お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

日本全国にはたくさんの神社があります。そんな中でも、一風変わったグッズを販売している神社があることをご存知でしょうか?今回の記事では、全国の神社グッズの中から特にオリジナリティ溢れるものをご紹介します。

最終更新日: 2018年11月25日

神社グッズについて

神社

神社で手に入るグッズと聞いて、どういったものを思い浮かべますか?
定番であるお守りやおみくじはもちろん、ご朱印帳や絵馬のことを思いつく方は大勢いらっしゃると思います。

しかし、最近では様々な神社が特有のデザインを施したグッズを販売していたり、人気アニメとのコラボ商品を展開していることをご存知ですか?

今回の「終活ねっと」では、全国各地の特徴的で可愛い神社グッズをいくつかピックアップしてご紹介します。

  • そもそも神社とは?

    神社とはどういった場所なのかについて簡単にご説明します。

  • 可愛い神社グッズと販売場所

    神社グッズを、お守り・おみくじ・ご朱印帳・アニメコラボ・干支の5種類に分けて、一覧でご紹介します。

  • 神社グッズはネット通販で買えるの?

    現地でしか手に入らないのか、お取り寄せ可能なのかについて見ていきます。

以上のポイントに沿って説明していきます。
ぜひ最後までお読みいただき、お気に入りを見つけてみてくださいね。

神社とは?

神社

私たちの身近な地域にも存在している神社ですが、そもそもどういった場所なのでしょうか?

神社とは、日本固有の宗教である神道の信仰に基づいて神々を祀っている施設のことです。

神道における神様とは一人ではありません。
「八百万(やおよろず)」と言われ、産土神や天皇・皇室の祖先神をはじめ、多岐にわたります。

「終活ねっと」では神社についての記事を多数掲載しています。
理解を深めるために、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

可愛い神社グッズ一覧・販売場所

神社

ここからは、本題である全国各地の可愛い神社グッズをご紹介していきます。
お守り・おみくじ・ご朱印帳・アニメコラボ・干支グッズの順で、神社ごとに見ていきましょう。

お守り

まず最初は神社グッズの定番でもあるお守りです。
ここでは東京都にある神社より、オリジナリティー溢れる3つのお守りをご紹介します。

東京都・阿佐ヶ谷神明宮「神むすび」

杉並区にある、阿佐ヶ谷神明宮の神むすび(かんむすび)はレースブレスレット型のお守りです。
ご神縁を受け、運気が上がるよう祈願されたもので、手首やカバンなどに付けられます。

11色の豊富なバリエーションに加え、三日月や鳥居をモチーフにしたものや、期間限定のデザインもあるので、老若男女問わず身に着けやすいのではないでしょうか。

初穂料はいずれも1000円です。

東京都・乃木神社「よりそひ守」

結婚式でも人気のある乃木神社は、港区赤坂にあります。

そんな乃木神社で販売されているよりそひ守はペアで1セットになっており、新郎の紋服と新婦の白無垢がモチーフとなっています。
このお守りは”これから夫婦となる2人が、末永く寄り添えるように”という願いが込められており、新郎新婦それぞれが持つことで夫婦円満のご利益があるとされています。

また、結婚から年月を積み重ねた方々が、今後も長く連れ添っていくよう祈願された「つれそひ守」もあります。

どちらのお守りもとても可愛いデザインなので、プレゼントとしても喜ばれること間違いなしですね。

初穂料はいずれも1000円です。

東京都・浅草神社「大丈夫守」

最後にご紹介するのは、雷門で有名な浅草寺と同じ敷地にある浅草神社の大丈夫守です。

真っ黒な生地に「大丈夫」と刺繍が入った、小ぶりなデザインです。
紐の色が全部で6色あり、それぞれ色によって生地の模様が異なります。
”三社様のお力により、あらゆる悩みや心配事がなくなり、心安らかに過ごせますように”という願いが込められています。

ご自身用にはもちろんのこと、贈り物としても重宝するのではないでしょうか。

初穂料は500円です。

おみくじ

続いての神社グッズはおみくじです。
神社に行くと必ず引く、という方も多いのではないでしょうか?

ここでは京都と埼玉にある神社の、一風変わった3種類の可愛いおみくじをご紹介します。

京都府・市比賣神社「姫みくじ」

京都は河原町五条にあり、市比賣神社と書いて「いちひめ神社」と読みます。
ご祭神はすべて女神様をお祀りしており、全国でも珍しい女人厄除けで有名な神社です。

女性に縁の深い神社であることから、姫みくじという赤いお人形の形をしたおみくじがあります。
”先を示すことで、幸運を招いていただく”という願いが込められているそうです。

初穂料は1体800円です。

京都府・宇治神社「うさぎおみくじ」

続いても、京都にある神社のおみくじです。
正式名称はみかえり兎おみくじといい、かわいらしいうさぎの置物の中におみくじが入っています

ところで、どうしてうさぎがモチーフとなっているのでしょうか?

それは、宇治神社に祀られている神様が道に迷われた際、一羽のうさぎが現れ、道案内をしたことに由来しています。

初穂料は1体300円とリーズナブルなので、披露宴で列席者の皆さんにお渡しするプチギフト用にお受けになった方もいらっしゃっるそうです。

埼玉県・川越氷川神社「鯛みくじ」

最後にご紹介するのは、縁結びの神様として信仰を集める川越氷川神社の鯛みくじです。

このおみくじの一風変わったポイントは、その引き方です。
樽の中にたくさんの小さな鯛のマスコットが入っており、口の部分についた紐に釣り竿の針を引っかけて釣る仕組みです。
なお、おみくじは鯛のしっぽ部分に入っており、マスコットは持ち帰ることができます。

また、鯛みくじには2種類あります。
赤色の「一年安鯛みくじ」とピンク色の「あい鯛みくじ」です。
それぞれ、「安泰」と「出会いたい」に掛けた粋なおみくじで、初穂料は300円です。

ご朱印帳

近年、ご朱印帳の人気が増してきていることをご存知でしょうか?
ご朱印を集める若い女性を「ご朱印ガール」と呼んだりするように、ご朱印集めは老若男女が楽しめる趣味として定着しています。

各地の神社が趣向を凝らしているご朱印帳ですが、ここでは全国3県からご紹介します。

埼玉県・調神社

まずは、さいたま市浦和区にある調神社(つきじんじゃ)です。
「つき」という読み方から月待信仰と結びつき、狛犬ではなく狛うさぎが置かれている珍しい神社です。

また、「ツキ」にちなみ、勝負事にご利益があるとしても知られているようです。

石像や彫物など、神社のあらゆるところにうさぎが飾られているそうですが、ご朱印帳にもうさぎがあしらわれており、白を基調とした可愛いデザインが人気です。

初穂料は、ご朱印込みで2000円です。

香川県・金刀比羅宮

「こんぴらさん」の愛称で親しまれている香川県の金刀比羅宮は、全国の金刀比羅宮の総本山です。
仲多度郡琴平町の山の中腹にあり、参道の石段が奥社まで1368段あることでも有名です。

そんな金刀比羅宮オリジナルのご朱印帳が、「笑顔元気くん朱印帳」です。
表紙には金刀比羅宮のキャラクターである「笑顔元気くん」の絵、そして裏表紙には社紋が描かれています。

「お参りにいらした皆様が、笑顔で楽しい1年を過ごせますように」との願いが込められています。

赤白青のトリコロールカラーがひときわ目を引く明るいデザインで、授与金額は1500円です。

神奈川県・江島神社

日本三大弁財天を奉る江島神社は、観光地としても人気の藤沢市江の島にあります。

江島神社のご朱印帳は全部で4つのデザインがあり、種類によって初穂料が異なります。

黒字にゴールドの龍が描かれた「龍神」、鮮やかな風景が描かれた「波・富士山」、全体がピンク色で可愛らしい「天女(弁財天)」の3種類が1500円です。
御神門である「瑞心門(ずいしんもん)」とともに、海から飛び跳ねる鯛が描かれたご朱印帳が2000円です。

いずれもビニールカバーが付いているので、ご朱印集めのために持ち歩いても汚れにくく安心です。

アニメコラボ

歴史の深い神社と現代アニメという異色のコラボを積極的に行なっているのが、東京都の神田明神です。
アニメコラボの他にも神田明神でしか手に入らない絵馬やお守り、ご朱印帳などのコラボグッズもあるようです。
現在の販売状況やコラボグッズのラインナップなどは、直接お問い合わせください。

戌年

最後は干支にちなんだ神社グッズです。
2018年は戌年ですので、いぬをモチーフにしたグッズもご紹介します。

愛知県・伊奴神社「いぬみくじ」

一つ目は、伊奴神社(いぬ神社)のいぬみくじです。

社名の由来にもなった伊奴姫神(いぬひめのかみ)を祀っていることから、子授けや安産、夫婦円満に特にご利益があるとされていますが、厄除けや事業繁栄などの御神徳がある神様も祀られています。

いぬみくじは、当神社の犬の王の石像をかたどった見た目にも可愛らしいデザインです。
底におみくじが入っており、初穂料は300円です。

先にご紹介した他のおみくじと同様に、本体を持ち帰って飾ることができるのも嬉しいポイントですね。

京都府・北野天満宮「干支守」

菅原道真公をご祭神としてお祀りし、たくさんの観光客でもにぎわう北野天満宮は、京都市上京区にあります。
全国に約12000社ある天満宮の総本社としても非常に有名です。

干支守はその名の通り十二種類あり、それぞれの干支が描かれています。
”健康でいられるように”と祈願されており、初穂料は500円です。

参拝する年の干支ではなく、ご自身の生まれた年の干支に合わせてお受けいただくと良いそうです。

神社グッズはネット通販で買える?

困った人々

可愛いお守りやご朱印帳を欲しいと思っても、遠方などで参拝に訪れることがなかなか難しい方もいらっしゃいますよね。
現地に行けない場合でも、今回ご紹介した神社グッズを手に入れられる方法はあるのでしょうか?

例えば、阿佐ヶ谷神明宮の「神むすび」や、市比賣神社の「姫みくじ」などは郵送での授与を受け付けているそうです。

また、中には神社の公式サイトから通販のように注文できる場合もあります。

残念ながら、実際に参拝された方のみお受けできるケースも多いのですが、神社によっては個別の方法で対応してくださることもあります。

対応方法はそれぞれの神社によりますので、公式サイトでの案内をご確認いただくか、社務所などにお問い合わせください。

神社グッズについてのまとめ

神社

全国に数多くある神社グッズの中から11種類を厳選してご紹介しました。
お気に入りは見つけられたでしょうか?

最後に、神社グッズについてのまとめを確認しておきましょう。

  • 神社とは、神道の信仰に基づいて神々を祀っている施設である。

  • お守り・おみくじ・ご朱印帳など、全国各地の神社でそれぞれに趣向を凝らしたグッズが展開されている。

  • 現代アニメとのコラボや、干支にちなんだ授与品をお受けできる神社もある。

  • 神社によっては、実際に参拝できない方向けに郵送などで対応してくれる場合がある。

伝統を大事にしつつ、時代のニーズに合わせて進化している神社には、さまざまな楽しみ方があると思います。
初詣や節目の参拝だけではなく、趣味の一つとして、神社が皆さんの日常により身近な存在に感じていただけたら嬉しく思います。

また、今回は可愛い神社グッズにスポットを当てて見てきましたが、これをきっかけに神社巡りに興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

神社巡りのマナーなどについてまとめた、以下の記事もぜひご参照ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事