年賀状で目上の人に賀正は失礼?正しい使い方や賀詞を紹介!

年賀状で目上の人に賀正は失礼?正しい使い方や賀詞を紹介!

年賀状には一般的に新年を祝う言葉を添えますが、その1つとして賀正が挙げられます。年賀状に使う賀正の意味や正しい使い方や注意点をご存知でしょうか?今回は賀正の意味や使い方について詳しく解説します。また、目上の人に使うべきでない賀詞についてもご紹介します。

最終更新日: 2020年12月11日

年賀状の賀正について

年賀状

年末からお正月にかけての行事といえば年賀状ですよね。
年賀状には、あけましておめでとうをはじめとする、お正月ならではの挨拶を入れますが、その1つに賀正があります。
賀正の意味や使う時の注意点をご存知でしょうか?

今回の「終活ねっと」では、賀正の意味や賀正の使い方について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 賀正の意味とは何なのか

  • 友人や目上の人に対する賀正の使い方

  • 友人や目上の人に使える賀詞の紹介

  • 賀正が使えるのはいつまでなのか

賀正の意味や正しい使い方を理解し、年賀状を書く際の参考にしてみてはいかがでしょうか?
賀正だけでなく、年賀状でよく見るお祝いの言葉の意味や使い方についても解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

賀正は賀詞のひとつ

年賀状

年賀状には、賀正をはじめ、謹賀新年・迎春・寿などの新年のお祝いの言葉を添えるのが一般的です。
新年のお祝いの言葉をまとめて賀詞(がし)といいます。
賀詞には様々な言葉がありますが、用途に合わせて自分らしい言葉を選ぶとよいと思います。

また、年賀状の歴史は古く、平安時代が始まりといわれています。
最初は、年始にお世話になった方々へ挨拶をして回っていたそうですが、江戸時代には知り合いが増えていったこともあり、書状で挨拶を済ませることも多くなってきました。

この挨拶状が年賀状のルーツだといわれています。
現在では、メールや電話で年始の挨拶を済ませることが多くなってきましたが、それでも年賀状のやり取りをする習慣は今でも根付いています。

賀詞とは

賀詞とは、お祝いの言葉・祝詞を指します
元々賀詞は、年賀状の時以外にも使われていましたが、現在は年賀状の時に使う場合がほとんどです。
賀詞には大きく分けて以下の5種類があります。

  • 1文字の賀詞

    寿・春・福など

  • 2文字の賀詞

    賀正・迎春・新春など

  • 4文字の賀詞

    謹賀新年・恭賀新年・謹賀新春など

  • 文章の賀詞

    あけましておめでとうございます・新年おめでとうございますなど

  • 外国語の賀詞

    Happy New Year など

賀詞にはたくさんの言葉があり、ひとつひとつ意味が違います。
そのため、相手によって賀詞を使い分ける必要があります。

賀正の意味

賀詞のひとつである賀正は、新年を祝うこと・年賀状に用いる語という意味です。
賀正の賀は喜び祝う・喜びたたえるという意味で、その賀に正月の正を合わせた言葉が賀正です。
つまり、賀正は正月を祝うという意味があるということですね。

賀正にはあけましておめでとうの意味がある

年賀状のよくある間違いとして、賀詞の重複があります。
今回のテーマである賀正とあけましておめでとうはどちらも正月を祝う意味になるため、一緒に使ってはいけません。

年賀状では印刷で賀正と書き、手書きであけましておめでとうと書く場合もあるかと思いますが、その場合でも一緒に使うことは避けたほうが好ましいと思います。

そのほかに、よくある賀詞の重複例として、新年あけましておめでとうがあります。
明けるは、梅雨明けや夜勤明けともいうように、特定の期間が終わって通常に戻ることを意味しています。
したがって、新年あけましておめでとうと言うと、新年が終わったことになってしまうのです。

賀正は友人に使ってもいいの?

年賀状

賀正とは、正月を祝うという意味を簡単に表しただけで、相手への敬意を表すには欠けています。
友人には向いている言葉といえるでしょう。
友人以外にも同僚や後輩など、自分と対等もしくは目下の人に使うのが適切です。

友人に使える賀詞

賀正以外にも友人に使える賀詞を紹介します。
友人等には祝うという意味だけを持つ、1文字もしくは2文字の賀詞を使うとよいでしょう。

シンプルな意味の賀詞を使うことでカジュアルな印象を与えることができます。
あけましておめでとう・Happy New Yearなどの文章の賀詞・外国語の賀詞は万人に使えます。

賀詞 意味
寿 おめでたいこと、祝い
幸せ
喜び祝う
新年
賀春 新年を祝う
初春 新年
慶春 新年を喜ぶ
迎春 新年を迎える

春という漢字が使われている賀詞が多くありますが、春というのは春になりましたねという想いが込められています。

旧暦で元日ごろは立春だったことから、賀詞には春が多用されています。
ちなみに、現在の立春は年によって日にちが変わりますが、2月4日頃が立春です。

賀正は目上の人には使うべきでない

年賀状

目上の人には、敬意を表す意味を含んでいる4文字の賀詞を使うのが適切です。
賀正は2文字で、正月を祝うというシンプルな意味なので、目上の人には賀正は失礼にあたります。
目上の人には以下のような賀詞を使うとよいでしょう。

賀詞 意味
謹賀新年 謹んで新年をお祝い申し上げます
恭賀新年 恭しく(うやうやしく)新年をお祝い申し上げます
新春来福 新しい年に福が来ることをお祈り申し上げます

謹賀新年の謹は言動に注意してかしこまる・丁寧にするという意味があります。
謹賀新年には賀正にはない、敬意を示す謹が含まれていることで目上の人を敬う気持ちを表しているのですね。

恭賀新年も謹賀新年と似たような意味を持ちます。
恭しい(うやうやしい)とは丁寧で礼儀正しいという意味があります。

また、目上の人に使う、文章の賀詞としては、「謹んで初春のお慶びを申し上げます」「謹んで新年のお祝いを申し上げます」などが好ましいでしょう。

以下の記事では、年賀状を書く時の注意点についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

年賀状に賀正はいつまで使える?

困った人々

賀正をはじめとする新年の挨拶が使えるのは、一般的に松の内までとされています。
松の内とは、門松を飾っておく期間の事です。

松の内は一般的に1月7日までを指します。
ただし、昔は松の内は1月15日までだったこともあり、地域によっても異なるようです。

年賀状の賀正まとめ

年賀状

いかがでしたでしょうか?
今回の「終活ねっと」では、年賀状に賀正を使う時の注意点や意味を中心に解説してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 賀正は賀詞のひとつで、意味は新年を祝うこと・年賀状に用いる語である。賀正はあけましておめでとうと重複して使ってはいけない。また、賀正は友人に使うのが正しい。

  • 1文字の賀詞として、寿・春・福が挙げられ、友人・同僚・後輩などに使うのが望ましい。2文字の賀詞として、賀正・迎春・賀正・迎春・新春が挙げられ、友人・同僚・後輩などに使うのが望ましい。4文字の賀詞として、謹賀新年・恭賀新年・謹賀新春が挙げられ、目上の人に使うのが望ましい。

  • 文章の賀詞や外国語の賀詞として、あけましておめでとうございます・新年おめでとうございます・Happy New Yearなどが挙げられます。

  • 賀正をはじめとする新年の挨拶が使えるには一般的には1月7日までである。

賀正は新年を祝うというシンプルな意味で、友人や後輩などに使うのに適しています。
また、賀正は賀詞の中のひとつで、賀詞は相手によって使い分けをする必要があります。

目上の人に年賀状を書く際は、賀詞に気を付けて書いたほうが礼儀正しい印象を与えることができます。
ぜひ、年賀状を書く際には参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、「終活ねっと」では、年賀状に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、年賀状を元旦に届ける方法や年賀状の販売期間について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 上司や取引先へのビジネス年賀状の文例を紹介!送る際のマナーも解説のサムネイル画像
    上司や取引先へのビジネス年賀状の文例を紹介!送る際のマナーも解説

    近年、年賀状を書く人が減っていますが、ビジネスにおいては未だに年賀状を書く機会はあります。しかし、ビジネス年賀状には文例やマナーがある事をご存知ですか?この記事ではビジネス年賀状の文例やマナーについて、作成のヒントになる例文も交えながら解説していきます。

  • 年賀状を送る意味や由来とは?年賀状の賀詞・絵の意味もご紹介!のサムネイル画像
    年賀状を送る意味や由来とは?年賀状の賀詞・絵の意味もご紹介!

    最近少しずつ減ってきているようですが、まだまだ根強い文化の一つである年賀状。年末年始になると、「そろそろ年賀状を準備しなきゃ」という気持ちになりますが、送る意味や由来を知っていますか?今回は年賀状を送る意味や由来、賀詞や絵の意味も紹介します!

  • 年賀状を書く時のngワードってなに?賀詞や書く時の注意点も紹介のサムネイル画像
    年賀状を書く時のngワードってなに?賀詞や書く時の注意点も紹介

    年賀状を書く時、マナーや賀詞の意味などを意識していますか? 特に目上の方に送る際には、ngワードを避け、失礼の無いようにしたいものですよね。 今回の記事では、年賀状を書く時に知っておきたい賀詞の意味や注意点、ngワードをご紹介します。 ぜひ最後までご覧ください。

  • 年賀状で句読点はなぜNG?つけてしまった時の対処法を解説します!のサムネイル画像
    年賀状で句読点はなぜNG?つけてしまった時の対処法を解説します!

    年賀状はとても身近な存在ですが、句読点の使用がNGということをご存知でしょうか?今回の記事では、なぜ年賀状で句読点をつけてはいけないのか、その理由とともに間違えて句読点をつけてしまった時の対処法についても解説していきます。

  • 年賀状に使う迎春の意味とは?迎春の使い方や賀詞についても解説!のサムネイル画像
    年賀状に使う迎春の意味とは?迎春の使い方や賀詞についても解説!

    年賀状に「迎春」という賀詞を使われている人も多いと思います。年賀状における「迎春」の意味はどういうものなのでしょうか?今回の記事では年賀状で使われる「迎春」の意味や使い方を、賀詞の種類や使い方のマナーについて触れながら解説していきます。

  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像
    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 上司に年賀状を送るときのマナーは?書き方や例文・一言も紹介!のサムネイル画像
    上司に年賀状を送るときのマナーは?書き方や例文・一言も紹介!

    上司に年賀状を送るときのマナーをご存知ですか?友人に年賀状を書くときとは違い、書き方を間違えると失礼となることもあります。そこで今回は上司に年賀状を送るときの書き方や例文などをご紹介いたします。最後までご覧いただきぜひ参考にしてください。

  • 年賀状の謹賀新年と恭賀新年の違いや使い方を詳しく紹介します!のサムネイル画像
    年賀状の謹賀新年と恭賀新年の違いや使い方を詳しく紹介します!

    年賀状を出したことがある人なら、謹賀新年や恭賀新年の文字を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?実はこの二つの賀詞には違いがあることをご存知ですか?今回はそんな年賀状の謹賀新年と恭賀新年の違いや使い方を詳しく紹介していきます。

  • 年賀状の賀詞って何?賀詞の選び方や注意点も紹介します!のサムネイル画像
    年賀状の賀詞って何?賀詞の選び方や注意点も紹介します!

    年賀状は年の初めの大切なご挨拶です。特に目上の方には失礼のないよう気を配りたいものですね。年賀状の作成には「賀正」などの賀詞(がし)が欠かせませんが、皆さんはきちんと使いこなせていますか?ここでは賀詞の意味や使い分け、使用の際の注意点まで解説したいと思います。

  • 年賀状の一言メッセージの文例を相手との関係別に紹介!のサムネイル画像
    年賀状の一言メッセージの文例を相手との関係別に紹介!

    師走の忙しい時期にしなければいけないことの1つに、年賀状の準備があります。年賀状は印刷するだけで済ませる方も多いのですが、一言メッセージが添えられていると嬉しいものですよね。今回はそんな年賀状に添える一言について、関係性別に文例をご紹介したいと思います。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事