葬儀のお知らせの仕方や例文って?注意点や返信の方法をご紹介!

葬儀のお知らせは、どのようにしたらいいでしょうか。身内に不幸があった時には、訃報のタイミングや方法にも悩んでしまいます。故人との関係や日程によっても、お知らせの仕方は変わってくるものです。この記事では、訃報や葬儀案内を送る際に気を付けたいことを解説します。

目次

  1. 葬儀のお知らせについて
  2. 訃報とは
  3. 葬儀のお知らせの仕方
  4. 葬儀のお知らせ文面の例文
  5. 葬儀のお知らせを送る際の注意点
  6. 葬儀のお知らせを受け取った場合
  7. 葬儀のお知らせについてまとめ

葬儀のお知らせについて

困った人々

身内に不幸があった時には、家族や親戚、友人、知人、会社、町内会や自治会、所属するグループなどにお知らせすることになります。
家族が亡くなった時には、気が動転しているなか、誰にどのようにお知らせをしたらいいのか悩んでしまいますよね。

通夜や葬儀のお知らせは、電話や文書で速やかかつ確実に伝えたいものです。
そこで今回終活ねっとでは、葬儀のお知らせは、誰に、いつ、どのように伝えたらいいのか、その場面に直面した際に慌てずに対応するための知識と方法をご紹介します。

自分が葬儀を執り行う場面に接した時に、きっと役立つ内容です。
どうぞ最後までお読みください。

  • そもそも訃報とは、どういうもの?

    訃報の意味とその伝え方について解説します。

  • 葬儀のお知らせの仕方にはどのような種類があるの?

    葬儀のお知らせをするには、どのような方法があるのか。故人との関わりによって最適な方法は何なのかを紹介します。

  • 葬儀のお知らせの文面はどうしたらいいの?

    お知らせの方法や葬儀の仕方にふさわしい文面の例文を紹介します。

  • 葬儀のお知らせをする場合に注意したほうがいい点は?

    速やかに簡潔にお知らせを伝える際の注意点を紹介します。

  • 葬儀のお知らせを受け取ったらどうする?

    葬儀の案内を受け取った場合に、参列する場合と参列できない場合の対応、返信をする際の注意点を紹介します。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

訃報とは

葬儀

訃報とは、誰かが亡くなったことを伝えるお知らせです。
親族や親しい人には、故人の家族から電話や電報などで速やかにお知らせするのが一般的です。

また、会社、町内会や自治会、所属する組織の訃報は、担当者から全員宛にメールや回覧の文書でお知らせすることもあります。
この場合の訃報は、亡くなったことをお知らせすると同時に、通夜や葬儀に参列することを考えて、日程や会場を簡潔に伝えることを目的としています。

その際、葬儀を行う宗派や喪主の名前を記しておくことが大切です。

加えて、訃報はメディアを通じて伝えられることもあります。
地域に密着した地方新聞などでは、お悔やみ欄で訃報を掲載することも行われており、有名人の訃報をテレビやラジオ、インターネットなどのメディアを通じて流す場合であっても、通夜や葬儀の日程や場所が報じられることが多く、一般参列を受け付ける場合もあります。

葬儀のお知らせの仕方

人々

故人の家族から、通夜や葬儀の日程や場所をお知らせする方法は、故人とその人との関係によって変わってきます
家族、親族、親しい友人は、弔問に訪れることも多いので、通夜や葬儀の詳細が決まっていなくても、亡くなった時点で電話でお知らせします。

続いて、葬儀に関わる町内会・自治会、本人や家族が所属する会社などに連絡を入れます。
会社を休む場合などは、まずは緊急の連絡を入れ、葬儀の詳細は決定次第お知らせします。

勤務している会社が葬儀会場から遠く、上司や同僚は通夜や葬儀に参列しないと想定されても、弔電や供花などを用意する場合があるので、通夜や葬儀の日程と場所などはお知らせするのが一般的です。

家族葬や密葬で行う場合や、焼香や香典、弔電などを遠慮する場合は、その旨をきちんと伝えることで、会社や組織側の対応もスムーズになります。

電話をする

家族、親族、特に親しい知人、葬儀の運営に関わる人には、亡くなった時点で、電話にて緊急の連絡を入れます。
その場合、深夜や早朝でも電話をかけてもよいとされています。

まずは、亡くなったことを伝えた上で、通夜や葬儀日程などの詳細は決まり次第連絡する旨を伝えておくといいでしょう。

お寺や葬儀社との打ち合わせによって、日程や場所などが決まった時点も、親族や参列してくれる親しい人には電話で伝えるのが一般的です。

メール・faxを送る

会社内や取引先への葬儀のお知らせは、多くの人に確実に知らせることのできるメールやfaxが活用されます。

故人や家族が所属する組織には、代表者や直属の上司などに電話で知らせた上で、補足として葬儀の日程や場所を記した文面をfaxやメールで送ってもいいでしょう。

その場合、社内用のお知らせとして、故人の家族が訃報文を作る必要はありません。

一方、会社の経営者やその家族が亡くなった場合などに、関連会社や取引先に訃報を送る場合には、社内の担当者が葬儀案内の文面を作成し、faxなどでお知らせすることも一般的に行われています。

この場合、あえて先方に電話連絡などをせず、faxで案内することにより、葬儀に参列するかしないかについても相手の判断に任せることができます。

手紙・はがきを送る

亡くなった後、日程に余裕をもって葬儀やお別れの会を行う場合は、手紙やはがきで葬儀のお知らせを送ることもあります。

近親者のみですでに葬儀を済ませたことを知らせる際にも、はがきや手紙を用いることがあります。
また、密葬などで多くの人に知らせずに葬儀を行った場合には、あえて死亡通知を送ることなく、年賀状の欠礼はがきを以てお知らせすることもあります。

近所には回覧板を回す?

近所に回覧板を回す場合には、所属する町内会や自治会の代表者に連絡を入れます。

ただし、回覧板は時間がかかるので、葬儀の日程が迫っている場合などには利用しません。
会葬を希望しない場合や遠方ですでに葬儀が終わっている場合など、状況に応じて利用できる手段が回覧板です。

葬儀のお知らせ文面の例文

葬儀

葬儀では、集合時間や流れを簡潔に記した紙を葬儀社が用意してくれることもあります。
親族やお手伝いをしてくれる近所の人などには、弔問に訪れた際などに、葬儀の日程や進行を記した文面を配ると、参列者や関係者が予定を把握することができて便利です。

また、会社の取引先や関係者が多い場合には、葬儀のお知らせはがきを用意するといいでしょう。
大規模な葬儀・告別式やお別れの会を執り行う場合に、より確実にお知らせすることができます。

その場合も、親族や親しい人には、まず電話で伝えるのが一般的です。

親族・家族に送る場合

例文<喪主から電話でのお知らせ> 1
「早朝に申し訳ございません。〇〇の長男の〇〇です。病気療養中でした父が昨日息を引き取りました。生前中は大変お世話になりましてありがとうございました。通夜は〇月〇日午後6時から自宅にて、葬儀・告別式は〇月〇日午後1時から〇〇市の〇〇寺にて執り行います。何かございましたら私の携帯電話090-0000-0000までご連絡いただけましたらと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます」
例文<喪主から電話でのお知らせ> 2
「夜分遅く申し訳ございません。〇〇の長男の〇〇です。父が本日夕方に交通事故で亡くなりました。通夜、葬儀の日程は決まり次第ご連絡させていただきます。何かございましたら私の携帯電話090-0000-0000までご連絡いただけましたらと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます」
例文<喪主からはがきでのお知らせ>

父 〇〇儀 不慮の事故のため 去る〇月〇日に享年〇歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に深く感謝し謹んでご通知申し上げます
なお、葬儀・告別式につきましては下記のとおり執り行います

                  記

日時    通夜式     平成〇年 〇月 〇日 午後6時より
       葬儀・告別式  平成〇年 〇月 〇日 午後1時より
場所    〇〇斎場    東京都渋谷区渋谷〇-〇-〇 Tel 03-0000-0000


平成〇年〇月〇日
喪主 〇〇〇〇

会社関係者・社内向けに送る場合

例文<会社から取引先や関係者向け>

弊社 代表取締役会長〇〇〇〇〇儀 去る〇月〇日 九十歳にて逝去いたしました
生前のご厚誼に深く感謝し謹んでお知らせ申し上げます
通夜祭および葬場祭・告別式は神式にて下記のとおり執り行います

                   記

日時   通夜祭       平成〇年 〇月 〇日 午後6時より
     葬場祭・告別式   平成〇年 〇月 〇日 午後1時より

場所   セレモニーホール〇〇〇
      東京都渋谷区渋谷〇-〇-〇  電話番号03-0000-0000
喪主   〇〇〇〇

平成〇年〇月〇日
                      東京都世田谷区世田谷〇-〇-〇
                      株式会社 〇〇〇〇
例文<会社から社内向け>
                           平成〇年〇月〇日
社員各位
                   訃 報

営業部営業企画課 〇〇〇〇 殿のご尊父〇〇〇〇 殿には、病気療養中のところ
去る〇月〇日享年〇歳にて永眠されました
故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます
通夜および葬儀、告別式は下記のとおり執り行われます

                 記
 喪主      妻 〇〇〇〇 殿

 通夜式     平成〇年 〇月 〇日 午後6時より
          自宅にて
          〇〇県〇〇市〇〇〇〇 1-2-3

 葬儀告別式   平成〇年 〇月 〇日 午後1時より
           冥福寺にて
           〇〇県〇〇市〇〇〇〇 1-1-1
           ※案内図を添付しています

寺院・菩提寺へ送る場合

例文<お寺にはまず電話で都合を確認する>
「いつもお世話になっております。〇〇町の〇〇でございます。本日、母〇〇が息を引き取りまして、ご住職様に枕経をお願い致したいと思っております。通夜、葬儀につきましてもご相談申し上げたいのですが、ご都合はいかがでございましょうか」

葬儀のお知らせを送る際の注意点

葬儀

故人の家族による葬儀のお知らせは、家族や親族、親しい知人、お手伝いをしてくれる町内会・自治会、近所の人、所属する会社や組織などの順で行います。

会社や組織では、担当者から所属する人々に告知してくれることが多いので、全員にお知らせする必要はありません。
訃報は、親戚関係や私的なグループでも、主要な人に連絡を入れることで、他の人にもお知らせしてくれる場合が多いものです。

また、会社関係者の訃報は、会社として取引先などに葬儀のお知らせをする場合もあり、それは会社が対外的な文書として扱うことになります。

つまり、葬儀のお知らせの文は、すべての発信者が喪主や故人の家族ではありません。
所属組織などの主要な人物にお知らせすることで、それを受けた人が、会葬、弔電、供花などを行いたいであろう人を想定し連絡を入れてくれることもあります。

お知らせで伝える項目

訃報や葬儀のお知らせで伝えたい項目は、以下のとおりです。

  • 故人の氏名(関係者との続柄)
  • 亡くなった日
  • 通夜・告別式の日時
  • 通夜・告別式の場所
  • 喪主の氏名(故人との続柄)

簡潔な内容であることが望ましい訃報ですが、会葬者にとって必要な情報として、案内図を添付したり、葬儀の宗派(仏式、神式、キリスト教式など)を明記する場合もあります。

お知らせを送るタイミングは?

葬儀のお知らせは、葬儀の日程や場所などすべてが決まり次第、できるだけ速やかに行います。

葬儀のお知らせを郵送する場合は、遅くとも通夜や葬儀の前日までに届くように送ります。

新聞のおくやみ欄での告知は、遅くとも通夜や葬儀の当日までに掲載されるように手配します。
取引先などへのお知らせfaxも同様です。

一方、故人と疎遠になっていた知人などには、会葬の心配をさせないように、葬儀後に亡くなった旨と、葬儀を済ませたことを伝える死亡通知状を送る場合もあります。
その場合、故人の生前のお礼とともに、書中によるお知らせとなったことへの欠礼を簡潔に伝えるとよいでしょう。

お知らせは封筒で包むべき?

葬儀案内や死亡通知状は、はがきをそのまま投函する場合と、はがき大のカードを封筒に入れて投函する場合があります。

著名人や会社経営者など、大きな葬儀になる場合のお知らせは、はがき大の葬儀案内を封筒に入れて送ることも多いものです。

一方、近親者のみで葬儀を済ませた旨を伝える場合などでは、あえて簡略なお知らせとして死亡通知はがきを選択するもあります。

葬儀案内や死亡通知状は、葬儀のやり方やお知らせの目的にふさわしい方法で送るとよいでしょう。

葬儀のお知らせを受け取った場合

葬儀

社内や取引先の関係者の葬儀について、メールやはがきなどの文書でお知らせで受けた場合は、一般会葬者として参列すれば、特に返信する必要はありません

当日参列できない場合には、香典を誰かに持参してもらう、弔電を打つなどでお悔やみの気持ちを伝えることもできます。

また、親戚や取引先などの関係で、葬儀式場に供花を用意する際は、相手との関係性を考慮しながら対応します。

一方、親しくしている人の葬儀のお知らせを受けたにも関わらず参列することができなかった場合や、葬儀後に死亡通知を受け、親族にお悔やみを伝えたい場合には、返信をします。

返事の仕方

親しい人の葬儀案内を受けたにもかかわらず葬儀に参列できなかった場合や、葬儀後に旧知の友人の死亡通知を受けた場合などには、遺族へ電話やメールでお悔やみを伝えることもできます

電話をする場合には、葬儀から少し日数を経て落ち着いた頃に、四十九日までの間にするとよいでしょう。

また、葬儀後に遠方に香典を送る場合には、お悔やみ状を添えます。
その場合には、遺族の気持ちに寄り添うような手書きの手紙を添えるとよいでしょう。

電話の場合

例文
「この度はご愁傷様でございます。ご主人様のこと、突然のことに驚いております。心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈り申し上げます。ご焼香に伺うべきところ、現在、私も体調を崩しており、葬儀に参列できずにおりました。奥様、ご家族様にはお力落としのことと存じますが、お心を強くお持ちになり、お体を大切になさってください。」

メールの場合

例文
ご父上の悲報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
突然のことで驚いており、ご家族様のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。
すぐにでもお伺いしたいところでございますが、遠方におりましてお焼香もできず心苦しく思っております。
ご家族様にはお力をお落としのことと存じますが、お心を強く持たれ、お体を大切になさってください。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

忌み言葉を使わない

葬儀では、挨拶はもちろん、会話や手紙などでも、その場にふさわしくない「忌み言葉」を避けます

繰り返しを連想させる「また」「再び」「続く」「繰り返し」「追って」「重ねて」「たびたび」などは避け、死や苦を連想させる「四」や「九」の数字も使いません。

また、「死ぬ」は「亡くなる」、「生きている時」は「生前」、「死亡」は「永眠」「逝去」「他界」などに言い換えます。

悲しみの場面では不快な思いをさせないことに配慮し、「消える」「迷う」「浮かばれない」などの不吉な言葉や、後悔させるような表現、おおげさな表現も避けます。

また、宗教によって使用する言葉も異なるので注意が必要です。
「供養」「冥土」「成仏」「仏前」「冥福」などの仏教用語は、他の宗教では使いません。

葬儀のお知らせについてまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは、葬儀のお知らせにおける注意点、返信の仕方について、例文とともにご紹介しました。

  • 訃報とは、誰かが亡くなったことを知らせるもので、告知方法にはいくつかある。
  • 葬儀のお知らせの仕方には、電話、メール・fax、手紙・はがき、回覧板などがある。
  • 葬儀のお知らせの文面は、送る方法や相手によって異なるので、最適なものを選択すること。
  • 葬儀のお知らせを送る際には、簡潔な内容にしつつも、参列者の動きや対応を考慮する必要がある。
  • 葬儀のお知らせを受け取った場合、参列すれば返信は不要だが、参列できなかった場合にはお悔やみの気持ちを伝えるために返信をすることもある。

終活ねっとでは、「葬儀のお知らせの仕方や注意点」に関する記事以外にも、葬儀の費用について詳しく解説した記事を多数紹介しています。

せひ、そちらの記事もご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・お知らせ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・お知らせ」についてさらに知りたい方へ

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

葬儀前・後に送るはがきの文例を解説!送るときの注意点もご紹介!のサムネイル画像

葬儀前・後に送るはがきの文例を解説!送るときの注意点もご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!

弔電を送るのは葬儀?通夜?送るタイミングや文例についても解説!のサムネイル画像

弔電を送るのは葬儀?通夜?送るタイミングや文例についても解説!

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!のサムネイル画像

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!

葬儀に送る電報の例文とは?送り方や金額相場・お礼状の例文も解説!のサムネイル画像

葬儀に送る電報の例文とは?送り方や金額相場・お礼状の例文も解説!

遠方の葬儀での香典の渡し方とは?郵送で渡す場合の注意点を解説!のサムネイル画像

遠方の葬儀での香典の渡し方とは?郵送で渡す場合の注意点を解説!

葬儀後のお花の送り方とは?香典の渡し方やお礼の方法も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお花の送り方とは?香典の渡し方やお礼の方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・お知らせ」についてさらに知りたい方へ

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

葬儀前・後に送るはがきの文例を解説!送るときの注意点もご紹介!のサムネイル画像

葬儀前・後に送るはがきの文例を解説!送るときの注意点もご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと