葬儀に赤ちゃんは連れて行ってもいい?マナーや持ち物、服装を解説

身近な方が亡くなられると葬儀に参列して最後のお別れをしたいものです。しかし赤ちゃんがいる場合は参列しても大丈夫なものでしょうか?周りの方に迷惑になるのでは心配されている方もいることでしょう。そこで葬儀に赤ちゃんを連れて行く時のマナーや持ち物について解説します。

目次

  1. 葬儀に参列する時の赤ちゃんについて
  2. 葬儀に赤ちゃんは連れて行っても良い?
  3. 葬儀における赤ちゃんマナー
  4. 赤ちゃん連れの葬儀であると良い持ち物
  5. 葬儀に赤ちゃんを連れて行く時の服装
  6. 葬儀の時の赤ちゃんについてまとめ

葬儀に参列する時の赤ちゃんについて

葬儀

葬儀は故人との最後のお別れの場ですから、できるだけ参列したいものです。
しかし赤ちゃんがいると迷惑なのではないかと心配になってしまいますよね。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀に赤ちゃんを連れて行く時のマナーや注意点について解説します。

この記事では以下のような事柄について説明します。

  • 葬儀に赤ちゃんは連れて行っても良い?

    葬儀に赤ちゃんを連れて行っても良いか解説します。

  • 葬儀の時の赤ちゃんのマナー

    葬儀に赤ちゃんを連れて行った時のマナーについて解説します。

  • 赤ちゃんを連れて行く時の持ち物

    葬儀に赤ちゃんを連れて行く時に持って言った方がよい持ち物をご紹介します。

  • 葬儀の時の服装について

    葬儀に赤ちゃんを連れて行く時の親御さんや赤ちゃんの服装について解説します。

葬儀に赤ちゃんを連れて行くことは頻繁にはありません。
もしもの時に慌てないように、これを機会に学んでおきましょう。
知ることで赤ちゃんのいる家庭の人にアドバイスしてあげることができますよ。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀に赤ちゃんは連れて行っても良い?

困った人々

まずは葬儀に赤ちゃんを連れて行ってもいいか見てみましょう。

基本的には葬儀に赤ちゃんを連れて行くのがダメという訳ではありません。
葬儀に赤ちゃんを連れて行くかは故人との関係や葬儀の規模や形式によっても変わってきます。
葬儀は厳粛な場でもありますし、周りに迷惑をかけてしまう様なら欠席しても失礼ではありません。
その場合は弔電などを送り、出席できないことを詫びるようにしましょう。

なお生後一か月以内は赤ちゃんも外出しない方がいいですし、母親も体調が万全ではありません。
葬儀は長時間に及ぶことが多いので、無理をしないようにしましょう。

遺族の場合

故人が身内だった場合は、最後のお別れなので赤ちゃんも連れて行きたいですよね。
特に故人が赤ちゃんをかわいがっていた、会いたがっていた場合は連れて行った方が良いこともあります。
まずは遺族・親族に相談してみましょう。
「ぜひ来てほしい」と言われたならば赤ちゃん連れで出席してもいいでしょう。

遺族・親族の場合は、お互い事情も分かっていますので控室などを利用して赤ちゃんに負担にならないように葬儀の望むようにしましょう。

参列する場合

仕事関係や友人・知人の葬儀は、赤ちゃんを連れての出席は基本的に控える方が良いとされています。

それでも遺族から「ぜひ」と言われた時は例外的に赤ちゃん連れで参列しても構いません。
一般参列者が赤ちゃんを連れて行く時は、葬儀が始める前にご遺族様にご挨拶を済ませ、すぐに退席できる後ろの席や入り口近くで目立たないように座るようにしましょう。

控室を貸していただけたら、葬儀の間は控室で赤ちゃんと過ごして焼香の時だけ誰かに赤ちゃんの世話を変わってもらうのも一つの方法です。

葬儀における赤ちゃんマナー

葬儀

次に葬儀に赤ちゃんを連れて行った時のマナーについて解説します。
葬儀に赤ちゃんを連れて行ってはいけないという厳格な決まりはありませんが、周りの方への最大限の配慮は必要です。
赤ちゃんも知らない大人に囲まれて不安にもなりますし、お線香のにおいやいつもと違う環境なので興奮する可能性もあります。

あらゆることを想定してすぐ対処できるようにしておきましょう。

泣き声は迷惑?

周りの厳粛な雰囲気で赤ちゃんもびっくりして泣きだすことも考えられます。
赤ちゃんが泣くのは当たり前ですから、周りの方もある程度は理解してくれるでしょう。
しかしあまり大声で泣かれると葬儀に集中できませんし、進行に支障をきたす場合もあります。

あまりに参列人数の多い葬儀の場合は、赤ちゃんの泣き声は迷惑と言えるかもしれません。
赤ちゃんが泣きだしたら泣き声が届きにくい外などに連れ出してもいいでしょう。

すぐ立ち上がることができる後ろの端の方の椅子に座るようにしましょう。

途中退席は非常識?

赤ちゃんは式が始まった時はおとなしくしていても、途中で泣き出すということはあり得ます。
途中退席になってしまいますがそれは仕方がありません。
目立たないように静かに退席して、後の方に控えてもいいでしょう
途中退席する可能性が高いので最初から後ろや出入り口近くの席に座るようにしましょう。

赤ちゃんの具合が悪くなり帰宅した方が良いと判断した場合は、葬儀社の係の人や知り合いなどに伝言してから帰るようにします。
葬儀後、落ち着いた頃合いに改めてご自宅などにお参りに行くようにしましょう。

ベビーカー

葬儀会場にベビーカーで乗り入れても一応は大丈夫です。
しかし電車内やお店で使う時と同様、周りの方に最大限配慮するようにしましょう。

通り道の邪魔にならないところに置く、人にぶつからないようにするなどのことに注意しましょう。
式の最中は折り畳んで端の方に寄せて置いた方が良いでしょう。

焼香

赤ちゃんを抱っこしながら焼香する時もあるかもしれません。
出来るなら焼香の時だけでも誰かに赤ちゃんを預けるのが良いのですが、それもできない時は気を付けながら焼香しましょう。

焼香の煙が赤ちゃんの顔にかからないようにします。
焼香台に近づき過ぎないようにしましょう。
合掌が片手になってしまっても構いません。
落ち着いて行動して気持ちがこもっていれば、片手の合掌でも故人に想いは伝わります。

火葬場に連れて行っても良い?

火葬場まで同行するのはかなり近い関係の人が多いです。
赤ちゃんと故人が近い場合、本当の最後のお別れになる火葬場まで連れて行きたいものです。

しかし、葬儀からすでに長時間が過ぎていると思われます。
また火葬場でも骨上げまでは2時間ぐらいかかります。
赤ちゃんの負担を考えれば、なるべくなら連れて行かない方が良いかもしれません。
自家用車で火葬場に行くなどして、別行動ができるように対策してもいいでしょう。

まずはご遺族様と相談してみましょう。
自宅や葬儀会場で待機していても失礼にはあたりません。

赤ちゃん連れの葬儀であると良い持ち物

葬儀

赤ちゃんを連れて葬儀に参列する場合は、事前に準備が必要です。
ここでは持って行った方が良いものをご紹介します。

持ち物を入れるバッグは、出来るだけシンプルなデザインのダーク系の色が望ましいです。
派手な柄や色のバッグは葬儀にはふさわしくありませんので注意しましょう。

授乳中の赤ちゃんの場合

授乳中の赤ちゃんの場合に持って言った方が良いものは、以下のようなものが挙げられます。

  • 健康保険証・母子手帳

    赤ちゃんは突然体調を崩す時があります。
    すぐに病院に行ける方に医療機関に必要なものを持って行きましょう。

  • 紙おむつ・おしりふき・紙おむつなどを捨てる袋

    葬儀は時間がかかるためおむつやおしりふきは必需品です。
    使用済みの紙おむつは必ず持ち帰るようにしましょう。
    服が汚れてしまう可能性もあるのでビニール袋を多く持参したほうがいいでしょう。

  • ベビーフードあるいは粉ミルク・食事させるための食器や哺乳瓶

    離乳食が始まっているならベビーフードを、ミルクなら粉ミルクを持って行きましょう。
    ベビーフードを食べさせるスプーンや哺乳瓶を持って行きましょう。
    哺乳瓶は水を飲ませるのにも利用できますので、2つぐらい持って行ってもいいかもしれません。

  • バスタオル・おくるみ

    控室などで寝かせる時にバスタオルを敷いたりかけたりしてもいいでしょう。
    寒い時などにおくるみがあれば便利です。

  • 肌着・着替え

    途中で服や肌着が汚れてしまう可能性があります。
    着替えを2~3着持って行けば安心です。

葬儀は滞在時間が長くなることが多いです。
赤ちゃんが快適に過ごせるようにすれば、式の最中に泣いたりしないことが多いので準備は万全にしておきましょう。

幼児くらいの赤ちゃんの場合

1歳前後の幼児ぐらいの赤ちゃんの場合に持って言った方が良いものは、以下のようなものが挙げられます。

  • 紙おむつ・おしりふき・紙おむつなどを捨てる袋

    おむつやおしりふきは余裕をもって持参するようにしましょう。

  • おもちゃ

    長時間で子供が飽きないようにおもちゃを持って行くと便利です。
    おもちゃは音のしないものにしましょう。

  • おやつ

    お腹がすくと泣いたりしますのでおやつを持って行きましょう。

  • 着替え

    汚す可能性もありますので肌着を含めた着替えを2~3着持って行った方が良いでしょう。

幼児は乳児より周りの状況次第で興奮して泣いたり走り回ったりする可能性が高いです。
幼児に長時間、静かにさせているのは無理があります。
それよりもおもちゃで遊ばせたりおやつをあげたりして、機嫌よく過ごせるための準備をしましょう。
周りが知らない大人ばかりなので泣いたりするようなら、席を外しても問題はありません。

葬儀に赤ちゃんを連れて行く時の服装

葬儀

ここでは葬儀に赤ちゃんを連れて行く時の服装について解説します。
葬儀は故人の為ですが、赤ちゃんがいる場合は赤ちゃんのことを優先的に考えましょう。

母親の服装

葬儀に参列する時の母親の服装は、特に問題がないようなら準喪服を着用しましょう。
体調があまり優れない時は略式喪服でも構いません。
色はなるべく黒っぽいものにしましょう。
靴はヒールのあるものがきつい場合は、普通の靴でも大丈夫ですがなるべく黒を選びましょう。
アクセサリーや光る時計はつけないようにしましょう。

葬儀は時間がかかるものですから、体に負担の無い服装の方がよいでしょう。

抱っこひもでも良い?

一応、抱っこひもはOKです。
抱っこひもは普段使っている使いやすいものが良いでしょう。
可能ならば葬儀の最中は抱っこひもは外す方が望ましいです。

しかし無理する必要はありません。
眠っている赤ちゃんを無理やり起こすようなことはやめましょう。

授乳のしやすい服装

授乳期の赤ちゃんを連れて行く場合は、母親も授乳しやすい服装が良いでしょう。
ワンピースなどは避け、前が開けやすい服装にします。
黒のブラウスが良いですが、無ければ白でも大丈夫です。
派手で華やかさを感じさせるデザインのものは避けてシンプルのブラウスにしましょう。
黒かグレーのジャケットを羽織ってもいいかもしれません。

授乳ケープなどを利用するのも一つの方法です。

赤ちゃんの服装

葬儀の時の赤ちゃんの服装は基本的には気にする必要はありません。
通気性や着心地が良く、清潔なものを着せるようにしましょう。
黒色にこだわる必要はありませんが、あまり派手な色や柄は避けましょう
シンプルなデザインの白やグレーでまとめるようにします。
子供の好みであってもキャラクターものやフリルの付いた服はやめましょう。

靴下

靴下は履かせておきましょう
色は白でも構いませんので清潔でシンプルなデザインのものを履かせましょう。

歩くことができる幼児の場合は、あればグレーか黒の靴下を、無ければ白色にします。
キャラクターのデザインされたものや派手な色の靴下は避けましょう。

靴は運動靴でも構いませんが、できるだけシンプルで落ち着いたデザインの靴を履かせるようにすると良いでしょう。

葬儀の時の赤ちゃんについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
葬儀に赤ちゃんを連れて行く時のマナーや注意点について解説しましたが、参考になりましたでしょうか?
この記事では以下のようなことを解説しています。

  • 赤ちゃん連れで葬儀に参列するのは基本的には遠慮したほうが無難です。
    故人が身内の場合や遺族から「ぜひ」と言われた時は参列しても構いません。
    控室などを貸してもらえるか、ご遺族様や葬儀社に相談してもいいでしょう。
  • 葬儀に赤ちゃん連れで参列した時は、すぐに席を外せるように出入り口近くの席に座るか、控室で待機してもいいでしょう。
    赤ちゃんが泣くようなら退席して外に出るなどしても構いません。
    また抱っこひもやベビーカーは使ってもいいですが、周りの人に最大限の配慮をしましょう。
    事前に遺族に抱っこひもなどを使うことを相談してもいいでしょう。
  • 健康保険証や母子手帳、おむつやおしりふき、着替え、ミルクやおやつ、バスタオルなど万全の準備をしていきましょう。
  • 赤ちゃんや幼児の服装は黒色でなくても大丈夫ですが、キャラクターものや派手な色合いの服、カジュアルすぎる服装は避けるようにしましょう。

赤ちゃん連れで葬儀に参列するのは、かなり大変です。
赤ちゃんにとっても長時間の外出は負担になってしまいます。

なるべく葬儀は欠席した方が良いですが、大事な人との最後のお別れやご遺族様から「ぜひに」と言われた時は十分準備して臨むようにしましょう。
他の参列者の方々に迷惑をかけないように最大限、気を使うようにしましょう。

葬儀は長時間に及ぶことが多いので、赤ちゃんの体調にも気を配るようにしてください。
葬儀すべてに参列しなくても、故人を想って祈れば十分供養していることになりますよ。

終活ねっとでは、葬儀に参列する時の服装のマナーや香典などについても詳しい記事を多数掲載しています。
他の記事もご覧いただき葬儀に参列する時の参考にしてくださるとうれしく思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・赤ちゃん」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・赤ちゃん」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとはのサムネイル画像

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

葬儀に幼児を連れて行っていい?服装やマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀に幼児を連れて行っていい?服装やマナーについても解説

死産した子の葬儀は?死産届の手続きや葬儀費用から葬儀後まで解説のサムネイル画像

死産した子の葬儀は?死産届の手続きや葬儀費用から葬儀後まで解説

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

葬儀はしなくてはいけない?葬儀をしない場合の理由や香典を解説!のサムネイル画像

葬儀はしなくてはいけない?葬儀をしない場合の理由や香典を解説!

葬儀に参列する際の流れや時間をご紹介!服装や持ち物も解説します!のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間をご紹介!服装や持ち物も解説します!

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・赤ちゃん」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとはのサムネイル画像

赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

葬儀に幼児を連れて行っていい?服装やマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀に幼児を連れて行っていい?服装やマナーについても解説

死産した子の葬儀は?死産届の手続きや葬儀費用から葬儀後まで解説のサムネイル画像

死産した子の葬儀は?死産届の手続きや葬儀費用から葬儀後まで解説

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと