年賀状の一言メッセージの文例を相手との関係別に紹介!

年賀状の一言メッセージの文例を相手との関係別に紹介!

師走の忙しい時期にしなければいけないことの1つに、年賀状の準備があります。年賀状は印刷するだけで済ませる方も多いのですが、一言メッセージが添えられていると嬉しいものですよね。今回はそんな年賀状に添える一言について、関係性別に文例をご紹介したいと思います。

最終更新日: 2020年12月14日

年賀状の一言メッセージについて

人々

毎年12月になると、年賀状の準備を始める方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
いざ準備し始めると、悩ましいのが年賀状に添える一言メッセージです。
年賀状を受け取ったときに、一言添えられていると嬉しいのですが、書く側になると、何を書いてよいのか頭を悩ませてしまいますね。
そこで今回は、年賀状の一言メッセージについてマナーや文例を含めてご紹介したいと思います。

  • 年賀状のマナーって何かあるの?

    年賀状の賀詞や送る期間について詳しく解説します。

  • 年賀状の一言メッセージの文例をご紹介します

    年賀状の一言メッセージを相手との関係別や内容別で詳しく解説します。
    また、災害に遭われた方に送る場合についてもご紹介します。

  • 年賀状で結婚の報告を兼ねる場合の注意点

    年賀状に結婚報告を兼ねる場合の一言メッセージについてご紹介します。

以上の3点を軸に話を進めていきたいと思います。

今回は、年賀状の一言メッセージの文例を相手との関係性や内容別に多く紹介していきます。
今年こそ年賀状に一言メッセージをしっかり書きたいと考えている方には、ぴったりの内容になっていますので、ぜひ最後までご拝読くださいませ。

年賀状のマナー

年賀状

毎年当然のようにやり取りをしている年賀状ですが、年賀状のマナーは何かあるのでしょうか?

賀詞とは

年賀状には賀詞が付きものです。
賀詞とは、「祝いの言葉」という意味がありますが、もっとわかりやすく「祝辞の決まり文句」と言い換えることができます。
年賀状における賀詞は以下のようなものがあり、必ず入れておくと良いでしょう。

  • 謹賀新年

  • 迎春

  • 明けましておめでとうございます

  • Happy New Year

以上のような賀詞が挙げられます。
しかし、賀詞は目上の人に使えないものがあるので注意が必要です。

以下の記事では年賀状を書く時のNGワードや賀詞の注意点についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

年賀状を送る期間について

年賀状を送る期間については特別なマナーはあるのでしょうか?

せっかく出す年賀状ですので、元日に受け取ってもらえるように送りたいものですよね。
元日に届けるためには、毎年12月15日から25日までに年賀状を出すようにしましょう。

一方で、事前に年賀状を出していなかった方から元日に年賀状をいただくこともあります。
その場合には早めに返事を書き、遅くとも1月7日の松の内までに年賀状をお返しすると良いでしょう。

年賀状の一言メッセージの文例

年賀状

それでは、年賀状を出すにあたって、どんな一言メッセージを添えたら良いのでしょうか?
ケースごとに一言メッセージの文例を紹介したいと思います。

相手との関係別

まずは、相手との関係性別にご紹介していきます。

会社の先輩・上司・社長の場合

同じ会社の先輩や上司、社長などの場合には、どんなに親しい間柄であっても失礼のない言葉を添えたいものです。
具体的な目標や感謝の言葉などを入れると、より好印象の残るメッセージになります。

  • 今年は入社○○年目 これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります

  • 部の営業成績を維持するために 今年も一層のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします

  • 今年は○○の資格を取得し 業務の幅を広げていこうと思います

取引先の場合

取引先への一言メッセージは、とにかく失礼のないように気をつけたいものです。
これまでのお付き合いに感謝して、次の年も一層良い関係を続けられるようにということを書くと良いでしょう。

  • 旧年中は格別のお引き立ていただきましたこと厚く御礼申し上げます

  • 本年も変わらぬ御愛顧のほどよろしく申し上げます

親戚

遠方にいてなかなか会えない親戚には、ご機嫌伺いとこちらの近況報告を兼ねると良いでしょう。

  • ご無沙汰しておりますが皆様お変わりありませんでしょうか

  • こちらはお陰さまで家族一同元気に新年を迎えております

友達

それでは、親しい友人に向けてはどんな一言メッセージを添えたら良いのでしょうか?
相手の家族の目に入ることだけを忘れなければ、ざっくばらんなメッセージでも大丈夫でしょう。

  • 今年も(今年こそ)飲みに行きましょう!

  • 今年はゆっくり会って話したいです

一言メッセージの内容別

先ほどまで、相手との関係別の一言メッセージ例を挙げました。
ここからは関係性ではなく、メッセージの内容別に文例を挙げていきたいと思います。

感謝

普段面と向かってはなかなか言えない感謝の気持ちも、年賀状の一言メッセージなら気負わず伝えることができます。

  • 旧年中はお世話になりありがとうございました

  • いつも応援ありがとうございます

  • いつも感謝しております

健康や相手への気遣い

健康を気遣うメッセージは、あまり大げさにならないように伝えるのが良いでしょう。

  • どうかご自愛ください

  • ご健勝をお祈りしております

  • お変わりなくお過ごしのことと存じます

子供の成長などの近況報告

ご自分の子供の成長や家族の出来事について近況報告をしたい場合、どのような一言メッセージを添えたら良いでしょうか?

  • お陰さまで長男○○も小学校入学の年になりました

  • 昨年は新しい家族が増えました

  • 転居して初めて迎えるお正月を過ごしております

災害に遭われた方に送る場合

近年日本では自然災害が多く発生しています。
被災された方に対しては年賀状自体を送って良いものなのか、苦慮される方も多いのではないでしょうか。
被災された方の中には、新年をお祝いするような気持ちにはなれないけれど、年賀状やお見舞い状が届いたら嬉しい感じる方も多くいらっしゃいます。
もし、年賀状を送ることが憚られるようであれば、年内に「お見舞い状」を送るか、年が明けてから「寒中見舞い」として挨拶状を送るのも良いでしょう。

もし被災された方に向けて年賀状を送る場合には、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

まずは、一般的な決まり文句の賀詞を「年頭のご挨拶を申し上げます」と書き換えます
これは、被災された相手方が正月をお祝いする心境かどうか計りかねるためです。

また、「頑張れ」という励ましの言葉は、すでに頑張っている相手の気持ちを重たくさせてしまうこともあります。
復興や幸福を願い、相手の気持ちを思いやるようなメッセージを書き添えると良いでしょう。

  • 一日も早く生活が回復し 明るい年になりますことをお祈り申し上げます

  • 幸多き一年になりますように

年賀状に結婚の報告を兼ねる場合

wedding

年賀状で結婚の報告も兼ねる場合には、どんな一言メッセージを添えると良いのでしょうか?

  • 昨年 私たちは結婚式を挙げ新生活をスタートさせました
    未熟者の二人ではありますが 今後もご指導のほどよろしくお願い申し上げます

  • 結婚して初めてのお正月を迎えました
    これからもどうぞよろしくお願いいたします

結婚報告を兼ねる場合には、一言メッセージの他に、旧姓と新しい姓を併記したり、新居の住所や連絡先も記載するとわかりやすいでしょう。

年賀状の一言メッセージまとめ

年賀状

ここまで年賀状の一言メッセージについて、相手との関係や内容別の文例をご紹介してきました。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 年賀状に使う賀詞とは?

    年賀状には、賀詞という決まり文句が付きものです。
    「謹賀新年」や「迎春」、「明けましておめでとうございます」などの言葉が賀詞にあたります。

  • 年賀状を元旦にとどけるには?

    年賀状は元旦に届けて欲しい場合には、12月15日から25日の間に投函するようにしましょう。
    年賀状をお返しするのが年明けになる場合には、1月7日の松の内までに相手に届くように出すのがマナーです。

  • 相手との関係別の一言メッセージの文例

    会社の先輩や上司に向けては「今年は入社○○年目 これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります」というように、具体的な目標などを挙げて書き添えます。
    取引先に対しては「旧年中は格別のお引き立ていただきましたこと厚く御礼申し上げます」というように、これまでの付き合いに対する感謝や今後も良い関係を築けるようにというメッセージを書きましょう。

  • 内容別の一言メッセージの文例

    日頃直接言えない感謝を伝えたいときは、「いつも感謝しております」と、率直なメッセージを書き添えると良いでしょう。
    健康や相手への気遣いを表わしたいときは、「どうかご自愛ください」や「ご健勝をお祈りしております」といった言葉を使います。
    子供の成長などの近況報告では、「長男○○は小学校入学の年になりました」などと、具体的な事柄を書き添えるとわかりやすいでしょう

  • 災害に遭われた方に送る場合

    災害に遭われた方に年賀状を送る場合には、いくつか配慮が必要です。
    年賀状は基本的には新年を祝うためのものなので、気になる方は年内に「お見舞い状」を送るか、年が明けた後に「寒中お見舞い」を送ります。
    年賀状として送る場合には、賀詞の替わりに「新年のご挨拶を申し上げます」と書き、「幸多き一年になりますように」といった一言を書き添えます。

  • 年賀状で結婚の報告を兼ねる場合

    年賀状で結婚の報告をする場合には、旧姓や新しい住所や連絡先を忘れずに記載するようにしましょう。
    「結婚して初めてのお正月を迎えました これからもどうぞよろしくお願いいたします」といったわかりやすい一言メッセージを添えると好印象です。

以上が、年賀状の一言メッセージについてのまとめとなっています。

親しい友人であればあまり気にしないで添えられる一言メッセージですが、目上の方や被災された方に対しては、失礼にならないように気をつけたいものですね。

「終活ねっと」では他にも年賀状のマナーについて、役立つ記事をたくさん掲載しています。
特に、年賀状の期間については、以下の記事で詳しく解説されています。
ぜひ「終活ねっと」をお役立てくださいませ。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事