神社参拝の手順って?服装マナーや参拝に適した時間帯なども解説!

神社にお参りに行きたいけど、正式な作法・手順を知らないので行きづらいという方も多いかと思います。神様の前ですし、失礼なことはしたくないですよね。 そこで今回、終活ねっとでは神社参拝の手順や、参拝時のマナーについてご紹介します。

目次

  1. 神社参拝の手順について
  2. 神社とは?
  3. 神社参拝の手順
  4. 神社参拝時の服装マナー
  5. 神社参拝に適した時間帯って?
  6. 神社参拝の手順についてのまとめ

神社参拝の手順について

神社

ご朱印集めやパワースポット巡りなどが人気になり、神社へ行く方が増えています。
良い機会なので、これから神社巡りを始めたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、参拝の作法を知らずに行っていいのか、不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
せっかくなら、神様に失礼の無いよう礼儀正しく参拝したいですよね。

そこで今回、終活ねっとでは神社参拝の手順についてご紹介します。
以下の項目について、具体的な内容をご説明しますので、

  • 神社参拝の手順
  • 神社参拝時の服装マナー
  • 神社参拝に適した時間帯

神社巡りを始めるきっかけになればと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

神社とは?

神社

神社というのは神様をお祀りしている場所、言い換えれば神様のお住まいです。
日本には大小様々な神社があり、神社ごとに様々な神様が祀られています。

また神社は、神様のお住まいであると同時に、人々が集まる場でもあります。
初詣やお祭りなどの際は、多くの人で神社が賑わいますね。
歴史のある大きな神社ともなれば、一年を通して国内外から参拝者や観光客がやってきます。

神社の由来やお祀りしている神様によって、

  • 神社
  • 神宮
  • 大社

など、様々な呼び方があります。

神様のお住まいですから、神社に参拝するというのは、神様のお宅にお邪魔するようなものです。
そのため、参拝の作法やマナーも、目上の方のお宅に伺う際のマナーに通じるものがあります。
そう考えると、難しい作法やしきたりの意味も分かりやすくなるのではないでしょうか。

お参りする神様や、神社そのものへ敬意を払うという点を気に留めてみてください。

呼び方や種類などについて解説した記事がありますので、興味のある方はあわせて読んでみてください。

こちらも読まれています

神社とは一体どんな所?起源や神社の組織、お寺との違いを解説!

初詣にお宮参りや七五三参り、普段のお参りにと気が付けば神社は身近に存在しています。しかし、改めて考えると神社とは一体どんな場所なのでしょうか。今回終活ねっとでは身近な神社を掘り下げて、その起源や種類、さらには参拝方法など神社とは何かについてを解説していきます。

神社参拝の手順

神社

ここからは具体的な手順をご紹介していきます。

まずは参拝の流れについて見ていきましょう。
参拝は、以下のような流れで行います。

  • 一礼してから鳥居をくぐり、境内に入ります
  • 手水舎でお清めをします
  • 本殿へ向かい、礼拝をします
  • 鳥居をくぐり、境内を出てから一礼します

神社によって細かい点が異なる場合がありますが、大まかな流れはどの神社でもほぼ同じです。
次に、それぞれの手順について詳しくご紹介します。

鳥居をくぐる

鳥居は神社の入り口に立つ、言わば門のようなものです。
また、神様の領域と、人間の世界の分かれ目を示すものでもあります。

鳥居をくぐった先はもう、神様がいらっしゃる境内です。
境内に入る前に、礼儀正しく挨拶をしてから入るようにしましょう

手順

鳥居をくぐる際の手順と作法は、以下の通りです。

  • 真ん中を避け、鳥居の左右どちらかの柱に寄ります
  • 鳥居の前で一礼します
  • 鳥居をくぐり、境内に入ります

他のお宅を訪問する際と同じく、「お邪魔します」というつもりで一礼しましょう。

注意点

一礼する際、帽子などは必ずとってから礼をしましょう。

また、鳥居や参道の中央は正中(せいちゅう)といい、神様が通る道とされています。
そのため、参拝者は神社の主である神様の通り道を避けるのがマナーです。
境内に入ってからも、参道を歩くときは注意してください。

鳥居をくぐるときは、正中から遠いほうの足を一歩目にしましょう。
左側に寄った場合は左足から、右側に寄った場合は右足からです。

これは、正中にいらっしゃる神様へお尻を向けないようにするためです。
細かい作法にも、神社の主である神様へ敬意を払う意味がこめられています

手水舎で手を清める

鳥居をくぐって境内に入ったら、次は身なりを整えましょう。
鳥居から本殿までの間に、ひしゃくが置かれた水場があります。
これが、手水舎(ちょうずしゃ)です。
本殿へ向かう前に、手水舎で手や口を清めます

古い時代には、参拝者は神社へ向かう前に、川や池で全身を清めていました。
神域に入るにあたり、日常生活のなかで身にまとった穢れ(けがれ)を落とすためです。
これは禊(みそぎ)と呼ばれ、心身を洗い清めるという意味を持っていました。

ですが今の時代、参拝のたびに同じようなお清めをするのは難しいものです。
そのため、簡単ではあってもお清めができるようにと、手水舎が設けられるようになりました。

手順

手水舎でのお清めの手順と作法は、以下の通りです。

  • ひしゃくを持ち、水を汲みます
  • 右手でひしゃくを持ち、左手に水をかけて清めます
  • ひしゃくを左手に持ち替えて、同じように右手に水をかけて清めます
  • もう一度右手でひしゃくを持ち、左手に水を受けて口をすすぎます
  • もう一度左手に水をかけて清めます
  • ひしゃくを立てて、残った水を柄に流して柄を清めます

両手と口のほか、使った後のひしゃくも忘れずに清めましょう。
作法というだけではなく、次に使う参拝者への配慮でもあります。

注意点

手水舎は手と口を清める場所です。
ひしゃくに直接口をつけたり、すくった水を飲んだりするのはマナー違反です。
また、ひしゃくは他の参拝者も使うものですから、衛生面でも問題がある行為です。

他の参拝者も気持ちよくお清めができるよう、配慮しましょう

礼拝を行う

手水舎で身を清めた後は、いよいよ本殿で礼拝です
本殿の位置や造りは神社によって異なりますが、お賽銭箱がある場所が本殿であることが多いです。

本殿の場所が分からない、という場合は、お賽銭箱を目印にして探してみてください。

手順

参拝の作法や手順は、二拝二拍手一拝と呼ばれています。
多くの神社に共通する作法ですので、覚えておくと良いでしょう。

手順は以下の通りです。

  • お賽銭箱にお賽銭を入れます
    このとき、鈴がついていれば一緒にならします
  • 深く丁寧に、二回お辞儀をします(二拝)
  • 胸の前で手を合わせ、少し右手を手前にずらして柏手をうちます(二拍手)
  • 手を合わせてお祈りをします
  • 最後にもう一度、深く丁寧にお辞儀をします(一拝)

お願い事がある場合は、4.のお祈りの間にします。
声に出しても、心の中で呟いても、どちらでも構いません。
また、自分の名前や住所も一緒に伝えると、より丁寧なお願いの仕方になります。

注意点

お賽銭は箱に投げ入れると失礼にあたります。
お賽銭も神様へのお供え物ですので、そっと入れるようにしましょう。

また、お辞儀をする際は、90度に体を折るようにしましょう。
「二拝二拍手一拝」の「拝」は、最も深い角度のお辞儀を意味しています。

神様への敬意を示す動作ですので、きちんと90度の角度でお辞儀をするよう心がけましょう。

鳥居をくぐる

参拝を終えたら、鳥居をくぐって境内から出ます
帰る前に境内を散策したり、おみくじを引いたりするのも良いでしょう。

ですが、鳥居をくぐって境内を出るまでは、神様に失礼のないようにしたいものです。

手順

参拝後、鳥居をくぐって退出するまでの手順は以下の通りです。

  • 参道の端を歩き、鳥居の方へ向かいます
  • 鳥居をくぐった後に立ち止まり、本殿の方を向きます
  • 本殿の方に向かって一礼します

鳥居をくぐる際の一礼は「揖(ゆう)」といい、45度の角度でお辞儀をすることを表しています。
お参りの際の「拝」より少し浅めのお辞儀ですね。

同じお辞儀でも使い分けがありますので、覚えておくと良いでしょう。

注意点

来た時と同じく、参道の端を歩き、鳥居の下で一礼します。
ただし、帰りは鳥居をくぐって神域から出たところでの一礼です。

他のお宅から帰るときと同じく、「ありがとうございました」「失礼します」と感謝を込めて礼をしましょう。

神社参拝時の服装マナー

神社

ここまでは参拝の手順や作法をご紹介してきました。
作法のほかにマナーとして気になるのが、参拝時の服装です。

参拝に適した服装があるのか、というのは気になるところですね。
普段着で行っていいものなのか、それとも正装の方がいいのかなどは悩みどころです。

次は服装マナーについてご紹介します。

通常の参拝

通常の参拝の際は、普段着でも構いません
散歩や旅行の途中で立ち寄る場合もありますので、服装について細かいマナーはありません。

ただし、ジャージやサンダル履き、肌の露出が多い服装は避けたほうが良いとされています。
また、帽子やサングラスなどは、境内に入る際に取りましょう。

コートなど冬場の防寒具は、着たままでも特に失礼にはあたりません。
手袋をしている場合は、帽子などと同じく、境内に入る際に外しておきましょう。

神社は神様のお住まいであると同時に、人々の憩いの場でもあります。
あまり難しく考えずに、普段通りの服装で参拝してみてください。

昇殿参拝

昇殿参拝とは、通常は入れない本殿に上がって、神職の方にご祈祷をして頂く参拝のことです。
身近なところでは、厄年の際の厄払いや七五三などが昇殿参拝にあたります。

こちらは通常の参拝と違い、事前に神社へお願いしたうえで行うことがほとんどです。
神様のすぐそばでご祈祷をして頂きますので、正装しての参拝が基本です。

男性であればスーツ、女性であればスーツのほかワンピースなど、フォーマルな服装を心掛けましょう
神社によっては、カジュアルな服装での昇殿参拝をお断りされる場合があります。

なお神社参拝の服装マナーについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の服装マナーは?通常の参拝と昇殿祈祷では違う?

神社参拝をするときの服装は、スーツがいいとか、露出がなければ大丈夫だとか色々いわれています。実際はどうなのでしょうか。実は、神社に行くときの服装は参拝のしかたで変わります。整理して説明したいと思います。

参拝の仕方によって、適した服装が異なるという点を覚えておいてください。

神社参拝に適した時間帯って?

困った人々

「神社参拝とは神様のお宅に伺うようなもの」と、冒頭でご説明しました。
そうすると、訪問してよい時間帯があるのかも気になるところです。

他のお宅を訪問する際は、遅い時間をさけるなどのマナーがありますね。
では、神社参拝の場合はどうなのでしょうか。

ここでは、参拝に適した時間帯についてご紹介します。

神社参拝に適した時間帯とは?

神社参拝に最も適している時間帯は、午前中です。

参拝は日の出から日の入りまでの間に行うもの、と言われることがあります。
その中でも、特に人が少なく落ち着いて参拝できるのが、午前中です。

特に大きな神社では、時間が進むにつれて人で賑わってきます。
休日などは、参道に参拝者の行列ができる、という場合もあります。

そのため、静かに落ち着いて参拝したい場合は、できるだけ早い時間に行きましょう。
お願い事がある際などは、ゆっくりと神様にお伝えできる時間に参拝したいものですね。

開門の時間は神社によって異なります。
旅行の際など、どこか行きたい神社がある場合は、事前に開門時間を調べておくのもよいでしょう。

夕方や夜の参拝は大丈夫?

午前中に参拝できれば良いですが、どうしても午前中に行けないという場合もありますよね。
では、それ以外の時間、特に夕方や夜に参拝しても良いのでしょうか。

「夕方や夜には参拝しないほうが良い」という言い伝えがある一方、夜間に参拝できる神社も数多くあります。
そのため、遅い時間の参拝が一概に悪い、というわけではありません

ただし、日が落ちてしまうと、自分の足元すらよく見えなくなる、という場合もあります。
暗くなってから参拝するときは、足元や周囲に気を付けるようにしましょう。
神社によっては階段の上り下りが伴うところもありますので、十分気を付けてください。

また、社務所には決まった受付時間があります。
参拝した後にご朱印を頂いたり、お守りを購入したりしたい場合は注意が必要です。
社務所が開いている時間を確認してから、参拝するようにしましょう。

なお、神社の参拝に適した時間帯については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社にお参りする時間はいつがいい?夕方や夜はダメ?解説します!

神社にお参りをして願を掛ける時、実は適する時間があるといわれています。せっかくのお願い事ですから、効果が得られるようにぜひ知っておきたいですよね。今回の記事では、神社のお参りに適する時間や、お参りをする際の注意点などについて解説していきます。

神社参拝の手順についてのまとめ

神社

今回、終活ねっとでは神社参拝の手順についてご紹介してきました。
まとめると、以下のような内容です。

  • 神社参拝の手順

    鳥居をくぐる際は一礼する
    手水舎では手と口を清める
    本殿での礼拝は「二拝二拍手一拝」が基本
    帰るときも鳥居をくぐってから一礼する

  • 神社参拝時の服装マナー

    通常の参拝時は普段着で構わないが、肌の露出が多い服などは避ける
    帽子やサングラスなどは、境内に入る前に取る
    昇殿参拝の時は正装が基本

  • 神社参拝に適した時間帯って?

    参拝するなら午前中が一番良い
    夕方や夜の参拝も悪いわけではないが、暗くなるため注意が必要

なお、神社の由来やお祀りしている神様によって、参拝の作法や手順が少し異なる場合があります。
お参りする神社に独特の作法があるかどうか、事前に調べておくのもよいでしょう。

神社の呼び名や格式にも関わっていますので、調べる際はこちらの記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

神社には格式があるの?格式の見分け方や格式の高い神社をご紹介!

神社には「大社」「神宮」など様々な呼び名がありますよね。普段は気に留めない神社の名前ですが、実は神社の名前は神社ごとの格式によって呼び名に違いがあるのはご存知でしょうか。今回は、神社の格式やその見分け方について解説します。ぜひ最後までご覧ください。

神様のお宅を訪問する、と考えると、一見難しそうな作法の意味が分かりやすくなるでしょう。
あまり堅苦しく考えず、この記事の内容を参考にして、各地の神社巡りを楽しんでみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

シェアする

「神社・参拝・手順」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・参拝・手順」についてさらに知りたい方へ

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介のサムネイル画像

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介

神社でする礼の正しい作法とは?礼のタイミングや角度を徹底解説!のサムネイル画像

神社でする礼の正しい作法とは?礼のタイミングや角度を徹底解説!

神社の礼拝のやり方は?注意点やお寺での礼拝についても解説しますのサムネイル画像

神社の礼拝のやり方は?注意点やお寺での礼拝についても解説します

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介のサムネイル画像

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介

神社参拝の時に帽子は取るべき?境内での服装マナーや参拝手順を解説のサムネイル画像

神社参拝の時に帽子は取るべき?境内での服装マナーや参拝手順を解説

神社の幣殿ってどんな所?役割は?神社の参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

神社の幣殿ってどんな所?役割は?神社の参拝方法もご紹介します!

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!のサムネイル画像

神社の境内にある建物って?各々の名称や役割、配置、構造を紹介!

神社にある石を持ち帰ってはいけない?その理由は?徹底解説します!のサムネイル画像

神社にある石を持ち帰ってはいけない?その理由は?徹底解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・参拝・手順」についてさらに知りたい方へ

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介のサムネイル画像

神社へ参拝する際の正しい作法を知っていますか?手順や服装もご紹介

神社でする礼の正しい作法とは?礼のタイミングや角度を徹底解説!のサムネイル画像

神社でする礼の正しい作法とは?礼のタイミングや角度を徹底解説!

神社の礼拝のやり方は?注意点やお寺での礼拝についても解説しますのサムネイル画像

神社の礼拝のやり方は?注意点やお寺での礼拝についても解説します

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介のサムネイル画像

サンダルで神社に参拝するのはマナー違反?適切な靴・服装もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと