神社のご祈祷の流れは?祈祷の種類や服装やお礼についても解説!

神社のご祈祷の流れは?祈祷の種類や服装やお礼についても解説!

神社でご祈祷を受ける際に、お礼・作法・服装のマナーなど不安に思うことはありませんか?難しそうに感じるかもしれませんが、ポイントを押さえればスムーズにご祈祷を受けることができます。今回は、神社でのご祈祷の種類や流れをお礼や服装のマナーなどと共にご紹介します。

最終更新日: 2020年03月07日

神社でのご祈祷について

神社

神社では、厄祓いや安産祈願など、私たちの生活に関わる様々なご祈祷が行われています。
しかし、いざご祈祷を受けようとするとその金額や決まり事などが分からなくて、なかなか神社に行くことができないという方もいるのではないのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、神社でのご祈祷についてご紹介します。

  • ご祈祷にはどんな意味・種類があるのか?

  • 神社での御祈祷の流れや作法とは?

  • ご祈祷のお礼の相場と渡し方

  • ご祈祷の際の服装マナーと注意点

以上の点を中心に、初めてご祈祷を受けるかたや神社での行事は作法などが難しそうと思っている方にも、安心してご祈祷を受けていただけるように紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

ご祈祷とは?

神社

ご祈祷は、人々の願いを神様に祈り捧げる儀式のことで、最も丁寧な参拝方法といわれています。

しかし、社殿の前に置かれた賽銭箱にお金を投げ入れる通常の参拝でも、神様にお願いや感謝を伝えることができます。
そのため、直接社殿に上がっておこなうご祈祷では、神様が祀られている拝殿で行われるため、安全祈願やお祝い事などより特別なお祈りができます。

ご祈祷の意味

祈祷は、祈願や祈念ともいわれます。
神職が神様と我々をつなぎ、神様へのお願いやお礼を伝えて、神様のご加護をいただけるように願うものです。

祈祷には、人生の通過儀礼や年の行事に関わることなど様々な種類のものがあります。
通過儀礼としては、お宮参り・七五三・安産祈願などがあります。

近年ではお宮参りや七五三を写真だけで済ませてしまったり、行わなかったりする家庭もあるようです。
もちろん、簡単な参拝だけで済ませてしまっても問題はありませんが、通過儀礼としてのご祈祷はその土地の神様に成長や無事の報告をし、これからの健やかな成長を祈る機会でもあります。

年の行事に関わるご祈祷には、年の節目の正月初祈願や節分の厄除け祈願などがあります。
また、年間を通して商売繁盛や交通安全など、日々の生活に関係するご祈祷も行われています。

ご祈祷は神様に日常生活の感謝やお願いを伝えられるとても丁寧な参拝方法です。
神社での祈祷というと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、最近ではホームページなどに料金や参拝方法を載せている神社もあり、とても分かりやすく説明されています。
ご祈祷はよく分からない、という方も一度検討してみてはいかがでしょうか。

ご祈祷の種類

神社で行われるご祈祷の種類について紹介します。
人生の通過儀礼に関係するご祈祷には、以下のものが挙げられます。

  • 安産祈願

  • お宮参り

  • 七五三

  • 合格祈願

  • 成人奉告

これらは主に子供が生まれ、成長して成人するまでの通過儀礼に関するご祈祷です。
これまで無事に過ごせたことや成長の報告をして、これからの健やかな成長をお祈りし、子供の成長を実感できる機会でもあります。

年間行事に関係するご祈祷には、以下のものが挙げられます。

  • 正月初祈願

  • (節分)厄除祈願

  • (厄年)厄祓い

正月初祈願では、新たな年の始まりをお祝いし、これから始まる年の安寧を祈ります。
また、鬼(厄)を追い払う節分の行事に合わせた厄除祈願や厄年に行う厄祓いも行われています。

また、生活や仕事に関係するご祈祷もあります。

  • 家内安全

  • 交通安全・新車祓

  • 商売繁盛・業務安全

  • 心願成就・病気平癒・必勝祈願・旅行安全

ご覧の通り、生活や仕事に関するご祈祷は様々な種類があります。
家内安全は家族の健康と幸せを願い、また災いの無い日々を送るためのご加護を受けます。

車に関係するご祈祷には、交通安全や新車祓いがあり、車に関する事故などに合わないようにお祈りをします。

また、商売がうまくいくようにお祈りする商売繁盛や受験や勝負事の際の合格祈願・必勝祈願など、日常に関するご祈祷は私たちが日々を無事に過ごせるようにと願いを込めて行われます。

神社でのご祈祷の流れ・作法

神社

ここまでは、ご祈祷の種類についてご紹介してきました。
ここでは、神社でのご祈祷の流れをご紹介します。

祈祷の申込み

まずは、祈祷の申し込みます。
神社の社務所で受け付けていることが多いです。

参拝したい当日に直接申し込んでも受け付けてもらえますが、人数が多い場合などは事前に連絡を入れておくことをおすすめします。

社務所で祈祷の申し込み用紙を受け取り、記入します。
申し込み用紙の記入項目は、以下のとおりです。

  • 氏名

  • 住所

  • 性別

  • 年齢

  • 生年月日

  • 祈願料

  • 願意

祈願料の欄には、初穂料など祈祷のお礼として持ってきた金額を書き込みます。
最近は祈願料が決まっている神社が多いので、事前にホームページや電話での問い合わせをすることをおすすめします。

願意は祈祷の内容で、何をご祈祷して欲しいのかを書きます。
祈祷の項目が並んでいて丸をつける形になっている申し込み用紙もあるので、祈祷の名称が分からないと心配する必要も少ないかと思います。
記入が終わったら社務所の巫女さんか神職に申し込み用紙を渡し、同時に祈祷料を納めます。

手水

ご祈祷で神様にお会いする前に、手水舎で身を清めます。
手水の手順は以下の流れです。

  • 右手で柄杓を持って、水を汲む

  • 汲んだ水を左手にかける

  • 柄杓を左手に持ち替えて、右手に水をかける

  • 柄杓を右手に持ち替え、左手で水を受ける

  • 左手の水を口に含んですすぐ

  • 左手に水をかける

  • 右手に持ったひしゃくを手前に傾け、右手に水がかかるようにする

  • 右手でひしゃくをもとの場所に戻す

手順が多く複雑そうに思えますが、まず右手で柄杓を持ち両手を交互に清めた後、右手に柄杓を戻し左手で口を清める、といった流れです。
日常生活で身についた穢れなどを清める大切な手順です。

昇殿

申し込みと手水が終わったら、待合室で自分の順番が来るのを待ちます。
順番が来たら神職の案内で社殿の中に入ります

修祓

修祓とは、神様をお招きする前に参拝者の心身の穢れを祓うことをいいます。
神職の祓詞の奏上から始まります。
祓詞とは、神様のお力で身についた穢れを祓ってもらうための祝詞です。

その後、大麻(おおぬさ)などを使って一人ひとり穢れを祓っていきます。
このときは、頭を下げた姿勢でお祓いを受けます。

祝詞奏上

修祓が終わると、神様に願いを伝える祝詞奏上に入ります。
祝詞はまず神様をたたえて、それからこの祈祷の目的とご加護をお願いするという内容になっています。
祝詞奏上の際は頭を下げて祝詞を聞きます。

御神楽

祝詞奏上に続き行われるのは、巫女による御神楽です。
雅楽とともに、雅な舞を神様に楽しんで頂くために行います。

玉串拝礼

玉串とは榊の枝に紙垂をつけたもので、参拝者はこれを一人一人神様に納めます。
これには定められた作法があります。
玉串拝礼は以下のような流れで行います。

  • 玉串を右手は上から左手は下から受け取る

  • 玉串は胸の高さで持ち、玉串台の前まで進んで軽く一礼

  • 玉串を時計回りに回して根元が体に向くようにして立てるように持つ

  • 左手を右手に添えるようにおろし、祈願したいことを念じる

  • 右手を玉串の下に添え、左手で玉串を時計回りにまわし、根元が玉串台のほうを向くようにする

  • 玉串を台に乗せる

  • 深く二礼(二拝)

  • 二拍手

  • 深く一礼

  • 軽く一礼

代表者による玉串拝礼の場合は、7番以降を他の参拝者も行います。
また、玉串のお供えが省略される場合は、7番以降を行います。

お札拝受

神社によっては玉串拝礼の後、神職に合わせて拝礼をします。
玉串拝礼(または拝礼)の後、終わりの合図である報鼓が鳴らされると儀式は終了です。

そのあと、神様にお供えしていたお米とお神札をいただきます。
巫女がお神酒を盃に注いでくれるので、いただきましょう。
お酒が飲めない方は口をつけるだけで大丈夫です。

いただいたお神札は、自宅などで明るくきれいな高い神棚にお祀りします。
このとき、北向きは避けるようにしましょう。
神棚には、お米・お塩・お水をお供えし、二礼二拍手一礼でお参りしましょう。

神社でのご祈祷で渡すお礼のお金

お金

これまで、ご祈祷の種類と流れについて紹介しました。
ここからは、受付の際に渡す御祈祷料はどのように準備すればいいのかを解説します。

料金の相場

  • お宮参り・七五三

    5000円~1万円

  • 厄払い

    3000円~1万円

  • 家内安全・交通安全・病気平癒など

    5000円~

  • 車祓い

    3000円~1万円

神社で受けるご祈祷のうち、機会が多いと思われるものの相場を挙げてみました。
祈祷料の相場は3000円~1万円です。

神社によっては、各御祈祷の料金が決まっていることがありますので、ぜひ事前に電話で問い合わせたり、神社のホームページがある場合はそちらを参考にしてください。

お札はのし袋か封筒に

お金は水引のついたのし袋か白封筒に入れて渡します。
お財布から直接お金を出すかたもいるようですが、それは望ましくありません。
また、茶封筒も相応しくないとされており、白い無地の封筒を使用しましょう。

のし袋は、のしが付いていないものでも構いませんが、水引の種類は少し気を付けたほうが良いかもしれません。
水引の形には、蝶結びと結び切りがありますが、これも用途によって使い分けたほうが良いでしょう。

基本的には、蝶結びのものを使用するのがマナーです。
蝶結びの水引には、何度でも結び直すことができることから、何度あってもいい一般的なお祝いやお礼に使われます。

結び切りの水引は、一度結んだらほどけないことから、繰り返すことがないように婚姻関係や弔事などに使用されます。

水引の色ですが、必ず紅白のものを使うようにしましょう。
白黒の水引は主に弔事で使用されます。
お礼として神社に納めるには適さない不祝儀袋ですので、注意してください。
また、お金をのし袋に入れる場合は、中袋に金額を書いておきます。

お金はのし袋か白封筒に入れたほうが良いと紹介しましたが、場合によってはそうでないこともあります。
大きな神社でご祈祷の人数が多い場合などは、現金をそのまま渡すように言われることもあるようです。

こういった場合は、事前に神社から申し出があったり、ホームページに記載されていたりしますので、一度確認されることをおすすめします。
のし袋を用意しなくていいなどの案内がない場合は、上に書いたようにお金をのし袋か白封筒に入れて渡すようにしましょう。

表書き

表書きには、基本的に初穂料・御祈祷料を使います。
初穂料とは神社で執り行われる祭事の際に使われる名目です。
他に玉串料や奉納といった名目が使われることがありますが、基本的には初穂料と書いておけば大丈夫です。

名目は、のし袋だったらその中央で水引よりも上に、大きめの字で書きます。
封筒の場合も真ん中よりも上側に名目を書き入れます。
その下(水引より下)には、名目の文字より小さく祈祷を受ける人の名前を書きます。

神社でご祈祷を受ける際の服装マナー

人々

神社でご祈祷を受けるときは、どんな服装で行けばよいのでしょうか?
スーツなどフォーマルな格好がいいのか悩みますよね。
ご祈祷は社殿の中に上がり受ける儀式ですので、神様に失礼のないようにする必要があります。

そのため、できるだけフォーマルな格好をしたほうが良いとされます。
男性ならスーツ・女性なら襟付きのワンピースやスーツなどがおすすめです。

華美な服装や露出の多い服装はマナー違反です。
スーツだったら黒や紺のシンプルなものを、女性でしたらスカートは長めのものを着ると良いです。

また、女性の場合、ヒールの高い靴は避けてできるだけ低いパンプスなどで行くようにしましょう。
靴を脱いで儀式を受けることもあるので、ストッキングや靴下を履いていくようにしてください。

あまりにふさわしくない服装だと、ご祈祷を断られることもあるようなので注意してください。

神社でご祈祷を受ける際の注意点

神社

ご祈祷を受ける際、受付は何時からやっているのか、また仏滅の日にご祈祷を受けてもいいのか気になる方もいるかと思います。
ここでは、ご祈祷の時間や仏滅のご祈祷についてご紹介します。

受付の時間は神社ごとに異なる

ご祈祷の受付の時間は、神社によって異なります
調べてみると、受付の時間は10時頃から16時頃まで頃の神社が多いようです。

また、神社によっては祈祷の時間が決まっていて、その10分前までに受付をしてくださいというところもあります。

お正月など特別なときには受付の時間を早めたり、神社で行事や結婚式があるときなは時間が変わることもあります。

いずれにしても、神社に事前に問い合わせることをおすすめします。

神社にお参りする時間について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

仏滅でご祈祷を受けてもいいの?

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)のうちで一番縁起が悪いというイメージがある仏滅の日ですが、仏滅にご祈祷を受けても大丈夫なのでしょうか?

結婚式やお葬式などは仏滅を避けて行うことが多く、そんな負のイメージがある日にご祈祷を受けるとなると、少し気になりますよね。

仏滅の日にご祈祷を受けても問題はありません
なぜかというと、六曜は神社や神道には関係ないからです。

神社では仏滅の日もご祈祷の受付を行っています。
本人が気にしなければご祈祷を受けても問題はありません。

ですが、六曜の吉凶を気にする方もいます。
そのような方とご祈祷を受ける際は、仏滅の日は避けたほうが良いとされています。

以下の記事では、神社参拝の正しいについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

神社でのご祈祷についてのまとめ

神社

いかがでしたかでしょうか?
今回「終活ねっと」では、神社でのご祈祷について詳しくご紹介しました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ご祈祷は家内安全や安産祈願など、私たちの生活に関わる様々な種類がある

  • ご祈祷のお礼は初穂料・御祈祷料の名目を使い、のし袋や白封筒に入れて納める

  • 相場は3000円~1万円で、神社によって料金が決まっている場合もある

  • ご祈祷は華美な服装は避けて、できるだけフォーマルな服装で受ける

  • 仏滅にご祈祷を受けても問題はない

以上の内容についてご紹介しました。

注意していただきたいのが、神社によってご祈祷の流れやお礼の金額が異なる場合があるということです。
最近では、神社のホームページなどでその情報が公開されていますので、ご祈祷に行く際は事前に確認することをおすすめします。

神社では私たちの普段の生活に関わる様々なご祈祷が行われています。
何か神様のご加護を受けたいことがあれば、ぜひ家族や職場の方と神社にご祈祷を受けに行かれてみてはいかがでしょうか。

「終活ねっと」では、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のお賽銭の起源や相場について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事