葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

葬儀や通夜はできる限り経験したくないものですが、いつかは誰もが経験するのではないでしょうか。そんな葬儀や通夜のマナーがしっかりしていないと、社会人としての常識を疑われてしまうかもしれません。今回は葬儀や通夜のマナーの注意点について、解説していきます。

目次

  1. 葬儀の通夜におけるマナーに関して
  2. 通夜のマナー
  3. 通夜の流れ
  4. 葬儀の際の受付に関して
  5. 通夜の際の焼香の仕方
  6. 葬儀の通夜におけるマナーのまとめ

葬儀の通夜におけるマナーに関して

葬儀

葬儀や通夜をまだ経験したことが無いという方や、経験したことはあるがかなり前のことだという方は、葬儀や通夜のマナーが良くわからないこともあるのではないでしょうか?
葬儀や通夜は故人を偲ぶ場ですが、参列者の振る舞いを見られる場でもあります。

葬儀や通夜で気を付けるべき点を知らないと、一人だけ浮いてしまったり常識のない人だと思われてしまうこともあります。

今回終活ねっとでは、そんな葬儀や通夜のマナーについて、服装や香典、数珠や挨拶など細かく解説していきます。

  • 通夜のマナーには、どんなものがある?
  • 通夜の全体の流れはどんな感じなの?
  • 葬儀の際の受付って何をするの?
  • 葬儀の際の焼香の仕方は?

以上の項目に沿って解説していきます。
葬儀や通夜のマナーについてよくわかっていない方や、もう一度確認したいというような方はぜひ最後までご覧いただき、今後葬儀や通夜に参列する際の参考にしてみてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜のマナー

葬儀

通夜には服装や香典、数珠など多くのマナーが存在します。
急な知らせで慌てないようにしっかり頭に入れておけるといいですね。
ここでは、通夜に関してのマナーについて詳しく解説していきます。

服装

まずは通夜の服装マナーについてです。
通夜の場合は葬儀のときと違って、知らせを聞いて急いで駆けつけるという意味がありますので、必ずしも礼服である必要はありません。

ただ、地域によっては礼服で行うところもあるようなので、心配な方は確認すると良いでしょう。

男性

男性の通夜での服装は、基本的にダークスーツとなります。
ですから黒やグレー、濃紺などのスーツで、会社帰りにそのまま行っても大丈夫です。
ワイシャツは白、靴下と靴は黒です。

アクセサリーや派手な時計をしている場合には外します。
会社帰りにそのまま行く場合には、ネクタイや靴下はコンビニや100円ショップでも買うことができますので、できる限り黒にしていった方が良いかもしれません。

女性

女性の場合には、通夜の服装は黒やグレー、濃紺のワンピ―スかスーツ着用するのがマナーです。
黒のストッキングを着用し、バッグや靴は黒で地味なものにします。

アクセサリーに関してはキラキラと光るようなものはしてはいけません。
結婚指輪や真珠のアクセサリーなら大丈夫です。

子供

通夜に行く子供が制服を持っているような場合には、制服を着て行くのが基本となります。
制服がないような子供は、フォーマルに近い平服か、入学式の服などを着るようにします。
紺や黒などの地味な服で行くと良いでしょう。
このとき靴下は白でも構いません。

また、泣いてしまうような小さい子供は連れて行く必要はないので、故人との関係も考えつつ連れて行くかどうか決めましょう。

香典

通夜では辞退をしていない限り香典を持っていきます。
通夜と葬儀両方参列する場合にはどちらかに香典を持っていきます。
このとき香典を持って行かないときにも、記帳は両方します。

香典袋の表書きは「御霊前」が多く使われると聞いたことがある方もいるかもしれませんが、宗教・宗派によっては使えないこともあるので、必ず調べてから書くようにしましょう。
また、表書きはすでに印刷されているものでも構いませんが、書くときには薄墨で書きます。

水引は黒白か双銀の水引を選び、上に表書き、下に名前をフルネームで書きます。
香典袋はそのまま手に持たずに、袱紗に包んで持っていきます。
香典は受付で渡すことになります。

数珠

通夜の場合には数珠は会社帰りなどで用意できない場合には、持っていかなくても大丈夫です。
持っていく場合は、略式の数珠でも構いません。
最近ではブレスレット型の数珠もありますが、通夜にはふさわしくないのでやめましょう。

数珠の持ち方は、房を下にして左手で持ちます。
合掌する際には親指と人差し指で挟むように持ちます。
数珠が二重で長いようなときには、両手の中指にかけてそのまま合掌します。

数珠の持ち方や使い方も宗派によって違ってくるので、調べてみると良いかもしれません。

小物類

通夜の際の小物類ですが、ハンカチやティッシュは持って行った方が良いかもしれません。
この場合にも黒か白の無地の物にします。
バッグは黒で地味なものにし、持ち手や留め具が金具の物は派手な印象になるので避けましょう。

また、黒であっても光沢のあるものもマナー違反となりますので気を付けましょう。
アクセサリーは、結婚指輪の他に真珠のアクセサリー1つが基本です。
アクセサリーは付けて行っても良いものですので、付けなくても構いません。

コート

寒い冬の通夜ではコートが必要になることもあります。
コートの基本の色は黒ですが、濃紺や暗いグレーなら着用可能です。
ベージュはカジュアルな印象を与えてしまいますので、できる限り避けましょう。

色は地味でもボタンが派手であったり、殺生をイメージさせる毛皮のコートなどはふさわしくないので着て行ってはいけません。
z色が微妙でよくわからないという方はお店の人に聞いてみるか、会場に到着する前に脱ぐようにしましょう。

親族・ご遺族への挨拶

親族やご遺族には受付でお悔やみの言葉を述べるのが普通です。
良く使われるのが、「お気の毒様です」や「ご愁傷さまです」という二つになります。
「このたびはまことにご愁傷様です」と頭を下げながら控えめな声で挨拶すると良いでしょう。

通夜の流れ

葬儀

通夜はどのような流れで行われるのでしょうか。
まだ通夜を経験したことのないという方は全体の流れを知っておきたいですよね?
ここでは通夜の流れを簡単に解説していきます。

まず、会場に着いたら受付があるので、挨拶をし香典を渡します。
香典を渡す場合も渡さない場合も記帳は必ず行います。
記帳が終わったら案内されるので自分の席につきます。

お坊さんが入ってくると通夜が始まります。
お坊さんの読経が終わった後、焼香をします。
故人に近い順番から焼香を行います。

喪主挨拶がある場合はそれを聞いた後、退席となります。
この後通夜振る舞いがある場合もあります。

通夜についてさらに詳しく知りたいという方は、以下に通夜についてわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

突然の通夜にも慌てないように!通夜当日の流れなども紹介します

通夜の連絡を受けて参列する事は多くありますが、遺族側になる事はそれほど多くありません。そこで今回は、遺族側としての通夜当日の行動や、当日の通夜の流れについてご紹介します。

葬儀の際の受付に関して

葬儀

葬儀の際の受付はどのように行われるのでしょうか。
ここでは葬儀の際の受付について簡単に解説していきます。

葬儀の受付は香典や弔電や供物の受け取りと管理、会葬者の記帳、返礼品の受け渡しをするところで、喪主側はかなり大変な作業となります。

会葬者は着いたら挨拶をして香典を渡しますので、受付側は忙しい中で来てくれたことへの感謝の気持ちを述べます。
記帳をしてもらい、返礼品を渡す場合には渡します。

香典を会計係に渡し、席まで案内して終わりです。
このときにコートなどを預かることもあります。

受付はお金の管理や名簿の管理など、重要な役目ですのでたかが受付と思わずに集中してやることが必要になってきます。

葬儀の受付について知りたいという方は、以下に葬儀の受付のマナー等の記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

お葬式の受付のマナー等について、色々まとめました!

お葬式で、式と参列者を繋ぐのが受付係となりますが、そこにはマナー等、色々と学ぶべき事が多く有ります。そこで、本記事では、お葬式の受付のマナー等についてまとめていきました。

通夜の際の焼香の仕方

葬儀

通夜の際の焼香について、当日になってどうやるんだっけと焦る方が意外と多いかもしれません。
焼香は自分の宗派に合わせたやり方で行います。
どんな宗派でも1回~3回という場合が多いですので、わからない場合には3回以内で行います。

焼香は親指・人差し指・中指の三本指を使います。
まず、ご遺族とお坊さんに一礼し、祭壇まで進みます。
祭壇に向かって一礼し、三本指で香をつまみます。

目のあたりの高さまで持っていき、香を静かに香炉の中に入れます。
合掌して一礼し、そのまま下がってご遺族に一礼したら終わりです。


焼香のやり方について細かく知りたいという方は、以下に焼香についての詳しい記事がありますので、こちらもぜひご覧ください。

こちらも読まれています

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

お通夜での焼香には、通夜が行われる場所によって、立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3種類のやり方がありますが、焼香の動作自体は同じです。自分の宗派のやり方で焼香すれば良いのです。この記事でしっかり覚えて、お通夜に参列してください。

葬儀の通夜におけるマナーのまとめ

葬儀

葬儀や通夜に関しての色々なマナーが出てきましたね。
普段の生活の中では、葬儀や通夜に行く回数はそんなに多くないかもしれませんが、マナーや作法は大切になってきます。


今回終活ねっとでは、葬儀や通夜のマナーの注意点について、服装や香典、数珠や挨拶についても解説してきましたがいかがだったでしょうか?
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 通夜は急で礼服が用意できないときは、ダークスーツなどで行くことができる。
  • 香典は葬儀か通夜のどちらかに持っていくが、記帳はどちらも行う。
  • 通夜の場合、数珠は持っていなくても大丈夫。
  • アクセサリーは結婚指輪と真珠のもの一点が基本だが、していかなくても良い。
  • 殺生をイメージさせるような毛皮などは身に付けてはいけない。
  • 受け付けは香典を受け取ったり、返礼品を渡したりなどかなり大変な仕事内容になる。
  • 焼香は自分の宗派に合わせた回数・やり方で行う。

葬儀や通夜のマナーに関して、何か見落としていたことがあったという方もいたかもしれませんね。
葬儀や通夜は作法やマナーをテストする場所ではありませんが、しっかりしていれば周りから浮くこともなく、落ち着いて故人を偲ぶ場にすることができるのではないでしょうか。

急な知らせに慌てることの無いように事前に少しでも知識を入れておくといいかもしれませんね。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

葬儀についてもっと詳しく知りたいという方は、以下に葬儀についての費用などわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・通夜・マナー」に関連する記事

  • 葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!のサムネイル画像

    葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!

    突然の訃報を受けたとき、すぐにでも駆けつけたいけれど、赤ちゃんを連れて葬儀に参列しても良いのかどうか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方を紹介します。服装とともに葬儀参列への注意点も解説していきます!

  • 葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナーのサムネイル画像

    葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナー

    葬儀の時に持っていく数珠。珠はどうやって持つの?そもそも数珠っていろんな種類があるけどどれを選べば良い?葬儀の時に慌てなくていいように、また大人としてのマナーを守って数珠を使えるように、今回はその数珠について葬儀の時のマナーと一緒にご紹介していきます。

  • 葬儀の受付係ってどうやるの?仕事内容や服装・マナーなどをご紹介!のサムネイル画像

    葬儀の受付係ってどうやるの?仕事内容や服装・マナーなどをご紹介!

    誰もが何度かは必ず参列することになるのが葬儀です。大切な方にお別れをするための儀式ですが、場合によってご遺族から受付係を頼まれることもあります。ただ、受付係といってもどのようにやれば良いのかわからない方も多いはず。今回は葬儀の受付係について見ていきましょう。

  • 葬儀の受付を任された際、どんなマナーを守ればいい?のサムネイル画像

    葬儀の受付を任された際、どんなマナーを守ればいい?

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介のサムネイル画像

    遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介

    遠方に暮らす親戚の葬儀がある場合、どの程度の間柄までが参列すべきとされるのでしょうか。遠方ゆえに葬儀には参列できないこともありますが、その際はどんな点に気をつければよいのでしょう。今回は遠方での親戚の葬儀に関するマナーについて解説します。

  • 葬儀で真珠付きネクタイピン以外を付けるのはNG?ネクタイの色は?のサムネイル画像

    葬儀で真珠付きネクタイピン以外を付けるのはNG?ネクタイの色は?

    皆さんは葬儀ではどのようなネクタイやネクタイピンを着用しますか?葬儀の場面では真珠付きネクタイピン以外はダメなのか、またネクタイの色はどうすればいいのかと疑問に思っている方もいるかもしれません。今回はそんな疑問を解説していきます。

  • 神式の葬儀、神葬祭ってなに?葬儀の流れ・費用やマナーも解説!のサムネイル画像

    神式の葬儀、神葬祭ってなに?葬儀の流れ・費用やマナーも解説!

    葬儀と聞くと僧侶の方がお経を読む中で焼香を行うという仏式のものをイメージするのではないでしょうか。しかし、日本で行われている葬儀は仏式のものだけではなく、日本古来の宗教である神道に基づいた神式のものもあります。今回は神式の葬儀である神葬祭を見ていきます。

  • 浄土真宗大谷派の葬儀の特徴や流れって?お布施、マナーなどもご紹介のサムネイル画像

    浄土真宗大谷派の葬儀の特徴や流れって?お布施、マナーなどもご紹介

    浄土真宗にはいろいろな宗派がありますが、大谷派の葬儀はどんな葬儀なのでしょうか。 大谷派の葬儀の特徴や流れはどうなっているのか、費用やマナーなども気になりますね。 この記事では、浄土真宗大谷派の葬儀について、葬儀の特徴や流れ、お布施、マナーなども含めて解説します。

  • 教会の葬儀にかかる費用はいくら?参列のマナーや献花の作法も解説!のサムネイル画像

    教会の葬儀にかかる費用はいくら?参列のマナーや献花の作法も解説!

    身内の方が亡くなった時、お寺で葬儀を挙げるという方は多いでしょう。しかし、教会で挙げることになった場合、どのように依頼や準備をしたり、参列したりすればいいのかわからない方も多いでしょう。そこで今回は教会で挙げる葬儀がどのようなものかについて見ていきます。

  • 「大安・仏滅に葬儀は行えない?」今更、人に聞けない悩みのサムネイル画像

    「大安・仏滅に葬儀は行えない?」今更、人に聞けない悩み

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと・行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りがわからない人も実は多くいます。今回は大安に葬儀はおこなっていのか?などご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・通夜・マナー」についてさらに知りたい方へ

近親者のみの葬儀の流れって?マナーや注意点とともにご紹介!のサムネイル画像

近親者のみの葬儀の流れって?マナーや注意点とともにご紹介!

葬儀の祭壇に込められた意味とは?祭壇の種類や選び方、値段もご紹介のサムネイル画像

葬儀の祭壇に込められた意味とは?祭壇の種類や選び方、値段もご紹介

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説のサムネイル画像

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説

葬儀で渡す心付けの表書きは?心付けを包む袋や金額相場も解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す心付けの表書きは?心付けを包む袋や金額相場も解説します

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

葬儀に履くストッキングの色・濃さ・注意点等すべて説明いたします!のサムネイル画像

葬儀に履くストッキングの色・濃さ・注意点等すべて説明いたします!

葬儀の受付がいない場合はどうする?受付の役割や注意点について紹介のサムネイル画像

葬儀の受付がいない場合はどうする?受付の役割や注意点について紹介

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・通夜・マナー」についてさらに知りたい方へ

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

葬儀にタートルネックはNG?葬儀に適切な服装や防寒着をご紹介!のサムネイル画像

葬儀にタートルネックはNG?葬儀に適切な服装や防寒着をご紹介!

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

カトリックの葬儀の香典のマナーを紹介!葬儀の流れも解説!のサムネイル画像

カトリックの葬儀の香典のマナーを紹介!葬儀の流れも解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと