墓石の文字を塗り直す手順は?必要な道具とオススメの塗料をご紹介!

墓石文字の塗料が剥がれているのを見つけた時、自分で塗り直しができるのでしょうか?今回は、墓石文字の補修を自分でする際の手順と必要な道具について詳しく説明します。おすすめの塗料も墓石専用のものだけでなく、対候性のある塗料の種類などもご紹介します。

目次

  1. 墓石の文字は塗料で塗り直せる?
  2. 塗料で墓石の文字を塗り直す際に必要な道具
  3. 塗料で墓石の文字を塗り直す際の手順
  4. 何色の塗料を塗れば良いの?
  5. 墓石文字におすすめの塗料
  6. 石材店に墓石文字の塗装を依頼する
  7. 墓石の文字を塗料で塗り直すまとめ

墓石の文字は塗料で塗り直せる?

お墓

墓石の文字が薄くなっていたり、剥がれているのを見つけると気になってしまいますよね。

墓石文字の塗装は10年程度では剥がれないと言われていますが、20年30年経つと劣化して剥がれが目立つようになります。

この墓石文字の塗装は、石材店などに補修を依頼することもできますが、実は自分で補修することもできます。
自分で塗り直しができるようになれば、気になった時にすぐに補修することができますね。

そこで今回終活ねっとでは、墓石文字を自分自身で塗り直す方法について詳しくご紹介していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 墓石文字の塗装に必要な道具
  • 塗料で墓石文字を塗り直す手順
  • おすすめの塗料
  • 石材店に依頼した場合

ご自身で補修する方法について紹介するだけでなく、石材店に補修を依頼した際のメリットやデメリットについてもご紹介していきます。
今回ご紹介する内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

ぜひ最後までご覧ください。

また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。 

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

塗料で墓石の文字を塗り直す際に必要な道具

お墓

まず始めに、墓石文字を塗り直す際に必要な道具についてご紹介しましょう。
塗料や筆がセットになった便利なものも売ってありますが、100円ショップやホームセンターなどで揃えることができます。

  • 剥離剤

    古い塗料を剥がすために使います。
    ペンキのうすめ液やペイント落としとして売られているシンナーなどの溶剤です。

  • 綿棒、歯ブラシ

    掃除や塗料の除去に使います。

  • 塗料

    後程ご紹介する墓石文字専用の塗料か対候性の高い塗料を用意しましょう。

  • 大きな部分を塗る大きめの平筆と細かいところを塗る細筆があると便利です。
    スプレー式の塗料では使いませんが、液だれの掃除に使います。

  • スクレーパー

    はみ出した絵具を剥ぎ落すための道具です。
    カッターナイフの刃でも代用できます。

  • やわらかい布、バケツ

    墓石の掃除に使います。
    布は掃除用と乾拭き用に5,6枚は必要です。
    乾拭きには糸くずなどが出ないようにキッチンペーパーもおすすめです。

塗料で墓石の文字を塗り直す際の手順

お墓

では、ここからは実際に塗料で墓石の文字を塗り直す際の手順についてご説明します。

ここで紹介するのは鏡面仕上げの御影石の場合の手順になります。
表面が小叩きや打ち出しのもの、墓石が古くなり表面がザラザラになっているものは、文字以外の部分に塗料が付いた時に取り除くのが難しくなります。
表面がザラザラの墓石の場合は石材店に相談した方がよいでしょう。

塗料を塗り直すのによい季節もあります。
水気をよく乾燥させて作業する必要があるので、できれば夏に近い晴れた日がよいでしょう。

また、剥離剤を使った後は数日おいてから新しい塗料を塗った方が長持ちします。
1日で仕上げることもできますが、週末しか作業ができない方などは掃除と剥離に1日、塗装に1日と2回に分けて作業することを検討してみてください。

塗り直す部分を掃除する

まずは墓石全体を掃除します。
汚れや土、こけなどが残った状態で新しい塗料を塗ると剥がれの原因になってしまします。

全体を拭き掃除した後、文字部分を歯ブラシで丁寧に掃除します
墓石の掃除は強くこすらないように、やさしく丁寧にすることが大切です。
歯ブラシが届かない場所は綿棒を使ってもよいでしょう。

掃除をした後は晴天であれば数時間置いてしっかりと乾燥させます
布などで乾拭きする時は、糸くずがつかないように気をつけましょう。
キッチンペーパーは丈夫でくずが出にくいので、文字の内がの細かい部分の乾拭きにおすすめです。

以下の記事では、お墓の掃除方法について詳しく紹介しています。
お墓の掃除方法についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

古い塗料を落とす

こすっただけでは落ちない古い塗料が残っている場合、剥離剤を使って落としていきます
古い塗料が残っていると、これも新しい塗料が剥がれる原因になります。
この剥離作業が一番時間がかかる部分で、仕上がりに差が出る部分になります。

剥離剤のフタを開ける時は、飛び散っても墓石にかからない離れた場所で開けるようにしましょう。
もしも石にかかってしまった場合は、すぐに拭き取り水をたっぷりかけて取り除きます。

剥離剤は墓石を痛めてしまうことがあるので、塗装の部分だけにつけるように少しずつ丁寧に作業しましょう
剥離剤を歯ブラシにつけ、古い塗料が残っている部分をこすっていきます。
字の細い部分は綿棒を使って落とします。

剥離剤を使うのが心配な方は、剥がれたら塗り直せばいいと割り切って、古い塗料はそのままで剥がれる部分だけ除去するのもよいかもしれません。

塗料を塗る

墓石がしっかりと乾燥した状態で塗料を塗るようにしましょう。
剥離剤を使った場合は、水で拭き取って数日乾かした方が新しい塗料のノリが良くなります。

新しい塗料を塗るときは、古い塗料が残っていても上から全体に塗るようにしましょう。
大きな部分は平筆で、細かい部分は細筆で一文字ずつ仕上げていきます。
はみ出した部分は後から削り取るので、塗り残しが無いように塗っていきます。
一度塗りで色ムラが出る場合はしっかり乾燥させてから2回目、3回目と重ね塗りをします

塗料が溜まると乾いた時にひび割れができるので、筆やキッチンペーパーをこより状にしたもので拭き取るようにしましょう。

はみ出した塗料を削り取る

塗料がしっかりと乾いたことを確認してから、文字からはみ出した部分をスクレーパーで削り取ります
刃と石が平行になるように持ち、文字の端にそって滑らせるように削っていきます
塗料が乾いていれば粉のようになって簡単に剥がれていきます。
墓石は硬いとはいえ、傷がつかないように気を付けましょう。

スクレーパーの代わりにカッターナイフの刃を使っても同じように削れます。

以上が自分で墓石文字を塗り直す手順になります。
気を付けるポイントを押さえて作業すれば初めてでも綺麗に補修できると思います。

以下の記事では、墓石のクリーニングについて詳しく紹介しています。
墓石が古くてざらついている場合や、遠方で何日も通えないという方は石材店や墓石のクリーニングを行っている会社もあるので、専門家へ依頼することも検討してみてください。

こちらも読まれています

墓石をクリーニングしましょう!代行サービスの利用方法もご紹介!

雨や風に長年さらされた墓石には水あかや苔などの汚れが付着しています。これらの汚れは普通のお墓掃除ではなかなかきれいになりません。そんな時に便利なのが墓石の徹底的なクリーニングです。今回は墓石を自分でクリーニングする方法と代行業者について説明します。

何色の塗料を塗れば良いの?

困った人々

ここまで、墓石文字の塗料を自分自身で塗り直す際に必要な道具や手順についてご紹介してきましたが、では塗り直す塗料は何色を塗れば良いのでしょうか?

墓石の文字は、何が書いてあるのかはっきり見せるために、白御影石に黒字や白字、黒御影石に白字のものが多く見られます。
生前戒名を付けて彫刻する場合は赤字にしておき、亡くなった後で色を落とします。

しかし、この墓石文字には特に決まりはなく、何色でも建設する方の好きな色を使うことができるのです。
近年ではデザイン墓にカラフルな絵柄を入れることもあり、墓石文字の色も多様になっています。

文字の色は基本自由のため何色でも大丈夫

墓石文字の色に決まりはなく、何色を入れても構いません
黒や白が一般的ですが、仏教の五色にちなんで青や紫、黄色を使うこともあります。

以下では、その中でも墓石文字でよく使われる色を3種類ご紹介していきます。

白御影石に色で文字を入れると文字がくっきりと見えます。
落ち着いた見た目になり、遠目にも文字が見やすい色です。
関東地方では黒御影石が多く文字に塗料を入れないことも多いですが、黒い色を入れるのも人気です。

色は、白御影石にも黒御影石にも使われます。
白色はカビやコケなどの汚れが目立つため、色味を調整したグレーもよく使われます
関西地方では白御影石に白文字が一般的です。

九州地方では墓石文字は色が一般的です。
九州出身の方が他の地域でお墓を立てる場合も文字を金色にすることが多く、霊園などで金色文字のお墓を見ると、知っている人には九州に関わりのあることが分かるようです。

赤色はまだ生きている人のもの

赤色生前戒名を墓石に彫る場合に使われます
赤は仏教の五色で血を表しているため、生きているという意味で使われます。
亡くなった後で、赤色を落とします。

お墓の建設者名に赤が入れてあることもありますが、これは建設者が生きていることを表すために使われていましたが、戒名と違って亡くなった後で色を落とすことは少ないようです。

墓石文字におすすめの塗料

人々

墓石文字専用の塗料はホームセンターなどで手に入れることもできますし、ペンキの中にも墓石の塗装に向いているものとそうでないものがあります。

ペンキの対候性は何でできているかで変わります。
シリコン塗料>ウレタン塗料>アクリル塗料の順に対候性、耐用年数が高くなります。
墓石文字にはシリコン塗料を選ぶとよいでしょう。

ここでは、墓石文字におすすめの塗料をご紹介していきます。

黒・白・赤(スプレー)

まず黒・白・赤のスプレーでご紹介するのは、墓石の色入れ専用塗料のトゥームペインターです。

スプレー式なので筆がいりません。
シリコン塗料で、対候性がとても高く、粘りがあるので液だれもしにくく乾燥も早いのです。
さらに、表面に被膜を作ってくれるため古い塗装が残っていてもしっかりと接着します。

スプレー式は色ムラが出やすく3回4回と重ね塗りが必要になるものが多いですが、この塗料は粘度があるため、1、2回で綺麗に仕上げることができます。

金色

金色を自分で補修する場合は注意が必要です。
一般的な金色の塗料は真鍮で金色を出していますが、この真鍮は数か月で黒く変色してしまいます。

墓石文字の補修に使うには、真鍮でない酸化しない金色の塗料を選ばなくてはいけません。
セーリングゴールド石材店でも使用している金箔色を再現するための塗料です。

墓石を立てた時の金色文字は、黄色の漆塗料の上に金箔を貼ってあります。
自分で金箔を補修することもできますが、この金箔色を再現した塗料を使うとお手軽に金色文字の補修ができます。

石材店に墓石文字の塗装を依頼する

お金

ではご自身で補修をせず、石材店に墓石文字の塗装を依頼した場合、どのようなメリットデメリットがあるでしょうか。

まずメリットとしては、手間がかからない、仕上がりが綺麗といったことが挙げられます。
墓石文字の部分が剥がれてきたということは、お墓全体のお手入れ時期かもしれません。
石材店に頼むときに墓石のクリーニングも依頼すると、お墓全体が綺麗になってプロに頼んだ効果を感じられると思います。
文字だけ綺麗になった後で、墓石の汚れが気になってくることもあります。

デメリットは、自分で補修するよりも費用がかかることです。
手順でもご紹介したように剥離に時間がかかるため、1万円~3万円が相場となっています。
正面文字だけなのか、側面の戒名や墓誌も補修するのかによって費用は変わります。
しかし、お墓を建てたお店に依頼すると割安になる場合もあります。

墓石の文字を塗料で塗り直すまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、自分自身で墓石文字の塗料を塗り直す方法について詳しく紹介していきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • 墓石文字の塗料は自分で塗り直せる

    墓石名入れセットなども売られており、文字の塗装を自分で補修することはできます。

  • 墓石文字を塗り直す手順

    道具はホームセンターなどで揃えることができます。
    剥離剤を使ったあと数日おいて塗装をすると長持ちします。
    作業前にしっかりと掃除すること、色ムラが出ないよう重ね塗りをしましょう。

  • 墓石文字は何色を塗るのがいいのか

    墓石文字の色に決まりはありません。
    地域性もあるので、習慣に従うか墓石に合った色を選ぶようにしましょう。
    戒名を赤文字にするのは生きていることを表しています。

  • 墓石文字におすすめの塗料

    墓石専用のシリコン塗料をご紹介しました。
    金色文字を塗装する場合は、変色しない塗料を選ぶことが大切です。

墓石文字の補修が出来るようになると、気になった時にすぐ塗り直すことができて気持ちがいいのではないでしょうか。

墓石文字の塗装を長持ちさせるには、こまめなお手入れがかかせません。
汚れやごみ、土が溜まることで塗装の剥がれの原因になってしまします。
お墓参りの際には、墓石全体のお掃除をしっかりしましょう。
今回ご紹介した内容が墓石文字の剥がれや色落ちが気になっている方に少しでも参考になれば幸いです。

また、終活ねっとでは他にもお墓に関する様々な記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓石・文字・塗料」に関連する記事

  • 墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!のサムネイル画像

    墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!

    亡くなった時に付けられることの多い戒名。この戒名は墓石に彫られることが多いです。しかし俗名ではいけないのでしょうか?そもそも必ず墓石に彫刻しなければならないものなのでしょうか?今回は気になることをまとめて紹介していきます。

  • 墓石の花立について知ろう!価格相場・彫刻・修理方法など解説しますのサムネイル画像

    墓石の花立について知ろう!価格相場・彫刻・修理方法など解説します

    先祖代々の墓石を彩る仏花を生けるのに必要なのが花立。 しかしお墓参りに行ったら花立から水がもれたり、壊れていたりした経験はありませんか? 墓石業者に修理交換を頼んだらお金も手間も大変ですから、出来れば一人で修理したいもの。 ここでは花立に関するお話をします。

  • 墓石の耐久性ってどれくらいあるの?耐久年数を伸ばす方法もご紹介!のサムネイル画像

    墓石の耐久性ってどれくらいあるの?耐久年数を伸ばす方法もご紹介!

    墓石の耐久性はどのくらいあるのかご存知ですか。墓石の変色や劣化はどのくらいの年月で起こるものなのでしょうか。実は、墓石の耐久性はどれも同じというわけではありません。石材の種類や施工技術などで大きく違ってきます。また、墓石の耐久性を伸ばす方法もご紹介します。

  • いつかお世話になる場所~墓石の種類や価格を知る~のサムネイル画像

    いつかお世話になる場所~墓石の種類や価格を知る~

    自身一代のみか、子々孫々まで守っていくかもしれないのがお墓ですね。では、墓石にはどんな種類があるのでしょうか?そして、その価格は?そんな墓石の基本について調べてみました。種類や価格を知って、墓石選びの参考になさって下さい。

  • お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!のサムネイル画像

    お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

    墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

  • 墓石のガラスコーティングって一体なに!?施工の手順や効果をご紹介のサムネイル画像

    墓石のガラスコーティングって一体なに!?施工の手順や効果をご紹介

    墓石のガラスコーティングに詳しい方はそういません。お墓の維持を考えるときに、コーティングに関する知識があれば、先を見据えて対策を講じることができます。今回の記事では墓石のガラスコーティングについて、施工の手順や得られる効果を解説します。

  • 墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみたのサムネイル画像

    墓石は接着剤で修理できる?墓石の修理について調べてみた

    長い間外気にさらされる墓石は、どうしても傷みが目立ってくるものです。こんな墓石の修理がなんと接着剤でできるようになっているとか。今回は墓石に使える接着剤について調べてみました。見栄えだけでなく、耐久性もあがるようです。

  • いつまでも綺麗に使うために〜正しい墓石の磨き方講座!のサムネイル画像

    いつまでも綺麗に使うために〜正しい墓石の磨き方講座!

    墓石の磨き方で、やってはいけないことがあるのでしょうか。 建立したての墓石と築20年以上を経た墓石では、劣化の程度も速度も違います。 正しい墓石の磨き方を知って、水垢やさびなどの頑固な汚れも対処していきましょう。

  • 永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

    永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

    お墓の承継問題や経済的事情で墓じまいをして永代供養に改葬しようと考えたとき何をすればいいか知っていますか?墓石の撤去費用や方法って複雑ですよね。今回は永代供養に改葬するときの墓石撤去費用など抑えておきたいポイントを解説します。ぜひ最後までお読みください!

  • デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?のサムネイル画像

    デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?

    墓石や彫刻は決まった形でないといけないと思いますよね?自分は少し変わったデザインにしたいと思うこともあるのではないでしょうか。実は、最近はデザイン型墓石というのがあるそうです。そんなデザイン墓石と彫刻について調査してみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓石・文字・塗料」についてさらに知りたい方へ

高級な墓石って何があるの?国産やインド産の高級墓石を紹介します!のサムネイル画像

高級な墓石って何があるの?国産やインド産の高級墓石を紹介します!

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?のサムネイル画像

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

墓石に使われる黒龍石ってどんな石?種類と特徴・価格を詳しくご紹介のサムネイル画像

墓石に使われる黒龍石ってどんな石?種類と特徴・価格を詳しくご紹介

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

墓石をクリーニングしましょう!代行サービスの利用方法もご紹介!のサムネイル画像

墓石をクリーニングしましょう!代行サービスの利用方法もご紹介!

墓石の耐用年数はどれくらい?丈夫なお墓を建てるための方法もご紹介のサムネイル画像

墓石の耐用年数はどれくらい?丈夫なお墓を建てるための方法もご紹介

墓石筆ペンってなに?イラストの修正にも使える墓石筆ペンをご紹介!のサムネイル画像

墓石筆ペンってなに?イラストの修正にも使える墓石筆ペンをご紹介!

墓石の有名な産地はどこ?墓石の費用や特徴・選び方も解説します!のサムネイル画像

墓石の有名な産地はどこ?墓石の費用や特徴・選び方も解説します!

最高級墓石、庵治石の値段は?庵治石の特徴やその歴史もあわせて紹介のサムネイル画像

最高級墓石、庵治石の値段は?庵治石の特徴やその歴史もあわせて紹介

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?のサムネイル画像

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・文字・塗料」についてさらに知りたい方へ

墓石の重さは車より重い!?墓石の重量について解説します!のサムネイル画像

墓石の重さは車より重い!?墓石の重量について解説します!

最高級墓石、庵治石の値段は?庵治石の特徴やその歴史もあわせて紹介のサムネイル画像

最高級墓石、庵治石の値段は?庵治石の特徴やその歴史もあわせて紹介

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法のサムネイル画像

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法

墓石にサビが出来る!?サビの種類や原因、サビを取る方法を解説!のサムネイル画像

墓石にサビが出来る!?サビの種類や原因、サビを取る方法を解説!

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?のサムネイル画像

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと