竹灯篭の美しさに魅せられるイベントに行こう

竹灯篭とは、竹に穴をあけ、ロウソクや電球の灯りをつける灯篭です。全国では、イルミネーションとして、和の美しさを魅せる竹灯篭祭りもあります。素敵な優しい光と、かぐや姫が出てきそうな幻想的な世界に訪れてみませんか?素敵な思い出作りにしてみてください。

目次

  1. 和のイルミネーション、竹灯篭
  2. 竹林に広がる光、横浜国際プールの竹灯籠祭
  3. 新潟県村上市、宵の竹灯篭祭り
  4. 竹工芸で有名な、大分の竹灯篭
  5. 冬の那須塩原温泉の竹取物語
  6. 挑戦してみよう、竹灯篭の作り方
  7. 竹灯篭のお祭りと、作り方のまとめ

和のイルミネーション、竹灯篭

竹細工の灯篭のイルミネーションや、オブジェで見る人の心を癒してくれます。

そんな和のイルミネーションでお出迎えしてくれるイベントが多数ありますのでご紹介いたします。

幻想的な世界に、芸術的な竹灯篭の優しい光に包まれて、心に温もりをどうぞ。

竹林に広がる光、横浜国際プールの竹灯籠祭

横浜国際プールの林浴庭園にて、竹灯篭約3,000本の灯りがともされます。

今までは、秋に行われていましたが、2017年より4月に開催することとなりました。

竹の徳利に入った「かっぽ酒」など楽しいイベントもあります。

新潟県村上市、宵の竹灯篭祭り

村上には、古くからの武家屋敷や街並みが、重用文化財として残っています。

その景色に竹灯篭で幻想的な世界を作り、歴史の街並みを彩り、雰囲気を出しています。

古い町並みには黒塀といった長いロードがあり、竹灯篭がとても似合っています。

毎年10月頃開催。

竹工芸で有名な、大分の竹灯篭

大分県は、マダケのシェア日本一の生産量です。その竹を使った竹細工も有名で、竹灯篭祭りもたくさん各地で行われています。

その中から、いくつか竹灯篭祭りのご紹介を致します。

それぞれに個性があり、美しいイルミネーションが素敵な夜を演出しています。

竹ぼんぼり発祥の地、臼杵の竹灯篭

「うすきの竹宵」として毎年11月頃に開催されています。

臼杵伝説「般若姫」の行列も見ものです。

道路や至る所で、臼杵の竹ぼんぼり、竹灯篭に明かりが灯り素敵な光景です。

竹灯篭は、デザイン・色の凝ったものが多く、見る人の頃に残るアートなイベントとなっています。

竹田市の竹田竹楽は、2万本の竹灯篭

竹田竹楽というイベントを、毎年秋に紅葉シーズンと共に開催しています。

「十六羅漢」、「武家屋敷通り」、「広瀬神社」は、紅葉と竹灯篭とのライトアップで幻想的な夜を演出しています。

毎年大勢の観光客も訪れ、人気スポットとなっています。

水と竹灯篭で夜を灯す、日田市千年あかり

日田天領まつりの夜のイベントとして、近年に始まった竹灯篭のイベントです。

花月川河川敷や豆田の古い町並みに飾られた竹灯篭は、とても見応えのある美しい光景です。

日田天領水が有名で、水路や川に竹灯篭をたくさん置き、水辺に映る灯りがさらに臨場感あふれています。

冬の那須塩原温泉の竹取物語

栃木県那須塩原市塩原にある温泉街は、12月より2月末まで竹灯篭が温泉地中心に飾られています。

温泉で暖まりながら、ちょっとお散歩に出かけると、素敵な夜の景色を見ることができます。

カラフルな色に染まる竹灯篭は、個性的なデザインが施されて街を優しい光で包みます。

挑戦してみよう、竹灯篭の作り方

竹灯篭は、自分でもオリジナルの作品が作れます。

2種類あって、竹に穴をあけて作るものと、和紙を巻いて作るものとあります。

どちらも素敵な灯篭になりますので、お好みで作ってみませんか?

お部屋に飾ると、素敵なインテリアにもなります。

竹筒の灯篭、簡単な作り方

竹を1本ゲットしましょう。

一節分でも構いません。

1本あればたくさん作れるだけの違いです。

1本の場合は、節目を底にするように、いくつかに切り分けます。節の数だけできますね。

1個がおよそ30センチから40センチになるでしょう。

2節で高めの灯篭もいいですね。

続いて、底になる部分を平坦になるように切りそろえます。

床などに置くのでガタつかないようにします。

切り落とした部分は、やすり等で綺麗にします。

出来上がったら、節目がある方と反対側を、切り口が節目に近づかない程度で斜め切します。

風よけの高さをキープします。

このままでも立派な灯篭ですが、少し工夫すると素敵なデザインで光が四方に輝きます。

それは、ドリルで穴をあけていきます。

穴の大きさは、1円玉から10円玉くらいが綺麗に光が通ると言います。

その穴の周りに小さい穴をたくさんあけると花柄っぽくなりますね。

和紙を使った竹灯篭の作り方

竹骨4本、和紙4枚、のり、糸、垂木、空き缶(ツナ缶)を用意します。

最初に垂木を十字にします。

糸で縛った方がやりやすいでしょう。

十字になった部分に空き缶を置き、後ろから釘で貫きます。

空き缶から釘が出れば、ロウソク縦にもなります。

次に、十字の垂木4か所に、竹骨を立てて釘で留め、骨格を作ります。

上に伸びた竹骨4本を集めて縛ります。

綺麗な三角柱になれば安定して置くことができますから、骨組みは気をつけて組み立てます。

後は和紙を張り付けていきます。

和紙は三角柱に合わせて、余分な所を切ります。

これで完成です。

和紙に絵を書いてみても素敵な灯篭になりますよ。

竹灯篭のお祭りと、作り方のまとめ

竹灯篭は、和の美しい伝統的な文化です。

お祭りに行けば素敵な夜の雰囲気楽しむことができます。

また、自分で簡単に作ることもでき、お部屋のインテリアとして和室にも洋室にもマッチします。

素敵な竹灯篭のある生活もいかがでしょうか?きっと心休まるでしょう。

「竹・灯篭」に関連する記事

  • 仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とはのサムネイル画像

    仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とは

    仏壇の内部を照らす灯篭には、様々な種類があり宗派によって異なります。今回は知っているようで、あまりよく知られていない、仏壇に置く灯篭についてをまとめました。

  • お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介のサムネイル画像

    お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介

    大きくて立派なお墓には、そのそばに灯篭が建てられていることがありますよね。では、お墓のそばに建てられている灯篭にかかる値段はいくらなのでしょうか?今回は、お墓の灯篭にかかる値段についてと建て直す際にかかる値段を解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。のサムネイル画像

    意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。

    古くからある照明器具のひとつ、灯篭。照明としてだけなら、提灯やアンドンなどもありますが、『灯篭』と聞くとどこか特別な印象を持つものです。この灯篭、作り方を工夫すれば、いろいろなデザインのものができます。意外と簡単な、その作り方を見てみましょう。

  • お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識のサムネイル画像

    お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識

    大きめのお墓や神社仏閣で、よく灯篭を見かけることがありますよね。灯篭って何のためにあるのでしょう?自分のお墓にも灯篭は設置しなければいけないものなのでしょうか?そこでこの記事では、意外と知らない灯篭の意味と役割をご紹介します。

  • 心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!のサムネイル画像

    心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

    竹の内側からもれる淡い光。幻想的で、何だか心が洗われるような気がします。石や金属を使った灯籠より光がやわらかく、あたたかくて優しい気持ちになりますよね。そんな魅力的な竹灯籠についてご紹介します!

  • 盆灯篭は広島の文化?灯篭の種類と盆灯篭の飾り方のサムネイル画像

    盆灯篭は広島の文化?灯篭の種類と盆灯篭の飾り方

    盆の準備に食べ物と灯りの灯篭は欠かせません。ですがその灯篭にも、様々な種類やきちんとした意味があるのはご存知でしょうか?そこで今回は盆に飾る灯篭について、飾る時期や少し変わった広島の盆灯篭についてご紹介します。

  • お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?のサムネイル画像

    お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?

    竹の花瓶がは、和室だけではなく、洋室でもとても似合います。お花も、和の花だけではなく洋花も、とてもおしゃれに飾ることができます。竹の花瓶を利用したり、作ってみましょう。

  • 初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

    初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

    水墨画とは墨だけで描かれた絵のことです。よく見かける水墨画では竹が描かれていることが多いかと思います。水墨画をやるにあたって竹は基本的な技術がつまっています。竹が上手に描けるようになる方法をご紹介するので是非挑戦してみてください。

  • 竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添ってのサムネイル画像

    竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

    「竹取物語」のあらすじです。作られたのはおおよそ9世紀末から10世紀初頭にかけてとされ、作者不明、現存する最古の物語とされています。書籍や映像などで何度も取り上げられてきたこの「竹取物語」を今回はできるだけ原文に添った形でそのあらすじをご紹介したいと思います。

  • かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介のサムネイル画像

    かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介

    かぐや姫の話は竹取物語からのもの。なぜかぐや姫は月に帰らなければならなかったのか、こどもの頃は気にもしていませんでしたが、調べてみるとそれ以外にも意外な物語があることが解りました。かぐや姫のイメージが変わるかもしれませんよ。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「竹・灯篭」についてさらに知りたい方へ

仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とはのサムネイル画像

仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とは

お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介のサムネイル画像

お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介

意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。のサムネイル画像

意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。

お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識のサムネイル画像

お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識

心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!のサムネイル画像

心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

盆灯篭は広島の文化?灯篭の種類と盆灯篭の飾り方のサムネイル画像

盆灯篭は広島の文化?灯篭の種類と盆灯篭の飾り方

お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?のサムネイル画像

お部屋に飾る花、竹の花瓶で生活に彩りを加えませんか?

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!のサムネイル画像

初心者でも簡単!水墨画で竹に挑戦してみよう!

竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添ってのサムネイル画像

竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介のサムネイル画像

かぐや姫の物語のあらすじや隠された意味・考察を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「竹・灯篭」についてさらに知りたい方へ

仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とはのサムネイル画像

仏壇に吊るしたり置いたりする『灯篭』の意味や種類とは

お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介のサムネイル画像

お墓の灯篭にかかる値段はいくら?建て直しにかかる費用もご紹介

意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。のサムネイル画像

意外と簡単にできる? 身近な素材で紹介する、灯篭の作り方。

お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識のサムネイル画像

お墓の灯篭の意味とは?知っていて損はない灯篭の豆知識

心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!のサムネイル画像

心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと