初彼岸を迎えるために準備するものとは?服装やお返しについても解説

初彼岸と聞いて何を準備するか簡単には思いつきませんよね。お彼岸とは準備が違うのか、一緒の準備で良いのか迷う人もいると思います。今回は初彼岸を迎える為に、準備するものやお墓、仏壇の掃除のポイント、服装やお香典に至るまでご紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 初彼岸の準備について
  2. 初彼岸とは?
  3. 初彼岸にすること
  4. 初彼岸に準備すること
  5. 初彼岸に訪問する際の準備
  6. 初彼岸の服装
  7. 初彼岸のお供えのお返しは準備すべき?
  8. 初彼岸の準備のまとめ

初彼岸の準備について

お墓

初彼岸と聞いて何を準備するのかなかなか思いつきませんよね。
お彼岸と一緒で良いのかそれとも何か特別なことをしなければならないのか迷うと思います。
また、初彼岸で訪問する側になった時も服装や何か持っていくのか、色々と考えだすと尽きません。

今回終活ねっとでは、初彼岸を迎えるために準備するものと一緒に、訪問する側にも焦点をあて、ご紹介をしていきます。

  • 初彼岸って何?

  • 初彼岸にするお墓のお掃除や仏壇のお掃除のポイント

  • 持参するものとお供え物のポイント

  • 初彼岸に訪問する時のマナーと準備

  • 初彼岸の訪問時のお香典とお供え物

  • 初彼岸に合った服装

  • お供え物やお香典のお返しはどうする?

以上の項目について解説していきます。
初彼岸の時期からお供え物の豆知識、お香典、お供え物の相場まで知っておいて損がないものばかりです。
ぜひ、最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初彼岸とは?

お墓

初彼岸とは、人が亡くなってから四十九日が過ぎた後に迎える、初めてのお彼岸のことを言います。
四十九日前にお彼岸を迎えた場合は、初彼岸とは言いません。
四十九日前だった場合は、次の季節の春か秋のお彼岸が初彼岸となります。

意味

初彼岸の意味は故人が初めて極楽浄土へ到着する日になります。
仏教では四十九日で故人の魂は極楽浄土へ達するとされているからです。
亡くなってから四十九日かけて、この世の煩悩を断ち切り、悟りの世界である浄土へ行けるとされています。

初彼岸はいつ行う?

初彼岸を行う期間は、お彼岸と一緒で一般的に春分の日と秋分の日の前後3日間を入れた1週間となります。
それぞれの初日が「彼岸入り」、最終日が「彼岸明け」となります。
春分の日、秋分の日は「中日(ちゅうび、ちゅうにち)」と呼ばれます。

亡くなってからの日数をきちんと確認し、初彼岸とお彼岸を間違えないようにしていきましょう。

初彼岸にすること

仏壇

初彼岸だからといって特別にすることはありません。
お盆のようにお坊さんを読んだり、読経をしたりもいりません。
特別なお供え物も食事も準備する必要はありません。

初彼岸でやることは、故人を思う人が集まり、お墓参りやお仏壇に手を合わせて、お線香をあげます。
また、故人、お彼岸に来賓が嫌な気持ちにならないように、お墓や仏具の掃除も合わせて行いましょう。

お墓・仏壇の掃除

お墓とお仏壇のそれぞれの掃除の仕方について説明していきます。

お墓の掃除について

お墓の掃除といえば、代表的なものとして草むしりやゴミ拾いになります。
それ以外にも墓石を磨いたり、周囲をきれいにしたりとやることがあります。
草むしりやゴミ拾い、墓石磨きなどに必要な道具は当然準備をしなければなりません。

お墓の掃除に行ったのに準備が足らなかったと、二度手間になってしまっても困ります。
ただ、準備をするといってもがさばる道具もあります。

ほうきやバケツ、手桶などはお墓を管理している所によっては貸出をしているところもあります。
お墓の掃除に行く前に事前に調べておくと良いでしょう。
その他に必要なものは「お墓掃除の道具の用意」にまとめてありますので参考にしてください。
お墓のお掃除を始める前には合掌礼拝してから、お墓の掃除を始めてください。

お仏壇と仏具の掃除について

自宅などにあるお仏壇と仏具のお掃除はホコリなどを払ったりすることです。
お盆やお彼岸以外の時にも、お掃除はしているかもしれませんが、お彼岸の時には仏具を磨いたり、家具調のお仏壇でしたらツヤ出しをしたりということも行ってみましょう。

主に使う道具は柔らかいクロスとホコリ払いになります。
固い布だとお仏壇や仏具に傷がついてしまうからです。
水拭きは基本的に厳禁になりますので注意をしてください。

細かい装飾品などはホコリ払いやクロスではよく落ちないので、綿棒などを使うなど工夫をしてましょう。
また、お仏壇や仏具によっては一部に金箔が貼られているものがあります。
金箔は汗や脂にはとても弱いので掃除をする時は金箔部分は触らないようにし、手袋するなどの工夫をしましょう。

仏具にツヤや光沢を出したい時はツヤ出しを塗ると効果的です。
しかし、仏具にはさまざまな素材が使われている可能性がので、どのような素材が使われているか確かめて、素材に合ったものを適切に選びましょう。

お墓参り

お墓参りにもちょっとした流れがあります。
ここでは、お墓参りの流れを説明していきます。

  • 花立てに水を入れ、花をハサミで整えてから花を立てる。

  • 半紙を敷き(2つ折りも可)、お供え物を並べる。

  • お線香に火を点ける。火は口ではなく手で仰いで消す。

    ※口は悪口などでけがれやすいため、仏様には失礼になる。

  • 故人と縁が深い人からお参りを開始する。父方なら父親、母方なら母親。

  • お線香の火に注意しながら、墓石にお水をかける。

  • 合掌する。この際、数珠があれば手に掛けておく。

  • 故人への感謝、報告したいことなど祈る。30度ほど頭を傾ける。

  • 全員が済んだら、お線香、花以外のお供え物を片付ける。

    ※カラスが荒らす可能性があるため

以上がお墓参りの流れになります。
流れがあるからとあまり意識しないで、故人を思ってしっかりとお祈りをしましょう。

彼岸会に参加する

「彼岸会(ひがんえ)」というのは日本独自に発展した仏教行事です。
お彼岸の期間に合わせて開催されています。
参加するには特定のお寺の檀家になっている必要があります。

もともと、彼岸会は六波羅蜜(ろくはらみつ)と呼ばれる6つの修業を会得する為に行われているものです。
お寺によっては一般人向けに行われているのものあります。

彼岸会に参加することは故人に対しても供養になると言われているので、機会があれば参加してみましょう。

初彼岸に準備すること

お墓

初彼岸だからといって、特別に準備することはありません。
通常のお彼岸のように家族で先祖のお墓参りに行き、お墓やお仏壇のお掃除、お花や果物、お菓子などお供えします。

お線香を手向け、先祖を供養します。
ここでは、お墓掃除の道具とお供え物について準備した方が良いものを解説します。

お墓掃除の道具の用意

お墓参りには掃除も含まれています。
お墓参りにしっかりとお墓を掃除できるように準備すると良い物品をご紹介していきます。

  • たわし
  • 雑巾
  • スポンジ
  • 軍手
  • ゴミ袋
  • はさみ
  • ほうき
  • 手桶
  • バケツ
  • 柄杓(ひしゃく)

ほうき・手桶・バケツ・柄杓は貸出をしているところもありますので、事前に確認をしましょう。
掃除用品以外で必要なものは以下の通りです。

  • お供え用の花
  • お線香
  • ローソク
  • マッチ
  • 半紙
  • 数珠

お墓をしっかりときれいにできる準備をして向かいましょう。

お供え物の準備

初彼岸のお供え物には、日持ちするお供え物のが良いでしょう。
お菓子やお茶菓子などは、故人が好きだった食べ物や飲み物をお供えするのが良いと考えられています。

お彼岸のお供え物というと、ぼたもちやおはぎ、彼岸団子を連想する人もいると思います。
お供えするものは地方によってさまざまありますが、彼岸の入りと明けには彼岸団子、中日にはぼたもちやおはぎをお供えするのが、一般的なお彼岸のお供え物になります。

ぼたもちやおはぎは、春のお彼岸ならば「ぼたもち」、秋のお彼岸ならば「おはぎ」となります。
実際に何が違うのかというと、名称が違うだけで同じものになります。
ぼたもちは「牡丹餅」と書き、おはぎは「萩」と書きます。

どちらも季節の花に見立てて作られたものになります。
こし餡、粒餡の違いはありますが、共通するのは「小豆」です。

昔は、小豆や砂糖は高級品でした。
高級品である小豆を使うことで、ご先祖様に一家の安泰を願っていました。
また、小豆の赤は邪を払うと言われ、魔よけの意味も込められて、お供えされていました。

初彼岸に訪問する際の準備

仏壇

初彼岸で訪問する時は、前もって先方の都合を確認しましょう。
お坊さんが来ていたり、お出かけしていたりといった事情があるからです。

先方に電話などで都合が良い日を確認し、また訪問する人数も伝えておきましょう。
人数を伝えておくことで、先方がお茶の準備など予定を立てられやすくなります。

訪問時の挨拶から帰宅まで

訪問時に言う特別な挨拶などはありません。
お宅に行き、玄関で「○○です 本日は初彼岸のお参りをさせてください」といった、簡単な言葉で大丈夫です。

仏間に通されたら、「お線香をあげさせていただきます」と言って、持参した香典やお供え物を仏壇にお供えしましょう。
香典やお供え物をご家族に渡す場合は、仏間に案内され、挨拶をしている時に渡しましょう。

香典やお供え物をご家族に渡した後に、仏壇にお線香をあげるようにしましょう。
お線香をあげた後は、早めに帰るようにしましょう。
初彼岸の時はたくさんの方が来るので、長居は相手の迷惑になるからです。

お香典やお供え物の金額の相場は

お香典やお供え物の金額っていくら位が良いのか悩む人もいると思います。
一般的には3千円から5千円位が良いとされています。
また、お香典かお供え物のどちらかで1つで大丈夫です。

お香典の場合は結び切りは黒白か双銀、または黄白の不祝儀袋を準備します。
表書きは「御仏前(みほとけまえ)」と記入し、下にご自身の名前を書きます。

お供え物の場合は結び切りはお香典と一緒でまた、のしを使用します。
表書きは「御供(ごくう)」と記入し、こちらも下にご自身の名前を書きます。

お供え物としては、お菓子や果物、お線香が良いとされています。
食べ物の場合は相手方の家族の人数によっては食べきれないので日持ちのするものか、極力控えた方が良いです。
無難なのはお線香になります。

初彼岸の服装

お墓

初彼岸の服装に悩まれる場合もあると思いますが、基本的に決まりはありません。
けれども、短パンやサンダルなどのラフな格好は好まれませんので注意をしてください。
男性も女性も、派手な色味の服装を着るのではなく落ち着いた感じの服装で参加するようにしましょう。

例えば、男性ならYシャツにズボン、女性ならブラウス・スカート・ワンピースなどが良いでしょう。

初彼岸の服装で注意が必要なのは法要を行うご家庭です。
その場合は普段着で行ってはいけません。
3回忌まではマナーとして礼服が良いとされています。

初彼岸のお供えのお返しは準備すべき?

仏壇

基本的に初彼岸やお彼岸ではお返しは必要ないとされています。
お彼岸は身内中心で行うため、お香典や品物を頂いても、電話やお礼状を出せばお返しは不要とする考えが一般的です。

しかし、今後のお付き合いも考えお返しが必要な場合は、頂いた金額の半分から3分の1くらいの品物でお返しをするようにします。
お返しののし紙には「志」や「粗供養」が一般的です。
のし紙の水引には「黒白結び切り」や「黄白結び切り」を使用するのが基本になります。

お返しの品物として、古くからすぐに消えてなくなるもの、消費するものが好まれます。
お茶や海苔、調味料、コーヒー、洗剤などです。
最近ではカタログギフトというのも増えてきています。

初彼岸の準備のまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、初彼岸を迎えるために準備するものについて以下のことを解説してきました。

  • 初彼岸とは、人が亡くなってから四十九日を過ぎた初めて迎えるお彼岸のことである。

  • お墓掃除は借りられる物は借りるのが良い、お仏壇は毛ばたきとクロスを使って掃除をする。

  • 持っていくものは半紙や数珠が合ったら持っていく、お供え物は日持ちが良く故人が好きだったものが好まれる。

  • 初彼岸で訪問する時は、先方の予定を確認し、迷惑にならないよう長居はしない。

  • お香典とお供え物は3千円から5千円位が相場でどちらか一つで良い。

  • 初彼岸に合った服装は男女とも落ち着いた色の服装で、法要がある場合は3回忌までは礼服で訪ねる。

  • お礼は必ず必要ではなく、今後を考えて付き合いのある場合は半分から3分の1の金額で洗剤など消費する品やカタログギフトを返す。

初彼岸をするために準備するものとして今回解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
初彼岸もお彼岸も違いはなく、どちらもお墓やお仏壇を掃除して故人に感謝をするものでしたね。

訪問する時もかしこまった決まりはなく、法要をする時に礼服を着るぐらいです。
お香典が、お供え物がと迷うこともあると思いますが、故人を思って、故人が安心していられるように初彼岸を迎えられると良いなと思います。

終活ねっとでは他にもお盆や法要などについて書かれた記事が多くあります。
ぜひそちらもご覧ください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらも読まれています

彼岸にお供えするのはどんなお菓子?おすすめのお菓子をご紹介します

お彼岸にお供えするお菓子をどうするか迷われる方もおられると思います。ここでは、お彼岸にお供えするお菓子について、仏壇にお供えすべきお菓子やお菓子を選ぶポイント、手土産にオススメのお菓子などについて解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

「初彼岸・準備」に関連する記事

「初彼岸・準備」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初彼岸・準備」についてさらに知りたい方へ

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介しますのサムネイル画像

初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介します

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!のサムネイル画像

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初彼岸のお返しは何を贈る?金額相場やのしについても徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸のお返しは何を贈る?金額相場やのしについても徹底解説します

葬儀の準備はどんなことをすればいい?喪主のためのチェックリスト!のサムネイル画像

葬儀の準備はどんなことをすればいい?喪主のためのチェックリスト!

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?のサムネイル画像

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初彼岸・準備」についてさらに知りたい方へ

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説しますのサムネイル画像

初彼岸はいつからいつまで?法要のお布施や服装についても解説します

初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介しますのサムネイル画像

初彼岸の服装マナーを解説!アクセサリーや持ち物までご紹介します

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!のサムネイル画像

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初彼岸のお返しは何を贈る?金額相場やのしについても徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸のお返しは何を贈る?金額相場やのしについても徹底解説します

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説しますのサムネイル画像

初彼岸の香典はいくら包めばいい?金額相場を関係別に徹底解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと