葬儀を欠席するとき伝え方は?お詫びの連絡や手紙の送り方を解説!

葬儀の欠席を伝えるのは、なかなか気が進まずつらいものがあります。とはいえ、ご遺族の胸中がもっと苦しいのは明白で、連絡する際にもできる限りの配慮と弔意を示しておきたいものです。今回の記事では葬儀の欠席するときについて、手紙の送り方から細かいマナーまで解説します。

目次

  1. 葬儀を欠席するときについて
  2. 欠席を伝える連絡手段
  3. 欠席を伝える際の文例
  4. 葬儀を欠席したときの弔意の伝え方
  5. 葬儀を欠席するときのマナー
  6. 葬儀を知らず喪中はがきで訃報知ったとき
  7. 葬儀を欠席するときに関するまとめ

葬儀を欠席するときについて

困った人々

葬儀は故人を悼むだけでなく、今後の付き合いにも影響する重要な行事です。
しかしながら、風邪・妊娠中といった体調不良や抜けられない仕事の会議など、やむを得ない理由で欠席を伝えなければならないときもあります。

直接線香をあげてお悔やみを申し上げられないのは心苦しいものがありますが、非常識とならないよう最大限配慮して、後日の弔問に備えておきたいものです。
今回、終活ねっとでは葬儀を欠席するときについて、以下の点を記事にまとめてみました。

  • 葬儀の欠席を伝える連絡手段について。
  • 葬儀の欠席を連絡するときの、文例と書き方の解説。
  • 葬儀を欠席したときに、弔意を伝えられる各種の方法について。
  • 葬儀を欠席するときのマナーについて。
  • 喪中はがきで訃報を知ったときの対応について。

ご遺族は悲しみのただ中にあるので、これ以上傷つけてしまわないよう使う言葉にも注意が必要です。
今まさに直面してる方や、もしものときのことを考えておきたい方に、この記事が助けとなれば幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為の電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

欠席を伝える連絡手段

人々

まず、欠席を伝える連絡方法について検討していきましょう。
相手により手段も限られますが、連絡を受け取る側の事情も考慮し、少なくとも前日までに連絡するようにしましょう。

電話

顔を合わせて話ができない状況では、もっとも丁寧な形で伝えられるのは電話となります。
あまり親しくない間柄の場合は、文章で連絡するとさらによそよそしい態度となりかねませんので、口頭で伝えることが推奨されます。

欠席しなければならない理由について、詳細に語る必要はありません。
内容がいかに正確なものであったとしても、ご遺族に対して報告のどの点が失礼に感じとられてしまうかわからないためです。

「やむを得ない事情がありまして」「どうしても都合がつけられず」というようにやんわりと理由を述べて、欠席を伝えるといいでしょう。
婉曲的な表現を使って、実生活に関係するトラブルを回避するのもマナーのひとつです。
ペットの世話や臨月を迎えているなど、口にしないほうがいいこともあります。

手紙

手紙で葬儀に参列できないことを謝ることもあります。
手紙は葬儀の時間までに間に合わず、受け取る側もすぐに確認できないことが大半ですので、電話かメールで伝えた後に丁寧にお悔やみを申し上げる手段となります。

改めて送ることができるとはいえ、葬儀の出欠に関する連絡ですので文書内容はシンプルなもので済ませるようにしましょう。
電話の方針と同じで、事細かに理由を語ったり余計な言い訳をしないように心がけます。

施主となる側が送る会葬礼状では句読点を使わないというマナーがありますが、参列者の連絡ではそういったマナーはありません。
繰り返しを連想したりする忌み言葉だけ使わないように注意しましょう。

メール

相手に時間の負担を与えずに連絡できる手段として、メールも候補に入ります。
ビジネスシーンでも正式に使われており、手早く必要最低限の確認をとるには最適な手段ともいえます。

故人が会社関係の人だったり、親しくしていて自身の生活についてもご遺族が把握できている場合は、メールでの欠席連絡が可能です。
もちろん訃報に対しての連絡ですので、普段使っている卑近な言葉遣いや装飾は慎み、忌み言葉も避けて文面を考えましょう。

仕事でのかかわりのみの方なら、気を遣わせすぎるのもよくないので、後で正式にご香典や供物を送れば大丈夫でしょう。
親族や友人である場合は、メールはあくまで略式ですので、後日の電話や弔問を考えておきましょう。

欠席を伝える際の文例

葬儀

では、実際に欠席を伝えるときの文面を考えていきます。
例を示していきますので、自分と故人の状況に合わせて変更してください。

通夜だけ参列

時間の都合上、通夜だけ参列するときは、正式な葬儀の手順からは外れることとなります。
実際にはこのケースも多いので失礼にはなりませんが、本来出るはずの告別式に行けず通夜だけとなることを文面で断る必要があります。

例文:通夜だけ参列するときの連絡例

「お知らせいただきありがとうございます。
 突然のご訃報に接しまして、心からお悔やみ申し上げます。
 申し訳ございませんが、やむを得ない事情により告別式に参列できません。
 お通夜には参列させていただきますので、よろしくお願い申し上げます」

追悼の言葉を述べ、告別式に参列できないことをお詫びしつつ、お通夜には参列することをはっきりと伝えましょう。
ご遺族の感情を波立たせるようなことは書かないほうが無難です。

葬儀・告別式だけ参列

葬儀・告別式だけ参列するのは、もっとも一般的な葬儀の参列の仕方といえます。
お通夜に関しては特に返答しなくても欠席とみなされますが、丁寧に伝える際の例を示しておきます。

例文:葬儀・告別式のみ参列するときの連絡例

「お辛い中、ご一報くださいましてありがとうございます。
 この度はさぞご心痛かと存じますが、どうかお心をお強く持ち、ご自愛ください。
 都合がつけられずお通夜への参列はかないませんが、告別式には謹んで参列させていただきます。
 〇〇様のご逝去を心よりお悔やみ申しあげます」

告別式へ参列するなら略式や欠席を詫びる必要はありませんので、悲しみへの気遣いと弔意を簡潔に述べておくといいでしょう。
口頭の場合は、より端的に伝えても大丈夫です。
告別式できちんとご焼香し、ご遺族と悲しみを分かち慰めあうことを考えておいてください。

どちらも欠席

どちらにも参列できない場合が、一番気を遣うことになるでしょう。
両日とも欠席になってしまうことを明確にしつつ、哀悼もあらわす文章にします。

例文:お通夜・葬儀・告別式の全てに欠席するときの連絡例

「ご逝去を知り、ただただ驚きと哀悼の念に堪えません。
 申し訳ないのですが、遠方のためままならず、お通夜・告別式ともに参列することができません。
 後日、弔問に伺いたく存じます。
 書中にて略儀ではございますが、心よりお悔やみ申し上げます」

一連の葬儀に顔を出せないことをお詫びしつつ、略儀であることと後日の弔問について申し添えておきましょう。
哀悼の意をきちんと示し、今後の法事の予定を伺っておくとご遺族の方も段取りが進めやすくなります。

葬儀を欠席したときの弔意の伝え方

葬儀

葬儀の欠席の連絡ができたら、それで終わりではありません。
忌日法要が開かれなかったり来れなかったりで、弔事でのかかわりが葬儀だけとなる方も多いので、間違いのないように対応をとっておきましょう。
葬儀を欠席したときの弔意の伝え方をご紹介します。

弔電を打つ

欠席せざるをえない状況でも葬儀の場で弔意を示したいときには、弔電が有用です。
電報のサービスはNTT・ソフトバンク・KDDI・日本郵便など、大手の通信・郵便会社も広く取り扱っています。

当日に間に合うように、葬儀会場・故人との関係性と喪主の名前・開式の時間などの情報を正確に伝えて依頼しましょう。
主に告別式の会場で紹介され、文面が読まれることとなります。

弔電が多く届いた場合は、紹介は故人と関係性の近い人のみに留まりますが、ご遺族の方は全て目を通すことになります。
大半のサービスでは弔電の文章例がたくさん提示されますので、適したものを選ぶだけで大丈夫です。

香典を渡す

訃報が届く以上は故人との交流があった人なのですから、欠席する際にもご香典を渡すのが最低限の礼儀です。

渡す方法としては、参列できる方に代理人を頼むのが安全です。
参列できない事情を伝えているのですから、ご香典を他の人に頼むこと自体は失礼にあたりません。
表書きには自分の名前をフルネームで書いた後「代」を、妻に代理人を頼む場合は「内」と書いておきます。

代理人を立てることができない場合は、郵送で送ることとなります。
お金を扱うため現金書留で送ることとなりますが、現金書留は詳細な日時指定ができず、ご本人でないと受け取れないという欠点もあります。

葬儀では施主をはじめご遺族の方は大変忙しく、会場が自宅でないことも多いため受け取れないトラブルが起こりがちです。
手間を減らすにはなるべく葬儀当日にご香典を受け取れるよう手配するのが一番ですが、配送先を自宅にする、葬儀当日ではなく遅れて届く旨を伝えることもご一考ください。

供物・供花・贈り物を送る

供物や供花をおくるのもの良い方法です。
なんでもいいわけではありませんので、会場の邪魔にならないか、宗教宗派に適したものかどうかを考えておきましょう。

お供え物は故人の宗教や利用するサービスにもよりますが、日持ちのするお菓子・果物・お線香・明かりなどが大半です。
葬儀用として包装や配送が確かなものを選びましょう。

お花は宗教によっても変わり、仏式ではユリ・菊・カーネーションがよく供えられます。
トゲのある花は含みのある花言葉のものも多く、取扱いも難しいので避けておきましょう。
キリスト式では花の種類は特に決まっていませんが、金銭のやりとりを避けることから重宝されており、白や淡い色を中心に生け花がよく使われます。

ご香典もお供え物も同じ故人に捧げるものですので、両方送るか片方だけ送るかは故人との関係性と、施主の方針を伺って決めましょう。
ご香典を辞退する場合は香典返しもありませんので、気後れさせない金額で送れるこれらのお供え物が哀悼の意を示す助けとなります。

お詫び状を送る

電話やメールで欠席を伝えた方も、別途にお詫び状を送付するのが望ましいです。
ハガキでも大丈夫ですが、封筒に便箋をしたためるとより丁寧になります。

他の方法で欠席を既に伝えている場合は、生前の故人との交流に触れた細やかなお悔やみの文章を考えることもできます。
お詫び状が最初の返信となる場合は、長々とした文章にならないように注意しましょう。

ご香典やお供え物を送って一筆添えるなど、場面に応じた文面にするだけでも十分です。
繰り返しの表現や忌み言葉を避けることも大事ですが、ご香典やお供え物のお返しがいらない場合にその旨を伝えるなど、配慮してご遺族の負担を軽くすることを第一としましょう。

後日弔問に伺う

葬儀には都合がつけられずに欠席することになっても、後日弔問に伺っておきたい方は多いでしょう。
弔問はご遺族にとっても慰めとなりますが、いくつか注意点があります。

まず、四十九日などの法要に参列することを考えているなら、そのときに佇まいを正して弔意を述べるほうが適切です。
基本的にご遺族が予定される場に合わせたほうが迷惑がかからず、職場や家族に臨機応変な対応を求めずに済みます。

また、葬儀から間もない頃のご遺族は、葬儀社との今後の法要の打ち合わせやお返しの対応、経費の処理などに追われています。
義父・義母・義祖父母との連携や、大学や取引先も含め連絡帳で出欠や周知を確認したりと大忙しです。

葬儀は欠席すると決定したなら、直後ではなくある程度の余裕をもち、落ち着けるタイミングを見計らってから弔問を行うようにしましょう。

葬儀を欠席するときのマナー

葬儀

葬儀を欠席するときのマナーも確認しておきましょう。
方法はいろいろありますが、下記の項目は全てに共通する注意点です。

なるべく早く連絡する

葬儀において、参列の可否の確認はもっとも重要で、早くに求められるものです。
お斎の準備は人数を把握できないと難しいですし、葬儀会場での段取りも規模に応じて変わります。
具体的には、弔電を読んだりご焼香に割く時間、座席の用意などが変わってきます。

施主側も当日までに完全に数を確定することはできませんが、容易にまとまらないものだけに参列者の自発的な協力が不可欠です。
連絡の遅れは一番失礼となってしまいますので、迅速な連絡を心がけましょう。

できるだけ直接連絡をする

出欠を伝える際には、できる限り施主やご遺族に直接連絡しておきましょう。
人伝での連絡は不確かで、ご遺族も一気に多くの親戚や知人に連絡をつけているため、情報が錯綜しやすいです。

ご香典やお供え物などの物理的な問題ですと、代理人に頼むことも許容されますが、葬儀の出欠確認は自ら直接行うのが真摯といえます。
直接連絡しなくてもいいのは、会社関係で部署代表として参列する方が別にいるなど、故人と遠い関係性の場合に限られてくるでしょう。

弔事より慶事の優先はNG

冠婚葬祭のマナーとして、弔事は慶事より優先されます。
お祝いするタイミングがズレてもそれで怒るような方はそういませんが、弔事への参加は意義が大きく、おろそかにすると後々の諍いの種にもなりかねません。

また、お世話になった方への弔いができないとこちらの心境もつらくなりがちで、身内や義親に関わらず後悔の元になります。
予定にあった結婚式や旅行などに強引に行っても心から喜べなくなりますので、できる限り弔事を優先するようにしましょう。

葬儀を知らず喪中はがきで訃報知ったとき

お墓

葬儀があったことを知らず、喪中はがきで故人の死を知ったときは、別の対応を考えましょう。
施主側が家族葬や直葬などごく内密に葬儀を行いたかったり、参列やご香典の手間をとらせたくなかった場合の対処となります。

年内に寒中見舞いとして返事をする

直後の訃報を出さず、葬儀へ参列しないことをご遺族が承諾している場合は、寒中見舞いとしてお返事を書くのが一般的です。

もともとは季節の挨拶として使われていたものですので、寒さについて触れたりご遺族の安否を気遣いながら、お悔やみの言葉を申し添えるのが理想的です。

例文:年内に寒中見舞いとして返事をするときの文例

「寒中お見舞い申し上げます。
 〇〇様のご逝去を知り、心よりお悔やみ申し上げます。
 お寂しい日々をお過ごしのことと思いますが、どうかお気を落とされないよう、ご自愛ください」

正月が終わったら寒中見舞いで挨拶をする

時期的に正月が近いなら、正月の明けた後の挨拶として寒中見舞いを出すといいでしょう。
喪中は年賀状を出せませんので、そのことに少し触れた文章で返事を考えます。

例文:正月が終わったあとの寒中見舞いとして出すときの文例

「寒中謹んでお見舞い申し上げます。
 服喪中とのことで年始のご挨拶は遠慮させていただきましたが、向寒の厳しい折ですので、ご自愛くださいませ。
 遅ればせながら、〇〇様のご逝去に哀悼の意を表し、心よりお悔やみ申し上げます」

葬儀を欠席するときに関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとがまとめた葬儀を欠席するときの記事について、要点を挙げていくと以下となります。

  • 葬儀の欠席を伝える連絡手段は、電話・手紙・メールの3つとなる。
    電話で直接出欠確認をするのがいいが、時間をとるのが難しい場合はメールでもいい。
    手紙はすぐに届かず確認も間に合わないことが多いので、他の手段を優先しておくこと。
  • 欠席する理由については詳細に語らず、婉曲的な表現に留めるのが一般的。
  • お通夜だけ参列する場合と、葬儀・告別式だけ参列する場合で文面が異なる。
    葬儀・告別式が本来の流れであることを念頭に入れた文にする。
    両方とも欠席する場合も含めて、可否ははっきりと伝えておくこと。
  • 葬儀を欠席したときの弔意の伝え方としては、弔電・ご香典・供花や贈り物・お詫び状・後日の弔問などが挙げられる。
    ご遺族のスケジュールの負担とならないように注意すること。
  • 葬儀の欠席を連絡するときのマナーとして、なるべく早くに連絡し、できる限り直接欠席の旨を伝えること。
    慶事より弔事を優先することも、円滑な関係を保つためのマナーのひとつ。
  • 葬儀を知らなかった場合の挨拶には、寒中見舞いが適している。
    喪中では年賀状を出せないので、年内と正月明けで文面を使い分けて出すのが望ましい。

法事でのマナーも気をつけたいところですが、参列できない場合も不躾と思われないように振る舞いたいものです。
葬儀となると特に重要ですので、ご遺族の負担とならないよう必要なことははっきりと、哀悼の意も不足なく示せるように考えておきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
葬儀に関してかかる費用や内訳について、詳細に知りたい方は続けて下記の記事をごらんください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・欠席」に関連する記事

「葬儀・欠席」についてさらに知りたい方へ

  • 葬儀の受付を任された際、どんなマナーを守ればいい?のサムネイル画像

    葬儀の受付を任された際、どんなマナーを守ればいい?

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 父親の急な葬儀に慌てないために、知っておくべきことのサムネイル画像

    父親の急な葬儀に慌てないために、知っておくべきこと

    「親の死や葬儀」について、ついつい目を背けたくなることですね。しかし、その時は必ず来ます。特に一家の大黒柱である父親が亡くなることは、家族にとって影響のあることです。そんな父親の葬儀について、いざという時に慌てないために知っておくべきことをお伝えします。

  • 葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!のサムネイル画像

    葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!

    最近では、葬儀後にお墓を購入する必要がないこともあり、葬儀後に遺骨を供養する方法として散骨を選ぶという方が増えてきているようです。そんな散骨についての詳しい費用や方法を知らない方もいるますよね?今回はそんな散骨の費用と注意点や内訳についても解説していきます。

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

  • 葬儀の受付係ってどうやるの?仕事内容や服装・マナーなどをご紹介!のサムネイル画像

    葬儀の受付係ってどうやるの?仕事内容や服装・マナーなどをご紹介!

    誰もが何度かは必ず参列することになるのが葬儀です。大切な方にお別れをするための儀式ですが、場合によってご遺族から受付係を頼まれることもあります。ただ、受付係といってもどのようにやれば良いのかわからない方も多いはず。今回は葬儀の受付係について見ていきましょう。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

    葬儀できる礼服を喪服と言います。メンズの喪服には三種類あります。どれを選ぶかは、出席するのが通夜か葬儀かで異なりますし、故人との関係でも異なります。実際には、社会人の男性としては、メンズ用のブラックフォーマル礼服の夏冬兼用を持っていることが望ましいです。

  • 葬儀の返礼品には何を渡す?お礼状の書き方や返礼品の金額相場を解説のサムネイル画像

    葬儀の返礼品には何を渡す?お礼状の書き方や返礼品の金額相場を解説

    身内の方の葬儀には多くの方が参列しますが、ご遺族としては参列した方たちに返礼品をお渡しするのが作法とされています。しかし、返礼品をお渡しするといっても用意する品物やお渡しのマナーなどについてわからないことだらけでしょう。今回は葬儀の返礼品について見ていきます。

  • 葬儀の髪型について男女別に徹底解説!メイクや服装についてもご紹介のサムネイル画像

    葬儀の髪型について男女別に徹底解説!メイクや服装についてもご紹介

    葬儀に参列する場合、服装にはきちんと気を配っているのに髪型までは気が回らないという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?服装と同様に、葬儀での髪型にもきちんとしたマナーがあります。今回は葬儀での髪型を中心に、メイクや服装まで詳しく紹介します。

  • 自分で決めておきたい通夜から葬儀知っておきたい事や日程の流れのサムネイル画像

    自分で決めておきたい通夜から葬儀知っておきたい事や日程の流れ

    お通夜や葬儀の日程は葬儀社や、仏教ではお寺、神道では宮司さん、キリスト教では教会の都合などで決まります。仏教では六曜も大事な決め事の一つです、自分のお通夜や葬儀自分で決めておきたい事も有ると思います。知っておいた方が良い事、日程の流れなどをまとめてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・欠席」についてさらに知りたい方へ

葬儀でお供えする生花ってなに?マナーを送る側と喪主側に分けて紹介のサムネイル画像

葬儀でお供えする生花ってなに?マナーを送る側と喪主側に分けて紹介

友引に葬儀を行ったらいけない?友引と葬儀について調べました!のサムネイル画像

友引に葬儀を行ったらいけない?友引と葬儀について調べました!

葬儀に口紅は付けていってもいい?メイクや服装のマナーについて解説のサムネイル画像

葬儀に口紅は付けていってもいい?メイクや服装のマナーについて解説

葬儀のスーツってどんなものにすればいいのか、まとめました!のサムネイル画像

葬儀のスーツってどんなものにすればいいのか、まとめました!

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介しますのサムネイル画像

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介します

葬儀にかかる費用は目安はいくら?葬儀の種類や地域ごとに解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる費用は目安はいくら?葬儀の種類や地域ごとに解説します

葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!のサムネイル画像

葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!

自分で決めておきたい通夜から葬儀知っておきたい事や日程の流れのサムネイル画像

自分で決めておきたい通夜から葬儀知っておきたい事や日程の流れ

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説のサムネイル画像

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説

葬儀のお礼の仕方。香典返しの方法やメッセージの例文は?のサムネイル画像

葬儀のお礼の仕方。香典返しの方法やメッセージの例文は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・欠席」についてさらに知りたい方へ

葬儀にかかる費用は目安はいくら?葬儀の種類や地域ごとに解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる費用は目安はいくら?葬儀の種類や地域ごとに解説します

葬儀費用は香典で赤字を免れることができる?具体的に計算して解説のサムネイル画像

葬儀費用は香典で赤字を免れることができる?具体的に計算して解説

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

孤独死の葬儀はどのようにして行われているのでしょうか?のサムネイル画像

孤独死の葬儀はどのようにして行われているのでしょうか?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと