叔父の葬儀に参列する範囲はどこまで?参列マナーについても解説!

叔父の葬儀へ呼ばれた時自分の家族も一緒に参列したほうがいいのでしょうか?会社の有給は何日程もらえるのでしょうか?仕事の都合などで叔父の葬儀を欠席する時の電報や供花のマナーなどなど戸惑ってしまう事がありますよね。終活ねっとではそのような疑問を解説していきます。

目次

  1. 叔父の葬儀について
  2. 叔父の葬儀の場合に忌引きは何日とれる?
  3. 叔父の葬儀に参列する範囲は?
  4. 叔父の葬儀への参列マナー
  5. 葬儀が遠方で欠席する場合
  6. 叔父の葬儀についてまとめ

叔父の葬儀について

困った人々

親戚の葬儀となるとかえってマナーなど判断に悩むことが多くなります。
生前とてもお世話になった方もいらっしゃれば、遠方に住んでいるなど疎遠になってしまい年賀状のみのやりとりだけだった方などもいらっしゃるのではないでしょうか。

出席に際して、会社は何日休めるのか子供は連れて行ったほうがいいのか、香典の相場はどれくらいなのかなど、戸惑ってしまう事もたくさんあります。
逆に欠席する場合にも断り方や香典のマナーを気にかける必要があります。

今回、終活ねっとでは、以下の疑問に焦点をあてて叔父の葬儀について解説していきます。

  • 叔父の葬儀の忌引きは何日とれるの?

    仕事を休む場合や、子供が学校を休む場合の日数を解説します。

  • 葬儀への参列はどこまでの範囲なの?

    叔父の葬儀、配偶者や子供は参列するべきなのでしょうか。

  • 香典の表書きや、相場はどれくらいなの?

    香典の相場や、供物の渡し方、服装まで参列のマナーを解説します。

  • どうしても参列できない…欠席するときのマナーは?

    通夜にだけ参列する場合や弔電供花の送り方などを解説します

最後までお読みいただき、大切な親戚がお亡くなりになった時にお役立てください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

叔父の葬儀の場合に忌引きは何日とれる?

葬儀

叔父の葬儀へ参列する場合、一体何日の忌引き(慶弔休暇)が取れるのでしょうか。

仕事を休む場合

忌引きとは一般に有給休暇(慶弔休暇)に含まれます。
忌引きの日数は会社ごとに違うので一概に何日とはいえません。
血縁の叔父・叔母だと1~2日の特別有給休暇が認められる会社もありますが、義理の叔父・叔母だと認められない企業も多いようです。
遠方の葬儀に出席したいときなど、上司に相談してみるのもよいかもしれません。

子供が学校を休む場合

小学生の場合、その子の叔父ならば1日の忌引き欠席が認められるそうです。
もし、遠方の場合は移動日数も忌引きの日数に入れてくれるとの事なので、学校に相談してみてください。
その子の親の叔父ならば忌引き欠席にはならないようです。

叔父の葬儀に参列する範囲は?

人々

自分の叔父が亡くなられた時、または配偶者の叔父が亡くなられた時、葬儀への参列はどこまで出席するのが一般的なのでしょうか。

家族によって叔父と妻や叔父と子供などの関係性は様々なため、参列する範囲について悩まれる方も多いかと思います。

一般的な範囲としては「血がつながっている6親等以内の親族」あるいは「血がつながっていない3親等以内の姻族」が葬儀に出席するべきだとされています。
それぞれ以下のような範囲になります。

  • 血がつながっている6親等以内の親族

    父母や子からまたいとこまで含まれるため、叔父叔母も6親等内の関係となります。

  • 血がつながっていない3親等以内の姻族

    姻族とは婚姻から親族になった者のことであり、叔父叔母は3親等内なので、配偶者の叔父叔母が含まれることになります。

このように比較的近しい親戚に関してはやはり葬儀への参列するのが一般的なようです。
配偶者の叔父の葬儀へも出席するのが常識的には望ましいようです。

一般的にはそうなっていますが、人によっては叔父と一度も会ったことがないという場合もあるかもしれません。
ごく身近の身内だけでひっそり行いたい場合もあるかもしれませんし、あまり遠方の方や人数が多いなどはかえってご遺族に気を使わせてしまうこともあるかもしれません。
自身か配偶者という枠に限らず、関係性を考え、周囲の親戚に相談することが重要です。

叔父の葬儀への参列マナー

葬儀

叔父の葬儀へ参列する際、香典の表書きはどうしたらいいのか、また相場はどれくらいなのか?
また供物は渡したほうがいいのかなど、色々な参列マナーについて解説します。

香典

香典についてのマナーはどのようなものがあるのでしょうか。
表書きの書き方や金額の相場について解説します。

表書き

香典の表書きは、宗教や宗派によってさまざまあるようです。
浄土真宗では教えの内容から「御霊前」は使わないことになっています。
宗教や宗派などがわからないときは無難に「御香典」と書くのが良いでしょう。

また、のし袋に蓮の花が書いてあるタイプのものは、仏教用のものになります。
キリスト教の香典には使えませんので注意しましょう。
そして、表書きには薄墨の筆文字で書くのが一般的です。
薄墨には「涙で墨がにじんでいる」との意味がありお香典には一般的にこちらが使われます。

仏教 浄土真宗 御香典・ご仏前・(御霊前は不可)
それ以外 御香典・御霊前・四十九日以降は御仏前
キリスト教 神道 御榊料・御玉串料・御神前・御神饌料
プロテスタント 御花料・献花料・忌慰料
カトリック 御花料・献花料・御ミサ料

金額相場

叔父の葬儀への香典の金額の相場はどれくらいなのでしょう?
20代なら1万円ほど、30代なら1万~2万円、40代以上なら2万~3万円ほどが一般的な相場になります。
あとは、生前のお付き合いの度合いによって金額は変わってきます。

また、配偶者や子供と参列するときは、一つの家族で一つの香典を出すのが一般的です。
ご飯などをいただくことも考え、2~4万円くらいを入れるのが良いでしょう。

葬儀で渡す香典には、様々なマナーや決まりごとがあります。
表書きの書き方から、金額の相場や渡し方まで終活ねっとでは細かく解説しています。
下記の記事も是非一緒にご覧になってください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

供物の渡し方

小さな盛り篭などを当日持参する場合は、受付で手渡しをするようにしましょう。
また、供物も宗派によって様々な決まりがありますので事前に確認するようにしましょう。

一般的には、「兄弟一同」など連名で供物を送ることが多く、訃報をいただいたら葬儀を行う葬儀社に連絡を取り依頼するのが一般的です。
そうすると、予算にあった供物が選べますし、その葬儀に適した宗派の適した場所に連名で供物が供えられるのでスムーズです。
相場は5千~1万円ほどですが、連名で送る場合は相場は変わってくるようで2万~3万円ほどになるようです。

服装

葬儀には喪服で出席します。
ネクタイ、靴下、靴はすべて黒になります。
蛇や爬虫類の皮のベルトなどは殺生をイメージさせることから、マナー違反にあたるので着用しないようにしましょう。

女性はストッキングは黒のものを着用しましょう。
毛皮や皮のコートやなども殺生をイメージさせるのでマナー違反にあたります。

子供はブレザーなどを着用しましょう。
白いシャツに黒、紺、グレーなどを着ます。
学校の制服などがあればそれを着用して出席するようにしましょう。

葬儀が遠方で欠席する場合

葬儀

仕事の都合でどうしても出席できない、遠方で致し方なく欠席する場合はどうしたらよいでしょう。
弔電をうち、香典はお悔やみの言葉を添えて書留で送るのがマナーになっています。

また、葬儀には参列できないけど通夜にだけ参列する場合などのマナーを解説します。

通夜にだけ参列する

葬儀には出られないけどもお通夜にだけ参列できる時は、喪主へ電話などで開始時間などを確認しましょう。
お通夜はごく身内だけで行うというところもあるかもしれませんので、突然押しかけたりせずに連絡をすることが大切です。
お通夜に出席した際に、葬儀には出席できない旨をお伝えするようにしましょう。
また香典は通夜の受付に渡します。

弔電・供花を送る

遠方でどうしても葬儀に行けない場合は弔電をうち、あとでお香典を現金書留で送ります
香典を書留で送る際にも哀悼の意をこめた手紙などを一言添えて送るようにしましょう。

供花は供物と同じように宗派ごとの決まりなどがありますので葬儀を執り行う葬儀社に連絡をとり、その葬儀社に依頼するのが良いでしょう。
供花も連名で取りまとめていることも多いので、供花を依頼する際は周りの近しい人たちに一声かけると良いでしょう。

叔父の葬儀についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは叔父の葬儀について以下のようにまとめてみました。

  • 叔父の葬儀への慶弔休暇は一般的に1~2日ほど

  • 叔父の葬儀への参列の範囲は6親等以内の血縁、3親等以内の姻族

  • 香典の表書きは宗派などわからなければ「御香典」

  • 香典の金額相場は1万~3万ほど

  • 遠方で欠席する場合は弔電をうってから香典を送る。

  • 供物や供花は葬儀社に依頼をするとよい。

叔父の葬儀への参列マナーは以上のようになります。
訃報をいただくとどうしても色々と慌ててしまいますよね。
この記事を読んで少しでもお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
葬儀の費用について詳しく知りたいという方はこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「叔父・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「叔父・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!のサムネイル画像

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!のサムネイル画像

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説

香典を渡すのは葬儀?通夜?渡すタイミングと金額相場についても解説のサムネイル画像

香典を渡すのは葬儀?通夜?渡すタイミングと金額相場についても解説

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介のサムネイル画像

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「叔父・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!のサムネイル画像

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと