初彼岸でのお供え物の種類は?金額相場やのしのマナーもご紹介!

皆様、お彼岸という言葉は知っているでしょうが、「初彼岸」と聴くと、どういうもので何をお供えすればいいのか知っている人は少ないでしょう。 ここでは、その初彼岸についてどのようなものか、どうすればよいかお供え物の種類から金額相場まで、具体的に解説させていただきます。

目次

  1. 初彼岸のお供え物について
  2. 初彼岸とは
  3. 初彼岸のお供え物は何がいい?
  4. 初彼岸のお供え物の金額相場
  5. 初彼岸のマナー
  6. 初彼岸のお供えに関するまとめ

初彼岸のお供え物について

仏壇

初彼岸の御供え物

皆様、初彼岸という言葉はご存知でしょうか?
お彼岸という言葉はよく耳にしますが、初彼岸がどういうもので、どのようにすればよいか、具体的にご存知の方は少ないでしょう。

そこで、今回終活ねっとでは初彼岸のお供えについて、以下の内容を中心に御紹介させていただきます。

  • 初彼岸とはどういうもの?
  • 初彼岸にはどんなお供え物を選択すると良いの?
  • 初彼岸のお供え物は現金でも良いの?その場合の金額相場って?

もし、ご自分が初彼岸を迎える立場であったり、周囲に初彼岸を迎える方がいる時に必ず役に立つ情報をまとめておりますので、ぜひとも最後までお読みください。

初彼岸とは

お墓

お彼岸は毎年3月の春分の日と9月の秋分の日を中心にした前後3日間、計7日間のことを言います。
そして、初彼岸は家族が亡くなり四十九日を終えた後に初めて迎えるお彼岸のことです。

初彼岸のお供え物は何がいい?

仏壇

昔から一般的に彼岸には墓参りにいく風習があるところが多いですよね。
しかし、ただお墓参りをすれば良いというものではありません。

仏教でいう「彼岸」とは、欲や煩悩から解放され悟りの境地に至ったものがたどり着くとされているさ極楽浄土のことを指します。
つまり、初彼岸とは亡くなった個人が初めて彼岸(極楽浄土)へとたどり着くという意味合いがあります。

ちなみに初彼岸ではお盆のように、僧侶を自宅に招き特別に読経をしてもらうといった法要を必ず行わないといけないというわけではありません。

ささやかでも良いので、普段のお彼岸同様、お墓参りをしたり仏壇にお供えをし、故人の供養を行うという気持ちが大切なのです。

しかし、忙しい現代ではそういったお彼岸の風習を毎年行っていない、または参加していないのでどうすればよいかわからないという方も多いでしょう。

そこで、まずは初彼岸のお供え物は何がいいかご紹介致します。

ぼた餅やおはぎを供えるのが一般的

お彼岸の季節になると、スーパーの和菓子コーナー等でおはぎやぼた餅がたくさん並べられている光景を見たことはありませんか?

昔から、春のお彼岸にはぼた餅、秋のお彼岸にはおはぎが定番です。

古来より赤色には魔除けの力があるとされていて、お彼岸に赤色の小豆でつくったぼた餅やおはぎをお供えすることにより故人に感謝を示すという意味があるのです。
実はぼた餅もおはぎも基本的には同じものですが、季節によって呼び分けられています。

ぼた餅は漢字で書くと「牡丹餅」とかきます。
牡丹は春に咲く花の代表格であり、春にちなんでぼた餅の小豆を牡丹の花に見立てたことがそう呼ばれる由来となったようです。

そして、おはぎは秋の七草のひとつでもある「萩」の花にちなんでそう呼ばれています。
萩の花が小豆に似ていることが由来となっているようです。

ちなみに、お彼岸のお供えの代表格であるぼた餅やおはぎは基本的に同じものと言いましたが、大きな違いと言えばぼた餅はこし餡、おはぎは粒あんで作られているということです。
これは小豆の収穫時期が秋であることと関係しているのです。

とれたての柔らかい粒の小豆を用いることができるおはぎは小豆の皮まで食べられるので粒あんで作られていて、ぼた餅は一冬を越した固い小豆を使用するので食感に悪影響となる固い皮を取り除いたこし餡が用いられるということが理由のようです。

これらの違いだけでなく、ぼた餅やおはぎには地域性や各家庭ならではの風習によって様々なものがあります。
自分がお住いの地域や家庭のぼた餅やおはぎがどういうものなのか知っておくというのも大切ですね。

季節の果物やお菓子などでも大丈夫

知人の初彼岸等、故人のご家族がぼた餅やおはぎを供えている場合もありますよね。
そういった時には季節の果物やお菓子、故人の好物等をお供えすると良いです。

お供えをするとき御供え物をのせる為の仏具もありますが、絶対にそうでないといけないというわけではありません。
お盆やお皿でも良いのですが必ず、紙を敷いた上に御供え物をのせて供えるようにしましょう。
敷く紙はできれば半紙が望ましいですがない時は白い紙であれば大丈夫です。

また、ご仏前に供えた食べ物は彼岸が開けた後に、仏壇から下げ家族皆で頂くかご近所等に配り皆で分けるのが一般的です。
御供え物を無駄にせず頂くことが、故人やご先祖さまへの供養ともなるのです。

それを考慮すると、果物やお菓子を選ぶ際には日持ちしそうなものや食べごろが彼岸明けくらいのタイミングのものかつ小分けしやすいもの等を選択すると良いでしょう。

また、どんな果物がいいかわからないという方は、スーパーやデパートのギフトコーナー等やフルーツショップで予算を言えば、適切な果物を詰め合わせてラッピングしてくれるところも沢山あります。
そういったサービスを利用するのも良いでしょう。

香典をお供えする場合もある

先程、初彼岸に法要を必ず行わなければいけないというわけではないと申し上げましたが、地域や各家庭の習わしとして法要を行う場合もあります。

菩提寺から僧侶を招いて故人に対し読経をしてもらうので、そういったきちんとした法要に招かれている場合には、香典をお供えするのが一般的です。

また、生前の故人と懇意にしていたが葬儀や四十九日の法要といった初彼岸までの法要に参加できていない場合も香典を供えるとよいでしょう。

ただし、ご親族の意向で香典は取らないという場合や香典を供えることがご親族にかえって気遣いや気兼ねをさせてしまうような場合もあります。
事前に調べておくか香典ではないお供えと両方用意しておくと間違いないです。

初彼岸のお供え物の金額相場

困った人々

さて、初彼岸に御供え物をするとなった時、故人との関係性と御供え物の金額が釣り合っていないと親族の方に気を遣わせたり、関係性がギクシャクしてしまう原因になりかねませんよね。
そこで、ここでは初彼岸のお供えの金額相場について御紹介します。

品物だけの場合

御供え物として香典ではなく手土産を持っていく場合や、遠方の喪家にお供えの品を送る場合の金額相場ですが、一般的には大体3千円〜5千円程度とされています。
多すぎると喪家の方がお返しに頭を悩ますことになりますし、少なすぎると失礼に当たります。

彼岸は特別な法要というわけではなく年に2回、毎年訪れるものですから、初彼岸の1回に奮発して後はしないというよりは、彼岸という時節柄のイベントをきっかけにして妥当な価格の品をもって故人の供養を末永く祈るほうが良いですよね。

現金を包む場合

先程も申し上げましたが、初彼岸に法要を行い招かれた場合等には香典をお供えするのが妥当です。
その場合にも間柄や状況によって金額の相場があります
以下にいくつかの相場をご紹介します。

親戚関係の場合

故人と親戚関係になる場合の香典の金額相場は大体1万円〜3万円というところです。
この金額は故人と血縁関係が近ければ近いほど高くなると考えておくと良いです。

ただし、これはあくまで一般的な一人の成人の香典の金額相場です。
夫婦でする場合や、血縁関係は遠いがとても生前の故人と深い付き合いをしていたというような状況があれば、この金額相場にこだわる必要はなく、その気持ちをもって金額を決めると良いです。

会食がある場合

会食がある場合の香典は無い場合より少し高めに包むのが一般的です。
その金額相場は大体2万円〜3万円くらいが妥当でしょう。
これは自分の会食費用分を喪家に負担させないように香典として先方に渡すからです。

ちなみにご夫婦で参列される場合は、2人分となりますので香典の金額も多めになり3万円〜5万円くらいが妥当でしょう。

初彼岸のマナー

仏壇

さて、ここまで初彼岸のお供えについて解説してきましたが、これらお供えをする際にもお盆等同様にいくつかのマナーがあります。
故人やその喪家に失礼に当たらないよう、ここでは初彼岸のマナーについても少しご紹介致します。

お供え物には「のし」をつける

綺麗に包装されているからといってお供えをそのまま供えるというのはマナー違反です。

喪家が後で返礼品を送る際に、誰に何を供えてもらったか、整理しやすいようにする必要があります。
そのため、何か品物を供える際には必ずのしを付けるようにしましょう。

「のし」の種類

のしの種類については、品物を送る場合は包装の表に掛紙をしてもらうと良いでしょう。
その際の水引は黒白銀白双銀の結びきりのものを使用します。
ちなみに関西地方では「黄白」の水引を使用する地域があります。

表書きの書き方

御供もしくは御供物と記入したものを使用しましょう。
そして、その表書きの下に自分の名前を縦書きで記入するようにしましょう。

お金の包み方

続いては、初彼岸のお供えに香典をお供えする場合のお金の包み方をご紹介します。

香典袋の種類

香典袋ものし紙同様、黒白・銀白・双銀の不祝儀袋を使用します。

表書きの書き方

香典袋の表書きは御香典・御香料・御仏前・御佛前といった表書きを使用します。

水引をはさんで表書きの下に自分の氏名を縦書きで書き、封筒の裏もしくは中袋に金額を記入します。

服装

初彼岸で喪家に招かれた場合の服装は法要を行うか行わないかによって変わります
まず、法要を行わない場合は基本的には普段着で良いとされています。

しかし、普段着でも良いからといって露出が高いものや派手なもの、素足にサンダルといった格好は望ましくありません。
そういったものを避けて、男性はカッターシャツに長ズボン、女性ならブラウスにスカートといった落ち着いた色合いで露出の低いものを選択すると良いでしょう。

また、法要を行う場合は普段着はNGです。
僧侶を招き仏前で読経をあげてもらうわけですからしつれいのないように礼服で参列するようにしましょう。

初彼岸の服装マナーについて詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてお読みください。

こちらも読まれています

初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介します

初彼岸に特に形式的な決まりごとはありません。だからこそ服装やアクセサリー、持ち物などに何を用いたら良いか迷いますよね。今回の記事では、初彼岸の服装や靴、おすすめのアクセサリー、持ち物について解説します。最低限のマナーを知ったうえで大事な初彼岸を迎えましょう。

初彼岸のお供えに関するまとめ

お墓

供養をするような近しい故人がいなかったり、これまで先祖供養に関わることがなかった方々は春分の日や秋分の日を含めたお彼岸の仏教的な意味については知ることもなかったでしょうが、ここまでお読み頂き、彼岸や初彼岸がもつ意味に対して理解を深めて頂けたでしょうか?

それでは、ここでもう一度今回の終活ねっとでご紹介した初彼岸のお供え物について、以下にまとめました。

  • 初彼岸は故人が初めて極楽浄土へ渡るとされている期間

    初彼岸とは故人が初めて彼岸(極楽浄土)へと渡る期間とされています。
    その時期に故人の供養を祈り過ごすのが初彼岸です。

  • 初彼岸の御供え物の代表格はぼた餅とおはぎ

    初彼岸の御供え物といえば、ぼた餅とおはぎです。
    ぼた餅は春の彼岸に、おはぎは秋の彼岸に供えるものです。
    これらはこし餡と粒あんという違いはありますが、基本的には同じ餅をあんこで包んだ和菓子のことです。

  • ぼた餅とおはぎ以外なら季節の果物やお菓子をお供えして

    ぼた餅やおはぎは喪家で用意してお供えされていることがほとんどです。
    ご自分が喪家でなく故人に近しい存在として初彼岸の連絡を受けた場合は、季節の果物やお菓子といった御供え物も良いです。

  • 初彼岸に法要を行う場合は香典をお供えする

    初彼岸に法要は絶対に行うものというわけではありませんが、風習や故人に対する供養の気持ちの現れとしてご親族が法要を行う場合もあります。

    そういった初彼岸の法要に招かれた場合は食べ物や線香、花束といった御供え物ではなく香典をお供えする方が良いでしょう。

  • 初彼岸の香典の金額は3000円〜5000円程度が相場

    初彼岸に香典を渡す場合、その金額が大きすぎれば喪家に気を使わせることになります。
    また、少なすぎれば社会人としてどうなのかと人格を疑われかねませんので、注意しなければならないところです。

    一般的な初彼岸の香典の金額は3000円〜5000円といったところです。
    この相場の範囲内で故人との関係性を絡めて、いくら包むか決めれば的を外れたような金額にはならないでしょう。

お彼岸はお盆同様故人や先祖の供養をするための日です。
今自分が生きているのは代々のご先祖様達により命が繋がれているからこそです。

お彼岸には特別なことをする必要はありませんが、こういった機会にご先祖様に対する感謝の気持ちを込めて、家族皆でお墓参りにいったりお供えをするというのは、とても素敵なことですよね。

皆様も今回の記事を参考に、初彼岸を迎える方もそうでない方もお彼岸にはご先祖様に感謝の気持ちを示してみてください。

また、初彼岸の法要については以下の記事で詳細に解説しておりますのでぜひご一読ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらも読まれています

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

お彼岸という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。 では、初彼岸では何をすればよいのでしょうか。 今回は、初彼岸では何をするのか、法要を行う必要があるのか、法要を行う場合のお布施の相場や服装について解説していきます。

「初彼岸・お供え」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初彼岸・お供え」についてさらに知りたい方へ

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説しますのサムネイル画像

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説のサムネイル画像

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説のサムネイル画像

お彼岸供養の流れは?お供え物の種類やお布施の表書きについても解説

初彼岸の御仏前について解説します!金額相場からお供え物までご紹介のサムネイル画像

初彼岸の御仏前について解説します!金額相場からお供え物までご紹介

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説しますのサムネイル画像

彼岸の法要には何をする?お布施の金額や服装まで徹底的に解説します

秋の彼岸はいつ?お供えする花や期間中にすることまで徹底解説しますのサムネイル画像

秋の彼岸はいつ?お供えする花や期間中にすることまで徹底解説します

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!のサムネイル画像

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初彼岸・お供え」についてさらに知りたい方へ

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説しますのサムネイル画像

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説のサムネイル画像

初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと