葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって何?日程や持ち物・マナーについても詳しく知りたいという方必見です。この記事では葬儀・通夜・告別式の流れや違いはもちろん、日程や持ち物、マナーまで詳しく解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 葬儀・通夜・告別式について
  2. 葬儀・通夜・告別式それぞれの違いについて
  3. 葬儀・通夜・告別式の流れ
  4. 葬儀・お通夜・告別式の日程
  5. 通夜と葬儀・告別式には両方いくべき?
  6. 通夜・葬儀・告別式に必要な物とマナー
  7. 葬儀・通夜・告別式に関するまとめ

葬儀・通夜・告別式について

葬儀

葬儀・通夜・告別式について大体のことは知っているけれど、もっと詳しく知りたいという方も多いと思います。
実際、執り行った方や参列したという方でもそれぞれの違いや、日程・マナーについてはよく分からないものです。
事前に葬儀・通夜・告別式について知っておけば、いざという時慌てずに対応することができます。

そこで今回の記事では葬儀・通夜・告別式について

  • 葬儀・通夜・告別式それぞれの違いは?
  • 葬儀・通夜・告別式の流れは?
  • 葬儀・お通夜・告別式の日程は?
  • 通夜と葬儀・告別式には両方いくべき?
  • 通夜・葬儀・告別式に必要な物とマナーは?

上記5つについて詳しくご説明いたします。
ぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀・通夜・告別式それぞれの違いについて

葬儀

そもそも葬儀・通夜・告別式の違いとはどのようなことでしょうか?
葬儀・通夜・告別式にはそれぞれ違いがあり、執り行う意味も違います。
ここからは葬儀・通夜・告別式のそれぞれの違いについて詳しくご説明いたします。
よく理解しておくようにしましょう。

葬儀

葬儀とはこの世からあの世へと渡らせる儀式のことで喪主や家族・親族が故人の冥福を祈るために行います。
家族や親族の焼香や僧侶が読経を行うのは葬儀となります。
葬儀は通夜の翌日で、葬儀から告別式という流れが一般的となっています。

また葬儀は宗教的儀式となるので、神道式の場合焼香をせず玉串を供えたり、キリスト教式の場合は葬儀と告別式を別々に行うなどそれぞれの宗教によって形式に違いがあるので注意が必要です。

通夜

通夜とは家族や親族、故人をよく知る人たちが集まり最期の夜を過ごしご遺体を見守る儀式のことをいいます。
邪霊の侵入を防ぐために線香とロウソクの灯を一晩中絶やさずに棺を守ることから「夜伽(よとぎ)」とも呼ばれています。

基本的には葬儀・告別式の前日に家族や親族、故人の知人などの弔問客を迎えて行います。
最近では行うことが少なくなってきましたが「仮通夜」と呼ばれるものもあります。
上記にてご説明した一般的に行われる通夜が「本通夜」で仮通夜は故人が亡くなった当日に、親族のみで行われる通夜のことで、一般弔問客は仮通夜には参列しません。

告別式

告別式とは故人の知人など一般弔問客が故人と最後のお別れをする場のことをいいます。
基本的に葬儀の後に行われ、弔辞・弔電や一般弔問客の焼香などは告別式となります。

告別式とは葬儀のあとに家族や親族、一般弔問客が墓地へ行き、埋葬前に最後のお別れをするという儀式のことを意味していましたが、現在では葬儀場などで葬儀と一緒に行われるのが一般的となっています。
葬儀が宗教的なのに対し、告別式は社会的となるため葬儀と一緒に行わず、後日お別れ会という形で行うケースもあります。

葬儀・通夜・告別式の流れ

葬儀

葬儀・通夜・告別式のそれぞれの違いについて理解した後は、葬儀・通夜・告別式の流れについてご説明いたします。
それぞれの流れを知っていれば、焦って対応するということもありません。
葬儀・通夜・告別式の流れと行う時間帯をご説明いたしますので、ぜひご覧ください。

葬儀

始めに葬儀の流れについてです。
先程ご説明したように、葬儀は告別式の前に行われ午前中に執り行うのが一般的です。
地域や宗教などによって多少違いはありますが、今回は葬儀が午前11時から開始となる場合の基本的な葬儀の流れをご説明いたします。

  • 受付開始(10時30分頃)

    遅くても葬儀が行われる30分前には受付を開始します。
    弔問客によっては早めに来場する場合もあるので、喪主や家族、親族は葬儀開始2時間ほど前には会場へ入るようにしましょう。

  • 家族や親族、一般弔問客の着席(10時45分)

    家族や親族は葬儀開始15分前、一般弔問客は10分前には着席をし僧侶を待ちます。
    その際葬儀社からアナウンスが流れますので、時間に余裕をもって席に着くようにしましょう。

  • 葬儀・告別式開式後、僧侶がを入場し読経(11時)

    葬儀開始時間になったら司会者が開式のあいさつをし、僧侶の入場となります。
    僧侶が入場した後は、会場への出入りが出来なくなりますので注意しましょう。

  • 僧侶の読経後、弔電・弔辞の紹介(11時10分頃)

    僧侶の読経は基本的に30分~40分程度となります。
    僧侶の読経が終わると弔電・弔辞の紹介があります。

  • 家族や親族の焼香後、僧侶の退場、閉式(11時20分頃)

    弔辞・弔電の紹介が終わると喪主→家族→親族の順番で焼香となります。
    家族や親族の焼香が終わると僧侶が退場し、司会者によって閉式とります。
    一般的には葬儀後に告別式が行われますので、上記は葬儀のみの場合となっています。

通夜

葬儀・告別式は午前中に執り行われるのに対し、通夜は夕方から行われます。
通夜はたくさんの一般弔問客が訪れることが予想されますので、きちんと流れを理解しておきましょう。

  • 受付開始(17時30分)

    通夜は18時から執り行われることが一般的です。
    その為受付は遅くても17時30分には開始し、家族や親族は2時間前には会場に入るようにしましょう。

  • 家族や親族、一般弔問客の着席(17時45分)

    通夜も葬儀同様、家族や親族は15分前、一般弔問客は10分前には着席をし僧侶を待つようにしましょう。
    受付は通夜に間に合うようにし、その後の受付は葬儀社に任せるようにしましょう。

  • 僧侶の入場、開式(18時)

    時間になったら僧侶が入場し、司会者によって開式となります。
    通夜も僧侶入場後は会場への入退場は出来なくなります。

  • 読経、焼香(18時10分頃)

    僧侶による読径が行われます。
    時間にすると30分~40分程度となり、その後家族や親族、一般弔問客の焼香となります。
    参列者の人数によっては読経の途中から焼香が行われる場合もあるので、司会者の指示に従うようにしましょう。

  • 僧侶の退場、閉式(18時40分頃)

    みんなの焼香が終わると、僧侶が退場します。
    僧侶の退場を合掌して見送り、その後司会者によって閉式となります。

  • 通夜ぶるまい(19時頃)

    閉式の後は、僧侶や参列者に食事をふるまいます。
    時間にして1時間~2時間、通夜ぶるまいの最後には喪主によって挨拶がありますが翌日の葬儀・告別式の案内をし通夜の終了となります。

告別式

最後に告別式の流れと時間についてです。
先程家族・親族の焼香後に僧侶が退場し、閉式と記載しましたがここからは告別式へと繋がる流れでご説明いたします。

  • 家族・親族の焼香後に一般弔問客の焼香(11時30分頃)

    家族や親族の焼香が終了したら一般弔問客の焼香となります。
    読経とお焼香合わせて30分~40分が一般的となっていますが、参列者の数によって違いがあります。

  • 僧侶の退場、閉式(11時40分頃)

    葬儀と告別式を同時に行う場合は、一般弔問客の焼香が終わってから僧侶の退場、閉式となります。
    ご僧侶が退場するのを合掌して見送るようにしましょう。

  • 出棺(11時40分頃)

    閉式後すぐに出棺となります。
    家族や親族は故人に最後のお別れをし、故人の周りを生花で飾り、一般弔問客は会場の外でお見送りの為待機となります。

  • 火葬場へ移動し火葬、骨上げ(12時頃)

    火葬場へ到着後納め式を行い火葬します。
    火葬には約1時間半程度かかるため、家族や親族などは待機となります。
    火葬が終了すると家族や親族によって骨上げとなります。

  • 精進落とし(14時頃)

    会場へ戻り精進落としが行われます。
    精進落としは僧侶やお世話になった知人などを招き、故人を囲み会食を行います。
    約1時間程度の会食となりますが、ここで喪主が感謝の気持ちを伝え告別式の終了となります。

葬儀・お通夜・告別式の日程

葬儀

続いては葬儀・通夜・告別式の日程について詳しくご説明いたします。
葬儀・通夜・告別式の日程はどのようになっているのか、日程を決めるポイントはどのようなことなのかなどをご説明いたしますので、今後葬儀・通夜・告別式を行う際にはぜひ参考にしてください。

故人が逝去した翌日にお通夜が基本

通夜は基本的に故人が逝去した翌日の夕方に執り行われます。
しかし通夜は故人が逝去してから何日以内に行うという法律などがある訳ではありません。
ご遺体を安置しておくことや、亡くなってから24時間は火葬してはいけないという法律があることなどから、翌日に通夜を執り行うことが一般的となっています。

故人が逝去した翌々日に葬儀・告別式が基本

葬儀・告別式は基本的に故人が逝去した翌々日に執り行われます。
こちらも法律上決まりがある訳ではないですが、通夜を行った翌日に葬儀・告別式を執り行うのが一般的です。

また通夜も葬儀・告別式も僧侶の予定や葬儀場・火葬場の空き状況によって決まります。
日程を決めるポイントとしては下記にて詳しくご説明いたします。

地域によっては数日後に行うこともある

地域によっては通夜や葬儀・告別式を数日後に行うこともあります。
関西などでは翌日に通夜、翌々日には葬儀・告別式と行うのに対し、関東では亡くなってからお通夜まで3日~4日となる場合が多いです。

関東の葬儀場や火葬場が込み合っているということもあり、数日の待つこが多くなっています。
3日~4日後ということはご遺体を安置しておくのが大変と思う方のいますが、その分故人とゆっくりお別れができるという声も聞こえます。

葬儀の日程を決めるポイント

上記でもお話しました通り、葬儀の日程を決めるにはいくつかのポイントがあります。
どのようなポイントがあるのかよく理解し、葬儀の日程を決める際の参考にしてください。

火葬場の空き状況

一つ目のポイントとして火葬場の空き状況となります。
葬儀は告別式と同時に行われることが多いため、火葬場が空いていなければ葬儀を執り行うことができません。
火葬場の空き状況によって葬儀・告別式の開始時間が決定します。

火葬場の空き状況などは基本的に葬儀社が確認を取り予定を合わせてくれますが、友引は火葬場自体がお休みということもありますので、注意しましょう。

僧侶の予定

二つ目のポイントは僧侶の予定となります。
葬儀では僧侶に読経をしてもらうため、僧侶の予定の確認は必須となります。

上記でご説明したとおり、通夜が夕方がから執り行われるのであまり遅い時間からだとお通夜の予定が入っていて都合が合わないということもありますので注意しましょう。

参列者のスケジュール

より多くの人に参列してもらうためには、参列者のスケジュールも大切です。
葬儀をこの日に行わなければならないという決まりがないので、週末など多くの人に参列してもらえる日を選ぶようにしましょう。

また、家族や親族のスケジュールも大切なので葬儀の日程を決める際には確認を取るようにしましょう。

地域の風習

地域の風習によって葬儀の日にちが違う場合があります。
通常は通夜→葬儀・告別式と進みますが地域によっては火葬をしてから通夜→葬儀・告別式を行う場合もあります。

その際は通夜や告別式の日にちがずれますので、分からない場合は地域の風習を葬儀社や親族などに確認するようにしましょう。

通夜と葬儀・告別式には両方いくべき?

困った人々

上記では通夜・葬儀・告別式について詳しくご説明しましたが、お通夜と葬儀・告別式には両方参列するべきなのでしょうか?
また両方に参列することができない場合はどうしたらいいのでしょうか。
下記にて簡単にご説明いたします。

どちらか一方に参列でも大丈夫

突然の訃報で通夜や葬儀・告別式に参列することになっても、どうしても都合がつかず一方にしか参列できないということもあります。
その時にはどちらか一方に参列でも問題はありません

今では家族や親族以外の一般弔問客は一方に参列という方も多くいます。
その際には参列した日に、悔いのないように故人とお別れをするようにしましょう。

両方に参列できない場合は葬儀が望ましい

通夜や葬儀・告別式の両方に参列できない場合は一方に参列でも問題ないとご説明しましたが、両方に参列できない場合は通夜と葬儀・告別式のどちらに参列するのがいいのでしょうか?

葬儀・告別式は午前中に行われることが多いため参列に難しいという方も多く、通夜にだけ参列するという方もいます。
通夜は故人と親しかった人々が別れを惜しむためのものなので、両方に参列できない場合は通夜に参列するのが望ましいです。

しかし、家族や親族の場合は家族・親族が故人の冥福を祈るために行う葬儀に参列するようにしましょう。

通夜・葬儀・告別式に必要な物とマナー

葬儀

ここからは通夜・葬儀・告別式に必要な物とマナーについて簡単にご説明いたします。
香典・数珠・服装・小物類など通夜・葬儀・告別式には必要な物とマナーがいくつかあります。
必要な物とマナーを理解し、突然の参列にも慌てることのないようにしましょう。

香典

通夜と葬儀・告別式に参列する際には香典を持って行きます。
香典を出す際には「この度はご愁傷様です」と一言添えるようにし、両方に参列する場合はどちらか一方で香典を出すようにしましょう。

通夜や葬儀・告別式のどちらで香典を出すかは地域によって違いがあります。
関東地方では通夜の参列者が多いため通夜の時に出すが、西日本では葬儀・告別式の参列者が多いため葬儀・告別式の際に出します。

もしどちらで香典を出した方がいいのか迷った時には、近所の人に確認をするなどして合わせるようにしましょう。

数珠

通夜や葬儀・告別式に参列する際には数珠を持参しましょう。
普段は使用することの少ない数珠なので、どのように使用したらいいのかや持ち方など分からないという人も多いと思います。
数珠の使い方や持ち方は宗教や宗派によって違います。

注意しなければならないのは、数珠の貸し借りはしてはいけないということです。
数珠は持っている人のお守りという役目を果たしているため、他人が使用しては意味のないことです。
数珠を持っていないからと言って他の人から借りることのないようにしましょう。

服装マナー

続いては服装のマナーについてご説明いたします。
服には正喪服・準喪服・略喪服の3タイプがあります。
喪主の立場の人や故人に近い間柄の人は基本的に正喪服を着用しますが、その他の親族は準喪服でも問題はなく、最近では喪主であっても準喪服を着用する場合もあります。
また参列者は喪主や遺族よりも格式が高くなってしまうので、正喪服は避けるようにし準喪服を着用するようにしましょう。

また男性・女性とそれぞれマナーがありますので下記をご覧ください。

男性

喪服は基本的にグレーや黒といった目立たない色のスーツ、ブラックスーツを着用するようにしましょう。
ワイシャツは白、ネクタイは黒無地で光沢のない結び下げ、靴下は黒無地の物を選ぶようにしましょう。
靴は黒で光沢のなく、金具などの装飾品がないシンプルな革靴を選び、コートを着用する場合は基本的に黒が好ましいですがもし黒がない場合はグレーなど地味な色合い物にしましょう。

女性

女性の場合は黒のワンピースかアンサンブルなどを着用します。
もしどちらもない場合は、黒のブラウスやスカートでも問題はありませんが全身を黒で統一するようにしましょう。
ストッキングやヒールも黒色を選び、スカートに関してはひざ下のものを着用しましょう。

また刺繍やレースなどは入っていても構いませんが、できるだけ控えめな物にするように注意するようしてください。

小物類

通夜や葬儀・告別式に参列する際に必要な小物類はどのような物があるのでしょうか?
ここからは必要な小物類をいくつかご紹介いたします。

  • ハンカチ

    故人とお別れをする場のお通夜や葬儀・告別式にはハンカチを持参するようにしましょう。
    口元を抑えたりするのに役に立ちますが、ハンカチも柄や色のついた物はマナー違反となるので注意しましょう。

  • ふくさ

    ふくさとは香典の不祝儀袋を包む物です。
    香典はふくさに包んで持参するのがマナーです。
    忘れずに持参するようにしましょう。

  • 女性の場合はバック

    通夜や葬儀・告別式では焼香など動く機会が多くあります。
    その為女性はハンカチや数珠などをしまっておけるようにバッグを持参するようにしましょう。
    バックの色も基本的には黒を選び、柄の目立たない物としましょう。

葬儀・通夜・告別式に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
通夜や葬儀・告別式について理解していただけたと思います。
死は突然訪れるものです。
そんな時焦ることのないように対応したいですね。

今回の終活ねっとでは

  • 葬儀とは喪主や家族・親族が故人の冥福を祈るための儀式、通夜とは最期の夜を過ごしご遺体を見守る儀式、告別式とは一般弔問客が故人と最後のお別れをする場のことをいう
  • 葬儀の流れは受付開始→家族や親族、一般弔問客の着席→開式後、僧侶がを入場し読経→僧侶の読経後、弔電・弔辞の紹介→家族や親族の焼香→僧侶の退場、閉式が一般的である
  • 通夜の流れは受付開始→家族や親族、一般弔問客の着席→開式後、僧侶がを入場し読経→僧侶の退場、閉式→通夜ぶるまいが一般的である
  • 告別式の流れは家族・親族の焼香後に一般弔問客の焼香→僧侶の退場、閉式→出棺→火葬場へ移動し火葬、骨上げ→精進落としとなる
  • お通夜は基本的に故人が逝去した翌日の夕方に執り行われ、葬儀・告別式は基本的に故人が逝去した翌々日に執り行われるがどちらも法律上決まりがある訳ではなく、葬儀の日程を決めるポイントには火葬場の空き状況・僧侶の予定・参列者のスケジュール・地域の風習などがある
  • 通夜や葬儀・告別式は両方に参列しなくても問題はなく一方しか参列できない場合は通夜に参列するのが好ましいが、家族や親族の場合は葬儀に参列するといい
  • 通夜や葬儀・告別式の両方に参列する場合は香典は両方には持参せず、数珠の貸し借りはせず、喪主の立場の人や故人に近い間柄の人は基本的に正喪服、参列者は準喪服を着用するようにし、ハンカチやふくさなどを持参するといい

上記についてご説明しました。
通夜・葬儀・告別式について詳しく知っておきたいという方のお力になれたら幸いです。

終活ねっとでは今回の記事以外にも通夜・葬儀・告別式についてなどの様々な記事を多数掲載しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・通夜・告別式」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・通夜・告別式」についてさらに知りたい方へ

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀式と告別式の違いとは?通夜との違いや流れ・マナーも紹介しますのサムネイル画像

葬儀式と告別式の違いとは?通夜との違いや流れ・マナーも紹介します

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説

葬儀と葬式の意味の違いって?流れや所要時間・挨拶までご紹介!のサムネイル画像

葬儀と葬式の意味の違いって?流れや所要時間・挨拶までご紹介!

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

プロテスタント式葬儀の流れとは?服装マナーや費用についても解説のサムネイル画像

プロテスタント式葬儀の流れとは?服装マナーや費用についても解説

葬儀と告別式はどう違うの?通夜とお葬式まで含めて違いを解説しますのサムネイル画像

葬儀と告別式はどう違うの?通夜とお葬式まで含めて違いを解説します

お通夜と葬儀の違いとは?流れや服装・持ち物・香典のマナーもご紹介のサムネイル画像

お通夜と葬儀の違いとは?流れや服装・持ち物・香典のマナーもご紹介

葬儀は亡くなった何日後にするの?葬儀の日程や流れ、費用をご紹介のサムネイル画像

葬儀は亡くなった何日後にするの?葬儀の日程や流れ、費用をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬儀・通夜・告別式」についてさらに知りたい方へ

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀式と告別式の違いとは?通夜との違いや流れ・マナーも紹介しますのサムネイル画像

葬儀式と告別式の違いとは?通夜との違いや流れ・マナーも紹介します

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?服装や香典の違いや葬式との違いも解説

葬儀と葬式の意味の違いって?流れや所要時間・挨拶までご紹介!のサムネイル画像

葬儀と葬式の意味の違いって?流れや所要時間・挨拶までご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと