葬儀の会場の種類や選び方って?費用相場や選ぶ際の注意点をご紹介!

古い時代には自宅やお寺で葬儀が行われていましたが、現在は葬儀の会場もさまざまです。今回の記事では葬儀の会場について種類別に解説いたします。会場によって異なる葬儀費用や会場選びの注意点など、知っておけば役立つ葬儀会場の情報です。

目次

  1. 葬儀の会場について
  2. 葬儀会場の種類と費用相場
  3. 葬儀の会場の選び方
  4. 葬儀会場を選ぶ際の注意点
  5. 葬儀の会場で着替えはできる?
  6. 葬儀の会場についてまとめ

葬儀の会場について

葬儀

終活では、最期までよりよい人生を送れるように、さまざまな項目を検討します。
葬儀について考えることは終活の大きな柱の一つです。

時代の変化にともない、現在では葬儀への考え方は多種多様になってきています。
葬儀については、どのような形式で行うかといった選択に始まり、何人くらいの方に来ていただくか、葬儀をどこで行うかといった内容などをスムーズに決める必要があります。

なかでも葬儀の会場の選択肢は以前より大幅に増えています。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀の会場の種類や選び方について詳しく解説いたします。
今回の記事は次の点がポイントです。

  • 葬儀の会場の種類とそれぞれの会場での費用相場について
  • 葬儀の会場の選び方
  • 葬儀会場を選ぶ際の注意点
  • 葬儀の会場で着替えはできるのか?

葬儀の会場にはどのような種類があるのかを知っておくことで、選択肢が広がります。
少し長い記事ですが、ぜひ最後まで目を通していただき、皆さまの終活のお役に立てていただければと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀会場の種類と費用相場

葬儀

一般的に葬儀とは、お通夜・お葬式・火葬の一連の流れを指します。

かつて昭和40年代頃の葬儀は亡くなった方の自宅で行われるのが普通でした。
三世代同居の方が減ったこと、大都市を中心にマンション住まいの方が増えたことなどを背景に、昭和50年頃を境に葬儀の会場は自宅から外の会場に移っていきました。

ここでは、現在考えられる葬儀の会場の種類を5つに分けて、ご説明いたします。
葬儀費用は会場によって異なるので、それぞれの会場の場合の費用についても解説していきます。

公営式場

公営式場は市区町村が運営している葬儀の会場です。
公営式場は、火葬場に併設あるいは隣接している場合も多いです。

公営式場の一番のメリットは、会場使用料が安く済むことです。
また宗教宗派に関係なく利用できることもメリットです。

デメリットとしては、葬儀が立て混んでいて予約が取りづらい点があげられます。
また、火葬場に会場が併設していると駅からの距離が遠い場合が多いようです。

公営式場を希望する時は、申し込みの条件を満たす必要があります。
公営式場は原則として住民の方のための会場ですので、亡くなった方あるいは喪主の方が該当の市区町村に居住していることが要件となる場合がほとんどです。

公営式場での葬儀費用の相場は、会場使用料が5万円から10万円です。
棺や祭壇を組む料金を含めると、35万円から60万円が相場となります。

民営式場

民営式場は、葬儀社や民間の会社などが運営する会場です。
公営式場に比べて数が多く、葬儀の予約が取りやすいメリットがあります。

また、駅からのアクセスがしやすいことが多く、会場の設備が充実している点も民営式場のメリットです。
宗教宗派に関係なくどなたでも利用できる点もあげられます。

公営式場での葬儀費用の相場は、会場使用料が20万円から40万円です。
棺や祭壇を組む料金を含めると、60万円から100万円が相場となります。

宗教施設

教施設とは、お寺が運営している葬儀会場などが挙げられます。
主に檀家の方にとっては、ごく自然な選択肢の会場と言えます。
設備の新しさや充実ぶりは施設によってさまざまです。

宗教施設での葬儀は、民営式場のようにどなたでも申し込めるわけではありません。
利用者は仏教に限ること、特定の宗派に限定されることなど、いくつかの条件を満たす必要があります。

宗教施設で葬儀を行う場合の会場使用料は、15万円から25万円が相場です。
なお、檀家の場合は無料としている施設もあるようです。

地域の施設

件数としては少ないものの、お住まいの地域にある施設で葬儀を行う方もいらっしゃいます。
公民館や自治会館、集会場といった地域にある施設で葬儀を行う場合です。

この場合のメリットは、近所に住む方々に来てもらやすい点があげられます。
公民館や自治会館などは公営なので、会場使用料が安い点もメリットです。

デメリットとしては、当然に葬儀専用の会場ではないため使い勝手がよくないことがあげられます。
また、公民館などでは葬儀での利用を禁止している場合があります。

地域の施設で葬儀を行う場合の会場使用料は、1万円から5万円が相場です。
棺や祭壇を組む料金などを含めると、20万円から40万円が相場となります

自宅

自宅で行う葬儀は古い時代には主流でしたが、現在は自宅で行う方はだいぶ少なくなっています。
しかし、最期のお別れを慣れ親しんだ自宅で見送れるのは、大きなメリットと言えます。

当然に自宅で行う場合は会場使用料がかかりません。
棺や祭壇を組む料金や参列者の方への返礼品などの費用だけで済む形となります。
葬儀の規模にもよりますが、費用の相場は15万円から30万円です。

なお自宅を会場にする葬儀を自宅葬と呼びます。
シンプルな葬儀にして費用を抑えたいという要望から、近頃ではあえて自宅葬を選ぶ方もいらっしゃるようです。

葬儀の会場の選び方

葬儀

葬儀会場には主に5つの種類があることがわかりました。
どのような形式の葬儀を行いたいのかによって、葬儀の会場が決まってきます。
ここでは葬儀会場の選び方についてご説明いたします。

人数が多い場合

参列する方の人数が多い場合、規模の大きな会場を選ぶ必要があります。
建物が古いことが多い宗教施設や、地域の施設、ご自宅は選択肢から外すほうが無難です。

残るは公営式場か民営式場ですが、予約の取りやすさと設備の充実から民営式場がおすすめです。
民営式場はバリアフリー対応しているので、高齢の方が葬儀に多く参列なさる場合でも安心です。

郊外にある大型の民営式場では、駐車場もかなりの台数を備えています。
車でいらっしゃる方が多い場合でも万全です。

また、民営式場の多くは葬儀専用の会場として設計されています。
会場受付や参列者の方に飲食の接待をする部屋、控室など、会場の導線に無理がないため、多くの参列者がいらっしゃっても喪主とご家族の方が対応しやすいメリットがあります。

予算を抑えたい場合

葬儀会場を選ぶ際には、葬儀費用の相場を参考に予算に合った会場を選ぶ必要があります。
予算を押さえたい場合は、葬儀の規模を小さくすることと葬儀の会場使用料を抑えることがポイントとなります。

会場使用料を抑えるためには、公営式場またはご自宅近くの地域の施設の利用がおすすめです。
同時に、シンプルにご家族だけで行う家族葬を検討するのもよいでしょう。

自由にやりたい場合

ご自分らしいスタイルでの葬儀として、無宗教での葬儀を希望する方が増えています。
お坊さんの読経を無くしてご自分が希望する流れで行う葬儀を自由葬と呼びます。

自由葬の場合は、宗教施設の利用は選択肢から外します。
宗教宗派に関わらず利用できる公営式場または民営式場を利用するようにします。

葬儀社は、さまざまな要望を取り入れて自由葬の手助けをしてくれます。
葬儀社が直営する民営式場を選べば、自由葬の細かい要望を葬儀社に伝えることが可能です。

葬儀会場を選ぶ際の注意点

葬儀

喪主の方を中心にご家族の方は、大切なご家族を失った悲しみのなか、速やかに葬儀の会場を決めなくてはなりません。
実際に葬儀会場を選定するときの注意点は、次の2点あります。

葬儀社の指定があるかどうか

葬儀会場を決める前に、まずは、お亡くなりになった病院から葬儀社の指定があるかどうかを確かめます。
公営病院と民営病院のいずれの場合も、ほとんどの場合で葬儀社の指定を行っているようです。
地域によっては、複数の葬儀社が病院の指定のリストになっていることもあります。

しかしこの場合でも、病院が実際に葬儀社の良し悪しを決めているわけではありません。
単に病院に近い葬儀社をいくつか指定してリストにしているだけのことが多いです。

したがって、病院の指定の葬儀社に必ず依頼するという決まりはありません。

しかし、依頼する葬儀社をまだ決めていない場合など、ご家族を亡くして気持ちが動転しているなかでは、病院指定の葬儀社があればすぐに連絡をしてご遺体の搬送を頼むことができます。
指定の葬儀社に実際に依頼するかどうかは別として、病院からは葬儀社の指定を聞いておくようにします。

設備の確認

葬儀の会場は、新しい設備から年季の入った古い設備までさまざまです。
葬儀会場を選ぶ際には設備の確認をするようにしましょう。
特に家族葬といった少人数での形を取らない限り、葬儀には何人もの方が参列します。
エレベーター完備で段差のないバリアフリー設計ならば、お年寄りの方もどなたも安心して葬儀に参列できます。

また、自由葬で会場に音楽や映像を流したい場合に、それらの対応が可能かどうかも確かめておく必要があります。

参列者の人数と葬儀会場の広さは合っているかを確かめておくのも、大切なポイントです。

葬儀の会場で着替えはできる?

葬儀

職場などから葬儀会場に直接向かう場合、あるいは葬儀会場がお住まいから遠方にある場合は、会場で喪服に着替えられると便利です。
葬儀会場で喪服に着替えることはできるのでしょうか。

家族の控え室があるところも

公営民営といった種類を問わず、ほとんどの葬儀会場には家族用の控室があります。
喪服の一式を持参すれば、その控室で着替えをすることができます。

ご家族やご親族ではなく参列者の方で着替えを希望する場合も、控室を借りたい旨を申し出れば、家族用の控室を使わせてもらえます。

現地で着替えることを快く思わない方もいる

葬儀会場に着いてから喪服に着替えることは十分可能です。
しかし、葬儀会場での着替えはマナーに違反しているとして、快く思わない方もいらっしゃいます。

葬儀会場で喪服に着替える場合でも、会場への出入りは正面の入り口を通ります。
華美でない黒や紺などの色の普通の服を着て会場に到着するのがふさわしいと言えます。

葬儀の会場についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは葬儀の会場について、その種類や選び方を中心にご説明いたしました。
いかがでしたでしょうか。

今回の記事をまとめると次の点がポイントでした。

  • 葬儀会場は5種類に分けられる
    公営式場とは市区町村が運営する会場で、費用の相場は会場使用料が5万円から10万円、葬儀費用の合計は35万円から60万円
  • 民営式場とは葬儀社や民間の会社などが運営する会場で、費用の相場は会場使用料が20万円から40万円、葬儀費用の合計は60万円から100万円
  • 宗教施設とはお寺が運営している葬儀会場で、会場使用料は15万円から25万円、檀家は無料とする場合もある
  • 地域の施設とは、公民館や自治会館、集会場などで、会場使用料は1万円から5万円、葬儀費用の合計は20万円から40万円
  • 自宅を葬儀会場とする場合は、葬儀費用の相場は15万円から30万円
  • 葬儀会場の選び方は、人数や予算などの条件で選ぶとよい
    人数が多い場合は、予約が取りやすく設備が充実した民営式場がおすすめ
    予算を抑えたい場合は、公営式場または地域の施設の利用がおすすめ
    自由葬を行う場合は、宗教宗派に関わらず利用できる公営式場または民営式場がおすすめ
  • 葬儀会場を選ぶ際には、病院から葬儀社の指定の有無と葬儀会場の設備について確認するとよい
  • 葬儀会場では家族用の控室で喪服に着替えることができる

葬儀会場の種類は主に5つに分けられますが、どのタイプの会場を選ぶかによって、会場使用料が大きく異なります。
したがって、かかってくる葬儀費用の合計にも違いが出ます。

各会場の特徴を知ることで、考えている葬儀に一番合う会場を選ぶことができます。
今回の記事を皆さまの終活のお役に立てていただければと思います。

なお終活ねっとでは、気になる葬儀費用について、さらに詳しい記事で解説しています。
そちらの記事もご参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・会場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・会場」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列できない場合はどうするべき?香典や手紙の渡し方を解説!のサムネイル画像

葬儀に参列できない場合はどうするべき?香典や手紙の渡し方を解説!

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介のサムネイル画像

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

葬儀の礼状の文例って?礼状の内容や文例、マナーに関してご紹介!のサムネイル画像

葬儀の礼状の文例って?礼状の内容や文例、マナーに関してご紹介!

神式葬儀の香典の書き方は?香典袋の選び方や金額相場についても解説のサムネイル画像

神式葬儀の香典の書き方は?香典袋の選び方や金額相場についても解説

神道の葬儀にかかる時間や流れって?神道の葬儀の作法もご紹介!のサムネイル画像

神道の葬儀にかかる時間や流れって?神道の葬儀の作法もご紹介!

えっ!?葬儀の係って葬儀場の人がしてくれるんじゃないの?のサムネイル画像

えっ!?葬儀の係って葬儀場の人がしてくれるんじゃないの?

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介のサムネイル画像

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・会場」についてさらに知りたい方へ

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

葬儀に金具のついた靴はNG?靴や服装のマナーをご紹介!のサムネイル画像

葬儀に金具のついた靴はNG?靴や服装のマナーをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと