神社の礼拝のやり方は?注意点やお寺での礼拝についても解説します

神社で礼拝する機会は大晦日・初詣など日本ではよくあるものの、正式な参拝・礼拝作法は曖昧なままになっている方も意外と多いのではないでしょうか。正式な神社への礼拝作法と順序、身だしなみや参拝の時間帯に関する留意点、お寺への参拝との違いなどご紹介します。

目次

  1. 神社の礼拝について
  2. 礼拝と参拝の違いってなに?
  3. 神社の礼拝のやり方
  4. 神社の礼拝前の注意点
  5. お寺での礼拝のやり方は?
  6. 神社の礼拝まとめ

神社の礼拝について

神社

大晦日・初詣など、日本ではよく神社で礼拝する機会があります。
しかし、神社に参拝したときの正しい礼拝作法を完璧にこなせる人は意外と少ないのではないのでしょうか。

他の参拝客を見よう見まねで礼拝作法を習得しようとしても、細かな所作は見逃してしまい、結局曖昧なままになっている人も多いかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、神社の礼拝を中心に以下の内容をご紹介します。

  • 神社への正しい礼拝・参拝作法は?
  • 神社への礼拝・参拝で身だしなみを気にする必要はある?
  • 神社への礼拝・参拝はどの時間帯が一番いいの?
  • 神社への礼拝とお寺での礼拝は何が違うの?

以上の疑問をご説明していきます。
一通りの参拝順序は覚えていたつもりでも、意外と忘れてしまっていた作法に気付くこともあるかもしれません。

ぜひ最後までお読みください。

礼拝と参拝の違いってなに?

困った人々

神社への、参拝と礼拝は何が違うのでしょうか?

参拝や礼拝はどちらも似た意味の言葉です。
しかし、礼拝は、神様を拝むことそのものを指して使われることが多い言葉です。
これに対して参拝は、礼拝などのために神社・仏閣に参る行為を指して使われることが多いと言われます。

しかし、神道ないし神社信仰は形式主義の色合いが強い宗教です。
そのため、しっかりと作法に則った参拝をすること自体が礼拝の一部分をなすともいえます。

以下の説明では、礼拝と参拝を特に区別せずに用いますが、礼拝と参拝の違いについて詳しいことが気になる方はぜひ以下のリンクもご覧ください。

こちらも読まれています

“礼拝” とは? - 終活用語集

宗教において、神や仏などを敬って拝むことを指します。 仏教の場合のみ「らいはい」と読み、キリスト教やイスラム教などの仏教以外の場合は「れいはい」と読みます。 神社などで見られる「拝む」行為も礼拝の一つです。

神社の礼拝のやり方

神社

神社の正式な参拝作法をご紹介していきます。

日本の神道にも様々な宗派があります。
また、地域的な信仰の慣習がそのまま正式な信仰のあり方とされていることも少なくありません。
そのため、正式な参拝作法として紹介される作法にも色々あります。

そこで、以下では神社本庁式で正式な参拝方法として紹介される参拝作法をご紹介しています。
具体的な参拝・礼拝の方法について、実際に参拝する神社で以下の説明と異なる案内があれば、そちらに従うようにすると良いでしょう。

鳥居の前で一礼する

神社は神様が住まう神聖な場所であり、いわば神様の家ともいえます。
また、神門や鳥居は、神聖な場所と人の暮らす場所を隔てる標識としての役割をもっており、いわば玄関のようなものです。

人の家に上がるときは挨拶をするものです。
神様が住まう領域である神社境内に入るときにも、もちろん神様に対するご挨拶が必要です。
神社の境内に入る前には必ず神門・鳥居の前で一礼するようにしましょう。

また、一度境内に入ってからも拝殿に参るまでに複数の鳥居をくぐることがあります。
その場合も鳥居をくぐるたびに一礼すべきとされています。

手水舎で清める

神社の鳥居をくぐると、その近くには柄杓が置かれた手洗い場のような場所が通常設置されています。
これが手水舎です。

手水舎は、礼拝の前に一種の禊をするための場所です。
神様は穢れを嫌うため、拝殿での礼拝の前に手口を水で洗い清めます。
この一連の動作を「手水をとる」ともいわれます。

手水をとる具体的な手順は次の通りです。

  • 柄杓で水をすくい、左手→右手の順に水をかけて手を洗う
  • 右手に柄杓を持ち左手の手のひらに水を注ぐ
  • 左手の手のひらに貯めた水を口に注ぐ
  • 口をすすいだら再び左手を洗う
  • 最後に水で柄杓の柄を清めて元に戻す

口に水を注ぐ際には柄杓に口をつけないこと、注いだ水は飲まないこと、濡れた手はしっかりとハンカチなどで拭くことに気をつけましょう。

拝殿に参る

手水舎で身を清めたらいよいよ拝殿に向かい礼拝をします。

このとき注意すべき点は2点あります。
参道の歩き方と礼拝の仕方です。

まず、参道を歩くときは、参道の真ん中を歩かずに、端を歩くようにします。
参道の中央は神様の通り道とされるためです。
ちなみに、拝殿に参る途中で鳥居をくぐるときは、境内に入るときと同じように一礼してくぐります。

次に、拝殿に着いたら礼拝の作法に気をつけましょう。
まず、貢物としてお賽銭を賽銭箱に入れます。
参拝者の真心を示すものなので金額の多寡は気にする必要はありません。

鈴があれば鈴を鳴らしてから二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)します。
祝詞やお願い事を唱えるときはこのタイミングで行うと良いでしょう。

境内から出る

拝殿での礼拝を済ませたら、最後に軽く一礼して拝殿を後にします。
このときも参道の中央を歩くのは避け、端を歩くことを忘れないようにしましょう。
最後に鳥居から出るときも、社殿を振り返り一礼してから鳥居をくぐって出るのが丁寧とされます。

以下の記事では神社参拝のマナーや注意点について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

最近では神社での御朱印集めが趣味だという方も増え、旅先で神社に参拝する機会も増えているのではないでしょうか。しかし、神社の参拝方法やマナーがわからないという疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。今回は神社参拝の作法やマナーについて詳しくご紹介します。

神社の礼拝前の注意点

人々

神社に参拝する際には儀礼的な所作の他にもいくつか留意すべき点があります。
特に気を使うべきなのが、身だしなみと参拝の時間帯です。
以下、それぞれについて詳しくご説明します。

身だしなみ

乱れていたり不潔な格好で参拝することは避けましょう。
参拝では神様にご挨拶申し上げ、場合によってはお願いごともするのですから、できるだけ身だしなみをただすようにするようにすべきです。

とはいえ、日常の参拝では常識的な範囲で清潔な身だしなみをしていれば問題ありません
ただし、昇殿祈祷を受ける場合には注意が必要です。

昇殿祈祷とは、神職の方と共に拝殿に昇殿し、神職の方に祝詞を奏上して頂く礼拝の方法です。
昇殿参拝や単に正式参拝とも呼ばれます。
祝詞奏上の他に玉串奏上も伴うことが一般的です。

交通安全祈願、商売繁盛祈願など昇殿祈祷に参加する場面は様々あります。
こうした特別な機会に拝殿の中で参拝する場合には正装が必要です。
男性であればスーツ・ネクタイを着用し、女性もできるだけ肌の露出は避けるべきとされています。

なお、お寺への参拝の場合には毛皮やファーは殺生を連想させるので参拝の際は避けるべきだと言われることもあります。
しかし、神社への参拝の場合には原則として気にする必要はありません。

時間帯

神社の参拝はどの時間帯にするのが良いのでしょうか。

一般的には早朝・午前中の参拝が最も良いとされています。
清々しい気持ちで雑念も少ない状態で神様に向き合ったほうが良いためです。

夕方や夜間の参拝は避けたほうが良いと言われることもありますが、必ずしもそうではありません。
色々と言われていますが、明確なルールはありません。
つまり、夕方・夜間に参拝しても一向に構いません。

ただし、神社によっては防犯上の理由などから夕方にはそもそも出入りできなくなることもあることに注意が必要です。
大きな神社であれば日の入りと共に社務所を閉めてしまう神社も少なくありません。

もっとも、観光地として有名であったりする神社であれば、お祭りなどの際や時期によっては遅くまで参拝できる場合もあります。
旅行先での参拝を計画したりする際には事前に確認しておくと良いでしょう。

参拝する時間帯については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

神社の参拝時間はいつがベスト?夜がダメって本当?徹底解説します!

神社参拝の時間については様々な言い伝えが存在しています。その中で、「神社の参拝は朝に行くべき」または「神社の参拝は夜に行ってはいけない」という言い伝えは、果たして本当なのでしょうか?今回の記事では神社の参拝に一番適した時間帯がいつなのかを徹底的に解説します。

お寺での礼拝のやり方は?

仏壇

お寺での礼拝の仕方は神社での礼拝とは異なるため、混同しないように注意が必要です。
異なる点は、常香炉でのお清め・礼拝の方法・お線香のお供えといった点です。

特に、礼拝の方法には注意が必要です。
お寺での礼拝でも、お賽銭をお供えした後に合唱します。
ただし、お寺での礼拝の場合は神社での礼拝と異なり、柏手は打たず、ただ両手で静かに音を立てず合掌し眼を閉じてお題目を唱えるものとされています。

その他には山門(お寺の入り口)で一礼をする、手水舎で手口を清める、礼拝の前に鐘をつき、または鈴を鳴らすといった参拝順序は神社への参拝と異なりません。

以下の記事では神社とお寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

神社の礼拝まとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは神社の礼拝についてご紹介しました。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 神社へのお参りでは正しい作法に則って参拝することも礼拝の一部
  • 神社の境内に入る前と境内を去る際のいずれの場合にも鳥居の前で一礼する
  • 手水舎での禊では、柄杓から直接水を口に含まないこと、口に含んだ水を飲まないこと、濡れた手はしっかりハンカチなどで拭くことに注意
  • 拝殿での正式な礼拝作法は、お賽銭を入れ軽く一礼→二礼二拍手一礼→最後に再び軽く一礼
  • 参道の中央は歩かない

一つ一つの決まりごとを取り上げると細かすぎるようにも感じられるかもしれません。
しかし、いずれも神様に対する感謝の気持ちをもって参拝すれば自然と身から出てくる動作ではないでしょうか。

終活ねっとでは、この他にも神社やお寺に関する記事を様々ご紹介しています。
興味のある方はぜひ以下のような記事もご確認ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社の地図記号ってどんなの?由来や遍歴を徹底的に解説します!

小学校の社会科の時間で学習する神社の地図記号はご記憶にありますか?施設や建物の特徴をデザイン化して、地図の中で記号として表現したものが、地図記号です。今回はその中のひとつ、神社の地図記号について、由来や遍歴・歴史的な背景などを詳しく解説していきます。

「神社・礼拝」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

関連する記事

「神社・礼拝」についてさらに知りたい方へ

全国の神社の数は?参拝者数や寺の数を都道府県別のランキングで紹介のサムネイル画像

全国の神社の数は?参拝者数や寺の数を都道府県別のランキングで紹介

縁結び神社ランキング!縁結びにご利益のある全国の神社を紹介!のサムネイル画像

縁結び神社ランキング!縁結びにご利益のある全国の神社を紹介!

神社にある石を持ち帰ってはいけない?その理由は?徹底解説します!のサムネイル画像

神社にある石を持ち帰ってはいけない?その理由は?徹底解説します!

神社の宮司ってどんな役職?神主との違いは?神職の役職や階級を解説のサムネイル画像

神社の宮司ってどんな役職?神主との違いは?神職の役職や階級を解説

神社での七五三の料金は?初穂料の相場とのし袋の書き方を解説しますのサムネイル画像

神社での七五三の料金は?初穂料の相場とのし袋の書き方を解説します

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!のサムネイル画像

神社参拝をする時の作法・マナーとは?流れや注意点を解説します!

群馬県上毛三山にあるの3つの有名な神社を紹介のサムネイル画像

群馬県上毛三山にあるの3つの有名な神社を紹介

神社の記号って?由来や意味、寺院との違いを徹底的に解説します!のサムネイル画像

神社の記号って?由来や意味、寺院との違いを徹底的に解説します!

忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明しますのサムネイル画像

忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明します

神社のお賽銭で5円玉がないときは?5円玉以外で縁起の良い額とは?のサムネイル画像

神社のお賽銭で5円玉がないときは?5円玉以外で縁起の良い額とは?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・礼拝」についてさらに知りたい方へ

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介のサムネイル画像

滋賀県のオススメの神社10選!初詣・御朱印で有名な神社ご紹介

山形の神社おすすめ13選!御朱印や初詣など条件別で神社を紹介!のサムネイル画像

山形の神社おすすめ13選!御朱印や初詣など条件別で神社を紹介!

なぜ神社のお札を大麻と呼ぶの?伊勢神宮の神宮大麻についても解説!のサムネイル画像

なぜ神社のお札を大麻と呼ぶの?伊勢神宮の神宮大麻についても解説!

神社に飾られている5色の布の名前や効果、由来って?のサムネイル画像

神社に飾られている5色の布の名前や効果、由来って?

神社で供養をしてもらおう!供養の手順や対象別の神社も紹介!のサムネイル画像

神社で供養をしてもらおう!供養の手順や対象別の神社も紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと