神社での御朱印のもらい方とは?マナーやおすすめの神社をご紹介!

神社でいただくことができる御朱印について、あなたはどれくらいの知識をお持ちでしょうか。今女性を中心に人気となっている御朱印について、おすすめの神社や御朱印のもらい方のマナーなどについて解説をさせていただきたいと思います。

目次

  1. 神社と御朱印について
  2. 御朱印とは?
  3. 御朱印の集め方
  4. 御朱印をいただく際のマナー・注意点
  5. 関東で御朱印をいただけるおすすめの神社
  6. 関西で御朱印をいただける人気の神社
  7. 御朱印を書く人はどんな人?
  8. 神社と御朱印のまとめ

神社と御朱印について

神社

神社は日本人にとって馴染みの深いものです。
初詣にでかけたりお宮参りをしたり、中には神社で結婚式を挙げる方もいらっしゃいます。
そんな神社でいただくことができるものの中に、御朱印というものがあるのをご存知でしょうか。

実は今御朱印集めがブームとなっており、特に若い女性を中心に御朱印集めをする方が増えています。
それに伴い神社もかわいい御朱印帳を発行するなどし、御朱印ブームは加熱の一途を辿っています。

そこで今回終活ねっとでは、神社でもらえる御朱印について、もらい方やもらう場合のマナーについて解説をさせていただきたいと思います。

  • 御朱印とは何のことなのか
  • 御朱印の集め方
  • 御朱印をいただく際に守りたいマナー
  • 関東・関西でおすすめの御朱印をいただける神社のご紹介
  • 御朱印を書く人とはどんな人なのか

以上の点を中心に、解説をさせていただきたいと思います。
今更人に聞きづらい御朱印の意味や由来についても解説をしておりますので、今後の人生においてご活用できる内容になっておりますので、ぜひ最後までご一読いただければ幸いです。

神社をもっと身近に感じるために、御朱印集めは最適な行動と言えます。
ぜひマナーを守って御朱印集めをし、そこから神社の歴史や成り立ちにまで興味を持っていただければと思います。

御朱印とは?

困った人々

まず最初に御朱印とは何かについて解説をさせていただきたいと思います。
意外と御朱印について知識のない方はいらっしゃるものです。
御朱印の意味や由来から覚えていただけると後学のためになるのではないでしょうか。

御朱印を集める意味

御朱印の由来でも触れますが、元々御朱印は写経を神社に納めた際にいただけるものでした。
写経とは信仰や供養を書き表したものであり、それを多くの神社に納めることで徳を積んでいきました。
つまり御朱印があればあるほど、写経を多く納めているという証になったというわけですね。

昔はそのような理由から御朱印を集めるという形になってしまいましたが、現代において御朱印を集めるのはスタンプラリーのような意味合いしかないのが現状です。
実際のところ、御朱印のみを目的に神社をまわっている方もいらっしゃるほどです。

現代において写経を納めることはないにしても、御朱印をいただきたい神社の歴史や神様の成り立ち、いわれなどは最低限知っておくことが必要です。
その神社の信仰を崇拝する気持ちがでて、そこではじめて御朱印を集める意味がでてくるのではないでしょうか。

御朱印の由来

先にも触れましたが、御朱印は写経を納めた際にいただけるものであり、参拝をしただけでもらえるようなものではありませんでした。
歴史は古く、武士の時代である室町時代から存在していたと言われています。

御朱印といえば神社のイメージがあり、今回終活ねっとでも神社で御朱印をもらう場合を取り上げて解説を行っておりますが、お寺でも御朱印をいただくことが可能です。
元々神仏習合のあった時代からのはじまりなので、神社が御朱印をはじめたのかお寺が御朱印をはじめたのかは不明となっています。

御朱印の集め方

神社

御朱印の意味や由来についてご理解をいただけたかと思います。
ここからは肝心の御朱印の集め方についての解説に移っていきます。

御朱印帳を準備する

まずは御朱印をいただくための帳面がないと困りますよね。
御朱印をいただくための帳面のことを「御朱印帳」と呼びます。
文房具屋さんでも取り扱っていますし、もちろん神社やお寺で購入することが可能です。

近年の和ブームの再熱により、御朱印集めも流行しはじめました。
その流れで、独自の御朱印帳をつくる神社やお寺も存在しているので、昔に比べて御朱印帳のデザインは格段に増えていると言えます。

一度購入してしまえば長い付き合いになる御朱印帳ですから、自分のインスピレーションにあった御朱印帳を選ぶようにすることをおすすめします。
気に入ったものであれば末永く大切にしたくなりますし、御朱印を集め終わった後も時々見返したくなるものになるに違いありません。

御朱印帳を神社と寺院で分けた方が良い?

御朱印は神社だけではなく、お寺でももらうことができるとお話ししました。
ですから御朱印帳の中に、神社の御朱印とお寺の御朱印が混ざる可能性も出てきます。
これは宗教の問題になったりしないのでしょうか。

厳密に言いますと、神社の御朱印とお寺の御朱印は分けておいたほうが好ましいです。
神仏分離が当たり前となった現代においては、神社のものとお寺のものが混在することを良く思わない方がもいらっしゃいますし、場合によっては御朱印をいただけないこともあります。

余計なトラブルを招かないためにも、神社用とお寺用とにわけて御朱印帳を用意しておくと良いでしょう。
それが神社やお寺への敬意を表する一歩となりますよ。

御朱印をもらえる場所

御朱印は神社であってもお寺であっても、社務所でいただくことが可能です。
どこにあるか分からない場合は、お守りなどを販売しているところでたずねてみると良いでしょう。
大きい神社やお寺であれば、確実に社務所がありますから探してみましょう。

無人の神社や、浄土真宗のお寺の場合は御朱印をいただけない場合もあります。
無人の場合、もしかしたら自分でスタンプを押す形式の御朱印になることもあります。
必ずうかがう神社やお寺の状況について調べておくことをおすすめします。

御朱印の代金

御朱印は無料でいただけるものだと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
御朱印は有料であることがほとんどです。
神社やお寺によっては金額が決まっていることもありますので、小銭を用意しておくと良いでしょう。

そんな御朱印の相場ですが、おおよそ300円と言われています。
神社やお寺において御朱印の金額が設定されていない場合は300円のお支払いをしておけば良いでしょう。

神社やお寺によっては500円のところもありますし、1000円というところも存在するようです。
そこまで高額になることはありませんが、お金が必要であるということだけは頭に入れておくと良いでしょう。

御朱印の受付時間

御朱印をいただく場合、受付時間というものが存在します。
これは神社やお寺によって異なりますので、必ずうかがう前に確認をしておきましょう。
せっかく遠出をしたのにいただけなかった、という残念な結果を防ぐためです。

基本的に神社やお寺にお休みはありませんから、日中に行けば頂けると思っておいて良いです。
しかしあまり大きくない神社やお寺ですと、土日に社務所が開いていないということもありえますので、やはり確認をしておくと安心できるでしょう。

注意点としては、必ず余裕を持った時間帯に行くことです。
御朱印を書くのにも時間がかかりますから、社務所が閉まるギリギリにお願いをするのは非常識となってしまいます。

社務所の方が忙しいことも想定されますし、同じように御朱印を求めている方が多くいらっしゃって混雑していることもあります。
必ずタイトな時間設定にはせずに、ゆったりとした時間設定をして御朱印をいただきに行くようにしましょう。

御朱印の買い方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

御朱印帳を持って神社に行こう!買い方やおすすめの御朱印帳を紹介!

近年ますます人気の高まっている御朱印帳。様々なデザインのものが販売されています。だからこそ、選び方が分からないということはありませんか?今回記事では御朱印帳の選び方や、神社が販売しているオリジナルの御朱印帳、神社のお参りの仕方をご紹介します。

御朱印をいただく際のマナー・注意点

人々

ここからは御朱印をいただく際のマナーについて解説をさせていただきます。
注意点がいくつかありますので、必ず守って気持ちよく御朱印をいただくようにしましょう。
そんなに難しいマナーはありませんから、おさらいと思って読んでいただければと思います。

神社へ参拝してから御朱印をいただく

当たり前のことながら、参拝をしていないのに御朱印をいただくのはご法度です。
もちろん誰かが監視をしているわけではありませんし、いきなり社務所に行ったとしても、誰にも分からないものです。

しかし御朱印とはその神社の神様にいただくものであり、神様への挨拶や敬意も表さずに御朱印をいただいたところで意味はありません。
その神社に対し、礼儀正しく参拝をしてから御朱印を頂くようにしましょう。

神社への参拝方法

ここで神社への参拝方法を確認したいと思います。
まず鳥居をくぐる前に、軽くお辞儀をします。
鳥居をくぐったあと、手水舎に向かいますが参詣道の真ん中は神様の通り道となりますので真ん中は避けて歩きましょう。

手水舎にてまずは左手、次に右手、そして左手で口を清めます。
このとき柄杓の柄も濯いでおくと丁寧で良いですね。
それからやっと拝殿へ向かいます。

拝殿では、二度お辞儀をしたのち、二回手を鳴らします。
そこで神様への挨拶をし、終わったら一度お辞儀をして拝殿を後にします。
帰りは同じく参詣道の真ん中は通らず、鳥居を抜けたらお辞儀をして帰りましょう。

代金は小銭で払うようにする

先にも触れました通り、御朱印には代金が必要となります。
相場は300円となっているので、小銭が必要になってきます。
おみくじを引きたい方もいらっしゃいますでしょうし、あらかじめ小銭を多く持っておくとスムーズに支払いが済みます。

旅行などではついつい大きい金額の紙幣を用意していますからそのまま出しがちです。
社務所の方々の仕事は御朱印を書くことではありませんから、なるべくお釣りを出す手間などを省くためにも小銭を用意しておく協力姿勢を持っておきたいものですね。

書いていただいている間は飲食禁止

御朱印はスタンプがメインの場合もありますがほとんどが手の込んだ手書きとなります。
そうなりますと時間がかかることは明白です。
待ち時間は手持無沙汰になってしまいますが、飲食などせず待機をしましょう

ついつい触りたくなってしまうスマートフォンですが、神社に入ったら電源を落とすくらいの心構えでいきましょう。
そうすれば待ち時間に携帯電話を操作してしまうこともありません。

ご祈祷とは違いますが、御朱印を授けていただくことに変わりはありません。
待ち時間が発生しても、神様や神社の方へ失礼にならないよう待ちましょう。

浄土真宗では御朱印をもらえない可能性が

実を言いますと、お寺でも御朱印をもらえると申しましたがもらえないこともあります。
特に浄土真宗のお寺では御朱印を頂くことができない可能性があります。
お寺によっては浄土真宗でもいただくことができますので、お参りする前に確認をしておくと良いでしょう。

何故浄土真宗では御朱印をいただくことができないのか詳細は不明となっておりますが、写経を納めるなどの信仰を行わずに、スタンプラリー感覚で御朱印を集めることは祖である親鸞の教えにそぐわないからとも言われております。

ただ、お寺をまわることが目的となっている四国八十八か所などではお寺で御朱印をいただくことができます。
また最近では御朱印の代わりに記念スタンプを押すこともできるようです。

関東で御朱印をいただけるおすすめの神社

神社

ここからは御朱印をいただくのに最適な、おすすめの神社のご紹介をさせていただきたいと思います。
まずは関東圏内にある神社のご紹介からさせていただきます。

明治神宮(東京)

神社の中でも有名中の有名とも言えるのが明治神宮です。
明治神宮でも御朱印をいただくことが可能です。
旅行で関東に行った場合は、御朱印をいただかなくても一度足を運んでみることをおすすめします。

そんな明治神宮は東京都の渋谷区にあります。
渋谷といえば観光スポットもたくさんありますから、観光がてら寄りやすいのが良いですね。
明治神宮前駅という駅がありますから、アクセスもしやすいです。

明治神宮でいただける御朱印の種類は1種類となっており、価格は500円となっています。
もしも御朱印帳も明治神宮で買うのであれば、合計して1000円となります。
お釣りがいらないよう、あらかじめ用意していきたいですね。

日野八阪神社(東京)

新撰組のゆかりのある神社として有名な日野八坂神社では、新撰組モチーフの御朱印をいただくことが可能です。
23区からは遠く離れますが、東京都日野市にあり日野駅で降りるのが最短アクセスとなります。

日野市自体が新撰組と深い関わりがあるようで、日野八坂神社以外にも新撰組の人物の資料館があります。
新撰組めぐりをしたいなら最適の場所と言えますね。

そんな日野八坂神社の御朱印はたくさんの種類があり、限定の御朱印も存在するようです。
通常の御朱印目的で訪れても、季節限定の御朱印しかいただけないこともあるので注意が必要です。
金額は300円となります。

鶴岡八幡宮(神奈川)

東京を離れ、神奈川県鎌倉市にあるのが鶴岡八幡宮です。
鎌倉駅から徒歩で10分程度とのことなので、地域散策がてら訪れたい神社です。
こちらの御朱印は2種類あります。

鶴岡八幡宮の嬉しいところは、比較的夜遅くまで御朱印の受付をしてくださることです。
御朱印授与所でしたら8時半から18時までですが、社務所ならば朝の5時半から20時半までとなっています。
季節によって開く時間が違うようですので、訪れる季節で確認をしておくと良いでしょう。

鶴岡八幡宮で御朱印をいただく場合、500円が必要となります。
上記の通り、2か所で御朱印をいただくことができますので、どちらでいただくか悩むのも楽しみの一つとなるのではないでしょうか。

古峰神社(栃木)

栃木県鹿沼市にある古峯神社は、天狗で有名な神社です。
近くに電車がなく、鹿沼駅からバスで60分かけて訪れる必要があります。
他にご紹介した関東圏内の神社よりアクセスがしにくいのが難点ですが、それ以上の驚くをいただくことができます。

古峯神社でいただくことのできる御朱印はほとんどが天狗をモチーフとしたものです。
しかも豊富に種類があり、現在ではなんと25種類の御朱印が存在するようです。
何度も足しげく通いたくなりますね。

金額は500円となっており、当日御朱印を書いて下さる方によって御朱印の絵は変わるようです。
天に運を任せて、訪れてみてはいかがでしょうか。

関西で御朱印をいただける人気の神社

神社

続いて、関西でおすすめの御朱印をいただける神社のご紹介をさせていただきたいと思います。

生田神社(兵庫)

兵庫県神戸市中央区という神戸の繁華街のど真ん中にあるのが生田神社です。
生田神社は日本でも有数の縁結びに効果のある神社とされており、主に若い女性から人気の高い神社となっています。

御朱印は1種類です。
オリジナルの御朱印帳がとても澄んだ青色をしており、そこに描かれた桜が日本らしさを表しており、大変人気となっています。

御朱印に必要な金額は300円となっています。
三ノ宮駅からすぐですから、ぜひ足を運んでみたい神社の一つです。

菅原院天満宮神社(京都)

京都府京都市上京区にある菅原院天満宮神社は、勉学の神様として有名ですよね。
ここはそれだけではなく、癌の抑制に効果があるとされる石もあるようですから健康に気を遣っている方にもおすすめな神社と言えます。

御朱印の種類は1種類で、300円となっております。
こちらにもオリジナルの御朱印帳が存在し、鮮やかなうぐいす色に、愛らしい菅原公のイラストが描かれており、大変ユニークな御朱印帳に仕上がっています。
御朱印帳は1200円となっています。

菅原院天満宮神社には地下鉄で行くのが最短となります。
地下鉄にて「丸太町駅」を目指しましょう。

伏見稲荷大社(京都)

たくさんの鳥居が並ぶ光景を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
京都府京都市伏見区にある伏見稲荷大社へは伏見稲荷駅から徒歩ですぐのところにあります。
御朱印自体は1種類ですが、奥社奉拝所といった奉拝所、伏見稲荷大社にまつわる神社から3種類の御朱印をいただくことが可能です。

全て御朱印は300円が必要となります。
御朱印帳も販売されており、1冊800円でかなりシンプルな表紙の御朱印帳となります。
伏見稲荷大社の御朱印の受付終了時間はかなり早く、15時には受付を済ませておくと安心です。

御朱印を書く人はどんな人?

困った人々

ところで皆さんは、御朱印を書く人にどんなイメージをお持ちでしょうか。
御朱印が印刷された紙をいただくこともありますが、大体の神社では筆で手書きで御朱印を書いてくれます。

どれも達筆、かつ絵がある場合は上手なものが多いですよね。
特別な資格が必要ですし、文字や絵が上手な人で、神職に就いている方ではないと書けないものだと思われることも多いです。

しかし御朱印を書くのに資格は不要であり、書いてくださる方も巫女さんだったりアルバイトの方だったり、社務所で働く事務の方であったりします。
ただやはり字が上手な人を選んでいることが多いです。

中には筆耕と呼ばれる文字書きの達人を雇っている神社もあるようです。
書く人によって同じ神社の御朱印であっても違いがあるのが面白いところです。
一度訪れただけでは味わえない書き手による御朱印の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

神社と御朱印のまとめ

神社

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、御朱印の由来や御朱印をもらうためのマナーについて解説をさせていただきました。

神社という日本古来の宗教や建物、歴史が再注目されるのは嬉しいものです。
ブームだから神社へ行くのではなく、これを機に神社の歴史や成り立ち、神様の種類まで興味を持っていただければ幸いです。

  • 御朱印とは写経を納付した際にいただいていた印であり、現在ではスタンプラリーのような手軽さのあるものになっている。
    ただしその神社を参拝し神社に敬意を払ってからいただくものであることを念頭に置いておく必要がある。
  • 御朱印は神社であればほぼ確実にいただくことができ、お寺であれば取扱いがないこともあるので問い合わせをしておくと良い。
    ほとんどの神社において、社務所を訪れることでいただくことが可能。
  • 御朱印をいただく際は必ず参拝をした後にし、御朱印をいただいている最中は飲食や過度なおしゃべり、携帯電話の操作はしないようにする。

神社には荘厳な雰囲気が漂っていますから、近寄りがたいイメージがあるかもしれません。
しかし御朱印をきっかけに、神社や神道について知識を深めるきっかけにしていただければと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

シェアする

「神社・御朱印」に関連する記事

  • 京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

    京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

    最近人気の御朱印、皆さんはもういただいたことがありますか?せっかく京都に来たからには、寺社をめぐって御朱印をいただいてみて下さい。この記事では、京都で御朱印がいただけるおすすめの寺社を厳選してご紹介します。

  • 社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

    社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

    御朱印とはお寺や神社に行く参拝者に向けた印章の事を言います。御朱印を記帳する専門の帳面もありこれを御朱印帳と呼んでいます。現代社会において人気を博している御朱印。若者女子達に大人気です。

  • 御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

    御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

    御朱印とはなんのことなのか説明できますか?時々耳にするけどなんなのかよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな御朱印に関する様々なことについて紹介しますので、御朱印のことをまだしっかり説明できないという方はぜひ読んで見てください!

  • 京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

    京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

    今全国的に人気のある、御朱印集めについてご存知ですか?何となく聞いた事があるけれど、よく分からないという方も多いと思います。そんな方に、御朱印の基礎知識から京都でもらえる人気の御朱印を厳選してご紹介致します。京都に観光で訪れた際は、ぜひ御朱印集めをしてみてはいかがですか?

  • おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

    おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

    御朱印集めは近年、運気アップの御利益があるとして人気が出てきました。ここでは友達におすすめされたなどでこれから御朱印集めを始める方のために、必要となる御朱印帳についてまとめています。どのような御朱印帳がおすすめなのか、参考になれば幸いです。

  • ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~のサムネイル画像

    ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~

    御朱印とはどんなもの?全国各地でいただける御朱印。今回は神奈川県で行ってみたい!ステキな御朱印がいただける神社・お寺をご紹介します。都心からほど近い神奈川県で御朱印デビューしてみませんか。

  • 神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介のサムネイル画像

    神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

    近年、各寺社で頂ける「御朱印」の人気が高まっています。ここでは、神奈川の寺社で貰える御朱印をご紹介します。神奈川の御朱印を集めたい方、これから御朱印巡りを始めたい方にも必見!あわせて御朱印の貰い方、気をつけたいマナーなども参考にしてみて下さい。

  • 御朱印帳を持って神社に行こう!買い方やおすすめの御朱印帳を紹介!のサムネイル画像

    御朱印帳を持って神社に行こう!買い方やおすすめの御朱印帳を紹介!

    近年ますます人気の高まっている御朱印帳。様々なデザインのものが販売されています。だからこそ、選び方が分からないということはありませんか?今回記事では御朱印帳の選び方や、神社が販売しているオリジナルの御朱印帳、神社のお参りの仕方をご紹介します。

  • 東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介のサムネイル画像

    東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介

    各地の神社を巡って御朱印を集めることが人気となっています。今回は人気の御朱印について詳しく解説いたします。全国で御朱印が人気の神社のほか、東京・大阪・京都でおすすめの御朱印がある神社など御朱印集めに役立つ情報です。参拝の正しい方法もご紹介します。

  • 厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!のサムネイル画像

    厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!

    最近では多くの神社で、御朱印を参拝者に授けています。厳島神社もその1つです。また、神社によっては通常の御朱印のほかに、季節限定のものを用意していることもあります。今回終活ねっとでは、厳島神社での御朱印の種類や値段、受付時間などについて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神社・御朱印」についてさらに知りたい方へ

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~のサムネイル画像

ステキな御朱印がいただける神社・お寺を巡ろう~神奈川県編~

神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介のサムネイル画像

神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

御朱印帳を持って神社に行こう!買い方やおすすめの御朱印帳を紹介!のサムネイル画像

御朱印帳を持って神社に行こう!買い方やおすすめの御朱印帳を紹介!

東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介のサムネイル画像

東京・大阪・京都で御朱印が人気な神社12選!神社参拝の作法も紹介

厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!のサムネイル画像

厳島神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「神社・御朱印」についてさらに知りたい方へ

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

京都の人気「御朱印」をランキング形式で紹介します!

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと