年賀状って買取してもらえるの?買取相場・高く売るコツも紹介!

年賀状って買取してもらえるの?買取相場・高く売るコツも紹介!

余った年賀状はどうされていますか?足りなくなったら困るから多めに購入する方や、付き合いで毎年年賀状を多めに購入される方もいるかと思います。年賀状が買取して貰えるのをご存知ですか?今回は年賀状の買取相場と、高く売るコツをご紹介します。

最終更新日: 2020年12月14日

年賀状の買取について

お金

余った年賀状はどうされていますか?
毎年130枚ぐらい必要だから、余裕をみて150枚買ったら余ったとか、毎年付き合いで多めに購入される方もいらっしゃると思います。
その余った年賀状を買い取って貰えるのをご存知ですか?

今回「終活ねっと」では年賀状の買取について、買取の相場や、高く売るコツについてご紹介します。

  • 年賀状って買取してもらえるの?

  • 年賀状を買取してもらえる場所はどこ?

  • 年賀状の買取相場は?

  • 年賀状を高く売るコツってなにかあるの?

以上を中心に「年賀状の買取」についてご紹介していきますので、ぜひ、あなたの参考にしてください。

年賀状って買取してもらえるの?

困った人々

結論を先にお話しすると、年賀状は買取してもらえます
ただし、金券ショップなどに売る場合は、「未使用の年賀状」「最新の年賀状」であることが大切です。

郵便局で「交換」してもらうのであれば「書き損じた年賀状」でも「古い年賀状」でも関係ありません。
しかし、金券ショップに売る場合は「未使用の年賀状」「最新の年賀状」であることが、買取価格に大きな差の出る要因になります。

年賀状を買取してもらえる場所は?

困った人々

それでは年賀状を買取してもらえる場所についてお話をします。

年賀状を購入されるのは「郵便局」って方が多いと思いますが「郵便局」で買取してもらえるのでしょうか?

郵便局

まず最初にお伝えしておきますが、郵便局は買取はしていません。
郵便局は買取ではなくて交換になります。

郵便局での「交換」のメリットは「古い年賀状」「未使用・使用済み」にかかわらず、「未投函」であれば手数料1枚あたり5円を支払えば、切手やはがきに交換ができる点です。

しかし「古い年賀状」を「最新の年賀状」に交換はできません。
「最新の年賀状」に交換できるのは「最新の年賀状」だけで、年賀状の販売期間中に限られます。
つまり、今年の年賀状を書き損じた場合に、年賀状の販売期間中に限り、手数料1枚あたり5円を支払えば「最新の年賀状」に交換できるということです。

特殊な例として手数料無料で交換できる例が2つあります。

  • 喪中になってしまった場合

    近親者に不幸があって、年賀状が出せなくなった場合は、未使用・使用済みに限らず無料で交換できます。ただし、年賀状販売期間のみになります。

  • 年賀状の種類を間違えて誤購入した場合

    インクジェット紙の年賀状を買うつもりが、間違って無地の年賀状を買った場合などは、未使用の年賀状に限り無料で交換できます。ただし、年賀状販売期間のみになります。

このように「古い年賀状」「記入済み年賀状」は郵便局で交換するほうがお得です。
また、年賀状が必要で「喪中になった場合」「誤購入した場合」も交換がお得になります。

大黒屋

全国に200店舗以上を展開しているオレンジ色の看板でおなじみの大黒屋でも買取をしてくれます。
知名度は抜群なので、知っているお店で、安心して買取をして貰いたい人に、おすすめできるお店になります。
店舗での買取、宅配での買取の両方に対応していますが、「店舗」「宅配」で買取価格が異なる場合がありますので注意してください。

金券ショップ

年賀状切手などを買取してくれる専門のお店です。
「年賀状」は「最新の年賀状」「古い年賀状」「書き損じの年賀状」にかかわらず、買取可能な場合が多いです。

ただし「古い年賀状」「書き損じの年賀状」については、金券ショップでも買取後に「郵便局」で「交換」するので、ご自分で切手シートなどに「交換」した後に、持ち込んだ方が金額が高くなる場合があります。

年賀状の買取相場は?

困った人々

それでは、年賀状の買取相場についてお話したいと思います。
年賀状の買取については「〇〇年用の年賀状」「買取を依頼する時期」によって大きく変動しますので、それについても併せてご紹介したいと思います。

いつまで買い取ってもらえるの?

「年賀状の買取」に期限はありません。
いつでも買取はしてもらえます
ただし「最新の年賀状」か「古い年賀状」によって値段は大きく変わります。
また「最新の年賀状」でも、売る時期にって値段は大きく変わります。

一番買取が高い時期は?

年賀状の買取を依頼するのであれば、早ければ早いほどいいでしょう
年賀状の発売から一週間程度が一番高い時期になります。
ただし、買取店舗の在庫状況などにも影響されるので注意が必要です。

買取の相場は?

それでは年賀状買取の相場についてお話します。
2019年用年賀状から1枚62円になりましたので、今回は2018年用年賀状(52円)の買取価格を参考にご紹介させていただきます。

買取時期 買取相場
11月1日~11月5日 42円~45円
11月5日~12月第2週 40円~45円
12月第2週~25日 36円~42円
12月26日~ 30円~36円

「買取相場」は年賀状販売開始直後が一番高く、年明けになるとガクンと下がります。
特に、年内に届く12月25日を過ぎると価格が下がる傾向にあります。

この「買取相場」はあくまでも「最新の年賀状」で「未使用の状態」を基本としています。

年賀状を高く売るコツは?

お金

ここまで年賀状の買取について「売る場所」「時期」についてご紹介してきましたが、同じ年賀状でも買取にばらつきがでます。
年賀状を高く売るコツなどはあるのでしょうか?
ポイントは「需要と供給」「相手の状況を考える」です。

未開封の年賀状売る

年賀状を「売る」場合には1枚、5枚とかの「バラ売り」よりも、200枚一組の完封や4,000枚1箱の完箱では査定価格に差がある店舗が多いです。
店舗によっては200枚で持ち込んでも「未開封」でないと「バラ売り」と同じ扱いで買取査定される場合がありますので、注意が必要です。

「完封」や「完箱」の場合、買取のさいに枚数を数える手間もいりませんし、販売もしやすい点があります。

金券ショップがおすすめ

年賀状は「リサイクルショップ」でも買取してくれるところがありますが、年賀状を売るなら金券ショップがおすすめです。
「リサイクルショップ」は、店舗で買取した後に「金券ショップ」に転売することが多いので「間」が入る分、買取価格は下がることが多いです。

一方「金券ショップ」は、買取した後に自店舗で転売するか、DM業者などに販売するなどの独自のルートを持っていることが多いので、買取価格が「リサイクルショップ」より高くなる場合が多いのです。

時期を見て売る

一番大事な「高く売るコツ」は「時期を見て売る」です。
要は「需要と供給」を考えることです。
買取をした「金券ショップ」が「売れる」と考える時期の少し前がポイントとなります。

具体的にお話すると買取価格が高くなるのは「年賀状の発売から1週間程度」になります。
これから「需要が増える」発売直後が高く「需要が減る」年末~年始に買取価格は下がります。

店舗によりますが11月あたまに大量に買い入れ「仕入れ」をして、在庫が無くなってきた時期には買取価格が高くなる場合もあるようなので12月半ばもねらい目かもしれません。

宅配買取もおすすめ

店舗が近くにないし、探すのも、持っていくのも面倒だという人には宅配買取もおすすめです。
買取してほしい年賀状を郵送して、査定してもらうだけです。

宅配買取を利用する場合に注意する点についてお話しておきます。

  • 「店舗」「宅配買取」を両方やっているショップの場合は、「店舗」と「宅配買取」で買取価格が違う場合があります。

  • 送料が無料のショップと、有料のショップがあります。

年賀状の買取まとめ

お金

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では年賀状の買取について、「買取してもらえる場所」や「高く売るコツ」についてご紹介してきました。

ここで、もう一度振り返ってみましょう。

  • 「年賀状」は「郵便局」では「交換」をして貰えて「金券ショップ」で「買取」をして貰える。

  • 「年賀状の買取相場」は「最新の年賀状・未使用の場合」30円~45円である。

  • 「年賀状を高く売るコツ」として「年賀状を売る時期」が大切で、年賀状販売直後(1週間程度)が一番買取価格が高くなる傾向がある。また、バラ売りよりも「完封」「完箱」などの単位の「未開封」で「金券ショップ」に売ると良い。

  • 近くに店舗がない人や、時間がない人などは「宅配買取」もおすすめである。

以上の内容についてお話してきました。

最後に、簡単なまとめとして「年賀状」を売りたい場合「最新の年賀状」の買取してもらいたいのであれば「金券ショップ」を利用するのが一番です。
また、「古い年賀状」「書き損じの年賀状」の場合は、一旦「郵便局」ではがき・切手シートに「交換」してから「金券ショップ」に売った方が高値が付く場合がありますので、ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像
    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

  • 年賀状を送る意味や由来とは?年賀状の賀詞・絵の意味もご紹介!のサムネイル画像
    年賀状を送る意味や由来とは?年賀状の賀詞・絵の意味もご紹介!

    最近少しずつ減ってきているようですが、まだまだ根強い文化の一つである年賀状。年末年始になると、「そろそろ年賀状を準備しなきゃ」という気持ちになりますが、送る意味や由来を知っていますか?今回は年賀状を送る意味や由来、賀詞や絵の意味も紹介します!

  • 2019年用の年賀状の販売期間はいつ?販売場所や値段も紹介!のサムネイル画像
    2019年用の年賀状の販売期間はいつ?販売場所や値段も紹介!

    2019年用の年賀状の販売期間をご存知でしょうか?年賀状を送る枚数が多かったり、元旦に届けたい場合は早めの準備が大切です。販売期間や購入場所を知り、余裕を持って作成できるようにしましょう。この記事では、年賀状の販売期間や販売場所、値段について紹介していきます。

  • 年賀状の余りはどうする?交換や懸賞など色々な使い道を紹介します!のサムネイル画像
    年賀状の余りはどうする?交換や懸賞など色々な使い道を紹介します!

    宛名を書き損じて使えなくなった年賀状がお家で眠っていることはありませんか?せっかく買った年賀状の余りを捨てるのもそのまま放置するのももったいないことです。余った年賀状の活用方法はあるのでしょうか?今回終活ねっとでは、年賀状の余りについてご説明します。

  • 年賀状を出すのをやめるには?やめるタイミングや文例も解説!のサムネイル画像
    年賀状を出すのをやめるには?やめるタイミングや文例も解説!

    年末年始に書く年賀状は結構時間や手間がかかるので、面倒に思っている人も多いのではないでしょうか。年賀状を送るのをやめる方法がわからないと悩んではいませんか?この記事では、年賀状をやめる方法や年賀状をやめるタイミングなどを解説していきます。

  • 年賀状はどれだけ減少しているの?減少の理由や対策まで詳しく解説のサムネイル画像
    年賀状はどれだけ減少しているの?減少の理由や対策まで詳しく解説

    お正月に欠かせない年賀状ですが、残念ながら減少傾向にあるようです。年賀状の減少状況や減少理由について解説します。また、年賀状減少を止めるための新しいサービスや値上がりが決まっている年賀状の金額についても紹介していきます。ぜひ、参考になさってください。

  • 不要になった年賀状は交換できる?手数料や交換方法など詳しく解説のサムネイル画像
    不要になった年賀状は交換できる?手数料や交換方法など詳しく解説

    年賀状を余らせてしまったり書き損じたことがあるという人も多いのではないでしょうか。不要になった年賀状は交換する事ができます。どのようにしたら、年賀状を交換する事ができるのか、交換できる場所や交換期限、交換方法などについてわかりやすく解説します。

  • 年賀状を出す時期はいつ?正しい投函時期や年賀状のマナーを紹介!のサムネイル画像
    年賀状を出す時期はいつ?正しい投函時期や年賀状のマナーを紹介!

    毎年お正月近くになると用意するのが年賀状ですが、同時に多くの方が年賀状を出す時期というのは気になるでしょう。できれば、年賀状は元旦に相手の方に届くように出したいものです。そこで今回は年賀状を出すのに適切な時期や、マナーについてご紹介していきます。

  • 年賀状とは?歴史や書き方のマナー、種類や楽しみ方なども紹介!のサムネイル画像
    年賀状とは?歴史や書き方のマナー、種類や楽しみ方なども紹介!

    毎年、年明け前には年賀状を送りますよね。いつの間にか毎年恒例となっていた年賀状ですが、そもそも年賀状とは一体いつから書かれているのでしょうか?今回はそんな年賀状の歴史から年賀状とは一体何なのかを明らかにし、正しい書き方や色んな楽しみ方を紹介していきます。

  • 年賀状の由来は?年賀状の歴史や送る意味についても解説します!のサムネイル画像
    年賀状の由来は?年賀状の歴史や送る意味についても解説します!

    旧年中の感謝の気持ちと新年の挨拶とお気持ちや近況を相手の方へ伝える年賀状。私たちは幼いころから当たり前のように年賀状を送っていますが、年賀状の由来を皆さんはご存知ですか?年賀状はいつから始まったのか、年賀状を送る意味とは、年賀状の由来とともに解説いたします。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事