年賀状はリサイクル可能なの?リサイクル・処分方法や注意点を解説

年賀状はリサイクル可能なの?リサイクル・処分方法や注意点を解説

年賀状を受け取ると嬉しい気持ちになりますよね。しかし、年賀状は毎年受けとるものですから、処分しなければ増えていく一方ですよね。では、年賀状をリサイクルすることはできるのでしょうか?今回終活ねっとでは、年賀状の処分やリサイクルの方法についてまとめました。

最終更新日: 2020年12月14日

年賀状のリサイクルについて

年賀状

年賀状は、親戚や親しい友人、職場の人などに、自分の近況報告やお世話になったことに対するお礼の意味を込めて贈ります。
年賀状を受け取った際には、相手の気持ちを感じることができて、なんだか嬉しい気持ちになりますよね。

しかし、年賀状は年々溜まっていく一方で、処分方法に困ってしまうのも事実です。
年賀状には個人情報が多くの掲載されているため、簡単に捨てることもできませんよね。

では、年賀状はどのように処分すれば良いのでしょうか?
また、年賀状をリサイクルすることはできるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、年賀状のリサイクルについて以下の項目を中心に紹介していきます。

  • 年賀状をリサイクルに出すことはできるの?

  • 年賀状をリサイクルする方法とは?

  • 年賀状をリサイクルする際の注意点とは?

年賀状のリサイクル方法を知っていると、お得に整理することができます。

年賀状の処分に困っている方にとって非常に参考になる記事となっておりますので、最後までお読みいただけると幸いです。

年賀状ってリサイクル可能なの?

困った人々

年賀状は相手の気持ちが込められているものですから、いつまでも保管しておきたいですよね。
しかし、年々溜まっていくことを考えると、頂いた年賀状のすべてを取っておくことは難しいです。

では、不要になった年賀状をリサイクルすることはできるのでしょうか?

実は、年賀状をリサイクルすることは可能です。
年賀状は紙ですので、基本的には可燃ゴミか再生紙としてリサイクルに出すことができます。
投函前の年賀状も、いただいた年賀状も、様々な形でリサイクルに出すことができます。

しかし、年賀状を処分やリサイクルに出す際には注意が必要です。
年賀状には、自分や相手の個人情報が書かれているためです。

年賀状を処分する際には、シュレッダーにかけるなどして個人情報が見えないように工夫しましょう。
そのままゴミとして出すのはやめてください。

次に年賀状をリサイクルする方法についてご説明いたします。

年賀状をリサイクルする方法

山

年賀状はリサイクルすることが出来ることがわかりました。

では、年賀状をリサイクルに出す方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

次に、郵便局で交換する方法や懸賞の応募はがきとして利用する方法、金券ショップで交換してもらう方法などについて詳しくご紹介いたします。

郵便局で切手やハガキに交換

不幸によって使用しなかった年賀はがきや書き損じはがき、未使用の年賀はがきなどについては郵便局で交換可能です。
家で保管しておくより、リサイクルに回したほうが有効活用できるでしょう。

しかし、郵便局で交換できる年賀状は、投函される前のはがきです。
間違って使用済みの年賀状を持っていかないようにご注意ください。

以下では、年賀状のリサイクル方法について詳しくご紹介します。

使用していないはがき

未使用のはがきは、無料で通常切手等と交換できます。

未使用のはがきとは、ご不幸による服喪のため利用できなくなったお年玉付き年賀はがきや、寄付金付きお年玉年賀郵便切手などです。

交換できるものは以下の通りです。

  • 通常切手

  • 通常はがき、往復はがき

  • 特定封筒(レターパック封筒及びスマートレター封筒)

ただし、特殊切手およびお年玉付き年賀はがき、切手などは対象外となっています。

無料交換期間は、年賀はがき販売開始日から販売期間終了までです。

書き損じ年賀はがき、未使用の年賀はがき

書き損じ年賀はがきや未使用の年賀はがきは、切手やはがきと交換することができます。

ただし、所定の手数料を支払う必要があります。
交換するには、一枚につき5円の手数料がかかります。
現金払いでも可能ですし、切手でも手数料を支払うことができます。

交換できるものは以下の通りです。

  • 通常切手

  • 郵便はがき

  • 郵便書簡

  • 特定封筒(レターパック封筒及びスマートレター封筒)

ただし、棄損した郵便切手や料額印面は交換できませんのでご注意ください。
また、特殊切手にも交換できないのでご注意ください。

交換できるものや手数料など詳しく知りたい方は、お近くの郵便局へお尋ねください。

これらの年賀状は、再生紙としてリサイクルに回しているようです。

懸賞などの応募ハガキで使用する

懸賞などの応募はがきとして利用するのも一つの方法です。

2018年からはがきの料金は、52円から62円に値上げされました。
そのため、52円の年賀状を使用する場合は、10円分の切手を追加で貼りなおす必要があります。

また、切手の下の部分にある「年賀」という文字は、二重線で消してから投函しましょう。
年賀の部分の上から切手を貼ってしまうと楽です。

この方法を用いると、年賀状を無駄なく使うことができるので、懸賞に応募する方にはおすすめの方法です。

買取ショップで換金してもらう

今は年賀状も買取ショップで換金してもらえます。
また、買取をしているネットサイトなどを利用する方法もあります。

しかし、インクジェットやディズニーなどの年賀はがきと、写真がすでに印刷されている年賀はがきでは買取値段が少し異なります。
お近くの買取ショップを何件か回ると、買い取り価格の相場が見えてくるでしょう。

昨今では、フリマアプリを活用している方もいます。
フリマアプリでは、ほとんどが本来の価格よりも値段を下げて売りに出されています。
しかし、古い年賀状なども売りに出ていますし、売りに出す枚数が多いのであれば利用する価値はあるでしょう。

郵便局でリサイクルする際の注意点

年賀状

以前は、郵便局に使用済みの年賀状を回収するBOXが用意されていました。
しかし現在では、個人情報の漏洩の問題もあり、撤収されています。

そのため、使用済みの年賀状は自分で自治体の資源回収にリサイクルとして出すか、可燃物として処分する方法しかありません。

使用済みの年賀状を処分する際は、個人情報の漏洩に注意して処分しましょう。

年賀状を郵便局でリサイクルする際に注意すべきことを確認してみましょう。

封筒類は入れない

年賀状を保管する際に、封筒に入れて保管する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

郵便局には封筒類を一緒に出せないので、はがきのみにする必要があります。
郵便局に持っていく前に封筒から出しておきましょう。

写真付きはがきは状態によって異なる

インクジェットを使用した写真付きのはがきは、はがきの状態によって異なります。

投函前の綺麗な状態のものであれば、新しいはがきや切手類と交換可能です。

ここで注意が必要なのは、投函前のものに限るということです。
厳密に言うと、切手の部分が切れていたり、汚れていたりするはがきについても交換できません。
全ての年賀はがきが交換できるわけではないことを理解しておきましょう。

現在使用済みのはがきは、郵便局ではリサイクルを行っていませんので、ご注意ください。

輪ゴムやクリップは外す

年賀状やハガキをまとめるために、よく輪ゴムやクリップなどを使用することがありますよね。

しかし、郵便局のリサイクルとして出す際には、それらの留め具を外してから出すようにしましょう。

もちろん、郵便局に持っていった際には受付の方が外してくれます。
しかし、マナーとしてすでに外した状態で持っていくことをおすすめします。

事業での使用済みハガキは入れない

事業での使用済みハガキは入れないように注意しましょう。

事業で使用した年賀はがきも、使用済みのはがきです。
使用済みのはがきは、郵便局で通常切手等と交換することはできません。

事業で使用する予定だった投函前のはがきであれば交換可能です。

年賀状のリサイクルまとめ

年賀状

いかがでしたでしょうか?
今回は「終活ねっと」では、投函していない年賀状のリサイクルについて紹介させていただきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 年賀状は再生紙としてリサイクルに出すことができる。

  • 郵便局で投函前の年賀状は交換できる。

  • 服喪のための未使用の年賀状は交換期間がある。

  • 投函前の年賀状の交換期間はない。

  • 郵便局でリサイクルが出来るはがきは投函前のもので、使用済みのものは郵便局ではリサイクルできない。

  • 持参する際の注意点として、封筒や輪ゴム、クリップなどは外して持っていく。

以上のことから、年賀状はリサイクルに出せることがご理解いただけたと思います。

年賀状の処分方法に悩んでいた方や、未使用の年賀状を捨てるのはもったいないと思っていた方などは、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回の記事が皆様のお助けになれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像
    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

  • 書き損じた年賀状は何に交換できるの?手数料や交換方法を解説しますのサムネイル画像
    書き損じた年賀状は何に交換できるの?手数料や交換方法を解説します

    年賀状を多めに用意して余ってしまったり、宛名を間違ってしまったりと書き損じが出てしまい購入した年賀状を無駄にしてしまったことはありませんか。この記事では、書き損じの年賀状の交換方法やどんなものに交換できるのかを詳しく紹介していきます。

  • 2019年用の年賀状の販売期間はいつ?販売場所や値段も紹介!のサムネイル画像
    2019年用の年賀状の販売期間はいつ?販売場所や値段も紹介!

    2019年用の年賀状の販売期間をご存知でしょうか?年賀状を送る枚数が多かったり、元旦に届けたい場合は早めの準備が大切です。販売期間や購入場所を知り、余裕を持って作成できるようにしましょう。この記事では、年賀状の販売期間や販売場所、値段について紹介していきます。

  • 年賀状の歴史って?いつから始まったの?日本以外の年賀状も紹介のサムネイル画像
    年賀状の歴史って?いつから始まったの?日本以外の年賀状も紹介

    毎年年末年始になると書いたりもらったりするのが年賀状です。今でこそメールが普及したために以前ほどやり取りされていませんが、日本の正月の風物詩であるといえます。その割には私たちは意外と年賀状の歴史をよく知りません。今回は年賀状の歴史を見ていきましょう。

  • 年賀状の余りはどうする?交換や懸賞など色々な使い道を紹介します!のサムネイル画像
    年賀状の余りはどうする?交換や懸賞など色々な使い道を紹介します!

    宛名を書き損じて使えなくなった年賀状がお家で眠っていることはありませんか?せっかく買った年賀状の余りを捨てるのもそのまま放置するのももったいないことです。余った年賀状の活用方法はあるのでしょうか?今回終活ねっとでは、年賀状の余りについてご説明します。

  • 2019年の年賀状に切手を貼る必要があるのはどんな時?年賀切手とは?のサムネイル画像
    2019年の年賀状に切手を貼る必要があるのはどんな時?年賀切手とは?

    毎年11月ごろになると年賀状が扱われるようになります。年末年始といえば年賀状を書く時期であるともいえますが、年賀状にまつわる疑問として切手を貼るべきかどうかというものがあります。はたして、2019年の年賀状には切手を貼るべきなのでしょうか?

  • 不要になった年賀状は交換できる?手数料や交換方法など詳しく解説のサムネイル画像
    不要になった年賀状は交換できる?手数料や交換方法など詳しく解説

    年賀状を余らせてしまったり書き損じたことがあるという人も多いのではないでしょうか。不要になった年賀状は交換する事ができます。どのようにしたら、年賀状を交換する事ができるのか、交換できる場所や交換期限、交換方法などについてわかりやすく解説します。

  • 年賀状を出す時期はいつ?正しい投函時期や年賀状のマナーを紹介!のサムネイル画像
    年賀状を出す時期はいつ?正しい投函時期や年賀状のマナーを紹介!

    毎年お正月近くになると用意するのが年賀状ですが、同時に多くの方が年賀状を出す時期というのは気になるでしょう。できれば、年賀状は元旦に相手の方に届くように出したいものです。そこで今回は年賀状を出すのに適切な時期や、マナーについてご紹介していきます。

  • 年賀状とは?歴史や書き方のマナー、種類や楽しみ方なども紹介!のサムネイル画像
    年賀状とは?歴史や書き方のマナー、種類や楽しみ方なども紹介!

    毎年、年明け前には年賀状を送りますよね。いつの間にか毎年恒例となっていた年賀状ですが、そもそも年賀状とは一体いつから書かれているのでしょうか?今回はそんな年賀状の歴史から年賀状とは一体何なのかを明らかにし、正しい書き方や色んな楽しみ方を紹介していきます。

  • 年賀状は2019年用から値上げする?値上げ理由や値段も紹介!のサムネイル画像
    年賀状は2019年用から値上げする?値上げ理由や値段も紹介!

    正月の風物詩、年賀状。何枚用意するべきか、毎年悩まれる方も多いと思います。2019年用の年賀状が値上りしているので注意しましょう。いくらに値上げするのか、値上げの理由や年賀状を出すときに押さえておきたいポイントとともに、終活ねっとが徹底解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事