お墓の埋葬はどうやればいい?詳しい手順や埋葬にかかる費用も紹介!

愛する家族とのお別れの時は、いつも唐突に訪れるものです。そのとき、お墓はどうやって準備すればいいのでしょうか?また、埋葬まではどのような手順を踏めばいいのでしょうか?今回はお墓を準備するまでの手順や、埋葬に関する費用に関する疑問にお答えいたします。

目次

  1. お墓の埋葬について
  2. お墓の埋葬にかかる費用
  3. お墓の埋葬・改葬の手続き
  4. お墓の埋葬に関する疑問
  5. お墓の埋葬まとめ

お墓の埋葬について

お墓

私たちが絶対に避けて通れない道の一つに、愛する故人との別れと、その故人のために行なわれるお葬式があります。

とはいえ、いざその時になるとどうしていいのかわからない、自分でも上手くこなせるか不安に思うという方も多いはずです。

今回終活ねっとでは、お墓の埋葬にかかる費用や手順、そして改葬にまつわる書類手続きや手順についての様々な疑問にお答えします。

  • お墓の埋葬はどれぐらいの費用がかかるの?

    納骨、彫刻費、僧侶へのお布施について解説いたします。

  • お墓の埋葬、改葬の手続き方法

    埋葬・改葬にかかわる書類について解説いたします。

  • お墓に関する疑問

    ペットと一緒のお墓に入ることは可能であるか、そしてご遺骨はいつまでに納骨をすればよいのかを解説いたします。

以上の項目を中心にご説明させていただきます。

今回の記事が少しでも皆様の終活のお手伝いになれれば幸いに思います。
ぜひ最後までお読みください。

お墓の埋葬にかかる費用

お金

さて、お墓の埋葬で大いに疑問に思うことが、埋葬にかかる費用ですよね。

ここでは納骨にかかる諸費用、没年や戒名をお墓に彫刻する際の費用、僧侶へのお布施代について詳しくご説明いたします。

  • 納骨費

    納骨式に必要な線香やろうそく、お供え物として果物の盛り合わせやお酒などを用意するために5千円程度必要になります。

    お墓の下部にあるカロートがご家族様自身で開けることが出来る構造であれば、納骨作業費用はかかりません。
    石材店に依頼する場合は作業費として、5千円~2万円が必要となります。

    しかし墓地の場所や墓石の形状によっては、クレーンで墓石を吊り上げるなどの大掛かりな作業が必要になります。
    更に、カロートの蓋に納骨後のコーティング作業が必要になる場合には、料金がさらに加算されることもあります。

  • 彫刻費

    お墓に没年や戒名を彫刻する際に費用が掛かります。

    石材店によっては、石材の種類や彫刻方法や彫刻の深さによって料金が変化することがございますし、材質や彫刻方法によらず料金が変動しない石材店もあります。
    また、経年劣化を防ぐ為に彫刻にコーティング作業を行う石材店もあります。

    安い石材店では2万円台であったり、コーティングを行う石材店であれば8万円以上の彫刻費が必要となるケースもあります。
    多くの石材店では、平均的には5万円程度が相場となっているようです。

  • お布施代

    宗派や慣習によって金額は異なりますが、平均額は3万円~5万円程度です。

    さらに法要をお寺以外の場所で行う場合は、別途で5千円~1万円のお車代が必要です。
    施主がタクシーを用意して費用を負担する場合には、お車代は不要になります。

合計金額は会食代別途では、おおよそ5万円~12万円となります。

しかし先述したように、納骨作業の条件によっては更に追加の料金がかかることもあります。
納骨に際しましては、石材店との打ち合わせを十分に行うことをおすすめいたします。

また、新しくお墓を購入する場合は、お墓の購入費が追加でかかります。
お墓の購入費用は、100万円〜200万円程度が平均となっています。

お墓の埋葬・改葬の手続き

お墓

続いては、埋葬の手続きに関する書類の申請・提出方法、埋葬までの流れをご説明いたします。

また、埋葬手続きに関連している改葬手続きについても後述しております。
そちらも併せてご参考に頂ければ幸いです。

埋葬の手続き

埋葬には様々な法的手続きを行う必要があります。

たとえ遺族のご遺骨でも、埋葬許可なしにお墓に納骨することは法律で禁じられています。
埋葬のための書類の提出や保管については、十分な注意を払う必要があります。

埋葬に必要な書類

埋葬の際には、死亡届を提出することで発行される火葬許可証・埋葬許可書、そして埋葬先の墓地管理者により発行される墓地使用許可書が必要となります。

ここでは埋葬をする際に必要な書類の申請方法、提出先についてご説明します。

  • 火葬許可証・埋葬許可書

    火葬に際し、必要な書類です。
    死亡届を市町村市役所に提出することで受け取ることが出来ます。

    火葬許可証と埋葬許可証は同一の用紙になります。
    火葬場に火葬許可証を提出、火葬後に証印を捺してもらうことで、火葬許可証を埋葬許可書として扱うことが出来るようになります。
    汚損・紛失のないように大切に保管してください。

  • 墓地使用許可書

    埋葬先の墓地管理者より発行される書類です。
    お墓または納骨堂を使用する権利を示す証書です。
    納骨や改葬、お墓の工事を行う場合などの諸手続きにおいて必要になります。

    墓地使用許可書以外で、お墓の利用権を証明する書類はありません
    他人に貸したり預けたりすることのないようにお気をつけください。
    また、使用者の死亡などによる名義変更は、速やかに使用者の変更手続きを行なってください。

埋葬の流れ

ここでは埋葬の手続きについてご説明いたします。

  • 火葬許可書・埋葬許可書を発行

    まず、医師から死亡診断書・死亡届を受け取ります。
    死亡届に必要事項を記入の上、認印を押印して市町村の役所に提出することで、火葬許可書・埋葬許可書を受け取ることができます。

  • 火葬許可書を提出

    火葬許可証は必ず火葬場の受付や係員にご提出ください。
    火葬後に本紙に証印が捺されることで、埋葬許可書として利用できます。
    火葬後も本書は大切に保管しておきましょう。

    火葬場の対応によっては、骨壷を納める桐箱に埋葬許可証を入れてある場合もあります。
    火葬許可書・埋葬許可証が見当たらないときは、一度骨壷が納められている桐箱をご確認ください。

  • 火葬

    火葬許可証の提出が確認されると、いよいよ火葬の準備が始まります。
    火葬炉の前には祭壇が備え付けられており、火葬場の方で用意された燭台、生花、香炉などが置かれています。
    ここに遺族の方が持参した白木位牌や遺影、花を飾ることが出来ます。

    僧侶が同伴している場合は、祭壇にて読経と焼香を行います。
    僧侶が居ない場合は、火葬場の職員の指示に従い焼香だけを行います。

    火葬時間は一般的に1時間~2時間の時間を要します。
    その間は喪家や遺族の方は火葬場までお越しいただいた方々を控え室にて接待し、歓談をして過ごしましょう。

    また、宗派や慣習によっては火葬中において祭壇に捧げられたお線香や蝋燭を絶やさないようにする仕来たりもあります。
    僧侶や火葬場職員の指示にその都度従い、適切にご対応ください。

  • お墓の用意(お墓がない場合)

    お墓を建てる際には、まずは墓地の手配が必要になります。

    墓地は宅地のように土地そのものを購入・所有することはできません。
    代わりに墓地の利用権を期限無く借りることができる永代使用権の権利を購入することになります。

    墓地に建立する墓石の形状に関しましては、現代において法律上で定められた形状というものはございません。
    利用する墓地の大きさや個人の宗教・宗派、そしてご遺族様の好みなどを考慮して、適切なデザインのものを選択しましょう。

    しかし墓石の吸水率には注意を払う必要があります。
    墓所の所在地の気候状況・自然条件によって適する石材や不適切な石材があります。

    埋葬する墓所に適した石材を選ぶことはお墓を綺麗に保つことだけではなく、これからお墓を維持管理するご家族の負担を減らすことにもなります。
    ですので、可能な限り適切な石材を選びましょう。

  • 埋葬許可書を提出

    火葬場で証印を捺してもらった火葬許可証が埋葬許可証として利用可能です。
    埋葬許可書は、ご遺骨を埋葬・納骨する墓所や霊園や納骨堂に提出します。

    この許可証は、五年間の保存義務があります。
    再発行の申請には手間がかかるため、保管には特に気をつけてください。

  • 石材店・お寺に埋葬の依頼

    石材店に新しく納骨される故人のお名前と戒名を彫刻してもらうように依頼をしましょう。

    また、お墓を新たに建立する際には開眼供養が必要になります。
    石材店への依頼が済み次第、お寺にも埋葬の依頼をしておきましょう。

  • 開眼供養をする

    開眼供養・開眼法要とは、仏壇やお墓や位牌を新しく購入する際に僧侶を招いて読経をする法要であり、入魂式や魂入れとも呼ばれます。

    一方で浄土真宗の場合は開眼供養は営まず、御移徙(おわたまし)と呼ばれる慶事の法要を営みます。

  • 埋葬

    当日は法要が始まる前にお墓の掃除を済ませ、お供え物やお花、お写真や塔婆を飾りましょう。
    その後、石材店による納骨と、僧侶による読経が終わり次第、参列者による焼香が行なわれます。

改葬の手続き

お墓や納骨堂に納められているご遺骨を別のお墓に移したり、お墓ごと新しい埋葬地に移動させることを改葬といいます。
引越しにより埋葬した霊園や墓地が遠くなってしまったり、埋葬地の周囲に在住する継承者がいなくなってしまった場合には、改葬をご検討ください。

改葬を行う際には、ご遺骨が納められている墓地・納骨堂がある市町村で許可を受けなければならないと法律で定められています。

ここでは改葬の手続きを行うために必要な書類や諸手続きについてご説明いたします。

改葬に必要な書類

改葬の手続きには、埋葬許可書・改葬許可書・受入証明書・墓地使用許可書が必要になります。

ここでは、改葬に必要な書類の申請方法、提出の方法をご説明いたします。

  • 改葬許可申請書

    現在の墓地や納骨堂に埋葬されているご遺骨を他の墓所へ移すときに必要な改葬許可書を取得する際に記入する用紙です。
    (代理人が申請する場合は別途承諾書が必要となりますのでご注意ください)

    現在の墓地がある各市区町村役所から申請書を受け取り、必要事項を記入の上、必要な書類と共に定められた窓口に提出してください。

  • 改葬許可証

    現在の墓地がある市町村役場に改葬許可申請書、受入証明書、埋葬証明書を提出することで改葬許可書を発行してもらうことが出来ます。

    この改葬許可書は新しい納骨先に提出してください。

  • 埋葬証明書

    現在の墓地あるいは納骨堂の管理者に改葬する旨を伝え、承諾を得ることで、署名・捺印のある埋葬証明書(納骨証明書)を発行してもらうことができます。

  • 受入証明書

    受入証明書は改、葬先の墓地や霊園の管理者から発行してもらう書類です。
    改葬許可書の申請に必要になります。

  • 墓地使用許可証

    受入証明書と同じく、改葬先の墓地や霊園の管理者から発行してもらう書類です。
    こちらも本書のみが墓地の使用権を証明する書類であるために、決して他人に貸与したり預けることのないようにご注意ください。

改葬の流れ

続いて、新しいお墓に改葬する際の流れについてご説明いたします。

  • ご遺骨の引越し先を決める

    ご遺族様がお墓の管理に都合のよい立地であることは第一です。
    しかし、移転先の霊園・墓所の永代使用権の効力と効力の及ぶ範囲、墓地を利用できない宗教・宗派の有無等、様々な要素を考慮して適切な墓所や霊園を選びましょう。

    移転先が決まり次第、新しい墓所の管理者に受入証明書を発行してもらいます。

  • お寺・霊園の管理者と相談する

    改葬の際には、現在の墓所の管理者の署名と捺印入りの埋葬証明書が必要になります。
    現在の墓所の管理者に、改葬する旨を必ずご相談ください。

  • 必要書類を用意する

    改葬許可申請書を市町村役所で受け取り、必要事項を記入してください。
    こちらの書類を移転先墓所の受入証明書と、現在利用している墓所の発行した埋葬証明書と共に所定の窓口に提出し、改葬許可証を発行してもらうことができます。

  • 石材店に墓石の撤去を依頼する

    墓所は個人の所有物ではなく、永代使用権として墓所管理者から借り受けている形になっております。
    ゆえに、改葬の際に使用しなくなった墓地は、更地の状態に戻して管理者に返還しなければなりません。

    石材店に墓石の撤去を事前に依頼して、撤去日時の打ち合わせを行なっておきましょう。

  • 閉眼供養をする

    墓石の撤去の前に閉眼供養が必要になります。
    埋葬の際に行なった開眼供養により、墓石には仏様の魂が宿っています。
    新しいお墓に移る際にはその魂を抜き取るために僧侶を招いて読経をあげることが必要になり、これを閉眼供養といいます。

    開眼供養を行なわない浄土真宗の場合は遷仏法要(せんぶつほうよう)、もしくは遷座法要(せんざほうよう)といいます。
    こちらも同様に、僧侶を招いて法要の読経を行ないます。

  • ご遺骨を取り出す

    閉眼供養(遷仏法要)を行なった後に、カロートに納められたご遺骨を取り出します。

  • 墓地を更地に戻す

    石材店に墓石を撤去してもらい、墓地を更地に戻します。
    閉眼供養(遷仏法要)を行なった後に墓石を撤去するようにしましょう。

  • 改葬許可書を提出

    改葬許可証は転移先の新しい埋葬先に提出しましょう。
    改葬許可証は埋葬許可証とともに提出後も大切に保管し、汚損や紛失、他人への貸与のないように心がけましょう。

  • 新しいお墓に埋葬

    埋葬後には新しいお墓に魂を入れる開眼法要を、浄土真宗の場合は御移徙を行います。
    改葬の際に元のお寺の檀家をやめてしまっている場合は、転移先が故人と同じ宗派の寺院の墓所であればそちらの僧侶にご依頼ください。

お墓の埋葬に関する疑問

お墓

ここでは埋葬に関してよく耳にする疑問を2つピックアップいたしました。
みなさまの終活の参考材料としてお役立て頂ければ幸いです。

犬や猫などのペットと一緒にお墓に入れる?

近年では、ペットと一緒にお墓に入ることができる霊園も増えてきています。

宗旨・宗派不問の霊園を中心として、ペットと一緒のお墓に入ることが可能な霊園が他にも多くございます。

以下の霊園は、ペットと一緒にお墓に入ることができます。

  • 東京都大田区に所在する安詳寺 久が原庭苑
  • 兵庫県神戸市北区に所在する神戸山田霊苑
  • 宮城県仙台市青葉区に所在するみやぎ霊園

お墓に埋葬する時期は決まってる?

ご遺骨は一周忌までに埋葬するのが一般的です。
しかし、慣習としてあるだけで特に決まっているわけではありません。
ご遺骨が変色しないようになるべく早めに埋葬した方が無難です。

また、法律的にはご遺骨を自宅に安置することは可能です。
葬儀や各種手続きにて時間を取られてしまい、一周忌までに条件に合う霊園・墓所を見つけられなかったり、墓石の建立が間に合わなかった場合でも問題はありません。

例え時間がかかったとしても、ご遺族の皆様や故人が満足できる選択をすることが第一です。

お墓の埋葬まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、お墓の埋葬・改葬の手順や費用について以下のことを解説させていただきました。

  • 納骨にかかる費用は5万円~12万円。ただし墓石の構造や墓地の状況によっては追加の納骨作業費が必要になることがある。
  • 埋葬に必要な書類は火葬許可証・埋葬許可証、墓地使用許可証。火葬許可証は火葬場で証印を捺印してもらうことで埋葬許可証として利用できるようになる。
  • 改葬とは墓地を移転すること。法律上、改葬には市町村から発行される改葬許可証が必須となる。
  • 改葬に必要な改葬許可証は、現在の墓地がある各市区町村役所から改葬許可申請書と、現在の墓地管理者に発行してもらう埋葬証明書、改葬先の受入証明書の提出が必要。
  • 近年では宗旨・宗派不問の霊園を中心として、人とペットが一緒にお墓に入れる霊園が増えている。
  • ご遺骨をお墓に納骨する期限・時期に決まりはなく、法律的にはご自宅で安置することも可能である。

以上のように、埋葬や改葬までにかかる手続きは大仕事です。
故人のためを思えばこそ、ついつい感情や気持ちが急いてしまいがちになります。

しかし、ご家族様ならびに故人にとって何より大切なことは、心残りのないようにお別れを済ませることです。

本ページを参考に埋葬までの流れを確認していただくことで、ご家族様が少しでも長い時間、故人とのお別れをする心や時間の余裕を提供するお手伝いが出来れば何よりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・埋葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・埋葬」についてさらに知りたい方へ

少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!のサムネイル画像

少し特殊?浄土真宗式のお墓を買う時に読んでください!

お墓ディレクターってどんな資格なんだろう?のサムネイル画像

お墓ディレクターってどんな資格なんだろう?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

桜の下に眠るお墓?自然葬の一種である桜葬について徹底解説します!のサムネイル画像

桜の下に眠るお墓?自然葬の一種である桜葬について徹底解説します!

QRコード付きのお墓とは?最新のお墓事情に迫ります!のサムネイル画像

QRコード付きのお墓とは?最新のお墓事情に迫ります!

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介のサムネイル画像

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介

お墓の引越しに必要な事は?その手順と注意点および費用まとめのサムネイル画像

お墓の引越しに必要な事は?その手順と注意点および費用まとめ

納得のお墓選びは”見学”がカギ!霊園選びのポイントをまとめましたのサムネイル画像

納得のお墓選びは”見学”がカギ!霊園選びのポイントをまとめました

お墓の基礎工事の費用相場がどれくらいか解説します!のサムネイル画像

お墓の基礎工事の費用相場がどれくらいか解説します!

お墓を生前に決める【終活】について教えます!のサムネイル画像

お墓を生前に決める【終活】について教えます!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・埋葬」についてさらに知りたい方へ

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

お墓の香炉の選び方について解説!種類や価格についてまとめましたのサムネイル画像

お墓の香炉の選び方について解説!種類や価格についてまとめました

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓と納骨堂、どっちに遺骨を安置すればいいのか?のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちに遺骨を安置すればいいのか?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと