神社参拝のタブーって?気になる注意点を一挙にご紹介!

ご近所でもよく見かける神様にお祈りを捧げる場である神社ですが、実は神社参拝をするうえでいくつかタブーが存在するのはご存知でしょうか?このタブーについて知っておくと神社参拝の際に役に立ちます。今回は神社参拝にまつわるさまざまなタブーについて見ていきましょう。

目次

  1. 神社参拝のタブーって?
  2. 神社とは?
  3. 神社参拝の時のタブーとは?
  4. 神社参拝に適した時間帯って?
  5. 神社参拝のタブーについてのまとめ

神社参拝のタブーって?

神社

近所に必ず1つある存在といえばコンビニや郵便局ですが、実は神社も割と住んでいる地域に1つは存在します。
そして、初詣や受験の季節、七五三などの時期に神社に参拝するという方も非常に多いのではないでしょうか?

たしかに、神社はすぐ近くにあるうえ、多くの方が幼いころから何らかのきっかけでお参りする場となっています。
ただし、実は神社参拝をするうえでのタブーもいくつか存在します。

もし、神社参拝にまつわるタブーを知っていたら、今度からの参拝をより楽しんだり、真摯な気持ちで神様の前に臨んだりできるでしょう。
そこで今回終活ねっとでは、神社参拝にまつわるさまざまなタブーについて見ていきます。

  • 神社とはどのようなところ?

    何らかのきっかけでお参りに出かける身近な存在である神社について簡単にご紹介します。

  • 神社参拝の時に気を付けるべきタブーとは?

    神社参拝の際に気を付けるべきさまざまなタブーについて詳しくご説明します。

  • 神社参拝に適した時間帯とは?

    神社参拝におすすめの時間帯を簡単に見ていきます。

神社参拝をより有意義なものにしたい方や、神社にまつわる雑学に興味のある方にとって楽しめる内容となっておりますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

神社とは?

神社

最初に神社がどのような存在であるのか、どのような場所であるのかについてを簡単に見ていきましょう。

神社とは、日本古来の民族宗教である神道の祭祀施設で、天照大神といった神話などに登場するさまざまな神々(八百万の神々)を祀っている場です。
なお、神社で直接神様に仕えて、祭祀を担当する宗教者を神職といいます。

以下の記事では、神社の起源や神社とお寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社とは一体どんな所?起源や神社の組織、お寺との違いを解説!

初詣にお宮参りや七五三参り、普段のお参りにと気が付けば神社は身近に存在しています。しかし、改めて考えると神社とは一体どんな場所なのでしょうか。今回終活ねっとでは身近な神社を掘り下げて、その起源や種類、さらには参拝方法など神社とは何かについてを解説していきます。

神社参拝の時のタブーとは?

神社

さまざまな神様たちを祀っている神社には、気軽にお参りしてお願い事ができる場というイメージがあります。
しかし、さまざまな理由から良くないとされる言い伝えがタブーという形で残っていることも多いです。

ここでは、神社参拝にまつわるタブーについていろいろとご紹介いたします。

参道の真ん中を歩く

神社参拝に出かけた際によく見かけることですが、境内の参道を堂々と真ん中を歩く方が非常に多いです。
しかし、この参道の真ん中を歩く行為は、実はタブーとされています。

神社の考え方では参道の真ん中は神様たちが歩くための道とされているためです。
そのため、神様にお願い事をする立場の私たちが参道の真ん中を歩くのは失礼とされています。
もし、参道を歩く場合は脇側(左右どちらでも良い)を歩くようにしましょう。

以下の記事では、神社の参道の歩き方についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社の参道の歩き方を知っていますか?参道の意味についても解説!

神社の参道は、初詣や観光などで日本人なら歩いたことのない人はいないのではないでしょうか。けれども、どのように参道を歩いたら良いのか、正式なやり方をご存知の方は少数でしょう。今回は、そんな神社の参道の歩き方について、参道の意味も含めて解説していきます。

喪中の参拝

身内で不幸があってから葬儀などを経て1周忌を行うまでの1年間を喪中といいますが、喪中に神社参拝をすることもタブーとされています。
神道では死というものを穢れと考えるため、神様がいらっしゃる聖域である神社の境内に最近身内の方が亡くなったという方が穢れを持ち込むことを避ける考え方です。

もし、喪中に神社参拝をした場合は事前に神職に相談してお祓いを受けるようにしましょう。
どうしても喪中に神社参拝をしたいのであれば、鳥居をくぐる前にお祓いを受けるのがおすすめです。

以下の記事では、喪中の神社参拝についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

肌の露出が多い服装、サンダル

神社参拝は気軽にできるイメージがあることから、多くの方が普段着でお願い事をしている姿を見かけることもよくあることです。
中には肌の露出が多い服装にサンダルという身なりで参拝する方もいます。
しかし、この肌の露出が多い服装にサンダルという身なりもタブーとされているものです。

神社での参拝の際には神様の前で真摯な態度で臨むためにも、露出が著しくなく清潔な服装が理想的とされています。
だからこそ、夏場であっても露出は控えめに、靴も普通の靴でお参りするべきでしょう。
特に、どうしても叶えたいお願い事があるのであれば、正装してお参りするのが良いです。

以下の記事では、神社参拝の服装のマナーについて詳しく紹介しています。
通常の参拝と昇殿祈祷の服装の違いについて知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?

神社参拝をするときの服装は、スーツがいいとか、露出がなければ大丈夫だとか色々いわれています。実際はどうなのでしょうか。実は、神社に行くときの服装は参拝のしかたで変わります。整理して説明したいと思います。

手水舎で柄杓に口をつける

神社参拝で神様にお願い事をする前に立ち寄るべき場所に手水舎(てみずしゃ)があります。
手水舎では、手水(ちょうず)と呼ばれる両手と口の中を清めることで心身の穢れを落とす行為を行うための場です。
実は手水の際に使う柄杓に口をつける方も多く見られますが、これもタブーとされています。

理由としては、手水舎の柄杓は参拝した方がみんなで使うものであることや実際に口をつけるのは衛生上良くないことなどが挙げられます。

このため、手水舎の柄杓には口をつけないで使うように心がけましょう。
なお、口の清め方は左手で器を作って、柄杓から水をためて行うやり方が正式のものです。

以下の記事では、神社参拝の手水舎での手順についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社の手水舎での手順を知っていますか?珍しい手水舎も紹介します!

手水舎とは一体どのような物なのか、分からないという方も多いでしょう。しかし、神社では当たり前のように見られる風景の1つなのです。今回はこの神社の手水舎について、正しい手順やマナー、さらには珍しいモチーフの手水舎などを詳しく紹介していきます。

お賽銭の額

神様にお願い事を聞いていただく際に必ずといって良いほど行うことに、賽銭箱にお賽銭を入れるというものがあります。
実は、お賽銭の金額には縁起の良いものとそうでないものとが存在するという点に注意が必要です。

このうち、縁起が良くないとされる金額として10円玉での10円や500円玉・65円・75円などが挙げられます。
いずれも、「ろくなご縁がない」とか「これ以上大きな効果がない」といった縁起の悪い意味合いがあるため、5円玉などを使って縁起の良い数字の金額を入れると良いでしょう。

以下の記事では、神社のお賽銭の意味や歴史について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社のお賽銭の意味や歴史は?縁起のいい金額や悪い金額も紹介!

神社のお賽銭の意味や歴史をご存知ですか?用意するお賽銭の金額は人によって様々ですが、金額によってご利益が変わるのかは気になるところです。今回終活ねっとでは、神社のお賽銭の意味や歴史について、縁起のいい金額や悪い金額にも触れながら詳細を解説していきます。

神様に願い事が叶うよう頼む

こちらは、多くの方がやってしまいがちなことですが、お願い事をする際に神様に叶うように頼むというやり方も実はタブーとされています。

神道の神様はあくまでもお願い事の実現に力を貸すという立場であることから、参拝者の方が自分はこの目標を必ず達成するということを誓う・約束する形で祈願するのが好ましいためです。

今まで神様に頼り切るようなお願い事をしていた方は、次からはご自身の力で目標の実現を誓うという態度で祈願してみましょう。

神社参拝に適した時間帯って?

困った人々

神社参拝にまつわるタブーには参拝する時間帯に関係するものもあります。
ここでは、神社参拝の時間帯についても見ていきましょう。

夕方や夜の参拝はタブーなの?

割とありがちな参拝の方法に、夕方や夜の参拝をするというものがあります。
たしかに、夕方や夜の参拝は基本的には可能です。

しかし、神社によっては十分な照明機器が設置されていなかったり、社務所が閉まっていたりすることがあります。
言い換えれば、ケガなどをしてもすぐに助けを求めたりすることが非常に難しい状況です。

このため、夕方や夜の時間帯に参拝する際には足元などの安全面に十分注意が必要となります。

適した時間帯とは

それでは、1日のどの時間帯が神社参拝に適しているのでしょうか?
結論から先に書けば、午前中が最も適しているといえます。

先ほども見た夕方や夜の時間帯に比べると、午前中は1日のうちで最も明るく、危険が少ないためです。
また、万一ケガをしたとしても午前中であれば神職がいる場合も多いため、しかるべき対応をしてもらうことができます。

以下の記事では、神社参拝の時間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社参拝の時間については様々な言い伝えが存在しています。その中で、「神社の参拝は朝に行くべき」または「神社の参拝は夜に行ってはいけない」という言い伝えは、果たして本当なのでしょうか?今回の記事では神社の参拝に一番適した時間帯がいつなのかを徹底的に解説します。

神社参拝のタブーについてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、神社参拝にまつわるさまざまなタブーについて見ていきました。

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 神社とは日本の民族宗教である神道の祭祀施設のことで、日本の神話などに登場する神様たちを祀ってある場所のことである。
    なお、神社で神様に直接仕え、祭祀を行う存在を神職という。
  • 神社参拝の時に気を付けるべきタブーとして、参道の真ん中を歩くことや喪中期間の参拝、肌の露出が著しい服装やサンダルといういでたちがまず挙げられる。
    ほかには、手水舎の柄杓に口をつけることやお賽銭で縁起の悪いとされる金額を入れること、神様に頼り切るようなお願い事の仕方もタブーである。
  • 神社参拝を夕方や夜の時間帯に行うことは安全面では危険な行為であるため、注意が必要である。
    一方、1日のうち午前中の時間帯は最も明るくなっていることから、参拝するには一番おすすめの時間帯といえる。

神社そのものはお住まいの地域に1つはあるほどの非常に身近な存在であるため、私たちにとっても気軽にお願い事をしに行ける存在と言えます。

しかし、神様を祀る神聖な場であることから、今回見てきたタブーが存在することも覚えておいて、あらためて神社参拝に出かけると良いでしょう。

また、終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社とお寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

「神社・参拝・タブー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・参拝・タブー」についてさらに知りたい方へ

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!のサムネイル画像

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介のサムネイル画像

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社でのサムネイル画像

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社で

神社参拝の手順って?服装マナーや参拝に適した時間帯なども解説!のサムネイル画像

神社参拝の手順って?服装マナーや参拝に適した時間帯なども解説!

神社参拝の時に帽子は取るべき?境内での服装マナーや参拝手順を解説のサムネイル画像

神社参拝の時に帽子は取るべき?境内での服装マナーや参拝手順を解説

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・参拝・タブー」についてさらに知りたい方へ

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!のサムネイル画像

夜に神社を参拝して良いの?危険なのは本当?徹底的に解説します!

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!のサムネイル画像

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介のサムネイル画像

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社でのサムネイル画像

八王子の有名な神社を紹介!仕事運上昇や初詣は八王子のここの神社で

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと