アオリイカ釣りのコツは?仕掛け・時間・道具を解説!

一時期は大ブームとなったアオリイカ釣り。ここではその魅力に迫り、陸からアオリイカを釣り上げる方法を解説します。

目次

  1. アオリイカ釣り
  2. エギ(餌木)の釣り
  3. ウキ仕掛けの釣り
  4. ヤエン仕掛けの釣り
  5. おわりに

アオリイカ釣り

アオリイカ

どの魚釣りにも言えますが、このアオリイカ釣りも奥が深く釣り人を熱くさせます。

今も進化し続ける アオリイカ釣りの仕掛け

ヤエン釣りを筆頭にこのアオリイカ釣りは掛けてからのやり取りにハラハラドキドキします。
つまりアオリイカはバレやすい釣りものであるという事です。

勿論バレやすいという意味では、
コツを掴んだ釣り人やその道を極めた釣り人には当てはまらないですが
それまでの道のりはやはりハラハラドキドキであったと思われます。

それ故にこのアオリイカ釣りに至る、仕掛けやルアーは年々と進化していきました。
取り込みの確率を高められるような仕掛けや、
スレたアオリイカを如何に釣るかの目的でエギのバリエーションも今では豊富になりました。

活きエサにアジ

アオリイカ釣りのエサは生きたアジが主流です。
活きアジは釣りエサ屋で購入したり、
サビキ釣り等で釣り上げたアジをアオリイカのエサとして流用します。

またエサのアジを生かしておく為に、
エアーポンプでバケツ内に空気を送り込んでおく事が必要です。
これはアジを弱らせないように、常に活きの良いアジを保つ方法です。

エアーポンプとバケツが一体化した便利アイテムもあるので、
余裕があればそちらもオススメします。

サビキ釣りでのエサ確保

アオリイカ釣りではアジ以外にサバ・コッパグレ(メジナ)・ネンブツダイ等々の
魚もエサとして使えます。

サビキ釣りでアオリイカのエサを確保する場合は、アジ以外の魚もキープしておくと良いです。

エギ(餌木)の釣り

アオリイカを釣る方法のひとつで、ルアーのエギ(餌木)について解説致します。

アオリイカ釣りのルアー「エギ」

アオリイカ釣りをルアーで狙うのならエギを使います。
エギは本体の前部下方にオモリを装着しています。
これにより海中での姿は、頭から海底に向かって沈んでいきます。

エギの後方にはカンナ針があり、ここにアオリイカを刺し掛けます。

針にカエシが無いタイプがほとんどで、ヒットしてからのやり取りには糸を緩めずに
且つロッドのテンションも緩めずにアオリイカをリールで巻き寄せます。

エギは海中での動きの特性を生かして、
アオリイカ釣りではシャクリというアクションを掛けます。

シャクリとはロッドを素早く大きく動かす事により、
海中のエギはピンと浮き上がった後に頭からゆっくりと沈下して行きます。

この動きがアオリイカを刺激しエギに興味を持ちます。

ウキ仕掛けの釣り

ウキを使用したアオリイカ釣りをご紹介します。

アオリイカのウキ釣り

ウキ釣りでのエサに活きアジを使います。
ウキを使う釣りになりますが、アタリはアオリイカからの魚信だけではありません。

仕掛けを投げ入れしばらくすると、エサのアジにアオリイカが近づけば
アジは身の危険を感じて必要以上の遊泳の大きい泳ぎをします。

その時、ウキはアジの動きも感知して上下に動きます。
このウキの動きこそが、エサのアジにアオリイカが近づいている証拠になります。

ささめ針(SASAME) イカのりのり天国スーパークリア天秤式
ささめ針(SASAME) イカのりのり天国スーパークリア天秤式

商品価格¥345 - ¥432

天秤式のイカ釣り仕掛けです
針のサイズを選択できます

この商品を購入

アタリからアワセのポイント

ウキが上下するような動きを見せた後、アオリイカがアジを抱けば
ウキはスーッと沈んでいきます。

これがアオリイカのアタリです。

この時、早アワセは禁物です。
しっかりとアオリイカにアジを食わせるようにしばらく待ちます。

沈んだウキが上がって来なくなったら竿をソフトに大きくアワセます。
ズシンという重みを感じたら、やがてアオリイカ独特の引きが始まります。

アオリイカの身切れを防ぐ為に強引なやり取りは良くありません。
基本はアオリイカが強く引く時はリールは巻かず、引きの感触が重みだけの時だけリールを巻きます。

HARIMITSU(ハリミツ) アオリイカ ウキ釣 Vハナカン V-3H
HARIMITSU(ハリミツ) アオリイカ ウキ釣 Vハナカン V-3H

商品価格¥ 1,678

ウキと仕掛けがセットになって便利です

この商品を購入

ヤエン仕掛けの釣り

コツのいるヤエン釣り。少々難しいからこそ釣り人を魅了します。

ヤエン投入がキモの釣り

このヤエン仕掛けは、リールのラインの先にアジを引っ掛けるハナカンや釣針、
直接アジにラインを結ぶ方法があります。

つまり竿とリール、ラインにアジというシンプルな仕掛けです。

アジの身切れをしないように柔らかに海へ投げ込みます。
アオリイカがアジを抱けば、リールのラインが引き込まれます。

ロッド・リール操作でアオリイカを近くまで引き寄せたところで、
ラインにヤエン針をセットします。

このヤエン針がアオリイカまでしっかりと届き
フッキングできるかが、この釣りの難しさであり魅了されるポイントです。

おわりに

アオリイカ

アオリイカは大型になると2~3キロ近いのが釣れます。
そのような場合は、タモ網や専用ギャフで引っ掛けて取り込みます。

アオリイカにバレるかバレないか、スリルと興奮を味わえる面白い釣りです。
お仲間を誘ってアオリイカ釣りに行かれてみてはいかかでしょうか?

「アオリイカ・釣り」に関連する記事

「アオリイカ・釣り」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと