葬儀費用の支払いは誰がどんな方法でする?支払い期限や注意点を解説

葬儀費用について考えたことありますか?費用の支払い方法や費用を誰が支払うのかなどの具体的な内容をご存知でしょうか?今回は葬儀費用がいくらくらいかかるのか、費用の支払い期限や支払い方法、注意点について解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用の支払いについて
  2. 葬儀費用はいくらかかる?
  3. 葬儀費用は誰が支払いをする?
  4. 葬儀費用の支払い方法
  5. 葬儀費用の支払いはいつ?
  6. 葬儀費用の支払いの注意点
  7. 葬儀費用の支払いに関するまとめ

葬儀費用の支払いについて

葬儀

葬儀の費用について考えたことはありますか?
いざそのときが来ないとなかなか聞きに行く機会もありませんよね。
葬儀費用の支払いは誰がどんな方法で支払いをするのでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀費用の金額や支払いを誰がするのか、葬儀費用の支払い方法などについて以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀費用はいくらかかる?
  • 費用の支払いは誰がするの?
  • 葬儀費用の支払い方法
  • 葬儀費用の支払いはいつ?
  • 葬儀費用の支払いの注意点

葬儀の費用に関することについては、なかなか普段から知ることはない内容だと思います。
いざというときに慌てたりすることがないように、ぜひ最後まで読んでいただき今後の参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀費用はいくらかかる?

お金

日本の葬儀費用の平均金額がいくらくらいかご存知ですか?
葬儀といっても家族葬・一般葬・一日葬・直葬など様々ありますが、日本の葬儀費用の平均は約196万円と言われています。
葬儀費用には葬儀一式・飲食接待・寺院関連の費用が含まれています。
ただし、お墓や仏具、法要についての費用は含まれていないので、追加で費用がかかることは考えておかなければいけませんね。

詳しい内容については下記の記事にまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用は誰が支払いをする?

困った人々

葬儀費用は誰が支払いをするのでしょうか?
一般的には喪主が支払いをすることが多いですが、実は法律上の規定はありませんので、場合によって支払いをする人は変わってきます。
それぞれの地域の風習などによっても変わってきますが一般的には下記の内容になってくるケースが多いです。

  • 喪主が支払いをする場合

    一般的には喪主を務める方が支払いを行うのが実情です。
    喪主の決め方としては、親が亡くなった場合はその配偶者、配偶者がいない場合には実子となります。
    実子でも兄弟や姉妹がいるようであれば、長男や長女が第一喪主となり、次いで次男・次女という順番となります。

    ただ、女性のだと、結婚をして籍を抜いていたとしても、子供がおらず配偶者が亡くなっている場合は自身の兄弟や姉妹が喪主となるケースもあります。

  • 喪主以外の親族が支払いをする場合

    喪主だけで葬儀の費用を全額支払いをすることが難しい場合には、兄弟等に負担をお願いして折半する場合があります。
    それぞれの収入や家庭の状況によって負担する金額は変わってきますので、相談しあって決めていくのが一般的です。

    葬儀費用というのは安いものではありません。実際に、葬儀費用の支払いについて喪主と他の遺族間で裁判にまでなってしまう事例も多々ありますので、領収書や明細書はきちんと保管して、金額を明確にしておくことが大切です。
    親が亡くなった場合はどうするのかというのは、なかなか先に話し合うことは難しいかもしれませんが、可能であれば相談をしあっておくと揉めずに円滑に進めることができるかもしれませんね。

  • 亡くなった故人が葬儀費用について遺書などに明記している場合

    故人が葬儀費用について遺書等に記載をしている場合があります。
    故人と喪主を務める方で双方が合意している場合であれば、葬儀費用分をあわせた相続をすることが可能です。

  • 遺言代理信託がある場合

    金融機関や信託銀行のサービスのひとつとして、「遺言代理信託」というものがあり、最近話題になってきています。

    生前中に、ご自身の財産を信託しておいて管理・運用をしてもらい、亡くなった後に指定した受取人(配偶者や子供など)に財産を引き継ぐことのできるサービスとなっており、
    ご自身が亡くなった後の配偶者や子供の生活を懸念して、葬儀費用に充ててほしいという思いから用意をする方が増えてきているようです。

葬儀費用の支払い方法

お金

葬儀費用や支払いを誰がするのかわかっても、実際の支払い方法はどんな方法があるのか気になりますよね。
現金一括払いなのか、分割は可能なのかなど、わかりやすく解説します。

現金払い

最も一般的な支払方法は現金払いで、現金一括での銀行振り込みか手渡しでの支払いとなります。
可能であれば現金払いを行ったほうが明確でわかりやすいですが、葬儀後は病院への支払いやお墓・法要の費用、相続関係の費用などの支払いもあります。
想定していた以上にお金がかかる可能性もありますのでそういったことも考慮したうえで支払いを行う必要がありあります。

また、葬儀社によっては現金払いしか対応しないということもありますので、申し込む前に確認をとっておきましょう。

クレジットカード

近年ではクレジットカード払いが可能な葬儀社も増えてきています。
通常のお買い物の時と同様に、ポイントがつきますし、ボーナス払いや分割払いを選択できます
現金一括が難しい場合は、クレジットカード払いが可能な葬儀社で葬儀を行うのがいいでしょう。

ただし、分割をするとその分利息が発生することもありますし、葬儀費用は高額ですのでクレジットカードの利用限度額を超える可能性があります。
今後の支払いが月々いくらになるのかや利用限度額の引き上げなどを各クレジットカード会社に確認してみましょう。

ローン

葬儀の費用を現金やクレジットカードでの支払いができない場合には、ローンで支払いを行うことも可能です。
ローンは、葬儀社とローン会社が提携をしていないと利用することが出来ません
葬儀社にローンの利用が可能かということや、利用の際の手数料、返済計画について事前に確認をとっておきましょう。

葬儀費用の支払いはいつ?

困った人々

基本的に葬儀社は、葬儀後に一括で支払うことを前提に話を進めていくことが多いので、見積もり時に葬儀費用の支払い期限の記載がない場合があります。
葬儀関連以外にも費用はかかりますので、支払い期限を明確にすることは大切なことです。
支払い期限は、葬儀を申し込む前に葬儀社にしっかりと確認をとりましょう。

葬儀後1週間以内に支払うのが一般的

葬儀費用の支払いのタイミングとしては、葬儀後1週間以内というのが一般的です。
しかし、葬儀というのは突然行わなければいけないものですので、葬儀費用をすぐに用意するのが難しいという方は少なくありません。
そういった場合、葬儀社が相談にのってくれることもありますので、葬儀に関しての打ち合わせの際に確認をしておくのが無難です。

葬儀後に即支払いの場合は注意

葬儀後にすぐに支払いをしないといけない場合がありますが、支払いは葬儀関連のことだけではなく、入院費用やお墓の費用、相続でかかる費用など様々ありますので注意が必要です。
何にどれくらい費用が掛かるのか確認しておかないと、あとから支払いができないものが出てくる可能性がありますので、できるだけ明確にしておきましょう。

葬儀費用の支払いの注意点

お金

葬儀費用を貯蓄だけで支払うという方もいますが、故人が生前にかけていた保険や、相続財産から費用を支払うことができる場合があります。
保険金で支払う場合と相続財産から支払う場合の注意点について解説します。

保険金から支払う場合

保険金から支払う場合に重要なのが、保険金が支払われるタイミングです。
葬儀社の支払い期限は大体1週間程度で須賀、保険の種類によってはそれに間に合わない場合もあります。
保険金がいつ支払われるのかは保険会社に確認をとっておきましょう。

あまり知られていないかもしれませんが、葬儀専用の葬儀保険というものもあります。
少額保険の一種で80歳以上でも加入できるものもあり、保険金申請をした翌営業日には保険金の支払いをしてくれますのでこちらを検討するのも良いかもしれませんね。

相続財産から費用を支払いたい場合

相続財産から費用を支払う場合は、故人が生前に相続財産から費用を出すことを明記しているか、相続人全員による同意があれば支払うことができます。
他の相続人に何も言わず、無断で葬儀費用に充ててしまうと、後から相続財産に戻さなくてはいけなくなる場合もありますし、後々大きなトラブルになりかねませんのでやめておきましょう。

葬儀費用の支払いに関するまとめ

お金

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀の支払い費用や支払い方法について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀費用はいくらかかる?

    日本葬儀費用の平均金額は約196万円。
    お墓や法要について別途料金が発生することがあります。

  • 費用の支払いは誰がするの?

    基本的には喪主が支払うが、難しい場合は親族と相談のうえで折半して支払う。

  • 葬儀費用の支払い方法

    葬儀社にもよるが、現金払い、クレジットカード払い、ローン払いの3つから選択できる。
    支払い方法についてはどういった方法に対応しているのか、打ち合わせ時に葬儀社に確認をとりましょう。

  • 葬儀費用の支払いはいつ?

    一般的には葬儀後1週間以内。
    葬儀社によってはすぐに支払いをしなければいけない可能性があります。

  • 葬儀費用の支払いの注意点

    保険金や相続財産から費用を支払うことができます。
    しかし、保険金の振り込まれるタイミングの確認や、遺書等の内容の確認、相続財産から費用を支払ってもいいのかを相続人全員への確認が必要です。

葬儀の内容については知っていても、費用や支払いについての内容はあまり知られていないかと思います。
この機会にご家族で葬儀について話し合いをしてみるのもいいのではないでしょうか。

終活ねっとではこの他にも葬儀・法要に関する記事も多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「葬儀・費用・支払い」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・支払い」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

葬儀に出席できなかった場合の対応とは?弔電や香典の送り方を解説のサムネイル画像

葬儀に出席できなかった場合の対応とは?弔電や香典の送り方を解説

葬儀を理由に有給休暇は使える?連絡の仕方やメールの書き方もご紹介のサムネイル画像

葬儀を理由に有給休暇は使える?連絡の仕方やメールの書き方もご紹介

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!のサムネイル画像

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?気になる種類や注意点をご紹介!のサムネイル画像

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?気になる種類や注意点をご紹介!

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

孫から葬儀の供花を送る際のマナーや相場金額とは?注文方法もご紹介のサムネイル画像

孫から葬儀の供花を送る際のマナーや相場金額とは?注文方法もご紹介

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・費用・支払い」についてさらに知りたい方へ

真言宗の葬儀の流れは?葬儀の式次第やお経の意味についても解説!のサムネイル画像

真言宗の葬儀の流れは?葬儀の式次第やお経の意味についても解説!

葬儀で渡す心付けの表書きは?心付けを包む袋や金額相場も解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す心付けの表書きは?心付けを包む袋や金額相場も解説します

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介のサムネイル画像

自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと