葬儀で頂いた生花へのお返しの相場は?品物の選び方や送り方も解説!

葬儀の際頂いた生花へのお返し、いったい何を選べばよいのでしょうか?今回は葬儀で贈られる生花はどのようなものがあるのか、それに対しお返しはどのくらいの相場のものを選び、どのくらいのタイミングで送るのが一番よいかについて詳しく紹介していきます。

目次

  1. 葬儀の生花へのお返しについて
  2. 葬儀での生花の種類
  3. 生花を頂いた方へのお返しのマナー
  4. 生花へのお返しに添えるお礼状
  5. 葬儀の生花へのお返しまとめ

葬儀の生花へのお返しについて

葬儀

葬儀の際、必ずと言っていいほど生花を頂くこととなります。
式場を彩ったり、故人の枕元に添えたりと様々な役割を果たす生花は葬儀に不可欠なものですが、同時に頂いたものに対してお返しをしなければなりません。
しかしお返しと一言で言っても、どのくらいの額用意すればいいのか、どのような品物を選べばいいのかはよくわかりませんよね。

今回の終活ねっとでは、頂いた生花へのお返しの仕方について、

  • 生花にはどのような種類があるのか
  • お返しの相場はいくらくらいなのか
  • お返しのタイミングはいつがよいのか
  • お礼状はどのように書けばよいのか
  • お礼はメールでもよいのか

以上のことを詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀での生花の種類

葬儀

葬儀の際頂く生花には役割どこに名称が異なります。
式場を彩るものなのか、故人の枕元に置くものなのか、あるいは祭壇に添えるものなのか知らずに間違えた場所に添えてしまわないように、ここでは生花の種類とそれぞれの役割について4つ紹介していきます。

枕花

枕花(まくらばな)とは、葬儀の際故人の枕元に添えられる花のことです。
通夜の前から葬儀の終わりまで通して置かれるので、菊や百合など白系や青系の派手でない落ち着いた色合いの花が贈られてくることが多いです。

枕花は他の花と比べてより故人と親密な関係の方が用意される場合が多く、並べる際も故人と縁の深い者から順に枕元から並べることになります。
遠方の方や予定が重なり葬儀に来られない方が哀悼の意を込めて贈って頂けます。

供花

供花(くげ、きょうか)は、葬儀場を飾り付ける意味合いで贈られる花です。
名入りの札がたてられることが特徴で、遺族兄弟や団体はまとめて添えられることが多いです。
枕花より決まりが少ないので、親交の浅めの方でも贈られることもあります。
色は白を基調とした花が無難ですが、枕花よりは少し派手目なものや洋花でも大丈夫だとされています。

キリスト教の葬儀では生花のみとなりますが、仏教においては造花、ブリザードフラワーが用いられる場合もあるなど、宗派によってルールの違いがあります。

献花

献花とは、告別式でお焼香の代わりに祭壇に捧げられる花のことです。
また、その花を添える行為のことも献花と言われます。
お焼香と同じく弔いの意を込めて捧げられるもので、祭壇に供えたり、棺の中に入れるために用意されます。

献花や供花と同じく一般的には白いカーネーションや菊が良いとされますが、故人の好みの花をそえることもあれば、葬儀ではご法度とされる棘のあるバラも許容されています。
献花や供花は花束であることに対し、献花は基本的に一人一本ずつとなっています。
キリスト教や無宗教では献花を行われますが、仏教やその他の宗派では献花は行われないことが多いです。

花輪

花輪は供花と同じく、葬儀場の装飾として用いられます。
故人の所属していた組織、団体から受け取ることが多いです。
供花と比べて大きく派手なものなので、頂いた際は式場の玄関先に飾ると見栄えします。

花輪は生花ではなく、造花の場合がほとんどなので、生花のみを用いるキリスト教の葬儀では置くことができません。
また、大変大きいものが多いので斎場の広さによっては花輪の受け取りを辞退せざるを得ない場合があります。

生花を頂いた方へのお返しのマナー

困った人々

生花を頂いた方へのお返しのマナーで気をつけなければならないのは、贈るタイミングと贈るものの種類です。
贈るタイミングが遅すぎると、相手からすれば贈った生花がきちんと届いているのか、法要は順調に終えられたかと心配させてしまいます。
贈るものが高価すぎれば逆に相手に気を遣わせてしまいますし、安ければ無礼だととられてしまいます。

お返しの品の選定は難しいものですが、ベストなタイミング、ベストな相場はある程度決まっています。

お返しの金額相場

頂いた生花の3分の1から半額のお返しがベストです。
生花は得てして1万円前後が基本的な相場ですので、お返しは3千円から5千円のものを贈ることとなります。

また生花と併せて香典も頂いた時は生花と香典を合算したものの半額となります。
例えば生花1万円、香典5千円を頂戴した場合、足して1万5千円の半額である7千5百円相当のものを用意する必要があります。
つまり香典返しと生花のお返しは分ける必要はないということです。

送るタイミング

お返しのタイミングは無宗教の方も仏教にならい、忌明けとなる四十九日から2週間以内に贈るようにしましょう。
四十九日とは仏教における追善法要における最終日のことです。
仏教では亡くなってから7日ごとに追善法要を行い、最初の法要を初七日(しょなのか)とし、そこから順に二七日、三七日、と経て七七日(43日目から49日目)となり、それを終えて初めて忌明けとなります。
神道の場合は50日です。

忌明けまでは法要で人を呼んだり、会食のための場所や日程決めなど様々なことに時間をとられてしまうので、生花のお返しは慌てて用意する必要はなく、四十九日法要の間にゆっくり合間を縫って品物の選定に当たれば2週間で余裕を持ってお返しできるはずです。

法事で休暇をとっていた職場には、忌明けよりも早く復帰することになりますが、職場から頂き物がある場合は復帰の日にお詫びとともにお返しを手渡すのが基本です。

品物の選び方

お返しの品物の選び方としては贈る品物の代表として後に残らない海苔やお茶といった食べ物、タオルや石鹸などの日用消耗品がよく選ばれます。

会社や組織へのお返しとしてはみんなで分けられるお菓子の詰め合わせなどが喜ばれるでしょう。
また最近ではこちらで品物を選ぶのではなく、カタログギフトを贈って相手に好きに選んでもらうという方法が多くなっています。

香典返しと生花のお返しは分けるべき?

前述の通り、香典返しと生花のお返しは別個に用意する必要はございません
両方頂いた場合は合算してまとめたものの半額程度の品物をお返ししましょう。

生花へのお返しに添えるお礼状

葬儀

生花へのお返しに添えるお礼状の書き方にはいくつかの注意点があります。

  • 頭語、結語を使う

    「拝啓」「謹啓」などの頭語、「敬具」「謹白」などの結語を
    使いましょう。
    謹啓謹白を用いた場合は、全体の文章も拝啓敬具より少し固めにする必要があります。

  • 句読点を使わない

    句読点は縦書きが一般的であるお礼状には付けません。
    句読点は「止める」、つまり葬儀の流れが良くないという意味合いが入ってしまうからです。

  • 季節の挨拶は入れない

    お礼状の頭の挨拶は供花を贈って頂いたことに対するお礼や葬儀が無事に済んだ報告が先にくるので季節の挨拶はいりません。

  • 贈る相手に対する敬語を用いる

    間違えやすい例として「逝去」という言葉を選んでしまいがちですが、この場合は「死去」と書かなければいけません。
    「故人に代わり挨拶をする」という意識、つまり故人から生花を贈って頂いた方への敬いの文であることを念頭に置きましょう。

またお礼状の構成として、

  • 生花を頂いたことへのお礼
  • 法要が無事に済んだことの報告
  • 故人との生前のお付き合いに関するお礼
  • 文面にてお礼を述べることへのお詫び

このような順序で作成されるとうまく纏まったお礼状に仕上がります。

お礼状の例文

上記の書き方と構成を踏まえたお礼状の例文をご紹介します。

拝啓

先般 ○○(故人の続柄と名) の葬儀に際しましてはご供花を賜りまして誠にありがとうございました
式場に供え 更なる彩りを添えることができました
おかげをもちまして○月○日 四十九日の法要を恙無く終えることができました
生前 故人に親しく関わっていただいたことと併せて御礼申し上げます
つきましては追善の意を込め 心ばかりの品をお届けいたします
略儀にて失礼ながら書中にてご挨拶申し上げます

敬具

平成○○年○月○日

○○ ○○(喪主の名)

メールでお礼をしてもいいの?

現在でもお礼はしっかりとしたお礼状で述べるのが基本であり、簡易的な手段であるメールはあまり良しとされていません
送るとしても職場の同僚や年齢の近い友人などにとどめておきましょう。
また普段からメールを頻繁に活用する方は、文体の丁寧さは大丈夫かどうかという確認を怠らないようにしましょう。

葬儀に協力してくれた親族、自分より年上の方、故人の関係者にはどんなに普段から良い関係を築いていてもきっちりとしたお礼状を用意するのがマナーです。

携帯電話主流の現在でも、お礼状という形で相手に伝えることが間違いのない選択となっています。

葬儀の生花へのお返しまとめ

ギフト

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは頂いた生花のお返しの仕方について紹介してきました。

  • 生花には4種類あり、3つの役割がある

  • お返しの相場は頂いた額の半額前後である

  • 返すタイミングは忌明けである四十九日法要から2週間以内である

  • 品物と併せてお礼状も添える

  • お礼はメールよりもお礼状として送るのが良い

上記のマナーを意識することができれば不本意な無礼を避けることができ、故人の尊厳を守ることができ、贈って頂いた相手も良かったと感じてもらえるでしょう。
少しでも良いお返しを選べる手助けとなれれば嬉しいです。

終活ねっとではこちらで根幹である葬儀にかかる費用についても紹介していますので、合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

「葬儀・生花・お返し」に関連する記事

  • プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

    プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

    最近流行りのプリザーブドフラワーを仏壇の供花(きょうか・くげ)としてお供えしたいんだけど生花じゃなくて良いのかしら?と悩む方も多いようですね。プリザーブドフラワーは、供花として仏壇にお供えしても良いのかどうか調べてみましょう。

  • 葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

    葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

    通夜や葬儀の際に贈られるお花を供花(読み方=きょうか)と言います。通夜・葬儀会場でよく目にする供花。これはいったい誰が何のために贈るのでしょうか?実際に贈りたい場合はどうすれば良いのでしょうか?今回は葬儀でお供えするお花について詳しく解説していきます。

  • 葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説のサムネイル画像

    葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説

    葬儀の際は、一般的に生花をお供えしたり、飾ったりしますよね。 故人と親しくしていたので、葬儀に生花を送りたいんだけど、という人もたくさんいます。 でも、いったいどんな生花を贈ればいいの?どこに注文すればいいの? 今回は、そんな生花についての疑問を詳しく解説します。

  • 葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

    葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

    お通夜や葬儀の際にいただく香典。お返しってどのようなものを送ればよいのでしょうか?誰にどのような方法でお返しをするのか、どんなものを送ればよいのかについて解説します。葬儀のお返しに悩む前に、まずは一読してみてくださいね。

  • 家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

    家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

    家族葬は親族のみで行う葬儀のため香典や供花を辞退することがあります。しかし、家族葬でも生花を贈ることはできます。葬儀に生花はつきものですが、近親者のみで行う家族葬の際に生花を贈るときの種類や贈り方、マナーを解説します。

  • 四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

    四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

    四十九日では、参列いただいた方にお返しをする必要があります。では、四十九日のお返しの金額相場やのし紙の書き方はどうなっているのでしょうか?今回は、四十九日のお返しについて、金額相場やのし紙の書き方をご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介のサムネイル画像

    お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介

    お盆のお供えに対するお返しについて、正しい対応が行えますか?マナーを知らないと、お供えを頂いた方に不快な印象を与えてしまうかもしれません。そうならないよう、正しい対応について知っておきましょう。ここでは、お盆のお供えに対するお返しの詳細について説明します。

  • 初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説のサムネイル画像

    初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説

    初盆のお供えを頂いたとき、お返しについてどうすれば良いかご存知ですか?マナーに沿った正しい対応ができないと、いざというときに慌てたり、恥ずかしい思いをしてしまいます。今回の記事では、初盆に頂くお供えのお返しについて知っておきたい様々な知識をお伝えします。

  • 初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!のサムネイル画像

    初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!

    初七日法要は葬儀当日に行う場合があったり、葬儀とは別の日に行う場合がありますよね。そんなときに迷ってしまうのがお返しですよね。初七日法要のお返しは、一体いつ、いくらくらいの金額で用意するものなのでしょうか。のしのマナーなどの解説も合わせて行いたいと思います。

  • 一周忌のお返しに人気な品物は?金額相場やのしについても解説しますのサムネイル画像

    一周忌のお返しに人気な品物は?金額相場やのしについても解説します

    一周忌の際、忙しい中で故人を供養するために来てくれた人たちに対して、お返しをするのがマナーとなっていますが、人気なお返しにはどんなものがあるのでしょうか?今回はそんな一周忌のお返しに人気な品物、また、金額の相場やのしについても解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・生花・お返し」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介のサムネイル画像

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介

初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説のサムネイル画像

初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説

初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!のサムネイル画像

初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!

一周忌のお返しに人気な品物は?金額相場やのしについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお返しに人気な品物は?金額相場やのしについても解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・生花・お返し」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の種類や注文方法から費用相場まで解説

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと