葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説

誰かの訃報を聞いたときに、葬儀に出席すべきかどうか迷うことがあります。親戚・会社関係・友人知人と付き合いの範囲はそれぞれであり、葬儀の規模や形式も違います。今回は故人との関係や葬儀の形式ごとの出席範囲、出席できない時の対応についてご説明します。

目次

  1. 葬儀に出席する範囲について
  2. 葬儀に出席する範囲はどこまで?
  3. 葬儀形式ごとの出席範囲
  4. 葬儀に出席できない場合の対応
  5. 葬儀に出席する範囲まとめ

葬儀に出席する範囲について

葬儀

訃報は突然届くものです。
親や兄弟姉妹など近親者の葬儀であれば、出席に迷うことはありませんが、故人との関係性によっては、出席すべきか遠慮した方がいいのか悩むことも少なくありません。

今回終活ねっとでは、親族や会社関係などの故人との関係によって、また家族葬や一般葬などの葬儀の形式ごとの出席範囲についてご説明しています。

  • 葬儀に出席する親族の範囲はどこまで?
  • 勤務先や取引先の人の葬儀にはどこまで出席したほうがいいの?
  • 出席していい友人・知人の葬儀は?
  • 一日葬や家族葬の場合の出席範囲
  • 一般葬の場合の出席範囲
  • 葬儀に出席できない時はどうすればいいの?

以上の項目を中心に解説していきます。
ぜひ最後までお読みいただき、葬儀に参列するべきかどうかの、判断基準のひとつとしてお役立てください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀に出席する範囲はどこまで?

葬儀

社会経験を重ねるほど、葬儀に参列する機会も多くなっていくものです。
葬儀といっても、ごく近しい身内や友人、遠縁の親戚、仕事関係と、故人との付き合いの範囲はそれぞれです。

では、どの程度の付き合いの範囲まで出席するのかというと、その線引きに迷うこともあるでしょう。
ここでは、故人との関係によって、葬儀に出席する範囲はどこまでなのかをみていきます。

親族の葬儀の場合

個人の葬儀では、親族を中心に参列することが一般的です。
親族とは血縁関係または婚姻関係での繋がりのことをいいますが、葬儀における親族とはどの範囲までをいうのでしょうか。

相続のように法律で定められているものとは違い、これらには特に決まりはありませんが、3親等以内の親族が一応の目安といわれています。
故人の子どもとその配偶者、両親、孫、叔父・叔母、甥・姪、兄弟姉妹およびその配偶者までが一般的です。

故人の子が喪主であれば、その配偶者の親まで入る場合もありますし、故人の配偶者が喪主であれば、その両親まで含まれる場合もあります。
故人の年齢や、付き合いの状況によっても、対応は変わってきます。

葬儀の規模や形式によっても変わってきますから、一般的な目安をもとに、そのときどきの事情を考慮して判断していくことになります。

会社関係者の場合

仕事関係の方の場合はどうでしょうか。
会社の規模や慣習、故人との親密さの度合い、また葬儀の形式によっても異なってきます。
基本的には、会社の指示や方針を確認する、また上司や同僚との相談が必要です。

勤務先の人の葬儀

勤務先の上司や部下あるいは同僚が亡くなった場合、会社の規模や慣習によって対応は異なります。

ある程度の規模の会社であれば、社長の代理として総務部の担当者が代表して、あるいは同じ部署などの関係の深かった社員が共に参列するのが一般的です。
一方、小人数で社員がみな顔見知りのような会社では、社長をはじめ社員のほとんどが参列するようなケースも見受けられます。

また、故人との関係性によっても異なります。

親しくしていた同僚やお世話になった上司であれば、参列した方がよいでしょう。
たとえ同期入社などでも、ほとんど面識がなかったり仕事上であまり接点がないようなら、参列しなくても問題ありません。

身内だけで落ち着いて見送りたいという場合に、大勢で押しかけてはかえって迷惑になることもあります。
故人の遺志や、いちばんに遺族の意向に配慮して対応することが大切です。

取引先の葬儀

取引先の葬儀となると、会社の担当者の立場としての関わりになります。
個人的に親しくしていたとしても、あくまでも会社の取引先ですから、まずは会社の方針を確認しましょう。

会社として、香典や供花を出す、あるいは弔電を送るといった場合もあるでしょう。
担当する部署の代表者が参列する場合や、自分だけでなく上司が同行することもあります。
いずれにしても、会社として対応する場合には、参列する必要はありません。

会社としての対応とは別に、個人の気持ちとしてお悔やみに行きたいのであれば、会社に確認のうえで参列するとよいでしょう。

友人・知人の場合

友人・知人の葬儀への参列は、やはりお付き合いの深さによります。

故人との関係が深く、通夜に出席するなら、告別式にも参列するとよいでしょう。
さほど親しい間柄でなければ、通夜か告別式のどちらか都合がつく方に出席するようにします。

本来通夜は、故人の家族や親戚が一夜を通して故人を守るもの、告別式は多くの方が故人との最後のお別れができるようにしたものです。
ですから、故人と親しい間柄なら通夜と告別式に、さほどでなければ告別式に出るのが筋といえます。

しかし、今では本来の意味とは違い、通夜もセレモニーとして行われるようになりました。
昼間に行われる告別式よりも、仕事の後に都合のつく通夜のみに出席する方も多くなっています。
また通夜であれば、通夜ぶるまいの席に出ず、お焼香のあとに退席することもできます。

本来の意味合いとは違う現代の葬儀では、参列者の都合にあわせてどちらに参列してもかまわないといえます。
故人とごく近しい間柄で、告別式に参列できないならば、通夜のときに遺族にお詫びをしておくとよいでしょう。

葬儀形式ごとの出席範囲

葬儀

ひと昔前までは、葬儀というと一般葬のことをさしました。
家族構成や経済事情、遺族の考え方の変化とともに葬儀の形式も変わってきており、近年では特に家族葬をはじめとした小規模の葬儀が多くなっています。

そのため、葬儀に出席するかどうか迷うことも少なくありません。
ここでは、葬儀の形式ごとの出席範囲についてみていきます。

直葬

直葬とは、通夜や告別式の儀式を行わず、火葬のみをする葬儀をいいます。
そのため、近親者やごく近しい知人のみの少人数で行う場合がほとんどで、幅広く訃報を知らせることはしません。

遺族から訃報が届く際には、香典辞退の旨を伝えられることがあるかもしれません。
そのときは、遺族の意向にしたがってかまわないでしょう。
参列は火葬だけになり、食事もないことが一般的です。

一日葬

一日葬は、通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行う葬儀です。
通夜を行わないこと以外は、一般葬と同じ流れで行われますので、友人・知人も参列することができます。

ただ、一日葬を選択する遺族の多くは、葬儀にかかる負担を少なくしたいとの考えで行っています。
そのため、一般葬のように幅広く声をかけることは少なく、ごく近しい知人や友人のみに限定することが多いようです。

ですから一日葬は、一日で済ます家族葬であるともいえます。
通夜がなく一日だけの葬儀のため、日中に行わることがほとんどですので、都合をつけにくいという面もあります。

家族葬

家族葬は、近親者や親しい友人・知人などを中心に、少規模で執り行う形式の葬儀です。
はっきりとした定義があるわけではありませんが、一般の葬儀と同様に僧侶をお呼びして、通夜の翌日に告別式・火葬をする場合がほとんどです。

身内だけで落ち着いて故人を偲びたいという意向に沿った形式ですから、いいかえればお別れをしてほしい方を遺族が決める葬儀でもあるわけです。

家族葬を文字通り家族だけで行う場合は、基本的には参列を控えた方がよいでしょう。
訃報が届いた際に、葬儀場や日時の情報がない、または参列を辞退する旨が記されているなどの場合が考えられます。
遺族から電話等で直接知らせを受けたり、葬儀の案内があったのであれば、参列してもかまいません。

また家族葬といっても少規模で行うだけで、身内以外の友人・知人を呼ぶ場合もあります。
遺族から参列のお願いがあった、また訃報とともに葬儀の案内があり参列辞退との記載がないなどの場合です。
家族葬では、参列はしても香典は辞退されることもあります。

いずれにしても、失礼にあたらないか心配であれば、遺族に直接聞いてから判断するとよいでしょう。
葬儀があることを知ったからといって、家族葬に自分勝手な判断で出かけては、遺族に迷惑をかけることにもなりかねません。

一般葬

一般葬は親族を始めとし、故人と生前に縁のあった、仕事関係の方・趣味のサークルの方・近所の方などに幅広く葬儀の案内をします。
また、故人だけでなく、喪主の友人や会社関係の方などを呼ぶこともあります。

一般葬での訃報には、葬儀を執り行う旨・場所や日時・葬儀場への地図などが案内されています。
電話連絡や、ファックスなどでお知せがくることも多いでしょう。
基本的には、一般葬において訃報が届いたときは、葬儀の案内ととらえてかまいません。

葬儀に出席できない場合の対応

葬儀

葬儀の案内があっても、遠方であったりどうしても都合がつかず、出席できないことがあります。
やむを得ず出席できないとしても、訃報を受けたら冥福を祈る気持ちは伝えたいものです。
弔電や供花、後で香典を送るなどして対応するとよいでしょう。

弔電・電報を送る

弔電は、葬儀に出席できないけれどお悔やみの気持ちを伝えたい、という時に送る電報です。

宛名は喪主が一般的ですが、フルネームがわからない、また喪主以外の遺族に宛てる場合には、〇〇家 ご遺族様とします。
送り先は、葬儀が行われる斎場や寺院が一般的です。

弔電の文章は、忌み言葉を避けるよう注意をはらって、哀悼の意を表すようにしましょう。

こちらも読まれています

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説

遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

供花を送る

供花は、故人への弔意を表すためにささげるものです。
葬儀に参列する親族以外にも、葬儀に参列できない遠方の親族や故人と親しかった人などが、供花を送ることができます。

故人の魂を慰めるとともに、会場を飾る意味もありますが、葬儀の形式によっては遺族から辞退されることもあります。
まずは遺族の了承を得て、葬儀を担当する葬儀社に依頼するようにしましょう。

供花には飾る順番にも決まりがありますから、手配する際には送り主の名義と故人との関係性をはっきりと伝えておきましょう。

こちらも読まれています

葬儀の供花の選び方は?送る際の注意点・お返しの方法もご紹介!

葬儀にお花を送りたいと考える方は多いと思います。しかし葬儀に送る供花のマナーについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?今回は、供花がどんなものなのかをご紹介したうえで、花の選び方や費用相場、送る際の注意点やお返しの方法についても解説します。

葬儀後に香典を送る

何らかの事情で通夜にも告別式にも出席できない、あるいは訃報を葬儀の後で知った場合には、香典を郵送します。

葬儀から一週間以内をめどに、それを過ぎてしまった場合は一か月以内には届くように手配しましょう。
お金は不祝儀袋に包み、お悔やみの手紙を添えて送ります。

こちらも読まれています

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

葬儀に出席する範囲まとめ

葬儀

ここまで終活ねっとでは、故人との付き合いの程度や葬儀の形式によって、葬儀に出席する範囲がどこまでかを解説してきました。

  • 親族の葬儀への出席は、3親等までが一応の目安とされている。
  • 会社関係者の葬儀は、会社の慣習や指示に沿って出席を決める。
  • 友人・知人の葬儀には、お付き合いの深さにより、通夜か告別式のどちらかまたは両方に出席する。
  • 一日葬・家族葬では、参列を遠慮した方がよいケースがある。
  • 一般葬では、親族以外の故人や喪主に縁のある方も幅広く参列できる。
  • 葬儀に出席できないときには、弔電・供花・香典を送るなどの対応をする。

葬儀に出席する範囲は、故人との関係性や葬儀の形式によっても変わってきますが、はっきりとした決まりがあるわけではないのですね。

一般的なケースを目安に、故人や遺族の意向を汲み周囲と相談しながら、判断していかれるとよいでしょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀についての記事を多数掲載していますので、参考になさってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・出席・範囲」に関連する記事

  • 葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

    葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

    訃報が届いたときに、葬儀に出席するべきかどうか迷うことがあります。親族や会社関係の葬儀にはどの範囲まで出席するべきなのでしょうか?ここでは、親族や会社関係者の葬儀への出席範囲と、出席する際のマナーや持ち物、出席できないときの対応についても解説しています。

  • 葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

    葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

    葬儀に参列する範囲について、困ったことがあるという方はいませんか?最近では葬儀の形式が多様化してきているので、これからさらに葬儀に参列する範囲が複雑になってくるかもしれません。 今回はそんな形式別の葬儀に参列する範囲と、参列する際のマナーも解説していきます。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

    家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

    近年、葬儀のスタイルは多様化していると言います。中でも、家族葬は特に注目をされています。家族葬とはどんな葬儀で、どのように執り行うのでしょうか?この記事では家族葬の特徴、流れやマナー、費用相場の詳細と共に解説していきます。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

    家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

    家族葬は最近行われることが増えてきた葬儀スタイルの一つです。家族葬には遺族や親族ではなく、親しい友人だったというような関係の人でも参列することはできるのでしょうか?今回は家族葬に友人は参列できるかどうかや参列の判断基準、マナーについて紹介していきます。

  • 葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説のサムネイル画像

    葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説

    葬儀に参列する範囲は個人との間柄がどの程度だったかによっても違ってきますね。葬儀のマナーは分かりにくい点も多々あるので失礼になったらどうしようと不安も多いのではないでしょうか。今回は、参列の範囲から計報の送り方、数珠、香典などについて詳しくご紹介します。

  • 親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

    親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

    最近では親族のみで行う葬儀が増えてきているようです。これからもしかしたら親族のみの葬儀に関わる機会があるかもしれません。そんなときのためにマナーを知っておきたいですよね?今回は親族のみで行う葬儀のマナーについて、服装や香典、参列の可否を解説します。

  • 葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

    葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

    訃報は突然訪れるものです。実際に葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのか分からず不安になりますよね。この記事では、葬儀の準備の流れを詳しくご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・出席・範囲」についてさらに知りたい方へ

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬儀・出席・範囲」についてさらに知りたい方へ

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと