TEL:0776-22-5872

福井市大手・佐佳枝廼社

福井市中心部で、福井城跡(福井県庁が立地)のすぐ近くにあるのが佐佳枝廼社(さかえのやしろ)です。
祭神は福井藩初代藩主である結城秀康と彼の父である徳川家康、そして幕末の福井藩主である松平春嶽(高知市出身の坂本龍馬の支援者としても有名)です。

年始の初詣のほか、七五三の時期にも多くの参拝客でにぎわうことで有名であるため、福井県内での七五三参りでも特に知られた神社といえるでしょう。
また、神前結婚式(神前式)も挙式できるうえ、付近に結婚式場に使うことのできるレストランを備えたホテルがあることもこの神社のポイントです。

佐佳枝廼社

所在地福井県福井市大手3丁目12-3

JR福井駅よりバスで「中央公園」停留所または「大名町」停留所下車

御朱印・御朱印帳

近年では御朱印集めがブームとなっていますが、福井県の神社で御朱印集めをするということであれば、次の2社がおすすめです。

福井市毛矢・毛谷黒龍神社

毛谷黒龍神社は福井市内にそびえる足羽山の東の麓にある神社です。
創建自体は平安時代ですが、もともとは継体天皇が九頭竜川(黒龍川)の治水工事を行った際に土地の守護を祈願して建てた社が始まりとされています。

古くから国土を守護する四大明神と崇められてきたという意味でも由緒正しい存在です。
このためスピリチュアルの属性を考えても、毛谷黒龍神社は福井県にある神社の中でも指折りのパワースポット(パワスポ)としても有名で、とくに厄払い関係や安産関係のご利益で知られています。

毛谷黒龍神社の御朱印や御朱印帳は「龍」とつくだけあって、龍を象っているのが特徴です。
また、除夜の鐘が鳴る大みそかには年越しのカウントダウンを経て新年に初詣を行う光景が見られます。

このほか境内にはさざれ石(君が代の歌詞に出てくる石)もあるという点でも、同じ福井市内の和田八幡宮とともに有名です。

毛谷黒龍神社

所在地福井県福井市毛矢3丁目8-1

福井駅より車で10分
TEL:0776-36-7800

敦賀市相生町・晴明神社

敦賀市にある神社で、名前の通り平安時代の陰陽師として名高い安倍晴明が祭神です。
安倍晴明と聞くと京都の人物のようなイメージがありますが、実は彼は晩年になってから陰陽道の学問研究のために敦賀に住んでいたことがあります。

このため、晴明神社には生命が占いに使ったとされる石(祈念石)も祀られており、参拝の際にお賽銭をこの石の上に載るように投げ入れると願い事が叶うという伝承があることで有名です。
晴明神社の御朱印は、晴明神社と五芒星(陰陽道のシンボル)の印が押されているという特徴があります。

ちなみに敦賀市の西に広がる若狭地方で有名な神社としては、美浜町の佐支(さき)神社や高浜町の佐伎治(さきち)神社、おおい町の若宮神社もあります。

晴明神社

所在地福井県敦賀市相生町8

営業時間8:00~17:00

JR敦賀駅よりバスで約11分「山車会館」停留所下車
北陸自動車道敦賀ICより車で約10分
TEL:0770-22-8167(敦賀観光協会)

神社参拝の方法

神社

ここまで福井県でおすすめの神社を14社をとりあげてきましたが、いくら有名な神社のことを知っていても、参拝の作法を知っていないとご利益をいただけないこともあります。

ここでは、神社参拝の作法について簡単に見ていきましょう。
なお、神社参拝についてより詳しいことは、この項目の最後にある記事をご参照ください。

鳥居をくぐる

まず、境内に入る際に鳥居をくぐりますが、この時軽く一礼をするのが作法です。
また、帽子をかぶっている場合は、帽子を取りましょう。

本殿に続く参道を歩くときは真ん中ではなく、脇を通ります。

手水舎で身を清める

本殿での礼拝の前に手水舎で手水を行います。
備え付けの柄杓を使って両手と口の中を清めましょう。

具体的には左手、右手、口、左手の順に清めますが、口を清める際には柄杓に口を付けないようにします。

礼拝を行う

いよいよ本殿で礼拝をする段階ですが、最初にお賽銭を入れ、その次に鈴を鳴らします。
その後、二礼二拍手一礼を行いますが、祈願は2回拍手をした後で捧げましょう。

祈願についてはご自身のお願い事を実現すると誓う形で行うのが作法とされています。
礼拝が終わったら、おみくじを引くなどすることもできますが、強制ではありません。

鳥居をくぐる

神社を退出する際には再び鳥居をくぐります。
このとき、鳥居をくぐる前に本殿の方向に向き直って軽く一礼しましょう。

なお、行きの場合と同じく参道は脇を通ります。

こちらも読まれています

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

最近では神社での御朱印集めが趣味だという方も増え、旅先で神社に参拝する機会も増えているのではないでしょうか。しかし、神社の参拝方法やマナーがわからないという疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。今回は神社参拝の作法やマナーについて詳しくご紹介します。

神社参拝時の服装マナー

神社

神社参拝の際には服装も重要です。
どのような服装が適しているのでしょうか?

なお、詳しい服装についてはこの項目の最後に載せてある記事がより参考となります。

通常の参拝

通常参拝の場合は平服でも問題はありませんが、神社は神様に祈願する場であるため、露出が目立つといった見苦しさがなく、清潔感のある服装で臨みましょう。

もちろん、スーツなど正装で参拝してもかまいません。

昇殿参拝

実際に本殿の中で祈祷やお祓いを受ける昇殿参拝の場合は、スーツやワンピースといった正装が原則です。

もし可能であれば、昇殿参拝の前にご自宅で体も清めておくと良いでしょう。

こちらも読まれています

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?

神社参拝をするときの服装は、スーツがいいとか、露出がなければ大丈夫だとか色々いわれています。実際はどうなのでしょうか。実は、神社に行くときの服装は参拝のしかたで変わります。整理して説明したいと思います。

神社参拝に適した時間帯って?

null

最後に神社参拝に適した時間帯も見ておきましょう。

なお、適切な神社参拝の時間についてより詳しいことは、この項目の最後に載せてある記事もぜひご参照ください。

夕方や夜の参拝は大丈夫?

人によっては日が落ちて以降の時間帯に参拝したいと考える方もいるでしょう。

たしかに夕方や夜の参拝は可能ですが、神社によっては十分な照明機器を備えていなかったり社務所が閉まっていたりすることもあるため、怪我などには注意が必要です。

適した時間帯

神社参拝は基本的にはいつでも可能ですが、夕方以降は上記の理由があるため、やはり1日で最も明るい午前中の参拝がベターであるといえます。

こちらも読まれています

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社参拝の時間については様々な言い伝えが存在しています。その中で、「神社の参拝は朝に行くべき」または「神社の参拝は夜に行ってはいけない」という言い伝えは、果たして本当なのでしょうか?今回の記事では神社の参拝に一番適した時間帯がいつなのかを徹底的に解説します。

福井県の神社についてのまとめ

神社

今回終活ねっとでは福井県のおすすめの神社について見てきました。
内容をまとめると、以下の通りです。

  • 2017年度現在、福井県にある神社数は1711社で、全国で20番目の多さである。
  • 福井県の神社の中で特にご利益があるところとして、縁結び関係であれば柴田神社と出雲大社福井分院、金運・仕事運であれば金崎宮や劒神社がある。
    子宝関係では、足羽神社と賀茂神社が挙げられる。
  • 福井県内の神社で絶景を楽しめるところとして平泉寺白山神社と鉾島神社が、初詣で有名なところに三国神社と神明神社がある。
    七五三参りでは福井県護国神社と佐佳枝廼社が有名で、御朱印や御朱印帳では毛谷黒龍神社と晴明神社が知られる。
  • 神社参拝の方法として、まず一礼してから鳥居をくぐり、手水舎で両手と口の中を清める。
    本殿の礼拝ではお賽銭を入れ鈴を鳴らした後に二礼二拍手一礼で祈願する。
    退出する際には本殿の方に一礼してから鳥居をくぐる。
  • 神社参拝に適した時間帯は午前中が挙げられる。
    夕方や夜間でも参拝はできるものの、人がいないなどの理由があることから安全面に気を付けた方が良い。

福井県にある神社でも特におすすめなのが、今回とりあげた14社です。
このため、福井観光の際にはぜひとも立ち寄ってみることをおすすめします。

なお、神社に非常に似た存在としてお寺がありますが、両者の違いについては以下の記事が非常に参考となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

「神社・福井」に関連する記事

  • 神社へ奉納するお金の表書きは初穂料?それとも玉串料?相場もご紹介のサムネイル画像

    神社へ奉納するお金の表書きは初穂料?それとも玉串料?相場もご紹介

    神社に祈祷のお願いをする際は、のし袋や封筒に入れてお金を納めますよね。その時の表書きは初穂料にするべきでしょうか、それとも玉串料でしょうか。今回はそんな神社へ奉納する時の表書きに書く文字はどちらが正しいのか、初穂料・玉串料の相場もあわせて解説していきます。

  • 一宮神社ってどんな神社?全国の一宮一覧や一宮巡拝について解説!のサムネイル画像

    一宮神社ってどんな神社?全国の一宮一覧や一宮巡拝について解説!

    皆さんは最近神社に参拝されましたか?近所の氏神様や、観光旅行先の有名な神社へ参拝した方もいるかもしれませんね。今回は全国にたくさんある神社の中でも、特に一宮神社とよばれる神社について説明していきます。有名な一宮神社も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 神社にある犬の像の名前は?その役割や犬以外の像をご紹介!のサムネイル画像

    神社にある犬の像の名前は?その役割や犬以外の像をご紹介!

    神社に像が立っているのは、よく見かける光景だと思います。その中でも特に多いのが犬の像です。この犬の像の名前や役割は何なのでしょうか?また、犬以外の動物の像はどのような意味を持っているのでしょうか?神社の像について詳しくご紹介していきます。

  • 神社に飾られている5色の布の名前や効果、由来って?のサムネイル画像

    神社に飾られている5色の布の名前や効果、由来って?

    神社に参拝する際に、神社に飾られている5色の布を目にしたことありませんか?この飾られている5色の布にはどういう意味があるのでしょうか。今回は、神社に飾られている5色の布の名前や効果、由来について解説します。

  • 神社で働く人は住職ではない?呼び名や神主や宮司の仕事内容を解説!のサムネイル画像

    神社で働く人は住職ではない?呼び名や神主や宮司の仕事内容を解説!

    神社で働く人に「ご住職」と声をかけてしまったことはありませんか?残念ながらそれは誤りです。今回、終活ねっとでは、神社と住職についてや、神社で働く人の呼び方について解説します。記事の後半では、神社の神職・神主になる方法、神社やお寺の違いなどについて解説します。

  • 神社で見かける御幣とは?意味や由来、自宅でできる作り方をご紹介!のサムネイル画像

    神社で見かける御幣とは?意味や由来、自宅でできる作り方をご紹介!

    神社の本殿の前などに飾ってある、白い紙を挟んだ木や竹の棒を見たことはありませんか?あれは「御幣」と呼ばれるお供え物の一種で、神社でのお祓いや地鎮祭で使う以外にも、自宅に飾るというお宅も多いようです。今回はそんな御幣について、作り方なども併せて詳しく解説します。

  • 神社参拝での拍手の回数や意味は?正しい作法や手順も解説!のサムネイル画像

    神社参拝での拍手の回数や意味は?正しい作法や手順も解説!

    貴方は神社で、正しい方法で参拝をしていますか? 参拝作法で、一番正しく行うべき神様へのご挨拶である拍手やその回数などは、なかなか覚えにくいものです。 今回終活ねっとでは、神社参拝での拍手の回数や意味、参拝方法の作法や手順について詳しく説明していきます。

  • 神社の本殿と拝殿の違いって何?神社でのマナーもご紹介します!のサムネイル画像

    神社の本殿と拝殿の違いって何?神社でのマナーもご紹介します!

    安らぎ、感謝、そして活力を与えてくれる神社。行けば不思議と心が休まるという方も多いのではないでしょうか。しかし身近ではあるものの、神社の本殿の意味や理由等、知られていない事も多くあります。今回終活ねっとでは神社の本殿や関連するマナーについてご紹介していきます。

  • 神社にはどんな役職があるの?役職の意味や階級について解説します!のサムネイル画像

    神社にはどんな役職があるの?役職の意味や階級について解説します!

    皆さんお参りやパワースポットとして神社には訪れたことがあると思いますが、神社に勤めている方々についてはご存じでしょうか。神社で働いてる方たちにも役職や階級などが存在します。記事では役職にはどのような意味があるのかなどについて気になる所に触れていきます。

  • 神社のお賽銭の意味や歴史は?縁起のいい金額や悪い金額も紹介!のサムネイル画像

    神社のお賽銭の意味や歴史は?縁起のいい金額や悪い金額も紹介!

    神社のお賽銭の意味や歴史をご存知ですか?用意するお賽銭の金額は人によって様々ですが、金額によってご利益が変わるのかは気になるところです。今回終活ねっとでは、神社のお賽銭の意味や歴史について、縁起のいい金額や悪い金額にも触れながら詳細を解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「神社・福井」についてさらに知りたい方へ

神社でお焚き上げしてもらう方法とは?金額相場や時期について解説のサムネイル画像

神社でお焚き上げしてもらう方法とは?金額相場や時期について解説

神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!のサムネイル画像

神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!

金運UP・縁結び・病気平癒で人気の宮崎県の神社を紹介!のサムネイル画像

金運UP・縁結び・病気平癒で人気の宮崎県の神社を紹介!

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!のサムネイル画像

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!のサムネイル画像

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!

神社の造りってどうなっているの?神社の種類から屋根の名称まで解説のサムネイル画像

神社の造りってどうなっているの?神社の種類から屋根の名称まで解説

日本最古の神社は一体どこ?北海道や東京の最古の神社もご紹介しますのサムネイル画像

日本最古の神社は一体どこ?北海道や東京の最古の神社もご紹介します

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介しますのサムネイル画像

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介します

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説

亥にまつわる神社をご紹介!2019年のお参りはここで決まり!のサムネイル画像

亥にまつわる神社をご紹介!2019年のお参りはここで決まり!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・福井」についてさらに知りたい方へ

神社のお札の正しい祀り方は?お札に関する知識や注意点をご紹介!のサムネイル画像

神社のお札の正しい祀り方は?お札に関する知識や注意点をご紹介!

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介のサムネイル画像

鳥取県のおすすめ神社12選!御朱印・ご利益のある有名な神社を紹介

お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!のサムネイル画像

お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!

群馬県上毛三山にあるの3つの有名な神社を紹介のサムネイル画像

群馬県上毛三山にあるの3つの有名な神社を紹介

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介しますのサムネイル画像

趣味と実益をかねた神社巡りとその魅力を紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと