法事の引き出物ののしって?書き方やかけ方を徹底的に解説します!

法事の準備のひとつに引き出物があります。引き出物をお渡しするときにのしのつけ方について迷われる方もおられると思います。ここでは、法事の引き出物ののしについて、書き方やかけ方などを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 法事の引き出物ののしについて
  2. 法事の引き出物ののしとは?
  3. 法事の引き出物ののしの書き方
  4. 法事の引き出物ののしのかけ方
  5. 法事の引き出物のマナー
  6. 法事の引き出物にオススメの品物
  7. 法事の引き出物ののしについてのまとめ

法事の引き出物ののしについて

困った人々

年忌法要やお盆の法要など、法事を行う機会は多いですよね。
法事は準備するものも多く、慌ただしくなるものです。

法事の準備のひとつに引き出物があります。
法事の引き出物は御供えを下さった方々にお礼としてお渡しするものです。

ですが、引き出物をお渡しするとき、「のし」ってどうするかご存知ですか?

のしって必ずつけなければいけないの?
包装紙の内側と外側のどちらにつけるといいの?
など、疑問に感じる点も多々あると思います。

今回終活ねっとでは、法事の引き出物ののしについて解説していきます。

具体的には、

  • 法事の引き出物ののしとは何なのか
  • 法事の引き出物ののしの書き方
  • 法事の引き出物ののしのかけ方
  • 法事の引き出物のマナー
  • 法事の引き出物にオススメの品物

についてです。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事の引き出物ののしとは?

仏壇

そもそも、のしとは何なのでしょうか。
ここでは、のしについて解説していきます。

熨斗(のし)とは一体何?

熨斗(のし)とは、お祝いごとの贈り物に添える飾りのことです。
贈り物をいただいた時、のし紙の右上に、紅白の色紙で黄色い短冊を包んだ飾りがついているのをご覧になったことがあるのではないでしょうか。
その飾りが熨斗です。

のしの由来

熨斗(のし)というのは、もともと、あわびを乾燥させて薄くのばし、のしたあわびを贈り物に添えていたことからはじまります。

昔からあわびを食べると長寿になるといわれており、縁起物とされてきたので、お祝いごとの贈り物には欠かせないものだったのです。
のしたあわびのことを「あわび熨斗」といい、これを細長く切って、折った紙に包んで贈り物に添えていました。
現在では、細長く切ったあわび熨斗の代わりに、黄色い短冊を折った紙に包んでのし紙やのし袋に付けるようになりました。

最近では、黄色い短冊だけの熨斗や、立体的ではなく印刷されたのしも使われています。

現在はのし紙・のし袋のことを指す

のし紙はのしと水引が印刷されている紙のことです。
のし袋はのしと水引がつけられているもしくは印刷されている袋のことを言います。

現在では、のしといえば、のし紙やのし袋のことを指すことが多いです。
特にのし紙のことを「のし」と言うことがよくあります。
品物を買って「のしを付けますか」と尋ねられたら、それは「のし紙を付けますか」という意味になります。

最近では法事の引き出物にも「のしをつける」という言い方をしますが、本来、のしはお祝いごとの品物につけられるものです。
弔事にはのしがなく、水引だけがついている「掛け紙」を選ばなければなりません。
ですから、「法事の引き出物にのしをつける」というのは、正確に言えば「法事の引き出物に掛け紙をつける」ということになります。

法事の引き出物ののしの書き方

困った人々

それでは、法事の引き出物ののしの書き方について解説していきます。

表書き

まずは、のしの水引より上の部分の書き方について説明していきます。

法事の引き出物ののしの表書きには通常「志」と書きます
これは、宗教を問わず使うことができ、さらに葬儀も含めて法事全般に使うことができるため、最も使いやすいものといえます。

「志」という言葉には「気持ち」という意味があります。
ですから、「志」には気持ちばかりのお礼や感謝という意味が込められているのです。

「志」以外には仏式では「粗供養(そくよう)」という言葉も使われます。
「粗供養」とは、法事に来て下さった方やお香典をいただいた方などに感謝の気持ちを込めてお返しをすることをいいます。
西日本でよく使われる言葉です。

東日本では、法事の引き出物ののしには「志」を使うのが一般的ですが、西日本では、「粗供養」と書くことが一般的です。
「粗供養」は東日本ではあまり馴染みのない言葉なので、東日本にお住まいの方は「志」を使われるとよいでしょう。

四十九日の場合、仏式なら表書きには「満中陰志」「忌明志」と書くところもあります。
「満中陰志」は主に関西で使われる言葉です。
仏教では、故人が亡くなられてからの四十九日間を中陰といい、この期間に行われる法要のことは中陰法要とも呼ばれます。
この中陰が満ちた時を満中陰といい、これが四十九日を指すので、四十九日のお返しの時に「満中陰志」という言葉が使われるのです。

また、キリスト教や神道の場合は、表書きに「偲び草」と書きます。
「偲び草」という言葉には、故人を懐かしむ気持ちに代わって粗品をお渡しします、という意味が込められています。

それ以外にも、宗教問わず、法要そのものを表書きに書く場合もあります。
例えば、

  • 仏式・・・「1周忌志」「○回忌志」
  • 神式・・・「〇日祭」「〇年祭」
  • キリスト教式・・・「召天記念」

などです。

名前

のし下の部分には、施主の姓もしくはフルネームを書きます。
一般的には姓のみを書き、フルネームで書くことは少ないです。

ただし、故人と施主の名字が異なる場合は挨拶状を添えるなど、関係性が分かるようにしておくようにしましょう。
法事の引き出物を贈られた方が、誰の関係でいただいたものなのか分からなくなるかもしれないからです。

また、名前を書く際は、文字の色は濃墨にしましょう。

亡くなられてから四十九日までは、「悲しくて涙が出てしまい、墨がにじんで薄くなった」「急なご不幸に接して墨をする時間がなかった」という意味で薄墨を使います。
しかし、四十九日後は、気持ちも落ち着き、事前に準備もできることから濃墨を使います。
ですから、法事の引き出物には基本的に濃墨を使いましょう。

ですが、最近では、四十九日後でも「まだ悲しみが続いています」という意味から薄墨が使われることもあります。
1周忌など、亡くなられてからそこまで年数が経っていない場合は薄墨でもよいでしょう。

水引

さきほども述べましたが、法事の引き出物には、水引だけが印刷されている掛け紙を使用します。
掛け紙の中には、蓮の花の絵がついているものもありますが、仏式だけで使われるものです。
ですから、キリスト教式や神式など、仏式以外の時には蓮の花が印刷されていない掛け紙を使いましょう。

水引の色ですが、

  • 1周忌まで・・・黒白もしくは双銀
  • 3回忌以降・・・青白もしくは黄白

を使用します。

ただし、関西では四十九日以降であれば黄白の水引を使うことが多いです。
また、関東では黄白は3回忌以降でないと使えないとされることが多いです。
地域によっても異なりますので、お住まいの地域の慣習に合わせるとよいでしょう。

また、水引には以下の3通りの結び方があります。

  • 蝶結び

    何度でも結び直せるもの。
    「何回あってもよいこと」という意味で、結婚以外の慶事(出産や進学など)の時に使われます。

  • 結び切り

    一度結ぶとほどけないもの。
    「何度も繰り返さないこと」という意味で、弔事の時や結婚、快気祝いの時に使われます。

  • あわじ(あわび)結び

    一度結ぶとほどくのが難しいもの。
    結び切り同様、「何度も繰り返さないこと」という意味があります。
    また、両端を引っ張るとさらに強く結ばれることから、「末永く付き合う」という意味ももちます。
    ゆえに、弔事・慶事ともに使われます。
    ただし、関西では、結び切りとあわじ結びは区別され、あわじ結びは慶事全般で使われますが、関東ではあわじ結びも結び切りの一種とされています。
    ですから、関東では、結婚・快気祝い以外の慶事ではなるべく使わないほうがよいとされています。

法事の引き出物ののしの水引には、結び切りかあわじ結びを使います。

法事の引き出物ののしのかけ方

葬儀

ここでは、法事の引き出物ののしのかけ方について解説していきます。

内のし

内のし(内掛け)とは、品物の上に直接のしをかけてから、のしごと包装紙で包むことです。

内のしは、内祝いなど、相手から贈られたものに対するお返しの品をお渡しするときに使われることが多いです。
外のしに比べて控えめなこともあって、法事の引き出物にもよく使われます。

また、最近では宅急便などで法事の引き出物を送る場合も増えてきています。
その際、外のしをかけた品物だと、配送の途中でのしが破れてしまう可能性があります。
そのため、法事の引き出物を手渡しではなく配送してもらう場合は、内のしにすることが多いです。

外のし

外のし(外掛け)とは、品物を包装紙で包んでからのしをかけることです。
どのような名目で誰からの品物なのかがはっきり分かることから、贈り物全般に使われることが多いです。

また、相手に直接手渡しで引き出物をお渡しする時には、外のしをかけることが一般的です。
ですから、法事の引き出物を法事当日に直接お渡しする場合は、外のしをかけるとよいでしょう。

法事の引き出物のマナー

仏壇

法事の引き出物を贈る際ですが、いくつか注意しなければならないことがあります。
具体的には、下記のような点です。

  • 法事の引き出物は、いただいたお金もしくは品物の3分の1~半額程度のものにする

    だいたい3千円~5千円くらいものがよく選ばれます。

  • 引き出物には「すぐに消費できるもの」を選ぶ

    ただし、肉や魚などの生ものや、商品券やギフトカードなどの金券類は不向きとされています。

  • お礼状を添える

    法要に来て下さった方に感謝の気持ちを伝えるために、引き出物にはお礼状を添えましょう。

法事の引き出物のマナーについて、詳しいことは下記の記事で解説しています。
よろしければご参考になさってください。

こちらも読まれています

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

法事・法要に参列してくださった方々に対して、お返しをする必要がありますよね。では、どのようなものを用意したら良いのでしょうか。今回は、法事のお返しについて、人気の品物からお礼状の書き方までご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

法事の引き出物にオススメの品物

お墓

先ほども述べましたが、法事の引き出物には「すぐ消費できるもの」がよいとされています。
具体的には、

  • 長期間保存ができる食品

    お茶やコーヒーなどの飲料、海苔やしいたけなどの乾物、しょうゆや油などの調味料類などです。
    定番のお菓子は和・洋菓子とも選ばれますが、生菓子ではなく、焼菓子やおせんべいなどの日持ちするものが選ばれます。
    お菓子は小分けできるものがよく選ばれています。

  • どのご家庭でも消費される消耗品

    洗剤やタオルなど、必ず消費されるような品物もよく選ばれています。

  • カタログギフト

    いただいた方の好みの品を自由に選べることから、近年では法事の引き出物に使われる方が増えています。

などです。

法事の引き出物にオススメの品物について、詳しいことは下記の記事で解説しています。
よろしければご参考になさってください。

こちらも読まれています

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説します

法事では故人のご冥福を祈ってご供養を行ないます。法事では守るべきさまざまなしきたりがあります。今回は参列者のかたにお配りする引き出物について詳しくご説明いたします。どんな品物が最適なのか?人気なのか?定番人気ならどれか?法事の引き出物についての解説です。

法事の引き出物ののしについてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、法事の引き出物ののしについて解説してきました。

内容をまとめると、

  • のしとは、お祝いごとの贈り物に添える飾りのことである。
  • 現在では、「のし」といえば、のしと水引がついたのし紙やのし袋を指すことが多い。
  • 本来のしは慶事に使用されるものであり、弔事にはのしがなく水引だけの「掛け紙」を使う。
    だが、掛け紙をつけることも「のしをつける」と言われることが多い。
  • 法事の引き出物ののしの表書きには、「志」を書くことが多い。
    その他、仏式では「粗供養」、神式やキリスト教式では「偲び草」が使われる。
    また、四十九日の場合は「満中陰志」「忌明志」と書くこともある。
    「〇回忌志」「〇年祭」など具体的な法要名を用いることもある。
  • のし下部分には施主の姓もしくはフルネームを書く。
    墨の色は忌明け後は濃墨を用いるのが一般的である。
  • 水引は、1周忌までは黒白か双銀、3回忌以降は青白か黄白のものにする。
    ただし、関西では四十九日以降に黄白にすることも多い。
    水引の結び方は結び切りかあわじ結びのものにする。
  • 法事の引き出物ののしは、直接手渡しする場合は外のし、宅配便などで配送してもらう場合は内のしがよい。
  • 法事の引き出物はいただいた金額の3分の1~半分の品物を選び、「すぐに消費できるもの」にする。
    また、品物には感謝の気持ちを込めてお礼状を添える。
  • 法事の引き出物には焼菓子や乾物、調味料などの保存がきく食品や、洗剤やタオルなどのよく使われる消耗品、カタログギフトなどがオススメである。

といったことが分かりました。

法事の時には準備することも多く、引き出物をじっくり選ぶ時間もあまりないですよね。
後日送る場合でも、あまり日にちをあけて送るわけにもいかないので、バタバタとした中で送られる方が多いと思います。

引き出物について、あらかじめどんな品物がよいか、どのようなのしにすべきかなどを知っておくと、いざという時も準備がしやすいと思います。

この機会に法事の引き出物について考えてみるのもよいのではないでしょうか。

最後までお読み下さりありがとうございました。

こちらも読まれています

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

故人を供養するために四十九日や一周忌・三回忌などでは法事を行うことが必要となりますよね。では、法事が始まる時間は何時からなのでしょう?今回は、法事が始まるのは何時からなのかについてと法事にかかる時間を解説したいと思います。。ぜひ最後までご覧ください。

「法事・引き出物・のし」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・引き出物・のし」についてさらに知りたい方へ

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説のサムネイル画像

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説

お盆のお供え物に掛けるのしはどうする?のしの種類や書き方をご紹介のサムネイル画像

お盆のお供え物に掛けるのしはどうする?のしの種類や書き方をご紹介

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!のサムネイル画像

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・引き出物・のし」についてさらに知りたい方へ

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと