墓じまいの代行を行政書士に依頼するメリットは?費用や手順を紹介!

お墓を改葬する際に最初にやることが墓じまいになります。墓じまいには各種手続きがありますが、その代行を行政書士に頼むことができます。今回は、改葬を含め墓じまいの代行を行政書士に依頼するメリットや費用、手順などを詳しく説明します。

目次

  1. 墓じまいを行政書士に依頼することについて
  2. 墓じまいの代行には資格が必要
  3. 代行サービスで行政書士が行うこと
  4. 行政書士に墓じまい代行を依頼するメリット
  5. 墓じまいの代行サービスにかかる費用
  6. 墓じまいを行政書士に依頼することまとめ

墓じまいを行政書士に依頼することについて

困った人々

実家のお墓が遠くてお墓を移転した、という話を聞くことがあります。
お墓を移転するときに最初に直面することは、元のお墓の「墓じまい」です。

皆さんは墓じまいがどのように行われるものかご存知ですか?
自分で出来るのか、または人に頼むのか、もし頼んだ場合一体いくらかかるか心配になりますよね。

そこで今回終活ねっとでは、墓じまいを行政書士に依頼することについて、依頼できる内容や費用、行政書士に依頼することの長所などを中心に詳しく紹介していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 墓じまいの代行は誰ができるの?
  • 代行サービスで行政書士はどこまで代行してくれるの?
  • 行政書士に代行を依頼することのメリットはどんなこと?
  • 墓じまいの代行サービスにかかる費用はどれぐらい?
  • 墓じまいを行政書士に依頼することまとめ

ご自身だけでなく、親族、友人などがお墓を移転しなければいけないことに直面したときに困らないようにするためにも、ぜひ参考にしてみてください。
今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓じまいの代行には資格が必要

お墓

墓じまいをするには、行政手続きが必要になってきます。

次章で詳しくご説明しますが、墓じまいには市区町村の役所から受入証明書(永代供養許可証)をもらったり、改葬許可申請書をもらうなどの複雑な手続きがあります。

このような手続きは自分で行いますが、手続きの代行を依頼するということも可能です。
もし墓じまいの代行を依頼する場合、官公署に提出する書類などを作成する資格が必要となるため、資格を持つ行政書士に代行を依頼することになります。

代行サービスで行政書士が行うこと

お墓

行政書士の仕事は、行政書士法で「官公署に提出する書類などを作成することを業とする者」と定義されておりますが、お墓の移転に伴う法律上の手続きのほか、移転そのものについての代行も相談にのってくれます。

ここからは、行政書士が墓じまいの代行サービスで具体的にどのようなことをしているのか紹介していきます。

改葬に必要な法律手続きの代理・代行

前章でも紹介しましたが、墓じまいをするということは行政手続きが必要になってきます。
行政手続きは意外と複雑な手順となっています。

以下でその流れについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 受入証明書(永代供養許可証)をもらう

    移転先の墓地を決め、確保します。
    その新しい墓地の管理者から受入証明書を発行してもらいます。
    役所によっては墓地の永代供養許可証で代用できる場合もあります。

  • 改葬許可申請書をもらう

    現在の墓地管理者に移転を申し出て了解をもらいます。
    現在の墓地のある市区町村の役所で改葬許可申請書を、遺骨一体につき1枚ずつもらいます。

  • 埋葬証明を現在の墓地管理者にしてもらう

    次に現在の墓地管理者に埋葬証明をしてもらいます。
    墓地管理者が発行する埋葬証明書でも代用できますし、納骨堂のときは納骨証明書になります。

  • 改葬許可証を発行してもらう

    現在の墓地のある市区町村の役所へ①の受入証明書と③の埋蔵証明書を提出し、改葬許可証を、遺骨一体につき1枚ずつ発行してもらいます。

  • 現在の墓地へ改葬許可証を提出する

    現在の墓地の管理者へ④の改葬許可証を提示して墓じまいの作業を行います。

  • 改葬先に改葬許可証を提出する

    移転先の墓地の管理者へ、改葬許可証を提出します。

上記が行政手続きの流れになりますが、この流れの⑤の中で実際に遺骨の取り出しを行って、墓じまいの具体的作業に入ります。

また⑥では新しいお墓に遺骨を納骨する作業があります。
そのため、書類の行政手続きとお墓の移転手続きを分断するのは非効率的になります。
行政書士に行政手続きだけを依頼するより、お墓の移転そのものの代行を依頼するほうが依頼人、依頼者双方にとって効率的で利点があると思われます。

必要となる専門家の手配・紹介

お墓の移転は、大きくは既存墓地の整理・遺骨の移送・遺骨の埋葬のステップで行われます。
ここからは、行政書士の方が墓じまいの際に手配・紹介してくださる作業について紹介していきます。

墓石の解体撤去の依頼

既存墓地を解体し更地に戻すには、地元の石材店へ依頼します。
墓地の整理は下記の作業を行政書士が依頼した石材店が行います。

墓石撤去の流れは以下のようになっています。

  • 閉眼法要で墓石から魂を抜く

    まず墓石から仏様の魂を抜き、ただの石に戻す閉眼法要を行います。
    通常家族、親族などのごく身近な者が立ち会って行いますが、閉眼法要も行政書士に代行依頼することもできる場合があります。

    墓前で僧侶にお経をあげてもらい、焼香して供養します。

  • 遺骨を取り出す

    閉眼法要が終わると石材店が墓石を動かし、カロートから遺骨を取り出します。
    遺骨を取り出したあとは更地に戻す作業へ移ります。

  • 更地にして返還する

    墓石を新しいお墓で使う場合は移動しますが、使わない場合は解体され撤去し粉砕されて供養し処理されます。

    墓石だけではなく、外柵や花立、植木などの付属品一式、すべてのものを撤去します。
    これらの付属品は移動できません。

    すべてをきれいに整理して、墓地管理者に返還します。

遺骨移送の手配

地中のカロートに長年入っていた骨壺を無事に新しいお墓へ移動するのもノウハウが必要です。
取り出した骨壺にヒビが入っていたりした場合は破損の恐れがありますので交換が必要です。

このような交換や納骨までの保管、移動も行政書士へ依頼し石材店にやってもらうことができます。
依頼者は行政書士に新しいお墓への納骨日を伝えて、骨壺交換・保管・移動をすべてお任せしたほうが安心だと思います。

改葬先の手配・紹介

骨壺の移動が終われば今度は納骨です。
行政書士は、依頼主の要望を受けて改葬先の手配や紹介などに対応することができます。

つまり墓じまい・移動・納骨だけでなく、納骨先のお墓まで相談することができます。
一言に「お墓を建てる」といっても結構な手間がかかります。

最初にどのようなお墓のスタイルにするか、決める必要があります。
最近はお墓も多様化が進み、従来の一般的なお墓である家墓以外に自然志向の高まりなどから墓石の代わりに樹木を墓標にする樹木葬も増えてきております。

また、後継者不足、少子化などからお墓の維持ができなくことを考えて散骨する方も増えています。
特に平成3年、法務省より「節度をもって行われる限り問題ない」との公式見解が出てから増加しております。

このような要望にも樹木葬を受け入れている霊園の紹介や、散骨を対応している葬儀会社の紹介なども行政書士で行ってくれます。

また家墓にしたとしても、やはり後継者が心配です。
その場合は永代供養を対応している霊園の紹介可能です。

このように行政書士は行政書類の手続き代行だけではなく、改葬に関わる全てのことについて対応することができます。

行政書士に墓じまい代行を依頼するメリット

人々

ここまで、墓じまいの代行サービスで行政書士が行う主な内容について詳しく紹介してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

ここからは、行政書士に墓じまいの代行を依頼することのメリットについて紹介していきます。
行政書士に代行を依頼するメリットは大きく4つ挙げられます。
以下でそれぞれの利点について詳しく紹介していきます。 

自身の手間・労力の削減

前章で説明した通り、改葬には書類の手続き以外に墓じまい・ご遺骨の移動・新しいお墓を建てて納骨とかなりの時間と労力が必要となってきます。

また専門知識も必要な上、お墓の管理者との交渉や石材店との交渉など、専門的な交渉も必要になってきます。

これらの作業を自分でするには多くの時間と手間がかかります
その知識と交渉を代行してくれるのが行政書士です。

行政書士に依頼すれば、依頼した行政書士の指示にしたがって対応すればよいので、最小限の手間と時間で墓じまいをすることができます

個人情報の漏洩防止

行政書士は国家資格であり、その業務において非常に厳格な守秘義務を課されています。

そのため、プライバシーの安全が徹底されており、安心して代行を依頼することができます。

不当な請求の防止

また、費用の面からも行政書士事務所を使う利点があります。
お墓に関するトラブルは葬儀に関するトラブルの2倍以上あり、年間約1500件が国民消費者センターに寄せられております。

また国民消費者センターが注意喚起をうながしている内容が以下の2点です。

  • 悪徳業者に騙されないために、優良な専門家・代行を複数見つける。
  • 優良な専門家・代行の中から要望に最適なものを選ぶ。

これはごく一般的な注意です。

石材店と普段関わりのない私たちにとって、その石材店が優良店かどうかの見極めは簡単ではありません。

その点行政書士事務所は複数の石材店との取引もあるため、安心して墓じまいを依頼することができると言えます。
また自ら何店も石材店に足を運ぶ時間も労力も必要ありません。

また、心配ならば複数の行政書士事務所から見積もりをとって検討することもできます。
専門知識や複数石材店との取引のある行政書士事務所へ依頼することで、安心して墓じまいを進めることができるうえ、結果的に費用も抑えることができるでしょう。

スムーズに改葬手続きを進められる

現在の墓地管理者と疎遠であれば、墓地管理者のもとに出向き、これまでの事情を説明し不義理を謝ったうえ移転を申し入れることから開始です。

もし寺院境内墓地の場合は、檀家を失うことになりますので、管理者にとっては喜ばしいことではありません。

対応をあやまるとすんなり承諾が得られず、移転がスムーズに運ばないばかりか地元の親戚や知人などから文句がでることも考えられます。

前述した通り改葬には、専門知識と石材店と専門的な交渉が必要です。
このような複雑な手続きも、何件も改葬を取り扱ったことがある行政書士事務所ならば、いろいろなノウハウなどを持っているためにスムーズに改葬を進めることができます

墓じまいの代行サービスにかかる費用

お金

ここまで、墓じまいも含め、改葬についての内容と行政書士事務所へ依頼することのメリットを説明してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

ここからは最後に、墓じまいの代行サービスを依頼した際にかかる費用について紹介していきます。

代行サービスにかかる費用の相場

代行サービスにかかる費用は、基本的に下記6点で約13万~15万円程です。

  • 行政手続き代行(受入証明書をもらうこと~改葬許可申請書を提出するまで)
  • 寺院(霊園)、石材店への連絡と日程調整
  • 撤去費の見積もり取得 
  • 現地調査
  • 出骨・納骨・閉眼法要の立ち合いおよび代行

実際にはこの費用のほかに下記費用が発生します。

  • ①交通費・書類取得費用・郵便費等
  • ②遠隔地の場合は、日当と宿泊費
  • ③複雑な案件の場合は、別途費用がかかる場合があります

実際に代行サービスへ依頼するときは、どこまでが見積もりに入っていて、何が別途かかる費用かを確認して契約してください。

また、実際改葬するとなると上記に含まれていない撤去費用と改葬先のお墓の費用がかかります。

個人で手続きをするより費用が安く済む

もし個人で上記の6点を行うことを考えた場合、いくらかかるでしょうか。
実際の出費は交通費や書類申請費用だけかもしれませんが、作成書類の作成と見直し書き直しなどを考えるとおそらく手続きには数ヶ月かかるでしょう。

慣れない手続きや現在のお墓の管理者との話し合い、改葬先の手配などにかかる時間・手間・費用を考えると、行政書士に代行を依頼することで結果的に費用を抑えることができるでしょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいを行政書士に依頼することまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、墓じまいの代行を行政書士に依頼するメリットや費用・手順について詳しくご紹介してきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • 墓じまいの代行には資格が必要

    市町村の役所に提出する書類を代行には行政書士の資格が必要です。

  • 代行サービスで行政書士が行うこと

    市町村の役所に提出する書類を代行はもちろんのこと、墓石の解体撤去を石材店へ依頼することや遺骨の移送の手配すること、そして改葬先の手配や紹介など、改葬に関わる全てを代行することができます。

  • 行政書士に代行を依頼することのメリット

    自身の手間や労力の削減でき、個人情報の漏洩防止や不当な請求を防止できます。
    代行サービスを利用することで、安心してスムーズに手続きを進められる上、結果的に費用も抑えることができます。

  • 墓じまいの代行サービスにかかる費用

    約13万から15万程度かかります。
    どこまでが見積もりの範囲かを確認することが大切です。

墓じまいには、複雑な行政手続きがたくさんあります。
スムーズに改葬手続きを進めるためにも、墓じまいの代行サービスも考えてみてはいかがでしょうか?
今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

また、終活ねっとでは他にもお墓に関する様々な記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・行政書士」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・行政書士」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

墓じまいをして合祀する手順は?必要な費用やオススメの霊園をご紹介のサムネイル画像

墓じまいをして合祀する手順は?必要な費用やオススメの霊園をご紹介

曹洞宗の墓じまいにかかる費用は?墓じまいの手順・流れもご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の墓じまいにかかる費用は?墓じまいの手順・流れもご紹介!

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?のサムネイル画像

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・行政書士」についてさらに知りたい方へ

墓じまいをして納骨堂に入るには?必要な費用や手順についてご紹介!のサムネイル画像

墓じまいをして納骨堂に入るには?必要な費用や手順についてご紹介!

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?のサムネイル画像

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

墓じまいのお供え物は何がいいの?お供えの方法や後片付けを解説のサムネイル画像

墓じまいのお供え物は何がいいの?お供えの方法や後片付けを解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと