法事を平日にしても問題ない?法事を休日にずらす方法も解説します

法事を行うときに日程の調整で悩んだことはありませんか? 平日なら大丈夫だけど法事を平日に行ってもいいかわからないなんてことも、最近は増えてきていることでしょう。 今回はそんな皆様の悩みを解決できるように、気になる法事の行う日にちについてお教えします。

目次

  1. 平日の法事について
  2. 法事を平日にやるのはおかしい?
  3. 法事を平日に執り行う理由
  4. 法事が休日に多い理由
  5. 平日の法事は休む理由になる?
  6. 法事を平日からずらしたい場合は?
  7. 法事を夜の時間帯に執り行うのは可能?
  8. 法事の日程と六曜は関係ある?
  9. 平日の法事に関するまとめ

平日の法事について

困った人々

身内の方が亡くなると、法事のとき親戚との日程調整が必要になると思います。
時には平日ならみんな集まることができるという時もあると思います。
しかし土日に行うイメージの強い法事を平日に行ってもいいのか、不安になってしまいますよね。

今回終活ねっとでは、そんな平日の法事について

  • 法事って平日に行ってもいいの?
  • 法事を平日に行うわけ
  • そもそも休日に法事が多い理由
  • 法事に参加するために休んでもいいの?
  • 法事を平日に行わずに済む方法
  • 夜に法事を行っていいのか
  • 法事の日程と六曜の関係

以上の点を中心に説明していこうと思います。

せっかく亡くなった方の供養を行うのなら、すっきりとした気持ちで行いたいですよね。
法事の日程に関する悩みが、今回の記事で解消されるようにお教えしていきます。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事を平日にやるのはおかしい?

仏壇

法事を行う日というと、土日などの休日を想像する方が多いと思います。
平日は法事を行っちゃいけない日なのではないかと思っている方もいるかもしれません。
休日ではなく平日に法事を行ってもいいのでしょうか。

実は、法事を行ってはいけない日というものは存在しないと言われています。
そもそも法事は故人の祥月命日に合わせて行っていたので、休日かそうではないかは重要ではありません。
平日だろうと、休日だろうと、法事を行ってもおかしな日というものは、仏教上ないと言われています。

最近は特に平日に法事を行うことが増えているので、平日に法事を行うということがおかしいということはありません。
混み合う休日を避けるため、お寺や会食を行う場所の予約が取りやすかったり、料金が安かったりする平日を選ぶ方もいらっしゃいます。
もし平日に行うことで悩んでいる方がいらっしゃったら、安心してください。

お寺の方や参加される親族の方が一番都合のいい日に行って、いいのです。
もし、不安に思ったらお寺の方などに相談してみるといいかもしれませんね。
多くのお寺の方は、いくつかの日程の候補を出してくれるので、それを参考にすると予定が立てやすくなると思います。

法事を平日に執り行う理由

葬儀

先ほどの説明で法事を平日に行うことが増えていると言いました。
ではなぜ法事を平日に行う人が増えたのでしょうか。

法事と言えば休日に行うイメージがいまだに強い中で法事を平日に行う理由とは何なのでしょうか。
平日に法事を行う理由を説明していこうと思います。

祥月命日に合わせるため

祥月命日とは故人が亡くなった月日と同じ月日ののことです。
法事などの行事は、祥月命日を中心に考えているので祥月命日は重要な日にちになります。
なるべく祥月命日に合わせたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

元々法事というものはこの祥月命日に合わせて行っていました。
故人が亡くなった時と同じ月日に合わせて、故人を偲び、思い出を話すことで故人の供養となると考えられていたのです。
法事を行う1・3・7・13・17・23・27・33・50年忌以外の祥月命日も、仏壇に故人の好物を備えるなどしていました。

しかし、人々の生活は段々忙しくなり、多くの人が働いている平日に法事を行うと参加できない方が多くなるようになりました。
多くの方に参加してもらうために、祥月命日が平日になってしまった場合は、祥月命日に近い休日に行うことが一般となったのです。

最近は平日であっても、祥月命日に法事を行う人が増えてきています。
きちんとした日に、故人の冥福を祈りたいと思う方が増えているのかもしれませんね。

土日に仕事をする人が増えたため

最近はいろいろな職業も増えて、働き方も多様化しています。
お客さんがたくさん来る土日は働いて、お休みは平日に設けているという販売店や飲食店も少なくありません。
また忙しく、土日も仕事に出なければならないサラリーマンの方も最近は多くなってきていると言われています。

昔は土日や祝日が休みなのが当たり前でしたが、今は土日などの休日に仕事している人も少なくないのです。
土日や祝日ならば、みんな休みで予定が空いているだろうという時代からは、だんだん変わりつつあります。
それに合わせて法事の日程も、休日に合わせて行わなくていけないという方向ではなくなってきたのです。

法事を土日や祝日に行っていたのは、みんなが休みで集まりやすい日という理由でした。
しかし、今は土日や祝日に休みが取れるのが当たり前ではなくなってきているので、土日や祝日に法事を行う理由がなくなってしまうのです。
そのため、平日でもみんなが休みで集まりやすい日に法事を行おうという人が増えてきています。

法事は故人の冥福を祈る大切な行事の一つです。
なるべくたくさんの人に参加してほしいですよね。
親族の方の予定などをよく考えて、日程を調整しましょう。

法事に参列する人が高齢化してきたため

人々

平日に法事を行う人が増えている理由の一つに参列者の方が高齢化してきたことがあると言われています。
最近は、なかなか若い人は仕事や学校が忙しく、法事に参加できないということが多くあります。
そのため法事で集まれる人が、ご退職した高齢な方ばかりという状態になってしまうのです。

元々法事を休日に行っていたのは、学生や会社勤めの方でも参加しやすいようにという理由になります。
しかし会社に勤めていたり、学校に通っている若い人が来ないのであれば、休日に法事を開く必要がなくなります。
もちろんご高齢の方も、何も予定がないわけではありませんが、会社勤めの方たちに比べると予定を立てやすくなっています。

法事に参加できる方が、土日でなくても予定がつくのであれば、無理に平日にする必要がなくなってしまいます。
そのため参列者の方が予定の立てやすい高齢者の方が多くなると、平日の法事が増えるのです。

法事が休日に多い理由

葬儀

本当は祥月命日に行っていた法事ですが、祥月命日の前にある土日に行うことが多いと思います。
なぜ祥月命日ではなく、土日に行うことが一般的になったのでしょうか。

法事は多くの人が集まって行うものです。
大切な故人の冥福をなるべく多くの人に、祈ってほしいと思う方も多いことでしょう。
しかし平日にすると、仕事や学校などで法事に参加できないと断られてしまうことも少なくありません。

多くの方が参加できるように、多くの会社や学校が休みになる土日に法事を開くことが多くなったのです。
法事に訪問される方の負担を減らそうとする、開催する側の配慮から、休日に法事を行うことが多くなっています。

法事を行う日が、平日でも休日でも来てくださる方のことをよく考えておきましょう。
お寺の方や身近な親族の方と相談してみるのも良いと思います。

平日の法事は休む理由になる?

仏壇

平日の法事が最近は増えているというお話をさせていただきました。
では、もし平日の法事に呼ばれた時にどうしたらいいかについてお話します。

学校や仕事がある方はどうしたらいいか不安になりますよね。
平日の法事に呼ばれた時の対象法について説明したいと思います。

学校の場合は欠席扱い

平日に法事が行われると長期休みでもない限り、学生は学校を休まないと法事に参加できません。
法事で学校を休む時に気になるのが、欠席扱いになってしまうかどうかです。
皆勤賞などを狙ってる学生さんは気になるところだと思います。

結果を言ってしまうと、残念ながら欠席扱いになってしまいます。
忌引き休みという、欠席にならない休みもありますが、これは親族の葬儀の時に限られることが多いです。
一周忌や三回忌などの法事で、学校を休む際は欠席扱いになります。

欠席扱いになりますが、法事で休む際に責められるということは少ないと言われています。
学生の方と故人の関係にもよりますが、お世話になった人の冥福を祈りたいという気持ちに年齢は関係ないことでしょう。
学校側に重要な用事がなければ、お休みの連絡を入れて、休んで参加してみてはいかがでしょうか。

会社の場合は有給休暇をとることに

学生の方よりも深刻なのは会社員の方かもしれません。
平日の法事のお知らせを受けて、頭を抱えている方もいることでしょう。

会社員の方の場合も法事の場合は、基本的に忌引き休暇をつかうことはできません。
やはり忌引き休暇は、親族の葬式に限る会社が多いようです。
会社によっては、49日は忌引き休暇になるところもありますが、一周忌や三回忌は忌引き休暇にならないのがほとんどです。

法事で休む際は、有給休暇を使いましょう。
仕事の忙しさにもよりますが、法事なので有給休暇をとりたいと申告すれば、ダメとは言われないはずです。

法事で休む際の注意ですが、きちんと1週間ぐらい前から会社の方に伝えておきましょう。
急に言うと、法事は嘘でずる休みなのでは、と疑われる可能性もあります。

会社によっても法事に対する考え方はさまざまです。
きちんと上司の人に一度話し合ってみるのもいいかもしれません。

法事を平日からずらしたい場合は?

困った人々

平日の法事が増えているとはいえ、やっぱり休日に行いたいという方も多いと思います。
でも祥月命日が平日になってしまった、どうしようと悩んでいる方向けのお話をしましょう。

祥月命日が平日になることはよくあることです。
毎年、祥月命日の曜日が同じわけではないので、仕方がないことでしょう。

そういう時は、祥月命日よりも前の休日に法事を移動させてもいいんです。
祥月命日より前の一か月の間で、一番多くの方の都合がつくような日を選びましょう。
あまり祥月命日と離れすぎるのも一か月の間で、なるべく調整をつけるようにしましょう。

祥月命日を過ぎての法事はどうなのかと言われれば、おすすめはしません。
故人の方をお待たせすることになるので、あまりよくないと言われています。
なるべく祥月命日よりも前に行うようにした方が無難でしょう。

お寺の宗派や予定にもよりますので、悩んだらまずはお寺の方に相談してみましょう。

法事を夜の時間帯に執り行うのは可能?

null

どうしても、みんなが集まれる日がなくて困ったという方もいると思います。
日中に集まれなくても、夜なら仕事が終わった後に集まれるといった事態もあるかもしれません。
でも、法事は夜に行ってもいいものなのでしょうか。

夜に法事を行う際に重要なのは、お寺の方の都合によります。
また会場となる場所の業者の方ともよく話し合いが必要になることでしょう。
もしお寺の方も、会場も都合がよろしければ、夜に法事を行うことは可能です。

法事の日程と六曜は関係ある?

法事の日程を選ぶ際に悩むのは、参加者の予定だけではないですよね。
特に六曜の友引や仏滅など、法事をやってはいけなそうな日は躊躇してしまうという人も少なくないと思います。
今回は法事の日程と六曜の関係について説明したいと思います。

法事は仏教による行事で、六曜は中国から伝わった陰陽道によるものと言われています。
つまり、法事と六曜は関係がなく、どんな六曜の日であっても法事を行ってはいけない日というものはないのです。
一番親族の方が法事を行いやすい日程を組んで大丈夫なので、あまり悩まずに予定をたてていきましょう。

以下の記事では法事の日取りと六曜の関係についてさらに詳しく説明しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?

法事を行う際には日取りが気になることもありますよね。では、法事の日取りと六曜に関係はあるのでしょうか?今回は、法事の日取りと六曜に関係はあるのかということと冠婚葬祭との関係についてもご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

平日の法事に関するまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは平日に法事を行っていいのかを中心に説明してきました。
今回のお話をまとめると以下のようになります。

  • 法事を行ってはいけない日はなく、平日にももちろん行っていい。
  • 平日の法事は段々増えてきている。
    理由は祥月命日に行うため、土日や祝日の休みが当たり前ではなくなった、法事に参加される方が高齢化したなどさまざまである。
  • 法事が土日や祝日に行われることが多いのは、多くの人と予定を合わせやすいから。
  • 法事で休む際は、学生も会社員の方も忌引き休みにはならない。
    学生は欠席扱いに、会社員は有給を取る必要がある。
  • 法事を平日の祥月命日から、その前の土日にずらすことは可能である。
    ただし、祥月命日の前の一か月間のなかで行うことが望ましい。
  • 夜に法事を行うことは、お寺の方などとの相談が必要である。
  • 法事と六曜には基本的に関係はない。
    どの六曜の日に法事を行っても、大丈夫である。

法事の予定で大事なのは、参加される方とお寺の方のご都合になります。
1人で悩むよりも、周りの方にご相談なさるのも、よいのではないでしょうか。

法事の予定を立てることにご苦労なさっている方のお悩みが少しでも解決したのならば幸いです。
また、終活ねっとでは法事の案内状についての記事も掲載しています。
こちらもあわせてご覧ください。
最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

法事の案内状はどう書くの?案内状の例文やマナーについても解説!

案内状は法事の日時や場所を参列者にお知らせするための大切な手段です。 法事の案内状を書く際にはその書き方やマナーがありますが、詳しくご存知の無い方も多いのではないでしょうか。 終活ねっとでは今回、法事の案内状について、マナーや例文についてもご紹介していきます。

「法事・平日」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・平日」についてさらに知りたい方へ

法事に使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?のサムネイル画像

法事に使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!のサムネイル画像

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!

法事の時ネイルはどうするべき?派手なネイルの隠し方や外し方を解説のサムネイル画像

法事の時ネイルはどうするべき?派手なネイルの隠し方や外し方を解説

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!のサムネイル画像

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!

法事にお供えする花の選び方を知ってますか?金額相場や贈り方も解説のサムネイル画像

法事にお供えする花の選び方を知ってますか?金額相場や贈り方も解説

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説のサムネイル画像

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説

法事のお供えを包むのしって?表書きや名前の書き方を解説します!のサムネイル画像

法事のお供えを包むのしって?表書きや名前の書き方を解説します!

法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介のサムネイル画像

法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介

キリスト教に法事はあるの?儀式の内容や香典の表書きを解説します!のサムネイル画像

キリスト教に法事はあるの?儀式の内容や香典の表書きを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・平日」についてさらに知りたい方へ

法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!のサムネイル画像

法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!

先負に法事をしてもいいの?六曜の他の日も含めて解説します!のサムネイル画像

先負に法事をしてもいいの?六曜の他の日も含めて解説します!

法事の香典金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!のサムネイル画像

法事の香典金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!のサムネイル画像

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!

法事の時期をご紹介します!法事の種類から日取りまで徹底解説のサムネイル画像

法事の時期をご紹介します!法事の種類から日取りまで徹底解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと