病気平癒にご利益のある東京の神社・お寺を紹介!神社参拝方法も解説

病気平癒にご利益のある東京の神社・お寺を紹介!神社参拝方法も解説

いつまでも健康で病気とは無縁の人生でありたいものです。今回は、東京で病気平癒のご利益のある神社やお寺を対象別ご紹介させていただきます。また、神社参拝の作法や神社参拝に適した時間帯についてもご紹介します。

最終更新日: 2020年03月07日

東京の病気平癒の神社について

神社

私たちが健康に生活をしていく上で病気は大敵であります。
できることならば、病気はせずに健康に過ごしていきたいものです。

今回「終活ねっと」では、東京で病気平癒のご利益がある神社やお寺について以下の内容を中心に解説をさせていただきたいと思います。

  • 病気平癒の神社とは

  • 病気平癒のご利益がある東京の神社

  • 病気平癒のご利益がある東京のお寺

  • 神社参拝の作法

  • 神社参拝時の服装

  • 神社参拝に最適な時間帯

以上の点を中心に、解説をさせていただきたいと思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

東京の神社のご紹介だけでなく、神社参拝のマナーについても解説を行っておりますので、知識として頭に入れていただければ幸いです。

病気で困っている方、病気で悩んでいる家族や知人がいる方、病気ではないけれど健康を願いたい方はぜひ最後までご覧ください。

病気平癒の神社って?

困った人々

そもそも病気平癒の神社とは、具体的にどのような意味になるのでしょうか。
まず病気平癒とは、病気が完治するという意味になります。
つまり、病気が完治する手助けをしてくれる神社が、病気平癒の神社ということになります。

ところで病気平癒の神社には、病気を患っている方が行かないとご利益がないのでしょうか。

病気を患っている方が参拝するのが一般的ですが、病気によっては外出が難しかったり、参拝したい神社が遠くて赴くことができないこともあります。
そんなときは家族や友人が、病気を患っている方の病気平癒を願って参拝をしてもご利益があります。

また、病気を患っていなくても、病気の心配がある場合に参拝をしてもご利益があるとされています。
病気平癒のご利益がある神社は、自分のためだけではなく他人のためにも祈りを捧げられる神社となっています。

ただ、病気平癒の神社は平癒のために力添えをしてくれるわけであって、完治させてくれるわけではありません。
あくまで神様にお力を借り、本人や家族が病気を治す、という意識で参拝することが大切です。

病気平癒にご利益のある東京の神社一覧

神社

ここでは、病気平癒にご利益のある東京の神社をご紹介させていただきたいと思います。
病気の症状別に神社をご紹介をしますので、悩みに最適な神社を訪れてみてはいかがでしょうか。

病気全般

まずは、万病に効果があるとされる神社からご紹介をさせていただきたいと思います。
病気を予防したい、健康に過ごしたい、とお考えの方は病気全般に効果のある神社を参拝すると良いでしょう。

湯島天神

湯島天神(ゆしまてんじん)は、東京都文京区湯島にある神社です。
湯島天神は愛称みたいなものであり、正式名称は湯島天満宮となります。
JR山手線の御徒町駅を北口からでて、徒歩で約10分歩いたところに位置しています。

菅原道真をお祀りしていますので学業に効果のある神社とされています。
また、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)もお祀りしており、こちらの神様が病気平癒のご利益があります。

病気を治すというよりは、ここ一番で力を出したい・耐えたい・踏ん張りを見せたいという方におすすめです。

五條天神社

五条天神社(ごじょうてんじんじゃ)は、東京都台東区にある神社です。
桜の名所であり毎年お花見で賑わう上野公園にあります。
JR山手線の上野駅から歩いて5分程度の場所に位置しています。

五條天神社にお祀りしている神様は、大己貴命(おおなむじのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)となっており、どちらの神様も薬祖神(やくそじん)と呼ばれる薬に縁の深い神様となっています。

毎月10日に医薬祭を開催しており、病気平癒はもちろんのこと、無病息災のご祈祷も行っているので、ぜひ10日に参拝をしてみてはいかがでしょうか。

神田明神

神田明神(かんだみょうじん)は、東京都千代田区外神田にある神社です。
江戸三大祭りで有名なため、全国に知名度が高い神社となっています。
JR山手線の秋葉原駅を電気街口方面に出て、歩いて7分程度の場所に位置しています。

神田明神といえば商売繁盛にご利益のある神社として有名ですが、お祀りしている神様に薬祖神である大己貴命と少彦名命が含まれておりますので、病気平癒にも効果があるとされています。
商売繁盛のためには経営者が無病息災であることも条件となりますから、ぜひ商売繫盛と無病息災を祈願してみてはいかがでしょうか。

牛島神社

牛島神社(うしじまじんじゃ)は、東京都墨田区向島にある神社です。
牛御前(うしのごぜん)とも呼ばれる牛島神社は、狛犬の代わりに狛牛がいます。
東武鉄道の東武伊勢崎線、業平橋駅から徒歩で5分の場所にあります。

スカイツリーのお膝元にあり、隅田公園内にある神社なのでとても訪れ易い神社です。
そして牛島神社には、撫で牛という牛の銅像があり、自分が現在病気を患っているところや調子の悪い部分を撫でます。

撫で牛を撫でることにより病気が改善されたり、調子が良くなるといわれています。
その他にもオリジナルのスカイツリーみくじを販売していますから、スカイツリーに観光にいった際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

対象別

ここでは病気の部位や気になる箇所別に、ご利益が期待できる神社をご紹介させていただきたいと思います。

今日では癌は珍しい病気でなく、日本人の2人に1人は癌にかかる時代といわれています。
ここでは、癌にご利益のある神社をご紹介します。

烏森神社

烏森神社(からすもりじんじゃ)は、東京都港区新橋にある神社です。
大変愛らしいカラスのマスコットキャラクターと大神輿で有名な神社となっています。
JR新橋駅の西口・烏森口から、徒歩5分以内の場所に位置しています。

烏森神社の神様は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)であり、穀物の神といわれています。
穀物の神ということは作物や穀物から栄養をいただく命をつくる神であり、生命力に影響をする神様として知られています。

穀物の神様をお祀りする烏森神社では、癌封じのお守りが販売されています。
他の神社ではなかなかお見かけしないお守りなのではないでしょうか。

癌封じとは、病気そのものを封じ込めるよう祈られているのはもちろんのこと、病気に負けそうになる心の支えにもなってくださるお守りとなっています。

耳の病気を治したい方におすすめな神社は以下の2社となります。

三峰神社

三峰神社(みつみねじんじゃ)は、東京都荒川区にある神社です。
規模としてはとても小さな神社ですが、僧侶と遊女の悲恋の伝説が残る神社となっています。
JR三河島駅から徒歩で10分あれば到着しますが、建物と建物の間にこじんまりと鎮座していますので見落とさないように注意が必要です。

三峰神社には、袈裟塚の耳無不動があり、このお不動様に穴を開けたお椀をお供えすることで、耳の病気平癒のご利益があるといわれています。
江戸時代の悲恋の伝説や空襲の跡の残る狛狐など、とても歴史を感じることのできる神社となっています。

八耳神社(赤城神社)

赤城神社(あかぎじんじゃ)は、東京都新宿区赤城元町にある神社ですが、今回耳の病気平癒でご紹介したい神社は、境内にある末社の八耳神社(やつみみじんじゃ)となります。
東京メトロの東西線・神楽坂駅からすぐの場所にあります。

八耳神社は長らく戦火で焼失したままとなっていましたが、赤城神社復が興した際に八耳神社も復興しました。
祀られているのが聖徳太子ということで、耳にまつわる悩みが解消できるといわれているようです。

赤城神社自体の復興が平成22年ということで、かなり新しく近代的な神社であることでも話題をよんでいます。
神社にカフェも隣接されていますので、八耳神社を参拝し、新しい神社のあり方を感じてみてはいかがでしょうか。

いつまでも、自分の歯で食事ができるというのは素敵なことですよね。
食事を楽しむという意味でも歯は大切にすべきものです。
そんな歯の健康にご利益のある神社をご紹介します。

荻窪白山神社

荻窪白山神社(おぎくぼはくさんじんじゃ)は東京都杉並区上荻にある神社です。
JR中央線の荻窪駅から歩いてすぐの場所にあります。
昔はたくさんの萩の木があったそうですが、現在は古株が残っているのみとなっています。

元々歯の神様として有名だったのですが、より有名になった逸話があります。
荻窪白山神社を建立した中田一族の方がひどい歯痛に悩まされていたところ御神託を受け、神社の萩で箸を作って食事をしたところ歯痛が治まったことから、歯痛に効果のある神社という噂が広まりました。

神社の至る所に猫の石像がありますので、猫好きな方にもおすすめな神社となっています。

子宮筋腫や卵巣がんなどの婦人病

最近は若くして婦人病を患ってしまうという方も増えています。
ここでは、子宮筋腫や卵巣がんなどの婦人病にご利益のある神社をご紹介します。

淡島神社

淡島神社(あわしまじんじゃ)は、東京都町田市根岸にある神社であり、根岸にあることから根岸淡島神社と呼ばれています。
JR横浜線の淵野辺駅から歩いて10分程度の場所に位置しています。

淡島神社の総本山は和歌山県にあり、淡島神をお祀りしています。
しかし、淡島神は女性であるだとか、住吉明神の后であり婦人病を患ったことから婦人病を根絶させたいと願ったという言い伝えが残っています。

女性の味方である淡島神社は、全国にいくつか支社を持っています。
全国に支社を持つ淡島神社に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

意外と日本人に多いとされているのが痔です。
ここでは、痔にご利益があるとされている神社をご紹介します。

茗荷稲荷神社

茗荷稲荷神社(みょうがいなりじんじゃ)は、東京都文京区本駒込にある神社ですが、実は吉祥寺の境内にある小さな神社になります。
都営地下鉄南北線の本駒込駅から歩いて10分ほどの場所に位置しています。

元々は疫病が蔓延した江戸時代に平癒を願ってたくさんの人が訪れていたのですが、いつの間にか痔を治してくれる神様として有名になりました。
ミョウガ断ちをした上で祈願するとご利益があるとされています。

犬や猫などのペット・動物

病気にかかるのは人間だけではありません。
家族同然である犬や猫などのペットの病気に頭を悩ませている方もいらっしゃることでしょう。
ここでは、ペットの病気平癒にご利益がある神社2社をご紹介をさせていただきたいと思います。

市谷亀岡八幡宮

東京都新宿区市谷八幡町にある市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう)では、平和や安定の加護のご神得がある神様をお祀りしています。
JR市ヶ谷駅から歩いてすぐの場所にあります。

市谷亀岡八幡宮ではペットのためのお守りを購入できることでも話題となっています。
通販対応もしてくださるので、東京に行けない方でも気軽にお守りを購入することができます。

お守りは、ペットの首輪につけられるようになっていたり、ペットの体に巻き付けるバンダナタイプになっていたりと、様々な種類から選べるのでお気に入りのお守りが見つかると思います。

神田明神

神田明神は、病気全般にご利益のある神社としてもご紹介させていただきましたね。
そんな神田明神では、ペットも家族の一員とみなしてくれて、御祓いをしていただくことが可能です。

ただし、境内には入れませんのでペットは境内の外で待機が必要です。
因幡の白兎を救った神話にちなんで、にっこりほほ笑む大国様の刻印がとても愛らしいお守りとなっています。

病気平癒にご利益のある東京のお寺

寺

病気平癒のご利益があるのは神社だけではありません。
ここでは、病気平癒にご利益のある東京のお寺についてご紹介をさせていただきたいと思います。

柴又帝釈天

柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)は、東京都葛飾区にある神社です。
宗派は日蓮宗になり、日本人になじみの深い「男はつらいよ」の寅さんの縁の地として有名です。
京成電鉄京成線の柴又駅から徒歩3分の場所に位置しています。

柴又帝釈天には、浄行菩薩と呼ばれる石像があり、自分の治したい箇所や患っている箇所と同じところをさすることで病気が治ると言われています。
厄除けにもご利益があるお寺となっていますから、無病息災のために訪れてみてはいかがでしょうか。

高岩寺(とげぬき地蔵)

東京都豊島区巣鴨にある高岩寺(こうがんじ)は、別名「とげぬき地蔵尊」とも呼ばれている曹洞宗のお寺となります。
JR山手線の巣鴨駅を正面口から歩いて約5分の場所に位置しています。

巣鴨にあることから特に年配の方に人気の高い病気平癒のお寺となっています。
参拝することで、御影(おみかげ)と呼ばれる飲むことのできるお守りをいただくことができます。
飲んでも良いですし、治したい部分に貼り付けてもご利益が得られます。

他にも、洗い観音と呼ばれる、治したい部位に水をかけながら洗うことで平癒の効果を得られる菩薩像があります。
平癒効果のご利益をいただきたいという方におすすめなお寺となっています。
ぜひ一度、高岩寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。

唐泉寺

東京都江戸川区北小岩にある唐泉寺(とうせんじ)は、真言宗のお寺となります。
封じるという部分に重きを置いたお寺でありながら、最近では寺の名前にあやかって選挙にとうせん(当選)するお寺としても人気が高まっています。

唐泉寺は、京成電鉄京成線の小岩駅の北口から徒歩10分の場所に位置しています。
最初に述べたとおり、封じるという効果を得られるお寺であり、癌を封じたりボケを封じたりするご利益を得られということで参拝客が増えています。

神社参拝の方法

神社

神社の参拝にはマナーや注意点が存在します。
ここでは、簡単に神社参拝の作法について解説をさせていただきたいと思います。

鳥居をくぐる

神社には必ず鳥居があります。
神社は塀で囲まれていたり門があったりするわけではありませんから、どこからでも入りやすいのが特徴ですが、必ず鳥居をくぐって境内に入ります。

鳥居をくぐる前は、軽く一度お辞儀をします。
神様の敷地内に立ち入ることを挨拶するという意味があります。

手水舎で身を清める

鳥居をくぐったら早速参拝を、とお考えかもしれませんが先に身を清める必要があります
手水舎と呼ばれる手洗い場のような場所がありますので、必ずそこで手を清めましょう。
やり方は慣れるととても簡単です。

最初に右手で柄杓を持ち左手を洗い、次に左手で柄杓を持ち右手を洗います。
次に、右手で柄杓を持ち、左手に水をためて口をゆすぎます。
口をゆすいだら左手をすすぎ、柄杓の柄を軽くゆすぎます。
以上が手水舎での一般的な流れになります。

礼拝を行う

手を清めたらいよいよ礼拝です。
礼拝にも作法がありますから、間違えないように礼拝の流れを確認しておきましょう。

神社は、二礼二拍手一礼が一般的な作法です。
まずは、二度深くお礼をして、神様に挨拶をします。
その後二度拍手を行い、手を合わせてお祈りをします。
お祈りが終わったら神様に感謝の意を表するために一度お礼をします。

鳥居をくぐる

神社から立ち去るときも、もちろん鳥居をくぐって帰ります。
最後に鳥居をくぐった後に、本殿のほうを向いて御礼の気持ちをこめて軽く一礼をして参拝は終了となります。

「終活ねっと」では神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社参拝のマナーや注意点についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

神社参拝時の服装マナー

神社

神社で神様にお願いをするわけですから、正しい服装で参拝をする必要があります。
ここでは、神社参拝時の服装のマナーについて解説をさせていただきたいと思います。

通常の参拝

拝殿で手を合わせて通常の参拝をするのみでしたら普段着で結構です。
ただし、ほつれがあったり汚れのある服装は避け、露出のある服装や派手な柄や色を用いた服装で行くのはやめておきましょう。

私たちは神様にお願いをする立場であります。
綺麗で清潔感のある服装で参拝することが大切だといえます。
改まったスーツや和装の必要はありませんので、清潔感と控えめな服装を心がけましょう。

昇殿参拝

昇段参拝とは拝殿で参拝をするのではなく、本殿や神楽殿の中で祈祷を受けることを言います。
このときは正装をしていくのがマナーとなります。

和装ができるなら和装で、和装ができない場合はスーツを着用しましょう。
女性ならばワンピースタイプのスーツでも問題ありません。
和装で行く場合は派手な柄や色のものは避けて選ぶようにしましょう。

「終活ねっと」では、神社参拝の服装マナーや通常の参拝と昇殿祈祷での違いについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

神社参拝に適した時間帯って?

困った人々

ここでは、神社を参拝するのに適した時間について解説をさせていただきたいと思います。

神社参拝に適した時間帯

神社参拝に適した時間というものは、午前中や正午と言われています。
これは清々しい気持ちになれるのが早朝であったり、前向きな気持ちで祈願ができるのが日中であると考えられているためです。

適した時間というだけであって、午後の参拝が悪いだとか、ご利益を得られないというわけではありませんのでご安心ください。

夕方や夜の参拝は大丈夫?

元々神社の参拝時間は決められているわけではありませんから、夕方や夜に参拝しても問題はないとされています。
しかし、神社によっては門を閉めたり、立ち入れない区域を指定する場合がありますから、日中よりは参拝が不自由になります。

また、祭事のない夜の参拝は想定していないことが多く、街灯や灯りがないことがほとんどです。
そうなると砂利道や段差が比較的多い神社の境内でけがをする恐れもあります。
なるべくなら日中に参拝をしておく方が好ましいと言えます。

「終活ねっと」では、神社の参拝時間や神社ごとの拝観時間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

東京の病気平癒の神社についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、東京にある病気平癒にご利益のある神社やお寺についてご紹介をさせていただきました。

東京には約2千社の神社があるとされていますから、今回の記事でご紹介していない病気平癒の効果がある神社も東京にはたくさんあります。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 病気平癒とは病気が治るという意味であり、病気平癒に効果がある神社はたくさん存在する

  • 病気にも様々な種類があるが、種類に応じて効果のある神様が存在するので、悩みにあった神社を探すと良い

  • 神社参拝には正しいマナーが存在するので、マナーを学んだ上で正しく参拝をすることでお力添えをいただけるでしょう

  • 神社を参拝するときは清潔感のある服装で、なるべく午前中から正午にかけて参拝することが好ましい

このように、神社には様々なご利益が存在し、神社の数だけ魅力が存在します。
ご紹介した神社に訪れ、病気平癒のお参りをしてみてはいかがでしょうか。

「終活ねっと」では、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社の地図記号の由来や遍歴について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事