神社に納める初穂料とは?のし袋の書き方や玉串料との違いも紹介

神社で、ご祈祷や儀式をお願いされたことはありますか?その際にはお礼として、初穂料を奉納します。神社に収める初穂料とは、どういうものなのでしょうか?初穂料の由来やのし袋の書き方、玉串料との違いなどについて詳しく解説します。

目次

  1. 神社の初穂料について
  2. 神社に納める初穂料とは?
  3. 初穂料ののし袋の書き方
  4. 初穂料の金額相場
  5. 初穂料の勘定科目は?
  6. 初穂料と玉串料の違い
  7. 神社の初穂料まとめ

神社の初穂料について

神社

神社で、七五三のお参りや厄除け祈願で、ご祈祷をお願いされたことはありますか?
通常神社で何かをお願いする際には、お金を納めます。
また、お守りやお札を授与される際にも、お金を納めます。
これら、神社にお礼として奉納するお金のことを、初穂料(はつほりょう)と呼んでいます。

この初穂料には、どのような由来があるのでしょうか。
また、いくらぐらいの金額を、どのように納めればよいのでしょうか?
今回終活ねっとでは、神社の初穂料について、以下のことを詳しく解説していきます。

  • 初穂料とは
  • のし袋の書き方やお金の包み方
  • 初穂料の相場
  • 初穂料の勘定科目
  • 初穂料と玉串料の違い

以上の項目を中心に解説していきます。
神社にお金を奉納されるご予定がある方や、初穂料について詳しく知りたい方はぜひ最後までご覧いただき、参考になさってください。

神社に納める初穂料とは?

神社

かつての日本では、お米の収穫の時期に、その年の最初にとれたお米初穂(はつほ)を、感謝の気持ちを込めて神仏に奉納していました。

やがて貨幣経済が進むにつれ、お金を奉納することが一般的な習慣となりましたが、奉納するものがお金に変わっても、初穂料という言葉が残りました。
貴重な初穂の代わりにお金をお納めします、という意味があります。

神社に儀式やご祈祷をお願いする際や、祝詞の際には、通常はお金を納めます。
神社によっては、儀式やご祈祷ごとに、あらかじめ金額が設定されている場合もあります。
これらの奉納するお金のことを、初穂料と呼んでいます。

初穂料ののし袋の書き方

困った人々

神社に初穂料をお納めする際には、通常はのし袋を使用します。
どのようなのし袋を選べばよいのでしょうか?
のし袋の表書きはどのように書けばよいのでしょうか。

また、のし袋の中に入れる、中袋の書き方はどうすればよいのでしょうか。
ここでは、お金の包み方や初穂料の渡し方についても解説します。

のし袋・封筒の選び方

のし袋は、コンビニや文房具店などで購入することができます。
使用する目的や、どれぐらいの金額を入れるのにふさわしいかという説明が書かれていることが多いですので、参考にしてご購入ください。

また、のし袋にはさまざまなデザインのものがあります。
のし袋やのし紙にかける、紅白や白黒の配色の帯紐のことを水引と呼びますが、状況によって、使用する水引を選択する必要があります。

神社にお金を奉納するときは、紅白の5本の紐の蝶結びのものが使われることが多いです。
のしの水引には、他にもさまざまな形や色の種類があります。

間違えると失礼に当たったり、恥ずかしい思いをすることもありますので、注意が必要です。
また、水引の結び方は、地域によって違う場合もありますので、地域のルールにしたがってください。

のし袋・中袋の書き方

お金を奉納する際には、中の袋にお札を入れてから、のし袋に包むのが一般的です。
直接お金を入れる中の袋は、中袋または内袋と呼ばれています。

のし袋の表書きの上の部分には、御初穂料と書きます。
表書きの下の方には、中央に名前をフルネームで書きます。
夫婦の場合は、世帯主を中央に書き、配偶者の名前のみを左横に少し小さく書きます。

3名までの連名で書く場合は、目上の人から順番にフルネームを右から書きます。
4名以上の場合は、代表者名をフルネームで書き、左横に少し小さい字で他一同と記入した上で、全員の名前を奉納紙や和紙に書いて中に入れます。

中袋の表側には奉納する金額を、裏側には奉納する人の住所と名前をフルネームで書きます。
金額を書く際には、漢数字の旧字体である大字(だいじ)を使って記入します。
大字では、一・二・三・十の代わりに、改ざんされにくい、壱・弐・参・拾を使用します。
例えば、金参萬円のように記入します。

市販ののし袋を購入すると、あらかじめ中袋に、金額・住所・氏名を書く欄が印刷されていることもあります。
その場合は印刷されている場所に記入してください。

お金の包み方

中に入れるお金は、新札でなくても構いません
しかし、初穂として神様に奉納するものですので、あまりにも汚れていたりしわがよっていたり、破れているものは避けましょう。

新札を用意されたい場合は、銀行や郵便局で両替してもらうことができます。
また、銀行によっては、新札に両替が可能なATMがある場合があります。
両替に行くことが難しくても、布を当ててアイロンをかけると、お札がピンときれいになります。

中袋に入れる時は、人物が印刷されている表の面を上に向けて入れましょう
普通は、中袋の左側に、お札の上部がくるように入れます。
お札が複数であれば、全て同じ向きにそろえます。

初穂料の渡し方

大きな神社では、ご祈祷の受付等は、社務所で行います。
申し込み用紙に名前や住所等を書いて提出することが多いです。
申し込み用紙を提出する際に初穂料も一緒に渡します

小さな神社では、システムが異なることもありますので、事前に電話等で確認しておくとよいでしょう。
神社に行く前に、あらかじめ初穂料を入れたのし袋を用意しておきましょう。

袱紗に包んで持って行くと、のし袋が汚れたり、水引が崩れたりすることもなく、スマートです。
大切に持参した気持ちも伝わります。

神社への初穂料については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社への初穂料を入れるのし袋の選び方とは?表書きの書き方も解説!

神社への初穂料を入れるのし袋の選び方はご存知ですか?初穂料とは神様にお供えするお金のことです。この記事では、神社への初穂料を入れるのし袋の選び方や表書き、そして初穂料の金額相場も詳しく紹介します。ぜひ最後までお読みください。

初穂料の金額相場

困った人々

初穂料は、場合によって相場が異なります。
ここでは、初穂料の相場を、場合別に解説します。

ただし、神社によっては、あらかじめ金額が設定されていることもあります。
事前に、神社のホームページをチェックしたり、直接電話で問い合わせたりして、確認をするとよいでしょう。

神前式・結婚式

神社で挙げる結婚式は、神前式と呼ばれています。
最近では、和装ブームや、費用が多少抑えられることもあるためか、この神前式の人気が高まっているそうです。
神社で結婚式を挙げる場合の初穂料は、5万円~10万円が相場とされています。

式にかかる時間は、30分~1時間程度が一般的です。
お祓いを受けたり、祝詞の奏上や三献の儀(三々九度)など、神前式ならではの日本らしいスタイルで式が進みます。

神社によっては、食事もセットになっているものがあったり、着物のレンタルやヘアメイク・着付け等のサービスがあったりする場合があります。
また、雅楽の演奏や写真撮影などのオプションが選べる場合もあります。

オプションやその他のサービスについては、もちろん初穂料以外の料金がかかります。
神社のホームページなどで、確認してみましょう。

地鎮祭

注文住宅を建てる際には、地鎮祭を行うのが一般的です。
地鎮際とは、神様に土地の利用の許しを得て、工事の無事と、家屋の繁栄をお願いするための伝統的な行事です。
地鎮祭を行うのに必要な初穂料は、2~3万円が相場とされています。

ただし、神社によっては、別途で交通費やお供えの費用などがかかる場合があります。
事前に神社に確認しましょう。

また、建築業者によっては、全ての手配を請け負ってくれたりするところもあります。
地域によって、地鎮祭のスタイルも異なる場合がありますので、地元の神社や地域の業者に確認するのがよいでしょう。

お宮参り・七五三

神様に赤ちゃんの誕生を報告するのがお宮参り、子どもの成長を祈願するのが七五三の行事です。
これらの行事では、神社にお参りするとともに、ご祈祷をお願いすることが一般的です。
お宮参りや七五三の際に、神社にご祈祷をお願いする場合の初穂料は、5千円~1万円程度が相場とされています。

ただし、神社によっては、決められた初穂料の料金設定がある場合があります。
お参りをされる前に、神社に初穂料について確認をされるとよいでしょう。

さらに、初穂料とは別に費用が発生しますが、着物のレンタルや着付けのサービスがあったり、食事や写真撮影がオプションで選べる場合があります。
神社の敷地内や近くの施設でサービスが受けられるため、人気があります。

人気の神社では、七五三シーズンの週末は大変混み合うことがあります。
中には完全予約制の神社もあり、急にお参りに行ってもご祈祷が受けられないこともあります。
サービスや費用、混み合う時間帯などを事前に確認して、思い出に残る行事にしてください。

初穂料の勘定科目は?

困った人々

ご自営で確定申告が必要な場合、初穂料はどのように処理をすればよいのでしょうか?
ここでは、初穂料の勘定科目について解説します。

初穂料の勘定科目

初穂料や玉串料、その他お祭りなどの際に神社に奉納されるお金は、消費税法や法人税法上では喜捨金(きしゃきん)と呼ばれ、寄付金と同様に考えられています。
勘定科目は、寄付金となり、課税の対象にはなりません。

お守りやお札、おみくじ等の購入についても、喜捨金に該当し、寄付金として課税の対象にはなりません。

ただし、お酒・お菓子、その他の物品を購入して奉納する場合、神社の参道で購入するろうそくや線香などの物品は課税対象となります。

領収書はもらえるの?

神社に初穂料を納める際には、通常は、領収書をもらうことができます
お守りやお札等を購入する際にも、領収書をもらうことができます。

領収書の宛名が長かったり、複雑な場合は、メモや名刺などを用意しておいて、お願いするとよいでしょう。

初穂料と玉串料の違い

困った人々

初穂料・玉串料、どちらも、神社にお金を奉納する際に使用する名目です。
この2つは、どのように使い分ければよいのでしょうか。

玉串料とは?

最初に解説しましたが、初穂料とは、一年の初めにとれたお米を奉納する代わりにお金を納めるという意味があります。
それに対して、玉串料とは、玉串を奉納する代わりにお金を納めるという意味があります。

玉串とは、神前に捧げる榊の枝に紙で作った飾り(紙垂)のことで、かつては供物として捧げらていました。

ご祈祷をお願いする人が、玉串を用意する必要があったのですが、現在では初穂同様に供物を用意するのが難しいため、玉串料としてお金が納められるようになりました。

初穂料と玉串料の違いは?

状況により初穂料と玉串料は使い分けが必要です。
結婚式などの各種の祝い事やご祈祷をお願いする場合は、初穂料・玉串料のどちらを使用しても構いません。

お守りやお札を授かる場合には、初穂料が使用できますが、玉串料は使えません。
また、神祭葬の際には、玉串料を使用し、初穂料は使えません。

神社にお金を納める場面によって、使い分けなければならない場合がありますので、注意が必要です。

以下の記事では、神社の玉串についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

玉串奉奠・玉串礼拝の作法とは?神社の初穂料と玉串料の違いも解説

神社などに行かれるとよく目にする「初穂料」とか「玉串料」という言葉、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。 今回終活ねっとでは、玉串奉奠・玉串礼拝の作法について、神社の初穂料と玉串料の違いについても触れつつ解説していきます。

神社の初穂料まとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、神社の初穂料について解説してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 初穂料には、初穂(一年の初めにとれたお米)を奉納する代わりにお金を納めるという意味がある。
  • 初穂料を入れるのし袋は、一般的には紅白の5本の紐の、蝶結びのものを使用する。
  • のし袋の表書きは、上に御初穂料、下に名前をフルネームで書く。
  • 内袋にお札を入れる時には、お札の人物が印刷されている面を上、お札の上部が内袋の左側にして入れる。
  • 初穂料を納める場合によって相場が異なり、神社によっては金額が設定されていることもある。
  • 初穂料の勘定科目は、寄付金となり、課税の対象にはならない。
  • 初穂料と玉串料は似ているが、場合によって使い分けることがあるので注意が必要。

神社にお金を奉納する予定のある方は、ぜひ参考にしてください。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

「神社・初穂料」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・初穂料」についてさらに知りたい方へ

神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説しますのサムネイル画像

神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説します

受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!のサムネイル画像

受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

縁結び神社ランキング!縁結びにご利益のある全国の神社を紹介!のサムネイル画像

縁結び神社ランキング!縁結びにご利益のある全国の神社を紹介!

神社でのお賽銭を投げるのはNG?お賽銭の正しい作法をご紹介しますのサムネイル画像

神社でのお賽銭を投げるのはNG?お賽銭の正しい作法をご紹介します

山梨県の神社おすすめ17選!初詣や御朱印など条件別で神社を紹介!のサムネイル画像

山梨県の神社おすすめ17選!初詣や御朱印など条件別で神社を紹介!

神社では葬儀を行わない?神道の葬儀の流れやマナー・費用相場も解説のサムネイル画像

神社では葬儀を行わない?神道の葬儀の流れやマナー・費用相場も解説

神社とは一体どんな所?起源や神社の組織、お寺との違いを解説!のサムネイル画像

神社とは一体どんな所?起源や神社の組織、お寺との違いを解説!

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介しますのサムネイル画像

神社での手洗いの作法と意味を解説!注意点もあわせてご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・初穂料」についてさらに知りたい方へ

神社の拝殿では何をするの?拝殿の内部構造・名称や参拝方法を解説のサムネイル画像

神社の拝殿では何をするの?拝殿の内部構造・名称や参拝方法を解説

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?のサムネイル画像

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!のサムネイル画像

神社で見かける幣束ってご存知ですか?読み方や由来や作り方を紹介!

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説のサムネイル画像

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説

神社の結婚式の当日の流れは?費用相場やメリット、服装について解説のサムネイル画像

神社の結婚式の当日の流れは?費用相場やメリット、服装について解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと