葬儀後に渡す御礼品の金額相場は?挨拶状の例文やのしの書き方も解説

葬儀後に渡す御礼品の金額相場はどのくらいなのか、あるいは挨拶状の例文やのしの書き方も知りたいという方は必見です。この記事を読めば葬儀後の御礼品の金額相場から挨拶状の例文、のしの書き方が全て分かります。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 葬儀後に渡す御礼について
  2. 葬儀後に渡すお礼の種類
  3. 御礼品の金額相場は?
  4. 葬儀当日の御礼品の渡し方
  5. 後日に御礼品を渡す場合
  6. 御礼品を包むのしについて
  7. 葬儀後の御礼への返信
  8. 葬儀後の御礼についてまとめ

葬儀後に渡す御礼について

葬儀

葬儀後に渡す御礼について金額や挨拶状、のしなどをどのようにしたらいいのか分からないという方も多いと思います。
いざ御礼を渡す際に慌てることのないようにしたいです。

そこで今回の記事では葬儀後に渡す御礼について下記を詳しくご説明いたします。

  • 葬儀後に渡すお礼の種類は?
  • 御礼品の金額相場は?
  • 葬儀当日の御礼品の渡し方は?
  • 後日に御礼品を渡す場合は?
  • 御礼品を包むのしは?
  • 葬儀後の御礼への返信は?

葬儀後に渡す御礼品について事前によく理解し、きちんとした対応をとれるようにしましょう。
最後までご覧いただき今後の参考にしてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀後に渡すお礼の種類

葬儀

葬儀後に渡す御礼品にはどのような種類があるのでしょうか。

まず初めに御礼品の種類についてご説明いたします。
御礼品には会葬御礼品と香典返しの2種類があります。
会葬御礼品と香典返しの違いを理解し、どちらの御礼品が適切なのか参考までにご覧ください。

会葬御礼品

会葬御礼品とは、一言で説明するとお通夜や葬儀に参列してくれた方に渡す御礼品のことを言います。
参列してくれた方に直接手渡すことが殆どで、香典の有無や金額に関係なく一律同じ御礼品をお渡しします。

香典返し

会葬御礼品はお通夜や葬儀に参列してくれた方に渡すのに対し、香典返しは四十九日以降に香典を包んでくれた方にお渡しする御礼品となります。
一般的に香典返しは四十九日の法要後、約1ヶ月を目安に行います。
お返しする品物は様々で、宗教によってはお返しする時期に違いがあるので注意しましょう。

御礼品の金額相場は?

困った人々

ではここからは御礼品の金額相場について詳しくご説明いたします。
御礼品には様々な種類が金額も様々で、どのような物を選ぶのがいいのか迷ってしまいます。
そもそも御礼品の金額相場はいくらなのでしょうか?
先程簡単にご説明しました通り御礼品には会葬御礼品と香典返しの2種類があり、金額相場にも違いがあります。

会葬御礼品の一般的な金額相場は300円~1,000円となっています。
会葬御礼品の殆どは葬儀社を通し、専門の業者へ依頼する方が多いですが自分たちで選び持ち込む事が可能な場合もあります。
その場合、持ち込みがOKなのかや持ち込みの際に金額が発生するのかをきちんと葬儀社へ確認するようにしましょう。

香典返しの場合、地域によって違いはありますが香典で頂いた金額の半返しや3分の1が一般的となっています。
また最近では葬儀の当日に香典のお返しする当日返しも増えています。
その場合、金額が分からないので2,000円~3,000円程度の物を用意することが多いです。
半返しなどが香典返しの一般的となっているため、香典で10,000円などの金額を頂いた場合は四十九日の法要後に改めて香典返しを送り、合わせて半返しの金額となるようにします。

このように会葬御礼品と香典返しの金額相場には違いがあります。
金額に迷ってしまった場合は、地域の人や葬儀社の方に相談をするようにしましょう。

葬儀当日の御礼品の渡し方

葬儀

次に葬儀当日の御礼品の渡し方についてです。
葬儀当日に御礼品を渡す際にはどのようなマナーがあるのでしょうか。
御礼品を渡す前にきちんとマナーを理解し、当日焦ることのないようにしましょう。

会葬御礼状を添える

葬儀当日に御礼品を渡す場合は必ず「会葬御礼状」を添えるようにしましょう。
一度は目にしたことがあるという方も多いと思いますが、御礼品と一緒にお礼の手紙が必ず添えられています。

会葬御礼状は葬儀会社お願いすることが多いですが、最近では会葬御礼状を作成する専門の業者や自分たちで印刷するケースも増えてきました。
専門の業者にお願いする場合、枚数などにより金額は変動しますが10,000円~15,000円程度となっている業者が多いです。

自分たちで印刷することももちろん可能です。
好きなデザインにし、写真などを入れることができるのでオリジナルの会葬御礼状を作成することができます。
しかし、会葬御礼状を自分たちで作成する場合は故人の名前やお礼の言葉、結びの言葉と差出人など最低限書かなければならないことがあるので注意が必要です。

お礼を述べてから渡す

葬儀当日に御礼品を渡す場合はきちんとお礼を述べてから渡すようにしましょう。

  • ご弔問ありがとうございます
  • お忙しい中お参りいただきありがとうございます
  • ご丁寧にありがとうございます

など、簡単にお礼を述べることを忘れないように気を付けましょう。
また、お礼の言葉に困ってしまった場合は葬儀社に相談するときちんと説明をしてくれます。
お礼の言葉は参列してくれた方々へ、感謝の気持ちが伝わるように心がけるようにしましょう。

後日に御礼品を渡す場合

困った人々

続いて後日に御礼品を渡す場合です。
香典返しのように後日御礼品を渡す場合にも、マナーがあります。
挨拶状はどのようにしたらいいのか、いつまでに送らなければならないのか、会社に送る場合はどうしらいいのかなどきちんと知っておかなければならないことがあります。

挨拶状・はがきを添える

後日御礼品を渡す際には必ず挨拶状やはがきを添えるようにしましょう。
先程直接渡す際には一言お礼を述べるとご説明いたしましたが、後日渡す際にも同様に感謝の気持ちをきちんと伝えなければなりません。

挨拶状を書く際には下記の順番で記載するようにしましょう。

  • 故人の名前を記載する
  • 参列して頂いたお礼を記載する
  • 差出人、喪主の名前、喪主の横には「親戚一同」と記載する

またお礼状は基本的に縦書きで、読点や句点は使用しないように注意しましょう。
御礼状の例文を記載しますので、どのように書いたらいいのか迷った際にはぜひ参考にしてみてください。
例文は横書きで記載しますが、実際にお礼状を書く際には縦書きで書くようにしてください。

本日はご多忙中のところ
亡き○○の葬儀に際しましては
ご丁寧なお悔やみの言葉と過分なるご香料を賜りまして謹んで御礼申し上げます
生前賜わりましたご厚意に あらためて深くお礼申し上げます
つきましては 心ばかりの品をお送りいたしますので ご受納くださいますようお願い申し上げます
略儀ながら書中をもって謹んで御挨拶申し上げます

平成○年○月
〒000-0000
住所を記載する
喪主 ○○○○
親戚一同

お礼状は手書きが一番ですが、枚数が多くなる場合は印刷でも大丈夫です。
御礼品をお願いした業者や葬儀社に相談をすると、お礼状も一緒に用意してくれることが多いので迷った時にはお願いするようにしましょう。

送るタイミングはいつまで?

御礼品を送るタイミングはいつまでなのでしょうか?
基本的に御礼品は当日に渡しますが、近年では後日送るというケースも増えてきました。
その場合、基本的に葬儀後2週間以内に送るようにしましょう。

御礼品はネットで購入することも可能ですが、包装やのし代、送料に気を付けるようにしましょう。
また宗教によって送るタイミングにも違いがあるので、送るタイミングに困った時には親族などに相談するようにしましょう。

会社に送る場合は?

会社に御礼品を送る場合も多いですが、基本的には個人名で香典を頂いた場合は通常と同じようにお返しをします。
しかし、お礼状に関しては少し書き方に注意が必要です。
葬儀に参列してくださったお礼はもちろん、忌引きによって会社を休んだお詫びも記載するようにしましょう。

会社へ御礼品を送る場合も、なるべく早めに葬儀後2週間までを目安に送るようにしましょう。
しかし、大手企業の場合香典などは経費から支払われている場合もあるためその際にはお返しをする必要はありません。

会社の仕組みなどが分からない場合は、予め総務などに確認をしておくといいでしょう。

御礼品を包むのしについて

困った人々

続いて御礼品を包むのしについてです。
のしは水引だけが印刷された紙「掛け紙」を使用します。
また包み方には「内のし」と「外のし」があり、基本的に御礼品には外のしを使用しますが御礼品を郵送する場合は内のしとするのが一般的となっています。

では水引きの選び方、表書きはどのように記載したらいいのでしょうか?
宗教などによって多少違いがありますが、詳しくご説明いたしますのでぜひ今後の参考にしてください。

水引きの選び方

現在水引きは豪華な飾りが付いた物や印刷された物が多く販売されています。
御礼品に使用する水引きにはその地域や宗教などによって決まりはありますが、一般的には結びきりの黒白や黒銀を使用します。

御礼品に使用される水引きの色には紫銀や黄色白などもありますので、どの水引きを使用したらいいのか迷った時には親族や地域の人に相談するようにし間違った水引きを選ばないように注意しましょう。

表書きは?

表書きとは水引きの上に記載する文字のことで、基本的には薄墨で記載します。
一般的に御礼品の表書きはどの宗教にも使用できる「志」と記載しますが、表書きも宗教などによって記載する文字に違いがあります。

キリスト教の場合「偲び草」、神式の場合は「忌明」などと記載する場合がありますのでどの宗教か分からない時などはどの宗教でも使用できる「志」と記載しておきましょう。

葬儀後の御礼への返信

葬儀

では御礼への返信はどのようにしたらいいのでしょうか?
基本的に御礼を頂いた際には不幸を繰り返さないようにと返信は必要ありません。
しかし、親しい間柄で返信を出したいという方も多いと思います。
その際にはどのような内容で返信をしたほうがいいのでしょうか。

ここからは御礼への返信文例と返信はメールでもいいのかをご説明いたします。
御礼への返信を考えている方はぜひお読みください。

御礼への返信文例

はじめに御礼への返信文例をご紹介いたします。
御礼へ返信する場合は、ご遺族の悲しみや体を気遣う内容としましょう。
またありがとうございますという言葉は使用しないように注意しましょう。

お悔やみなどではないので、手紙のような形になるようにします。

  • 拝啓などの頭語
  • 時候の挨拶
  • 簡単な本文
  • 敬具などの結語
  • 日付と氏名、宛名

上記のような形となるように心がけながら書くようにしましょう。
では今後御礼に返信をするという方のために例文を記載いたしますので参考にしてみてください。

拝啓
例年より寒さがに身にこたえておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
この度は丁寧なお心遣いをいただき大変恐縮です。
○○さんとはとても親しくしていただき、相談にものっていただいておりました。
○○さんは私にとってかけがえのない存在でした。
(故人との思い出などをいくつか記載)
季節柄くれぐれもご自愛くださいませ。
書面をもって失礼させていただきます。
敬具
平成○○年○月○日
氏名
宛名

返信はメールでもいいの?

御礼への返信をメールで送ってもいいのかと疑問に思った人も多いと思います。
基本的にメールでも問題はありません
気持ちが伝わるかが問題ですので、メールでも上記でご説明しました通りご家族を気遣う内容とし、手紙のような形になるようにしましょう。

返信をする際には「~です」「~ます」調となるようにし、使用してはいけない言葉もあるので注意が必要です。

葬儀後の御礼についてまとめ

困った人々

いかがでしたでしょうか?
葬儀を執り行うことになった場合、御礼品は必ず用意しなければならない物です。
御礼品について分からないことが多いと、いざという時に焦ってしまします。
今回の終活ねっとでは

  • 葬儀後に渡す御礼品には会葬御礼品と香典返しの2種類がある。
  • 会葬御礼品の一般的な金額相場は300円~1,000円となっていて、香典返しの場合は地域によって違いはあるが香典で頂いた金額の半返しや3分の1が一般的となっている。
  • 葬儀当日に御礼品を渡す場合は必ず「会葬御礼状」を添えるようにし、「ご弔問ありがとうございます」など一言述べてから渡す。
  • 御礼品を後日送る場合は、葬儀後2週間以内に挨拶状やはがきを添えて送るようにする。
  • 会社へ御礼品を送る場合も、個人名で香典を頂いた場合は基本的に通常通りお返しをするが、お返しをしないケースもある。
  • 御礼品ののしは掛け紙を使用し、基本的には外のしを使用するが郵送する場合は内のしとする。
  • 御礼品の水引きは基本的に結び切りを使用し、水引の色は白黒や黒銀などの結び切りの水引が一般的で、関西では黄白の水引を使う場合がある。
  • 御礼品の表書きはどの宗教にも使用できる「志」が一般的に使用されるが、宗教などによって記載する文字に違いがある。
  • 御礼への返信は基本的にはしなくてもいいが、返信をする場合は家族を気遣う内容とし手紙のような返信を心がけ、ありがとうございますは使用してはいけない。
  • 御礼への返信はメールでも問題はないが、「~です」「~ます」調となるようにし、使用してはいけない言葉もあるので注意が必要。

上記について詳しくご説明いたしました。
今後御礼品を準備する際に困る事のないように、皆さんのお力になれたら幸いです。

終活ねっとでは今回の記事以外にも御礼品やのしなど様々な記事を多数掲載しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・御礼」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・御礼」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説のサムネイル画像

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介のサムネイル画像

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介

一周忌のお返しにつける熨斗(のし)の書き方は?他宗教の場合も解説のサムネイル画像

一周忌のお返しにつける熨斗(のし)の書き方は?他宗教の場合も解説

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介のサムネイル画像

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお礼の方法や期限って?の例文や会社への挨拶も解説!

葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!

葬儀後にするお礼の文例をご紹介!参列者や受付係への文例も解説!のサムネイル画像

葬儀後にするお礼の文例をご紹介!参列者や受付係への文例も解説!

葬儀の香典へのお礼の方法とは?お礼の挨拶文例や金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀の香典へのお礼の方法とは?お礼の挨拶文例や金額相場も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・御礼」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説のサムネイル画像

葬儀のお礼の仕方とは?香典返しの品物や例文とともに解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介のサムネイル画像

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介

一周忌のお返しにつける熨斗(のし)の書き方は?他宗教の場合も解説のサムネイル画像

一周忌のお返しにつける熨斗(のし)の書き方は?他宗教の場合も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと