私、老人になりました。住宅はどうしましょう?

自分自身が老人となり、今後の住宅を考えるときがきました。元気で自立した生活のために、老人の住宅の種類、補助、国や各自治体の取り組みなどをご紹介します。

目次

  1. 老人の住宅って一口にいうけれど
  2. シルバーハウジングとサ高住
  3. 老人の住宅 各地の取り組み
  4. 在宅支援
  5. 老人の住宅 まとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

老人の住宅って一口にいうけれど

厚生労働省の政策レポート「高齢者の住まい」に、老人の住宅には「福祉施策の観点から厚生労働省において普及を進めている特別養護老人ホームなどの施設」と「国土交通省において普及を進めている高齢者向け賃貸住宅」の大きな二つの流れがあると紹介されています。

簡単にいうと「介護施設」と「賃貸住宅」といってもよいでしょうか。

ここでは主に、老人の「賃貸住宅」について確認します。

マンション

シルバーハウジングとサ高住

政策レポートの老人の「賃貸住宅」には「シルバーハウジング」、「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」、「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」、「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」が挙げられています。

そこで、「シルバーハウジング」と、高優賃、高円賃、高専賃は、2011年に「高齢者の居住の安定確保に関する法律」が改正され、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」に一本化されたので、「サービス付き高齢者向け住宅」について、それぞれの特徴、補助をみてみましょう。

シルバーハウジング

シルバーハウジングとは

老人の住宅のひとつである「シルバーハウジング」とは、1987年、当時の建設省(現在の国土交通省)と厚生省(現在の厚生労働省)が取り組んだシルバーハウジング・プロジェクト事業に基づき推進されてきた高齢者向けの公営の賃貸住宅のことです。

老人の住宅として、地方公共団体、都市再生機構、住宅供給公社が、床面の段差をなくし、手すりを設けるなど、住宅のバリアフリー化と、市区町村の委託を受けた生活援助員(ライフサポートアドバイザー)による日常生活支援サービスを提供し、老人が自立した生活を送れるように取り組みます。

シルバーハウジングの特徴

「シルバーハウジング」は、主に60歳以上で低所得の老人向けの集合住宅です。朝日新聞2014年1月18日夕刊には、2013年3月末現在、全都道府県に2万4260戸とあります。

家賃は年間所得に応じて補助があり、月額1万~10万円程度です。入居希望者は地方自治体の窓口に申請します。

抽選で、ときには倍率が100倍以上になります。

基本的に自分のことは自分でできる、自立した高齢者が対象なので、介護が必要な方は、自己負担で介護サービス受けることになります。

また、介護度が高くなると転出することになります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

サービス付き高齢者向け住宅とは

「サ高住」とは、老人のための住宅で、バリアフリーに対応し、生活相談員が常駐し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供します。

国土交通省・厚生労働省の共管による制度で、急速に進む高齢化に対応し、老人の住宅を確保する目的で創設された都道府県知事への登録制度の住宅です。

政府が目指す、老人が住み慣れた地域で最期の時までを過ごす「地域包括ケア」を主軸に、自宅に代わる新たな住まいとして設けられました。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

老人向けの賃貸住宅「サ高住」で月額にかかる費用は家賃・管理費・食費・水道光熱費・生活サービスの提供費などがあり、月額利用料は10万円前後です。

現状では有料老人ホームの数が勝っていますが、サ高住への新規参入業者に対しての助成制度によって民間の参入が増え、毎月数千戸規模で増加しています。

サ高住と有料老人ホーム

「サ高住」は賃貸借契約で、有料老人ホームにあるような入居一時金の代わりに、敷金・礼金がかかりますが、多額の入居金を必要とせずに住宅が確保しやすくしています。

在宅介護事業所が併設されていることが多く、いざ介護が必要になった場合も安心です。

しかし、介護サービスを外注としていることや、介護度の低い老人の方の入居が多い傾向にあるので、介護度が高くなったり、認知症や胃ろうなどの重度な疾病が発症した場合などには介護施設などへ移転しなくてはならない場合があるので、入居時によく確認する必要があります。

老人の住宅 各地の取り組み

以上、老人の住宅のうちの「シルバーハウジング」と「サ高住」についてご紹介しました。
では、各自治体の具体的な取り組み、補助などをみてみましょう。

大阪の場合

大阪の老人の住宅は、シルバーハウジング・プロジェクト事業による、府や市町による優先的な賃貸募集、安否確認と生活相談のついた「シルバーハウジング」のほか、ご自宅をお持ちの方で、バリアフリー改造や住みかえの費用が必要な方へ、シニア(50歳以上)のマイホームを借上げて転貸し、安定した賃料収入の保証など、多岐にわたる助成制度を設けています。

詳しくはOsakaあんしん住まい推進協議会(http://www.osaka-anshin.com/)で確認できます。

川崎市の場合

川崎市のシルバーハウジング

川崎市の老人の住宅への取り組みは、シルバーハウジング・プロジェクト事業として公営住宅法に基づき川崎市営住宅(シルバーハウジング等)を整備しました。「シルバーハウジング」は市内に32カ所の住宅を用意しています。

川崎市の高齢者向け優良賃貸住宅

また、川崎市は老人の住宅として、民間土地所有者等の建設した高齢者向けの良質な賃貸住宅を、一定期間公的賃貸住宅として活用する「高齢者向け優良賃貸住宅」の制度があります。

これは60歳以上の高齢単身者及び老人の夫婦世帯が対象です。入居者負担月額は4万円台からで、収入に応じて家賃補助が受けられます。

家賃のほか、共益費、別途契約の緊急通報サービス費用等が必要になります。

敷金は必要ですが、礼金、更新料は不要です。

詳しくは川崎市ホームページ(http://sc.city.kawasaki.jp/)で確認できます。

横浜市の場合

横浜市には、老人の方が安全で安心して居住できるようバリアフリー仕様で整備された、民間の賃貸住宅を市が公的賃貸住宅として認定した住宅「高齢者向け優良賃貸住」があります。

入居対象は60歳以上の方で、緊急時対応サービスや安否確認サービスなどが受けられます。

また、入居される世帯の所得が一定以下の場合、家賃の補助が受けられます。

詳細は(http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/housing/minju/kouyuchin/#kou6)で確認できます。

東京都の場合

東京都はシルバーピア

東京都の老人の住宅には、都営住宅「シルバーピア」があります。シルバーハウジング・プロジェクト事業への取り組みとして、高齢者向けに造っている、1990年以降に建設された都営住宅の一部に併設された都営住宅です。

シルバーピアの特徴

東京都、市区町村、UR都市機構、東京都住宅供給公社が協力して運営することにより、老人が安心して生活できるようにサポートしています。

入居条件は、都内に3年以上居住している65歳以上の独居者や夫婦などを対象とし、年間所得が、二人世帯で359万6000円、単身者の場合は321万6000円を超えないことなどがあります。

持ち家のある人は入居できないなど、条件に関しての詳細は東京都都市整備局(http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/j)で確認できます。

在宅支援

ここまでは、主に老人向けの賃貸の集合住宅の取り組みの紹介でした。

では、戸建ての老人の住宅が多い地域ではどんな支援、補助があるのか、青森県八戸市の取り組みを例に確認しましょう。

八戸市の場合

八戸市の介護予防・日常生活支援総合事業

八戸市では、2016年10月から新たに「介護予防・日常生活支援総合事業」を始めました。

内容は、介護予防に取り組みたい老人の方は、地域包括支援センターサブセンターや在宅介護支援センターの職員等と相談しながら、ケアプランに沿って総合事業のサービスを利用できます。

また、具体的な在宅生活支援として、おおむね65歳以上で、ひとり暮らしの高齢者、老人のみの世帯の方、家族の援助を受けるのが困難な方に対し、寝具洗濯乾燥消毒サービス、福祉電話の設置、緊急通報装置の設置、日常生活用具の給付などを行い、老人の日常生活を支援します。

老人の自立した請託のための住宅

このように、老人が元気で自立した生活を続けるために、住宅のみならず、老人の方々が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるため、地域全体で高齢者を支え、高齢者自身も自らの持つ能力を最大限に生かして要介護状態にならないように予防することに重点をおいた施策が注目され、老人の住宅、老後の住まいのあり方のひとつとなっています。

老人の住宅 まとめ

以上、老人の住宅について述べてきましたが、いつの間にか、自分が老人となり、自身の住宅をどうしたらよいのか考えるときがきました。老人の住宅の種類、補助、国や自治体が取り組みなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

できれば、元気なうちに自分自身で自分の「老人の住宅」を選択したいものですね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「老人・住宅」に関連する記事

「老人・住宅」についてさらに知りたい方へ

  • 終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

    終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

    終活の一環として、終の棲家となる老人ホームを自分で決めておきたいという方はいらっしゃいませんか?けれども、何を決め手に選んだら良いのでしょう。今回は、老人ホームを選ぶときに着目すべき情報をまとめてみました。終活に役立つ情報満載です。

    1
  • こんなにある、老人福祉施設の種類!そのちがいは?

    こんなにある、老人福祉施設の種類!そのちがいは?

    老人福祉施設をご存知でしょうか?代表的な施設は老人ホームですが、その種類は様々です。ここでは、老人福祉施設の種類を解説していきます。

    2
  • 介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

    介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

    介護老人保健施設は、高齢者が自立し在宅復帰を目的とするための支援を行う施設です。従って介護老人保健施設での看護師の役割は医療行為だけでなく、日常生活の介助やリハビリも大きな役割となってきます。ブランクのある看護師やゆとりを持ち働きたい人にはおすすめの職場です。

    3
  • 高齢者の補助金の種類にはどういうものがあるの?一覧で紹介!

    高齢者の補助金の種類にはどういうものがあるの?一覧で紹介!

    生活の中で欠かせないお金。しかし、お金の問題で色々なことをあきらめていませんか? 条件を満たせば、補助金が受け取れることを御存じですか? 高齢者の補助金と言っても、どういうものがあるの?いくらもらえるの? この記事では、高齢者に補助金について紹介します。

    4
  • 素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

    素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

    定年退職もして、ゆっくりした時間を過ごす老後にあこがれるという人は多いはずです。しかし、せっかくゆっくりできる時間が増えたのにも関わらず老人特有の問題に悩まされてしまうというケースもあるようです。そこで今回は、対策のために老人が抱えやすい問題をご紹介します。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンデ

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は

関連する記事

「老人・住宅」についてさらに知りたい方へ

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

こんなにある、老人福祉施設の種類!そのちがいは?のサムネイル画像

こんなにある、老人福祉施設の種類!そのちがいは?

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

高齢者の補助金の種類にはどういうものがあるの?一覧で紹介!のサムネイル画像

高齢者の補助金の種類にはどういうものがあるの?一覧で紹介!

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと