神社へ渡すお金を包むのし袋の書き方は?厄払いや七五三の場合を解説

神社でお金を納める際、のし袋の選び方や書き方に悩んだことはありませんか?また、厄払いや七五三など、御祈願によってのし袋のマナーに違いがあるのかも気になりますよね。今回は神社へ渡すのし袋の書き方や金額の相場を、神社で使われる言葉の意味も交えながらご紹介します。

目次

  1. 神社へ渡すのし袋の書き方
  2. 神社へ渡す初穂料ののし袋の選び方
  3. 奉納品ののし袋の書き方
  4. 七五三でののし袋の書き方
  5. 厄払いでののし袋の書き方
  6. 安産祈願でののし袋の書き方
  7. 竣工式でののし袋の書き方
  8. 神社へ渡すのし袋の書き方のまとめ

神社へ渡すのし袋の書き方

神社

神社で御祈願などを受ける際、どのようにお金を包むべきかご存知ですか?
神社では耳慣れない言葉を使うことも多く、どのように書くべきか悩みますよね。

また、お宮参りや七五三など御祈願の違いでのし袋の書き方や金額に違いがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、神社へ渡すのし袋の書き方や金額の相場を御祈願の違い事に、神社で使われる言葉の意味を交えながらご紹介していきます。

  • 神社へ渡すのし袋の書き方や選び方は?
  • 御祈願ごとにのし袋の書き方に違いはあるのか?
  • 御祈願ごとの初穂料の相場はいくら?
  • 神社でよく使う言葉の意味は?

以上の項目について解説していきます。
神社に御祈願に行く予定のある方は、この機会にぜひ最後までお読み頂き、今後お役立て頂ければと思います。

神社へ渡す初穂料ののし袋の選び方

神社

まず初めに「初穂料」について説明します。
「初穂」とはその年最初に収穫したお米のことを言います。
古来より収穫と豊作を神様に感謝し、お供えしてきました。

初穂料とは、初穂の代わりに納める金銭のことです。

初穂料を納めるためののし袋には、水引きが白と赤の蝶結びのものを用意しましょう。
初穂料を用意する際には、のし袋の右端にある「のし」はないものでも大丈夫です。
白封筒でも構いません。

ただし、神社での婚礼の場合は水引きは結び切りのものを用意しましょう。

蝶結びの水引きは何度でも結び直せることから、何度あってもよいお祝いや御祈願に使われます。
結び切りの水引は一度結ぶとほどけないことから、繰り返さないことが良い婚礼関係などに使われます。

終活ねっとでは、葬儀・法事で使うのし袋についても詳しく解説しています。
ぜひこちらも併せてご覧下さい。

こちらも読まれています

葬儀・法事で使うのし袋の種類って?水引きの種類・色も解説します

葬儀や法事の時は、香典やお布施を入れるのし袋が必要です。しかしのし袋には様々な種類があって迷ってしまいますよね。そこで、ぜひ知っておきたいのし袋の種類について詳しく解説します。水引の種類や色についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

奉納品ののし袋の書き方

神社

そもそも奉納とは何でしょうか?
奉納とは、神仏を敬い、鎮め、楽しませるためにお供え物や芸を捧げることです。
物だけではなく、演奏や演舞も奉納することが出来ます。

奉納品とは、神社に参拝する際にお賽銭などとは別にお供えする品のことです。
ここでは奉納品、つまり物を奉納する場合の納め方について説明します。

奉納品は、お祭りやお礼参り、御祈願の際など、いろいろな場面で納めることが出来ます。
奉納の時期にも決まりはありません。
奉納する物も、お米やお酒、季節の野菜や果物など様々なものがあります。

また、初穂料とは別に、御祈願の予約の際などに「お酒を持ってきて下さい」と言われることもあります。
2本持参し、お祓いを受けた後1本は納め、1本は持ち帰るところもあるようです。
お酒を持ち込む時も、もちろんのし紙をかけて持参しましょう。

御祈願に際してお酒を持参する場合は、お酒のサイズと本数をお問い合わせの際に確認しておくと良いでしょう。

では、のし袋の表書きの書き方や奉納品の相場を詳しくみていきましょう。

表書きの書き方

表書きは毛筆で濃く書くことが最も望ましいです。
筆ペンや太めのフェルトペンでもかまいません。
しかし、ボールペンや鉛筆などは望ましくないので注意しましょう。

奉納品は、水引が紅白の蝶結びののし紙をかけて奉納します。
上段の名目には奉納、奉献と書くのが一般的です。

「奉納」とは日頃の感謝の念を込めたり、自身の幸せを神仏に捧げるということから、神仏に納める時に使います。

「奉献」とは神仏のほか、上に立つ人に献上の姿勢を崩さずに捧げるということから、地鎮祭などの儀式の際に捧げるものに使います。

下段には、贈り主の名前をフルネームで書きましょう。
名目より小さめに書いたほうがいいでしょう。

奉納品の相場

奉納品の代表的な物にお酒があります。
祭壇にお供えされているのを見たことがありませんか?

昔は初めて取れたお米(初穂)を、神様へ感謝を込めてお供えしていました。
そのお米をさらに労力をかけて作ったものがお酒です。

そのため、奉納するお酒はお米から作られた清酒(日本酒)が一般的なようです。
もちろん焼酎など他のお酒でも構いません。

お酒の場合一般的には、一升瓶や四合瓶で、本数も1本や2本納めることが多いようです。
これにも特に決まりはありませんので、好きなサイズで好きな本数納めることが出来ます。

奉納品の中でもお酒の場合の相場は、一升瓶か四合瓶で1本~2本奉納するのが一般的です。
お酒の種類によっても金額は変動します。

お酒を例にあげましたが、他の物も奉納出来ます。
これは奉納出来るのか?と疑問に思う品物は、神社にお問い合わせして頂くといいでしょう。

七五三でののし袋の書き方

神社

次に七五三でののし袋の書き方についてです。

ご存知とは思いますが、簡単に七五三について説明します。
七五三では、11月15日に氏神様に参拝します。
数え年で、男の子は三歳と五歳、女の子では三歳と七歳です。

しかし、必ずこの日に参拝しなければいけないという決まりはありません。
11月15日が平日でしたら、ご家族お揃いになることが難しいという方も多いと思います。
そのような時は、ご家族の予定が合う日にお参りされるのがいいでしょう。

七五三は、子供の成長に感謝し健やかな成長を願うためのものです。
お子様やお孫様の成長を祈願するためのものですので、準備を万端に整えてお参りに行きたいものですね。

表書きの書き方

七五三でも、水引が紅白の蝶結びののし袋をご用意下さい。
表書きの名目は、初穂料、御初穂料、御玉串料が一般的です。

「御玉串料」とは、そのままお供えすべき玉串の代わりにお金をお供えするという意味です。

下段には、ご両親の名前ではなく七五三のお参りをする子供の名前をフルネームで書いてください。
兄弟で同時に七五三を迎えるご家庭もありますよね。
その場合は、子供の名前を連名にして書いて頂いて構いません。

七五三の初穂料の相場

七五三の初穂料は、神社によって決まっている所もあります。
一般的には、5千円~1万円が相場と言われています。

御祈願に行かれる前に、金額をお問い合わせしてみることをお勧めします。
HPで確認してみるのもいいですね。

「お気持ちで…」と言われた場合は、相場の金額を包んで行かれるといいと思います。

兄弟で七五三を迎えられる場合は、初穂料を人数分用意し、一つののし袋に入れて頂いても大丈夫です。

厄払いでののし袋の書き方

神社

厄払いに行かれた事のある方も多いのではないでしょうか?

厄年には病気や災難にあう恐れが多いとされています。
厄年は数え年で、男性が25歳、42歳、61歳です。
女性は19歳、33歳、37歳です。

特に、男性42歳と女性33歳は大厄と言われています。
また、厄年の前後1年を前厄・後厄といい、注意したほうがいいと言われています。

厄年は数え年で数えるため、誕生日からではなく、1月1日から12月31日までの期間になります。
ほとんどの神社が年中厄払いを受け付けているようですが、正月元旦から旧正月の元旦にあたる節分の日までの間に受けられる方が多いようです。

ここでは、厄払いでののし袋の書き方について解説します。

表書きの書き方

厄払いでも、水引が紅白の蝶結びののし袋をご用意下さい。

厄年は繰り返したくないものです。
そのため、結び切りの封筒ではだめなのか?と思われる方もいるのではないでしょうか。

結び切りの水引は、繰り返さないほうがいい時に使うものなので、一見使えそうですよね。
しかし、厄払いへのお礼としてお渡しするものですので蝶結びのものが良いでしょう。

表書きの名目は初穂料、御初穂料、御玉串料が一般的です。
下段には、厄払いを受ける方の名前をフルネームで書きましょう。

厄払いの初穂料の相場

厄払いの初穂料も、神社によって決まっている場合があります。
一般的には、5千円~1万円が相場と言われています。

こちらも、行かれる前にお問い合わせをしてみることをお勧めします。
「お気持ちで…」といわれた場合は、相場の金額を包んでいかれるといいでしょう。

安産祈願でののし袋の書き方

神社

妊娠5か月目の戌の日に、腹帯を巻き安産を祈願するという習わしがあります。
犬はお産が比較的軽く、一度にたくさんの子犬を出産します。
それにあやかり、戌の日に御祈願をうけます。

もちろん体調が第一ですので、必ず戌の日にということはありません。
妊婦の方が御祈願に行けない時は、両親などの代理の方でも御祈願を受けられる場合もあるようです。
事前に神社に確認して頂ければと思います。

赤ちゃんとご両親との最初の行事となるので、準備を整えて御祈願の日を迎えられるようにしましょう。

ここでは、安産祈願でののし袋の書き方について解説します。

表書きの書き方

安産祈願においても、水引が紅白の蝶結びののし袋をご用意下さい。

表書きの名目は初穂料、御初穂料、御玉串料が一般的です。
下段は夫婦の姓のみか、夫婦連名となります。
連名で書く場合は、右側に夫の名前を書き、左側に妻の名を記入しましょう。

安産祈願の初穂料の相場

安産祈願においても、初穂料は神社によって決まっている場合があります。
こちらも一般的には、5千円~1万円が相場と言われています。

安産祈願でも、行かれる前にお問い合わせをしてみることをお勧めします。
「お気持ちで…」といわれた場合は、相場の金額を包んでいかれるといいでしょう。

神社によっては、腹帯を別料金で販売している所や初穂料に含まれている所があります。
また、普段から使っている物などのお気に入りの腹帯がある方は、持参したもので御祈願をうけられる神社もあります。
お問い合わせの際、一緒に確認されるといいでしょう。

竣工式でののし袋の書き方

神社

竣工式(しゅんこうしき)とは、建物が完成した後に無事に建物が完成したことを神様に報告し、感謝の気持ちを表すための神事です。
また、建物の安泰と繁栄を祈願するものでもあります。

落成式というものもありますが、こちらは神様ではなく関係者への報告と感謝を伝えるための式典となり、竣工式とは対象が違います。

竣工式は、通常完成した建物を会場とします。
これまで説明してきた御祈願は、神社に出向いて受けるものでした。
竣工式では場所が異なります。

ここでは、竣工式でののし袋の書き方について解説します。

表書きの書き方

竣工式でも、御祈祷へのお礼としてお金をお渡しする時には、水引が紅白の蝶結びのし袋をご用意下さい。

表書きの名目は初穂料、御初穂料、御玉串料が一般的です。
下段には、施主名をフルネームで書きましょう。

また、会社で行う場合も多いかと思います。
その場合は、右側に会社の正式名称、左側上に役職名を書き、その下に名前をフルネームで書きます。
役職名は、名前よりも少し小さく書きましょう。

竣工式に招かれた際、施主側へ渡すお祝いののし袋は「御祝」等になります。
施主側と招待客側では渡す相手が違うため、のし袋の表書きも変わってきます。
神職へ「御祝」ののし袋をお渡しするのは、マナー違反になりますので気を付けましょう。

また、竣工式などで神様にお供えするお酒を奉献酒(ほうけんしゅ)と言います。
奉献酒を用意する時には、一般的に2本一組で縛ったお酒にのしをかけます。
名目は「奉献」で、下段には施主の名前を書きましょう。

竣工式の初穂料の相場

竣工式での費用は、神社によって料金が決まっている所が多いようです。
お問い合わせをして頂ければと思います。
また、建築関係者に相談して頂くのもよいでしょう。

地域差もありますが相場としては、2万円~5万円が多いようです。

奉献酒に関しても、料金の相場はあまりないようです。
お近くの酒屋さんに相談すれば、お店側がおすすめの銘柄を教えてくれたり、のし紙も用意して下さる場合がほとんどです。

神社へ渡すのし袋の書き方のまとめ

神社

いかがでしたか?

これまで御祈願の違いごとに、神社へののし袋の書き方や相場を解説してきました。
簡単にまとめますと、以下のようになります。

  • 御祈願の際ののし袋は、ほとんどの場合は水引が紅白の蝶結びのものを用意する。
  • 表書きは、お金を包む場合は「初穂料」「御初穂料」「御玉串料」と書く。
    品物の場合は「奉納」「奉献」などと書く。
  • 初穂料の金額の相場は、5千円~1万円が多い。
    しかし、神社によって決まっている所もあるので、お問い合わせをして準備する。
  • 竣工式の場合、のし袋の名目は同じ。
    しかし、お渡しする料金が違うため神社や建築関係者に確認する。

神社で初穂料をお渡しする機会はそれほど多くありません。
普段あまり使わない言葉を使うので、難しく考えてしまいがちですよね。
しかし、意外と同じようにする場合が多く、覚えやすいものでした。

お宮参りや七五三などはご家族にとって記念に残る一日となります。
念入りに準備をして、その日を迎えたいものですね。

この記事が、皆様が神社へ行かれる際のお手伝いになればと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

「神社・のし袋・書き方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・のし袋・書き方」についてさらに知りたい方へ

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説のサムネイル画像

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!のサムネイル画像

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

葬儀・法事で使うのし袋の種類って?水引きの種類・色も解説しますのサムネイル画像

葬儀・法事で使うのし袋の種類って?水引きの種類・色も解説します

お祓いで渡す封筒の書き方は?金額相場やお寺でのお祓いの場合も解説のサムネイル画像

お祓いで渡す封筒の書き方は?金額相場やお寺でのお祓いの場合も解説

初盆で使用するのし袋のマナーとは?表書きの書き方や水引きも解説のサムネイル画像

初盆で使用するのし袋のマナーとは?表書きの書き方や水引きも解説

神社に奉納するものって何?のしの書き方まで詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社に奉納するものって何?のしの書き方まで詳しく紹介します!

神社への奉納品は何を選ぶべき?奉納の仕方やのしの書き方を解説!のサムネイル画像

神社への奉納品は何を選ぶべき?奉納の仕方やのしの書き方を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・のし袋・書き方」についてさらに知りたい方へ

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説のサムネイル画像

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!のサムネイル画像

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと