お守りを持つ効果とは?可愛いお守りを買える神社もご紹介します!

神社のお守りにはどんな効果があるのかご存知でしょうか?お守りによって得られる効果は様々です。やはり、誰にでも悩みはつきものですよね。お守りを上手く活用すれば、多くの悩みも解消できるかもしれません。今回は、お守りを持つ効果や可愛いお守りがある神社もご紹介します。

目次

  1. 神社のお守りについて
  2. お守りとは
  3. お守りの持ち方
  4. お守りのご利益の種類
  5. 神社でお守りを買える時間帯
  6. お守りはいつ返納する?
  7. 変わったお守りの形
  8. かわいいお守りがある神社をご紹介
  9. お守りはプレゼントしても大丈夫?
  10. 神社のお守りは消費税がかかる?
  11. 神社のお守りのまとめ

神社のお守りについて

神棚

お守りにはそれぞれのご利益があるのをご存知ですよね?
様々なご利益を得られるのであれば、多くの種類のお守りを買ってしまえばいいのではと思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、お守りにはご利益を得るためのルールがあり、それを無視してしまえばご利益を得ることができなくなってしまうかもしれません。

では、お守りを持つ際にはどのようなルールがあり、どのようにすればご利益は得られるのでしょうか?
今回終活ねっとでは上記の疑問とともに、お守りの持つ効果について詳しく解説して参ります。

  • そもそもお守りとはどういうもの?
  • お守りの正しい持ち方とは?
  • お守りのご利益の種類はどんなのがあるの?
  • 神社でお守りが買える時間帯はいつ?
  • お守りはいつ返納すれば良いの?
  • 変わったお守りの形とは?
  • 可愛いお守りがある神社はどこ?
  • お守りはプレゼントしても効果あるの?
  • 神社のお守りには消費税がかかるの?

やはり様々な悩みを抱えたり、成就させたい願い事があるという人は多いのではないでしょうか。
お守りのルールさえ知っていれば、お守り本来のご利益を十分に得られるかもしれません。

また、可愛いお守りを買うことができる神社もご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

お守りとは

神棚

お守りとは、健康、学業、金運などお守りによって様々なご利益があるとされているものです。
例えば、健康を維持していたいという場合には健康祈願のお守りや学業を成就させたい場合には学業成就や合格祈願のお守り、お金をより多く得られるようになりたいという場合には金運上昇のお守りを持てば、それぞれのご利益を得ることができます。

したがって、叶えたい願いによって持つべきお守りは異なります。
また、お守りの持ち方には特に決まりはなく人によって違うようです。

では次にお守りはそもそも何に由来しているのか、またお守りの効果について見ていきましょう。

お守りの由来

古来より神仏の存在が信じられて来たように、お守りも古くから存在しております。
もともとは、土や木など自然の一部を用いてお守りとし、それらを持ち歩くことで神仏の加護が受けられるとされていたようです。
ちなみに、お守りの存在が多くの人に知れ渡ったのは江戸時代からだったようです。

そして現代のお守りは、加護が宿ったとされる金属・紙・木で作られ、それらを錦のお守り袋に入れたものが一般的となっています。
ただ、お守り袋は開けてはいけないので注意しましょう。

お守りの効果

お守りの効果に関しては、持ち主の心の持ち方によって大きく変わります。
お守りとはあくまでも祈願するためのものであって、必ずしも願いが成就するというものではありません。
したがって、願いを叶えるためにはお守りに祈ることも大切ですが、時には自身が前向きに努力することも重要です。

また、お守りの効力は一定期間で失われてしまうとされおり、基本的には古くなったお守りは処分して新しいお守りを買う必要があります。

お守りの持ち方

お金

前に述べた通り、お守りの持ち方には決まりはありません。
しかし、決まりが無いといってもご利益に影響してしまわないためにも、具体的な持ち方は知っておきたいですよね。
では、お守りはどのように持っておくのが一番良いのでしょうか?

お守りは一般的に、常に身に着けておく事が一番良いとされております。
もともとお守りは普段から持ち歩くというのが一般的だったため、現代でもカバンやポケットの中に入れ常に持ち歩くという人が多く見られるのです。
また、お守りを常に入れておく場所はお守りのご利益によっても異なるようです。

そんなお守りですが、様々なご利益を得るためにお守りを複数個持つことはできるか、お守りはどこに付けるべきなのかについて見ていきましょう。

お守りを複数個もってはいけない?

お守りにはそれぞれ神仏の加護が宿っているとされ、ご利益の種類によってもお守りに宿る神様は異なるようです。
そのため、お守りを複数持つと神様同士が喧嘩をしてしまい、十分なご利益を得られないといった噂もささやかれております。

しかし、上記の情報は間違いであり神様同士が喧嘩をするなどという事は決してありません
したがってお守りを複数個持ったとしても、それぞれのご利益が無くなってしまうこともありませんので、気にせず好きなお守りを買うことができます。

そもそもご利益を得るためのお守りなのですから、神様の勝手な都合でご利益が無くなってしまうとなればお守りの意味がありませんよね。

お守りはどこにつけるべき?

上記にも述べた通り、多くの人の場合お守りのご利益によって付ける場所は異なります。
例えば、健康祈願のものならば上着やズボンなどのポケットに、金運上昇のものであればお金にちなんでお財布の中に常に入れておくといった人も見られるのです。

ただ、お守りを付ける場所においても特に決まりはありませんので、自分自身が安心できてご利益が得られそうな場所に付けておく事が、一番良いのではないでしょうか。
また当然ですが、お守りを失くしてしまう心配がない場所を選びましょう。

お守りのご利益の種類

人々

お守りには様々な種類があり、それによって得られるご利益が異なるというのはもうご存知ですよね。
しかし、もしかすれば具体的にお守りのご利益には、どのような種類が存在するのかご存知ない方もいるかもしれません。

実際には、ご利益には大きく分けて健康・安全・縁結び・学業・金運・厄除けといった種類があり、さらにこれらの中でも様々なものが存在するのです。

ここでは、ご利益の種類には具体的にはどのようなものがあるのか、その一部分をご紹介します。
また、それぞれのご利益にはどのような効果があるのか、そしてどのタイミングでお守りを持つと良いのかについても解説します。

  • 健康祈願

    健康祈願のお守りは、常に健康を維持したいという方に適したお守りです。
    病気とは無縁で健康な日々を過ごすという願いが込められており、常に身に着けておくことでそのようなご利益が得られるとされています。

    また他にも、健康祈願と同様なご利益が得られるものとしては、長寿祈願や無病息災のお守りなどもあります。
    これらのお守りは、やはり健康で長寿になることを願う場合に持つと良いでしょう。

  • 家内安全

    家内安全のお守りは、家族全員を病気や事故などから守り幸福をもたらすというご利益を得ることができます。
    家族全員の安全を祈願できることから、常に自宅の神棚に飾っておくという人が多いようです。

    他にも、交通安全や旅行をする際の安全を祈願するお守りなどもあります。
    また、これらは家族の安全を祈願するものなので、大切な家族ができ家庭を築いた際にお守りを持つのが良いでしょう。

  • 恋愛成就

    恋愛成就のお守りは、その名の通り恋愛がうまくいくなど良いパートナーと巡り合うことができるというご利益があります。
    なかなか理想の相手に出会えないという方でも、ここぞという時にお守りを身に着ければ予期せぬ出会いがあるかもしれません。

    また、恋愛以外にも友人や周囲の人たちとの縁も大切にしたいという場合には、縁結びのお守りを持つと良いかもしれません。

  • 学業成就

    学業成就のお守りは、日々の勉学の努力が報われ目標を達成することができるというご利益があるとされています。
    そのため、主に学生の方が持つことが多いようです。

    特に勉学の成果が問われる受験などの時期にお守りを持つと良いかもしれません。
    また、同様のものとして合格祈願のお守りが存在します。

  • 金運上昇

    金運上昇のお守りには、より多くのお金が入ってくるようになるというご利益があります。
    やはりお金を得たいと願う人は多く、金運を高めるお守りは特に人気があるようです。
    また、お守りはお財布などに入れて常に持ち歩く人が多く見られ、もしかすればよりご利益を感じることができるのかもしれません。

    他にも商売繁盛や出世を祈願するお守りもありますが、いずれも好きなタイミングで持つと良いでしょう。

  • 厄除け

    厄除けとは、一般的に全ての人に訪れる厄年と呼ばれる年に受けるお祓いの事をいいます。
    厄年とされる年は男女別で決まっており、その年にお祓いを受けると良いとされています。
    また、厄年には1年おきに前厄・本厄・後厄がありますが、毎年お祓いを受ける方もいれば本厄の年にのみお祓いを受けるという方もいると思います。

    ちなみに厄年とは、人生で最も多くの災難や不幸に見舞われてしまうという年と言われており、お祓いを受けなければ自身だけでなく周りの人にまで影響を与えてしまうとされています。

このようにお守りには様々なご利益の種類がありますので、自分の叶えたい願いなど好きなものを選びましょう。

神社でお守りを買える時間帯

神棚

神社では多くの場合、本殿以外であれば24時間自由に参拝を行うことができます。
しかし、お守りは本殿近くにある授与所の神職や巫女の方から授与される物なので、当然時間は限られてしまいます。
では、神社においてお守りが買える時間帯はいつなのかについて見ていきましょう。

神社の本殿周辺の門が開かれる時間帯は、神社によって異なります。
多くの神社の場合は朝9時に門が開かれ、日没の17時頃には門は閉められます
したがって、お守りが買える時間帯も上記と同じで9~17時までという事になります。

また、神社には定休日は特にありませんので都合の良い日に買うことができます。
ただし、神社によっては早朝から門が開かれたり、早くに閉門されるなどと時間は異なりますので、事前にしっかり調べておきましょう。

参拝をする際には、なるべく朝早くが良いとされておりますので、門が開かれたすぐ後に参拝を済ませてからお守りを買うというのも良いかもしれません。

お守りはいつ返納する?

困った人々

様々なご利益が得られるお守りですが、そのご利益の効能には期限があることをご存知でしょうか?
効能が失われたお守りをそのまま持っていても、当然その後のご利益を期待することができないとされています。
したがって、期限を迎えたお守りは然るべき方法で処分をし、新しくお守りを買う必要があるのです。
ここでは、お守りの効能はいつまで続くのか、また返納や処分の方法についてご説明します。

一般的にお守りの効能は1年まで続くといわれており、1年ごとに新しくする必要があります。
また、1年間持ち続けたお守りは捨ててしまうのではなく、基本的にはお守りを買った神社の古札納所に返納するのがルールとなっています。

ただ、どうしても返納するのが難しいという場合には自宅で処分する方法もあります。
その場合には、古くなったお守りと塩を白い紙で包みお守りを清めた上でゴミ箱に捨てましょう。
ちなみに、お守りを1年以上持ち続けたからといって罰が当たってしまうなどという事はありません。

また、神社によっては古くなったお守りなどを燃やすお焚き上げという行事が行われます。
実際に神社でお焚き上げをしてもらう方法としては、以下の記事にて詳しくご説明しておりますのでぜひそちらをご覧ください。

こちらも読まれています

神社でお焚き上げしてもらう方法とは?金額相場や時期について解説

正月飾り・お守り・だるま・人形は時期がくれば神社やお寺でお焚き上げをしてもらうことになります。では、お焚き上げをする方法はどんなものがあるのでしょうか?今回は、神社でお焚き上げをする方法や金額相場、時期を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

変わったお守りの形

人々

一般的なお守りといえば、小さな袋型のものをイメージする方が多いのではないでしょうか。
しかし、神社によっては変わった形の珍しいお守りも存在するのです。
ここでは、変わった形のお守りとは具体的にどのような形のものがあるのか、またそれらが買える神社についてもご紹介します。

ブレスレット型のお守り

ブレスレット型のお守りとしては、阿佐ヶ谷神明宮の神むすびというお守りが挙げられます。
文字通りブレスレットとしても使えますが、繊細で丈夫な造りとなっていますので、カバンの持ち手部分に付けたり携帯電話などにストラップとして付けることもできます。
ちなみに、様々な運気が上昇するご利益があり、十種類以上もの色が用意されております。
また、阿佐ヶ谷神明宮は厄除けのご利益が大きく得られるとして有名な神社です。

指輪のお守り

指輪型のお守りは、大阪にあるサムハラ神社で買うことができます。
サムハラ神社は厄除けのご利益があり、あらゆる災難から身を守る加護が受けられるとされ、強力なパワースポットとしても非常に有名です。
そして、そんなサムハラ神社でしか買うことができない指輪型のお守りには、上記のようなご利益や様々な幸運も秘められているようです。

ただし、こちらのお守りはとても人気が高く入手は非常に困難となっております。
指輪の入荷日も未定となっており、サムハラ神社に訪れた場合でも入手できないことがほとんどのようです。
しかしそれだけ入手が難しいからこそ、実際に手にした時のご利益は期待のできるものなのかもしれません。

また、十分なご利益をえるためには、自身の指のサイズに合ったものを選び使用するのが良いそうです。

指輪型のお守りがある神社については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

指輪型のお守りがある神社って?どんなご利益があるのか解説します!

人生で一度は手に取ったことがある指輪。その指輪型のお守りがある神社の存在をご存知でしょうか?今回は指輪型のお守りがある神社について、場所や特徴、処分方法まで含めて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

かわいいお守りがある神社をご紹介

人々

先ほどは変わったお守りの一例をご紹介しましたが、他にも可愛いお守りとして人気があるものも存在します。
しかし、可愛いお守りと言われればご利益を得ることはできるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。
また、一口に可愛いといっても、お守りですので効果や形も様々です。

そこでここでは、可愛いお守りがある神社についてご紹介するとともに、どういった形やご利益があるのかをご説明します

下鴨神社(京都)

下鴨神社は世界文化遺産に登録されおり、縁結びのご利益が得られることで有名な神社です。
主に女性の方の注目を集めるような可愛らしいお守りが多数用意されております。
中でも媛守という一つ一つ柄が異なるお守りが人気で、女性の様々な願いが叶うとされています。
他にもハート型、封筒型、レース編みのお守りなどがあり、いずれも縁結びのご利益があり特に女性の方に人気となっております。

日枝神社(東京)

日枝神社は縁結びや金運、厄除けなど幅広いご利益が期待できる神社です。
お守りには可愛らしい猿をモチーフに作られたものがいくつか用意されており、老若男女問わず人気となっています。
中でもまさる守りというお守りは、厄除けや合格祈願などのご利益があるとされ特に注目を集めているようです。

白兎神社(鳥取)

こちらも縁結びのご利益が得られることで知られている神社です。
そして、名前の通り白いウサギをモチーフにしたお守りが多く、恋愛に関するご利益が得られるようです。
縁結び以外にも運気上昇や健康のご利益のお守りもあります。
また、お守りの他にもウサギのおみくじも人気となっているようです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お守りやおみくじ、アニメコラボまで可愛い神社グッズをご紹介!

日本全国にはたくさんの神社があります。そんな中でも、一風変わったグッズを販売している神社があることをご存知でしょうか?今回の記事では、全国の神社グッズの中から特にオリジナリティ溢れるものをご紹介します。

お守りはプレゼントしても大丈夫?

困った人々

家族や親しい友人のためにお守りを贈り、幸運を祈願したいという人もいるのではないでしょうか。
ただその際には、プレゼントでもお守りのご利益が受けられるのかが心配ですよね?
ここでは、お守りはプレゼントでも大丈夫なのか、またどのような時に贈るのが良いのか見ていきましょう。

そもそもお守りは、誰にでもご利益が訪れるように祈願されたものなので、他の人にプレゼントをしてもご利益が無くなってしまう事はありません
ただし当然、ご利益を得られるかどうかはお守りを受け取った本人次第となります。

また、特にプレゼントとして選ばれるのは安産祈願や合格祈願のお守りが多いようです。
やはり、応援するという意味合いでここぞという場面に、プレゼントしてあげるという方が多く見られるようです。
お守りは様々なものがありますので、上記のもの以外でもプレゼントとして非常に喜ばれるのではないでしょうか。

神社のお守りは消費税がかかる?

困った人々

実際にお守りを購入された方ならご存知の通り、お守りには消費税はかかりません
そのため、ほとんどのお守りはお手頃な価格で買うことができます。
ちなみに、神社で売られているお守りなどは商品という扱いではないので、販売業には該当せず課税がされていないようです。

神社のお守りのまとめ

神棚

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お守りが持つ効果や可愛いお守りをご紹介するとともに以下についても解説してきました。

  • お守りとは様々なご利益が得られるもの。
  • お守りは肌身離さず持ち歩くのが良い。
  • お守りには大きく分けて健康・安全・縁結び・学業・金運・厄除けのご利益がある。
  • お守りが買える時間帯は神社によって異なるが、9~17時が多い。
  • お守りは1年ごとに返納するのが良い。
  • 変わった形のお守りには、ブレスレット型や指輪型などがあり人気もある。
  • 可愛いお守りが買える神社としては、下鴨神社、日枝神社、白土神社がある。
  • お守りはプレゼントしても効果があり喜ばれる。
  • 神社のお守りには消費税がかからない。

上記のようにお守りについて様々なことをご紹介しましたが、もしかすればまだ興味が持てないという方もいるかもしれません。
しかし、お守りは実際に身に着けることで初めてご利益を感じることができるものなのです。
そして、お守りを持つ際にはご利益を祈願することはもちろん良い事ですが、自信を持ち前向きな気持ちを持つことも重要です。

終活ねっとでは、他にも神社についての記事など多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

シェアする

「神社・お守り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・お守り」についてさらに知りたい方へ

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介のサムネイル画像

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!のサムネイル画像

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!

北海道神宮のお守りの効果は?お守りの値段や処分の方法も紹介!のサムネイル画像

北海道神宮のお守りの効果は?お守りの値段や処分の方法も紹介!

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説のサムネイル画像

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!のサムネイル画像

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!

指輪型のお守りがある神社って?どんなご利益があるのか解説します!のサムネイル画像

指輪型のお守りがある神社って?どんなご利益があるのか解説します!

北海道で訪れてみたい神社をご紹介!縁結びで有名な神社も解説しますのサムネイル画像

北海道で訪れてみたい神社をご紹介!縁結びで有名な神社も解説します

神社のお守りってどう返納すればいいの?返納の時期や金額も解説!のサムネイル画像

神社のお守りってどう返納すればいいの?返納の時期や金額も解説!

神社のお守りの効果に期限はあるの?返納方法についても解説します!のサムネイル画像

神社のお守りの効果に期限はあるの?返納方法についても解説します!

神社のお守りにはどんな種類があるの?全国のおすすめお守りもご紹介のサムネイル画像

神社のお守りにはどんな種類があるの?全国のおすすめお守りもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・お守り」についてさらに知りたい方へ

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介のサムネイル画像

京都のお守りでご利益を!おすすめの神社をご紹介

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!のサムネイル画像

入手困難!三峯神社の白いお守りのご利益や入手法を教えます!

北海道神宮のお守りの効果は?お守りの値段や処分の方法も紹介!のサムネイル画像

北海道神宮のお守りの効果は?お守りの値段や処分の方法も紹介!

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説のサムネイル画像

八方除の寒川神社のお守りが欲しい!種類や返納の時期を解説

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!のサムネイル画像

2018年は茨城の神社巡りで決まり!関東の神社についてもご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと