年賀状に描かれる縁起物の意味は?年賀状を送る意味についても解説

年賀状に描かれる縁起物の意味は?年賀状を送る意味についても解説

毎年、当然のように、やり取りをする年賀状。年賀状には「松竹梅」や「鶴亀」などの縁起物が描かれていることがよくあります。縁起物には、どのような意味があるのでしょうか?この記事では年賀状に描かれる縁起物の意味は何なのか、年賀状を送る意味とともに解説していきます。

最終更新日: 2020年12月11日

年賀状に描かれた縁起物について

年賀状

送るのも、送られるのも嬉しい年賀状。
お正月に親戚や友人のことを思い浮かべながら、年賀状に目を通すのも楽しいものです。

年賀状にはフォトタイプやイラストタイプのものなど色々なものがあります。
縁起物として描かれている「松竹梅」などが描かれている年賀状も、意外と多いことに気が付きます。

年賀状に普通に描かれている縁起物には、いったいどんな意味があるのでしょうか。
良く考えれば、深く考えたことはなかったようにも思えてきますよね。

今回、「終活ねっと」では、そんな年賀状に描かれる縁起物の意味を、年賀状を送る意味も併せて解説していきます。

  • 年賀状を送ることにどんな意味があるのか?

    年賀状を送ることが意味することを解説します。

  • お正月に欠かせない縁起物の意味とは?

    お正月の縁起物には、どのような意味や由来があるのか解説します。

  • 縁起物のフリーのイラスト素材について

    年賀状作成に役立つフリーのイラスト素材について解説します。

  • 元旦に年賀状を届けるための方法

    間違いなく元旦に年賀状を届けるための方法を解説します。

以上の項目を中心に解説していきます。

年賀状に描かれている縁起物の意味など、考えたこともなかった人もいるでしょう。
意味を知ることで、年賀状に目を通す楽しみが一つ増えるかもしません。

ぜひ最後までご覧になっていただき、年賀状を書く際の参考にしてください。

年賀状を送る意味は?

年賀状

毎年、定期的にやり取りをする年賀状。
習慣として送ることが当たり前のようにもなっています。

意外と年賀状を送る意味など深く考えずにやりとしている人も多いかも知れません。

年賀状を送る意味は、昨年1年間お世話になったお礼と、新しい年もよろしくお付き合いくださいという挨拶になります。
さらに、会いたくてもなかなか会えない人たちとの近況報告ができます。

1枚のはがきでお礼と挨拶が出来て、繋がりを維持することができる
それが年賀状を送る意味なのですね。

以下の記事では年賀状の意味や賀詞についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

お正月の縁起物の意味

年賀状

お正月は新しい年を迎え、おめでたいものとされています。
日本各地で新年を祝う行事が、年明け早々に行われます。

おめでたいから縁起がよい縁起物を口にして、縁起物を飾ったりすることなります。
おせち料理やお雑煮、門松や鏡餅などは、そんな縁起物の一つとなるのです。

年賀状でも縁起物は色々と描かれます。
頭の中に、一つ二つ浮かぶ人は多いことでしょう。

でも、そんな縁起物の意味と言われると、ハッキリと答えることが出来ない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、お正月の縁起物の意味を詳しく解説していきます。

松竹梅

松竹梅はお祝いごとには欠かせないシンボル的な存在です。

中国の「歳寒三友(さいかんさんゆう)」という文人画の画題が由来とされています。
「歳寒三友(さいかんさんゆう)」とは、寒い冬という季節に友とすべき三つのものという意味です。

それぞれに、以下のような意味があります。

  • 寒い冬でも緑の葉を付けるので、不老不死や長寿や健康を表します。
    神が宿る神聖な樹木、魔除けの樹としての意味もあります。

  • 冬でも新芽を出すので、子孫繁栄の意味があります。
    真っ直ぐに伸びているので、成長や健康、生命力を表すとも言われます。

  • 冬を耐えて、花を咲かせ春を呼んでくるので繁栄、清廉潔白や気高さを表しています。

いずれも縁起がよい植物が三つまとまったものが松竹梅なのです。

門松

門松は玄関や門の前に飾るものです。

お正月には豊作、幸福を運んでくるとされる「年神様」が降りてくると言われます。
「年神様」が、迷わないで家に入ってこれるように目印として飾られているのが門松です。

門松は年神様を無事に招き入れるという役目を持つ縁起物となるのです。

また、門松の松という字には、祀るという意味が込められています。

門松の中心は竹でできていますが、実際は竹の周りに添えられている松が主役です。
門松は別名、「松飾り」と言います。

ひょうたん

ひょうたんは形からして、末広がりで縁起がよい物です。

ひょうたんは種が多く、形が女性に似ていることから、子孫繁栄を意味します。

三つ揃えば、三拍子。
六つ揃えば、無病息災と言われ、縁起の良い語呂合わせとしても有名です。

豊臣秀吉の馬印の千成瓢箪を連想させることから、縁起物として広く流行りました。

富士山

日本のシンボル的存在の山と言えば、富士山です。
富士山も縁起物とされています。

初夢で見る、最も縁起がよい夢も富士山です。

富士山の富士は「不死」を表し、不老長寿を表すという意味がありう縁起がよいとされています。

また、「無事」を表すともされていて、無病息災や家内安全を意味して縁起が良いともされています。

鶴・亀

鶴は千年、亀は万年と言われます。

いずれも、長寿を表すものとして縁起物とされています。

  • 一つがいが、一生仲良く生涯を過ごすと言われており、夫婦愛のシンボルとされています。
    鳴き声が遠くまで響き渡るので、天上界に通ずる鳥とも言われます。

  • 亀の甲羅が六角形で吉兆を示すと言われており、亀甲柄は縁起がよい物として喜ばれます。
    インドやギリシャでは亀の硬い甲羅が「世界を支えている」という伝説もあります。
    不動のシンボルとされています。

七福神・宝船

七福神は幸せと財産を運んで来る神様として、昔から信仰されています。

仏教経典の「七難即滅七福即生」から七福神信仰が始まったとされています。

7柱は、それぞれの神様が縁起のよい神様です。

  • 恵比寿

    商売繁盛のご利益があります。

  • 大黒天

    豊穣と子孫繁栄のご利益があります。

  • 弁財天

    地位向上や名誉獲得のご利益があります。

  • 毘沙門天

    厄を退け福を招くご利益があります。

  • 布袋

    人徳や人との調和のご利益があります。

  • 寿老人

    長寿のご利益があります。

  • 福禄寿

    健康と子孫繁栄のご利益があります。

今でも、七福神巡りをお正月に行ったり、枕の下に七福神の宝船の絵を入れて眠り、良い夢を見るといった風習が残っています。

七福神が乗ってくる船が宝船です。

宝船は穢をはらうために、悪夢などを水に乗せて流すという夢違えが由来と言われています。

宝船には金や銀、宝石などの財宝を積んでいるということですから、悪夢がなくなり福が来ればよいという願いも込められているのです。

だるま

だるまの由来は、中国で禅宗を開いた「達磨大師」です。
9年もの間、座禅を組みっぱなしだったために手足が壊死して失くなったと言われています。

だるまは達磨大師と日本にあった起き上がりこぼしが融合して出来たものです。

だるまは、何度倒しても起き上がってくることから、無病息災や家内安全、必勝祈願の縁起物として広く知られています。

扇・扇子

古くから現代に至るまで、お祝いの席には扇を贈る習慣が日本にはあります。

扇や扇子は形が末広がりです。
末広がりであることから、未来が開けるという意味となります。

繁栄や発展を表す縁起物になります。

打ち出の小槌

打ち出の小槌は、七福神の大黒天が持っているものです。
願いを込めて、小槌を振ると願いが叶うと言われています。

小槌の槌は、土と読めます。
元々は豊作を願う気持ちが込められていたものだと言われています。

打ち出の小槌は豊作や財力、富をもたらす物の意味があります。

縁起物のフリーのイラスト素材がある

年賀状

年賀状には写真を利用したものもありますが、イラストを背景にした年賀状もあります。

イラストは既に印刷されたものも、年賀はがきとして販売されています。

近年はプリンターを使って、自分で年賀はがきを印刷をする方も多いようです。
イラストも自分で描くという人もいるようですが、時間がない人や絵心がない人にはなかなか難しいものです。

ネット上には、年賀状に利用できるイラストが、フリーで利用できるものもあります。
縁起物のイラストもフリーで利用できます
一度、検索して見ると良いでしょう。

利用に際しては禁止事項やコメントを送る必要がある場合などもありますので、確認をして利用しましよう。

年賀状を元旦に届けるには?

年賀状

年の瀬の12月は何かと忙しいものです。
仕事も忙しければ、家庭内でも大掃除やクリスマス、新年を迎える準備など、山のようにやるべきことがあります。

その合間を見て、年賀状を書くという作業をしていくことになります。

年賀状を送るのであれば、元旦に到着するように送りたいものです。
元旦に間違いなく届けるには、どうすればよいのでしょか。

基本的には、12月15日から25日までに投函すれば間違いなく元旦に届きます。
26日から28日の投函でも、元旦に届くように最善の努力はしてもらえるようです。

いずれにしても、できる限り、早いうちに少しずつでも年賀状は書き始めたほうが良いですね。

以下の記事では年賀状の期間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

年賀状に描かれた縁起物まとめ

年賀状

今回「終活ねっと」では、年賀状に描かれる縁起物の意味について解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • 年賀状を送る意味は、昨年お世話になったお礼と新年の挨拶、近況報告であるということ。

  • お正月の「松竹梅」や「鶴亀」などの縁起物には、それぞれ縁起の良い意味や由来があるということ。

  • 年賀状作成に使える縁起物のイラストのフリー素材がネット上にはあり、誰でも利用ができる。

  • 年賀状を元旦に届けるには、12月15日から25日までに投函すれば良い。

年賀状を1枚送ることで、お世話になったお礼と新しい年での挨拶、近況報告などが出来てしまうのですね。

考えてみれば、非常に合理的なような気もします。

さらに、年賀状に描かれている縁起物には、それぞれに縁起がよい意味があったのですね。

何気なく、やり取りをしている年賀状も、縁起物の意味を知った上で作成していくと、より深みのある年賀状が出来上がるかも知れません。

「終活ねっと」では「年賀状に描かれる縁起物の意味」に関する記事以外にも、年賀状に関連し、詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事