神社の正しい参り方は?礼や賽銭の仕方、神社とお寺の違いも解説!

神社の参り方について、お賽銭を入れて手を合わせお参りするという基礎的な事は理解していても、正式な作法を知らないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?今回の記事では神社の正しい参り方についてを、神社とお寺の違いを交えて解説していきます。

目次

  1. 神社の参り方について
  2. 神社とは?
  3. 神社の正しい参り方は?
  4. 神社とお寺の違いは?
  5. 神社とお寺の建築の特徴
  6. 神社の参り方まとめ

神社の参り方について

神社

日本では神社へお参りすることは、昔から習慣のように根付いていたものでした。
しかしながら近年は、神社にお参りをしに行くという方が減少傾向にあります。
また、神社には何度も参っているけれども、正式なお参りの仕方はよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、神社の正しい参り方について以下の項目を解説していきます。

  • そもそも神社とは?

    神社とはどんな宗教で、何を崇拝の対象にしているのかを解説します。

  • 神社の正しい参り方とは?

    鳥居をくぐって、ご神前でお参りするまでの正しい参り方を解説します。

  • 神社とお寺の違いとは何なのか?

    神社とお寺は大きく違います。宗教や崇拝対象などを交えて解説します。

  • 神社とお寺の建築物の特徴は?

    それぞれの特徴を簡潔に解説します。

理解しているようでしていなかった正しい参り方を知って、新たな気持ちでお参りしてみるのも良いのではないでしょうか。
正式なお参り方を知って、神様とまっすぐ向き合えるようになりましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

神社とは?

神社

我々の身近にいつもある神社ですが、大きな神社もあれば小さな神社もあります。

では、そもそも神社とは何なのでしょうか。
ここでは、神社の宗教と崇拝対象について解説します。

宗教

神社とは神道の信仰を行うための施設です。

神道は経典もなければ、教祖も存在しません。
布教活動が行われることもありません。
その意味では、神道は宗教ではないという言い方をすることができます。

神道は「良いものは良い」という非常におおらかな考え方のもとに成立しました。
そのため、神道には決まった教えが存在していません。

神道の考え方は、森羅万象、すべてのものに神様が宿るということです。
大自然そのものに神が宿るということになります。

崇拝対象

前述の通り、神社は神道に通じ、大自然を崇拝の対象としています。
海には海の、山には山の、畑には畑の神様がいるということです。
大自然の中で感じ取れるものを敬うのが神道であり、同時に神社の崇拝対象になります。

また、神道では人間も自然の一部であるという考えのもと、自然は人間が征服するものではなく共存するもの、敬服するものとして存在しています。

神社の正しい参り方は?

神社

神社にお参りに行く際は、鳥居をくぐるところから始まります。
手水舎で手水をとり、参道を進んでご神前へ行きお参りするのが一般的な流れです。

このように何気なく神社でお参りをしていますが、実はそれぞれに正しい作法があります。
正しいお参りができるように、是非ともしっかり理解しておきましょう。

それでは、神社の正しい参り方を場面に応じて解説していきます。

鳥居の前で一礼

神社の入り口は鳥居です。
鳥居は俗世と神域を区切る場所であり、向こう側は神様の世界であると考えられています。

鳥居を超えて神様の世界へお邪魔するのですから、先ずは挨拶をすることになります。
神様を敬う気持ちで、鳥居の前で一礼をします
一礼をしてから初めて、鳥居をくぐることができます。

また、お参りを済ませた後も同じです。
鳥居をくぐって俗世に出たら、社殿に向かい感謝の気持ちを込めて一礼をします。

参道に入ったら、真ん中は歩かないようにします。
参道の真ん中は正中という神様の通り道になります。

参道の端を歩くのが基本です。
これは帰り道も同じことが言えます。

手水舎で清める

手水舎は「ちょうずや」もしくは、「てみずしゃ」と読みます。

手水舎は神域に入るために、体のけがれを落とす場所になります。
本来は川や海での禊(みそぎ)が必要とされているのですが、手水舎で清めることで簡易的に禊を行ったものとなります。

手水舎での正しい作法は以下のような順序になります。

  • 手水舎の前で一礼します。
  • 右手で柄杓を取り、左手を清めます。
  • 左手で柄杓を取り、右手を清めます。
  • 右手に柄杓を持ち、左手に水を受けて口を注ぎます。
  • 口がついた左手を清めます。
  • 両手で柄杓を持ち、持ち手を下げて持ち手部分を清めます。
  • 柄杓を戻し、軽く一礼します。

手水舎での一連の流れは、柄杓一杯分だけの水で行うことがマナーとされています。
また、柄杓に直接口をつけることは厳禁とされているので、注意が必要です。

お賽銭を入れて二礼二拍一礼

拝殿に着いたら、いよいよお参りをします。
お願い事を決めて、以下のような順序でお参りします。

一般的に二礼二拍手一礼と言われる参り方になります。

  • 拝殿の前で礼をします。
  • お賽銭を入れます。
  • 鈴を鳴らします。
  • 2回礼をします。
  • 少しだけ右手を下げて2回拍手をします。
  • お願いごとをします。
  • 1回礼をします。
  • 拝殿を離れる際に、再び礼をします。

拝殿の前と離れる際の礼は45度で行いますが、二礼二拍手一礼における礼は90度で行うようにしましょう。
お賽銭も投げるのではなく、そっと静かに置くようにして入れるのがマナーです。

神社とお寺の違いは?

神社

神社とお寺はどちらも日本の文化を代表する施設です。
どちらも厳かな雰囲気があることは共通していますが、思想や崇拝する対象が異なっているということを知らない方も意外と多いのではないでしょうか。

ここでは、様々な面から神社とお寺の違いを比較していきます。

英語

一般的に、神社は英語で「Shrine」と言います。
「Shrine」という単語は神社の他に聖域や聖地という意味を持っており、他宗教の施設を呼ぶ際にも使用されます。
そのため、前に「Shinto」を付けた「Shinto shrine」が神社のより丁寧な英語での呼び方となります。

反対に、お寺は英語で「Temple」と言います。
「Temple」という単語もまた、寺院の他に教会堂、神殿という意味を持ちます。
そのため、前に「Buddhist」を付けた「Buddhist temple」がお寺のより丁寧な英語での呼び方となります。

日本の寺社仏閣は外国人観光客に非常に人気のスポットであり、いつ英語で神社やお寺のことを尋ねられてもおかしくありません。
今のうちにそれぞれを英語で何と呼ぶのかしっかりと覚えておきましょう。

宗教

前述の通り、神社とは神道の信仰を行うための施設であり、神道は大自然に神が宿るという考えのもと成立しています。

では、お寺の宗教は一体どうなのでしょうか。

お寺とは仏教の教えを説く僧侶が住む施設です。
仏教には宗派があり、教祖や経典も存在しています。

簡単に言ってしまえば、神社は神道の信仰のための施設、お寺は仏教の信仰のための施設という違いがあります。

崇拝対象

こちらも前述の通り、神社の崇拝の対象は大自然そのものです。
海や山や川などの自然のものから動物、人に至るまで森羅万象、様々なものを神として祀っています。
そのため、「八百万の神」と言われるほど崇拝対象の数が多く存在します。

反対に、お寺の崇拝の対象は仏教の開祖仏陀や大日如来や釈迦如来などの仏様になります。
神社と比べ対象が非常にはっきりとしていることから、お寺では御本尊を拝みながら祈りを捧げることができるなどの違いもあります。

参拝方法

神社での参拝方法は先ほどご紹介したため、ここではお寺での参拝方法・参り方とその違いを解説していきます。

お寺での参拝は以下のような順序で行われます。

  • 山門の前で一礼します。
  • 手水舎で清めます。
  • 献灯および献香します。
  • 賽銭を入れて鈴を鳴らします。
  • 合掌します。

神社での参拝方法・参り方とお寺での参拝方法の大きな違いとしては、神社では二礼二拍手一礼を行うが、お寺ではお焼香を行い合掌するという点が挙げられます。

手水の流れやお賽銭を入れて鈴を鳴らすなどの共通点もあるため、それぞれで参拝をする際は作法が混じってしまわないよう注意が必要です。

建築物

神社とお寺で宗教と崇拝対象が異なることから、やはり境内にある建築物にも違いが多く存在します。

まず、入り口から見ていきましょう。

一般的に神社は鳥居が入り口とされています。
朱色の鳥居が一般的ですが、白や黒、石造りの鳥居もあります。
また、守護役として入り口付近には狛犬が設置されています。

対してお寺は山門が入り口になります。
山門という呼び名は中国のお寺が山の中に建てられていたことに由来し、決まった形というものは特には存在していません。
しかし瓦葺きの大きな屋根がついているものが一般的であり、皆さんも日常生活で見かけることが多いかと思います。
また、山門の左右には守護役として仁王像が安置されていることが多くあります。

そして、建築物における一番の違いが「本殿」と「本堂」です。

神社には御神体が安置される本殿があります。
本殿は日本古来の建築様式が採用されており、瓦を使わない切妻屋根、高床で質素な造りの場合が多いです。

対して、お寺には御本尊を安置する本堂があります。
お寺の建築様式は大陸から伝わった大きな瓦を持つ場合が多く、重厚感のある荘厳な雰囲気があります。

神様が祀られる神社の本殿は、神様の占有の場所であるという考え方から一般の人はもとより神職の方々が立ち寄ることはほとんどありません。
そのため拝礼は「拝殿」と呼ばれる別の建物で行います。

しかしお寺では、仏様の祀られる場所と拝礼のための場所が分けられてはいません。
仏様が祀られる本堂に、住職の方々だけでなく一般の人も立ち入り礼拝を行います。

どちらも境内内で中心となる建物ではありますが、その役割に上記のような大きな違いがあります。

神社とお寺の建築の特徴

神社

ここまで神社とお寺の違いについて解説してきましたが、建築という観点から見てもそれぞれに大きな特徴があります。

ここでは、神社とお寺それぞれの建築の特徴について解説していきます。

神社

神社の屋根は檜皮や茅、こけらなどの自然の材料で作られた物が多く非常にシンプルです。
神社の屋根の特徴としては千木(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)などがあります。

神社の本殿の建築は、弥生時代の稲倉が起源です。
神社建築の代表的な様式には以下のようなものがあります。

  • 神明造り

    高床式倉庫の発展形です。千木や堅魚木が特徴で伊勢神宮が有名です。

  • 大社造り

    日本最古の建築様式とも言われます。屋根に反りがあるのが特徴的で、出雲大社が大社造の代表として有名です。

  • 権現造り

    仏教建築の影響を受けており、本殿と拝殿が一体化しています。久能山東照宮、日光東照宮が祀る東照大権現がネーミングのルーツです。

  • 住吉造り

    直線構造で中央に入り口があり、内部は前後2室に分かれています。大阪の住吉大社が有名です。

お寺

お寺の屋根は、中国から伝来した瓦が特徴です。
一般住宅で使用されているものと基本的には変わりませんが、お寺のサイズ感によっては2倍ほどの大きさの瓦を使用することもあります。

お寺の建築の特徴は、柱が太く瓦の屋根を支えていること、土を盛った壇の上に建っていることなどになります。
寺院建築の代表的な様式には以下のようなものがあります。

  • 和様

    元は中国から伝来した建築様式で、日本の気候や風土、自然災害等に対応して日本独特の物として進化した形式です。平安時代の建築物に多く見られます。代表的なものとしては、法隆寺東礼院堂、蓮華王院本堂、興福寺東金堂などが挙げられます。

  • 大仏様・禅宗様

    堅牢化のため貫を多様しています。鎌倉時代に奈良の東大寺の大仏殿・南大門再建の頃、中国から伝来した様式です。代表的なものとしては、東大寺の大仏殿、功山寺仏殿、円覚寺舎利殿などが挙げられます。

  • 新和様

    和様と大仏様・禅宗様とが混じり合って出来た建築様式です。代表的なものとしては、浄土寺本堂、鶴林寺本堂、観心寺金堂などが挙げられます。

神社やお寺の違いについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

神社の参り方まとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、神社の正しい参り方について以下のことを解説してきました。

  • 神社は神道の信仰を行うための施設であり、神道は大自然を崇拝の対象としている。
  • 神社の正しい参り方は、鳥居の前で一礼、手水舎で清める、お賽銭を入れて二礼二拍一の流れである。
  • 神社に対しお寺は仏教の教えを説く僧侶が住む施設であるため、崇拝対象が異なる。
  • 神社とお寺の参拝には、神社では二礼二拍手一礼を行うが、お寺ではお焼香を行い合掌するという大きな違いがある。
  • 神社とお寺の建築にはそれぞれ特徴があり、神社建築の代表的な様式として「神明造り」や「大社造り」、寺院建築の代表的な様式として「和様」や「大仏様・禅宗様」がある。

神社での正しい参り方を習得して、願い事が届くようにお参りしたいものです。
また、神社とお寺の違いについてを知ることで、これからの参拝がよりはっきりとしたものになるのではないでしょうか。

終活ねっとでは今回の記事以外にも、神社やお寺に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社の地図記号ってどんなの?由来や遍歴を徹底的に解説します!

小学校の社会科の時間で学習する神社の地図記号はご記憶にありますか?施設や建物の特徴をデザイン化して、地図の中で記号として表現したものが、地図記号です。今回はその中のひとつ、神社の地図記号について、由来や遍歴・歴史的な背景などを詳しく解説していきます。

シェアする

「神社・参り方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・参り方」についてさらに知りたい方へ

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

神社の建築構造はどうなっているの?神社と寺院の違いも紹介します!のサムネイル画像

神社の建築構造はどうなっているの?神社と寺院の違いも紹介します!

神社の名称の違いとは?境内の建物の正式名称は?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の名称の違いとは?境内の建物の正式名称は?徹底解説します!

神社と仏教の関係は?神社とお寺の違いや参拝方法も紹介します!のサムネイル画像

神社と仏教の関係は?神社とお寺の違いや参拝方法も紹介します!

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

神社と寺の数ってどれくらい?多い都道府県をランキング形式で解説!のサムネイル画像

神社と寺の数ってどれくらい?多い都道府県をランキング形式で解説!

神社の幣殿ってどんな所?役割は?神社の参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

神社の幣殿ってどんな所?役割は?神社の参拝方法もご紹介します!

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

神社にまつわる雑学をご紹介!お寺との違いや正しい参拝方法も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・参り方」についてさらに知りたい方へ

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!のサムネイル画像

日本の神社の歴史って?神社の成り立ちから有名な神社の歴史も解説!

神社の建築構造はどうなっているの?神社と寺院の違いも紹介します!のサムネイル画像

神社の建築構造はどうなっているの?神社と寺院の違いも紹介します!

神社の名称の違いとは?境内の建物の正式名称は?徹底解説します!のサムネイル画像

神社の名称の違いとは?境内の建物の正式名称は?徹底解説します!

神社と仏教の関係は?神社とお寺の違いや参拝方法も紹介します!のサムネイル画像

神社と仏教の関係は?神社とお寺の違いや参拝方法も紹介します!

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!のサムネイル画像

秘境の神社18選!北海道から九州まで日本全国の隠れた神社を紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと