法事の際に身につけるアクセサリーとは?マナー・注意点を解説します

法事の際はアクセサリーを身につけていっても構わないのでしょうか?どのようなアクセサリーであれば失礼にあたらないのか、悩まれる方も多いと思います。この記事では、法事の際のアクセサリーについて、マナーや注意点などを詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 法事の際のアクセサリーについて
  2. 法事にアクセサリーは必要あり?なし?
  3. 法事のアクセサリーのマナー・注意点
  4. 法事の際の化粧について
  5. 法事の際の服装について
  6. 法事の際の髪型について
  7. 法事のアクセサリーについてのまとめ

法事の際のアクセサリーについて

葬儀

法事の際に身につけるアクセサリーは、どのようなものがふさわしいのでしょうか?

女性の場合は特に服装や髪型、アクセサリー、バッグなど、気を遣わなければならないことがたくさんありますよね。
喪服などのマナーは把握していても、アクセサリーなどの装飾品については詳しくない方も多いかもしれません。

また、挨拶や香典など法事に参列する作法はきちんとできていても、アクセサリーでマナー違反になってしまったら残念ですし、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。
そこで今回、終活ねっとの記事では、法事の際のアクセサリーについて、以下の疑問点を中心に解説していきます。

  • 法事にアクセサリーは必要?
  • 法事の際につけるアクセサリーのマナーや注意点は?
  • 法事の際の化粧は?
  • 法事の際の服装は?
  • 法事の際の髪型は?

この記事では、法事の際にふさわしいアクセサリーや、アクセサリーを身につける際の注意点を詳しく解説していきます。
また、法事の際の化粧や服装、髪型についてもご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

法事にアクセサリーは必要あり?なし?

困った人々

そもそも法事に、アクセサリーは必要なのでしょうか。
その答えは、欧米の洋装文化に従うか、日本の和装文化に従うかで変わってきます

洋装文化では「洋服はアクセサリーをつけて初めて完成する」という考え方があります。
それが例え法事の場であっても、アクセサリーを身につけることが正式であり、ノーアクセサリーはマナー違反という考え方です。
正しい着こなしでドレスアップすることで、ご遺族への敬意や配慮を表しているとも言えますね。

反対に和装文化では、結婚指輪以外のアクセサリーは身につけないのがマナーです。
着物を着る際、アクセサリーは身につけないのが基本ですので、自然な考え方ですね。
故人やご遺族への思いやりを持って、何事も控えめにという風習は日本らしいと言えます。

このように、法事にアクセサリーが必要かどうかは、地域やご家庭の風習や考え方によって異なってくるのです。

法事のアクセサリーのマナー・注意点

葬儀

それでは、法事のアクセサリーのマナーや注意点を順番に説明していきましょう。

まず、法事は自分を着飾る場ではなく、故人の偲ぶ場であるということが大前提ですね。
そのため、アクセサリーを身につける場合には、控えめにという配慮が大切です。
「法事にアクセサリーは必要ない」という考え方もありますから、華美にならないように注意しましょう。

法事の際に身につけるアクセサリーは、基本的に二種類までと言われています。
例えば、指輪とネックレスのみ、ネックレスとイヤリングのみ、などです。
なにか一つ身につけていく場合には、パールのネックレスを選ぶといいでしょう。

法事のアクセサリーについては、地域やご家庭による考え方の違いが大きいと言えます。
例えば、ネックレスだけだと「それしか持っていないのか」と思われる方もいらっしゃいます。
かと言って、ネックレスとイヤリングを両方つけると「法事の場で着飾って…」と思われる方もいらっしゃいます。

悩むようであればなにも身につけず、周りの様子を見てからつける、という手もあります。
まずはご家族や、身近な方に相談してみるのがいちばんいいかもしれませんね。

指輪は結婚指輪のみ、ダイヤは避ける

法事の際の指輪は、結婚指輪であればつけても構わないとされています。
言い換えてしまえば、結婚指輪以外はしない方がいい、と考えるのが無難です。

結婚指輪であっても、煌びやかなものや、ダイヤがついているものは避けるべきとされています。
輝きが強いと感じるものは、外せるのであれば外しておきましょう。
普段から結婚指輪をされている方は、長年つけていて外せなくなってしまった場合もあるかと思います。
そんなときは、宝石がついている方を手の内側に向け、輝きが目立たないように配慮しましょう。

ネックレスはパールかオニキス

法事の際のネックレスは、パールやオニキスが一般的です。
パールは涙の象徴とされ、お悔やみや悲しみの場で使用される代表的なアクセサリーとされています。
大粒タイプのものは避け、7ミリから8ミリ程度の丸か、それに近い形のもの選びましょう。

パールのネックレスは、白・黒・グレーなど、どの色を使用しても問題ありませんので、一つ持っておくと便利ですね。
ただし、地域やご家庭によって、白が正式だという方や、黒が厳粛な場にふさわしいという考え方もあります。
購入される場合や身につける前に、一度周囲の方に確認されるといいかもしれません。

他にも、オニキスなどの黒い宝石は控えめな印象ですので、つけてもよいとされています。
オニキス以外ですと、黒曜石・ジェット(石ではなく、樹木が化石化したもの)などを選ぶといいでしょう。

注意点として、ネックレスは一連タイプのものを使用する必要があります。
二連以上のネックレスは「不幸が重なる」と考えられてしまうので、法事の際は避けましょう。
ロングタイプのネックレスも、派手に見えてしまうので気をつけましょう。
「悲しみが長引く」という考え方にも繋がってしまうので、法事の場にはふさわしくありません。

また、ネックレスを選ぶ際は、金具にも注意が必要です。
ゴールドや光沢のある金具は派手に見えてしまうので、こちらも避けた方がいいでしょう。

ピアスはなるべく銀色を

法事の際、ピアスはマナー違反であるという声も少なくありません。
故人を偲ぶ場で、周囲からあまり印象のよくないアクセサリー選びは避けた方が無難です。
可能であれば、ピアスではなくイヤリングの方が好ましいとされています。

普段からピアスをされている方は、外すと穴が塞がってしまうなど、外せない理由もあるかと思います。
どうしてもピアスを身につけたい場合は、白か黒のパールを選びましょう。
ただし、揺れるタイプのピアスや、パールの他に宝石がついているピアスはマナー違反です。
必ず、揺れることのない一粒タイプのものを選びましょう。

また、留め具もゴールドや光沢のあるものは避け、銀色の留め具のものを選びましょう

バッグは金具が無い黒っぽいもの

法事の際のバッグは、無地で飾りがついていない黒いバッグを選びます
ツヤのないシンプルな布製のバッグが一般的です。
黒いバッグであっても、素材自体に模様や柄が入っているものは避けましょう。

できれば、ボタンや留め金の金具などが、外側についていないものが好ましいです。
また、動物を連想させる素材のバックは、殺生を意味することから避けるべきとされています。
毛皮や革製、爬虫類柄のバッグは避けるようにしましょう。

ただ、近年では革製のバッグを持つ方も少しずつ増えてきているようです。
革製のバッグを持つのであれば、必ず光沢のないものを選びましょう。
外に出たら以外と光っていた、なんてこともありますので、購入される前に照明に当てて確認されることをオススメします。

腕時計は外す

法事の際、腕時計は外した方が無難と言えます。
時間を確認したい場合は、腕時計を喪服のポケットに入れておくのがいいでしょう。

どうしても腕時計をしなければならない場合は、フォーマルシーンに適した腕時計があります。
ステンレス製などで、白い地味な文字盤のものが一般的です。
腕時計のベルトに関しても、ゴールドなどの派手なものや、光るものは法事の場にふさわしくありません。
デパートや百貨店などの店員さんに、法事に適した腕時計を相談してみましょう。

何度も時間を確認するのは失礼ですが、携帯電話やスマートフォンなどで時計を見るという手段もあります。
式の最中は必ずマナーモードにし、着信音やアラームが鳴らないように注意しましょう。

法事の際の化粧について

困った人々

法事の際は、ノーメイクで参列するのはマナー違反です。
ただし、バッチリメイクであればよいというわけではありません。

法事では「ナチュラルメイクより薄く」することを意識しましょう。
周囲から見て、化粧をしているかしていないか分からないくらいがベストです
法事の化粧の注意点は、以下の表を参考にしてみてくださいね。

注意点
ベースメイク ツヤ感が出るものは避け、マットな仕上がりで素肌を隠す程度に留める。
アイシャドウ つけないのが基本。使用する場合は目尻のみにつける。
アイライン つけないのが基本。使用する場合は目尻のみにつける。
マスカラ つけないのが基本。カールや重ね塗りはせず、目尻のみにつける。
チーク つけないのが基本。使用する場合は軽くぼかす程度に留める。
口紅 ツヤ感の出るグロスは使用せず、塗った後はティッシュオフして潤いを抑える。

ベースメイクもポイントメイクも、ラメやパールなどが入ったキラキラしたものは避けましょう。
ポイントメイクはすべてブラウン系、ベージュ系などの地味で落ち着いた色を使用します。
法事の際は、周囲に明るく活発な印象を与えないメイクを意識することが大事です。

法事の際の服装について

葬儀

法事の際は、どのような服装がふさわしいのでしょうか
順番に説明していきましょう。

服装

法事の際、3回忌までは喪服を着用するのが一般的です
7回忌以降は平服を着用するのが一般的ですが、ジーパンなどのカジュアルな服装という意味ではないので注意が必要です。

平服は、略喪服と呼ばれるもので、控えめな服装のことを指します。
男性の場合は、黒・濃紺・濃いグレーなどのスーツで問題ありません。
インナーは色や柄のついたものは避け、必ず白いシャツを着用しましょう。

ネクタイに関しても、派手な色や柄のついたものはマナー違反です。
黒・濃紺・濃いグレーなどで、無地に限らず目立たない程度のストライプ柄などを選ぶことも可能です。
しかし、自分では目立たないと思っていても、周囲から見たら浮いてしまう場合もありますね。
スーツもネクタイも、悩むようであれば黒の無地を着用するのがいちばん無難でしょう。

女性の場合は、黒・濃紺・グレーなどのワンピースやアンサンブルなどを着用しましょう。

法事の際の靴は、男女ともに光沢のない黒い靴を選びましょう

男性の場合は、靴紐を通す穴に金具がついているものは避けた方が無難です。
薄い黒やグレーに近い黒ではなく、ツヤのない漆黒のシンプルな靴を選びましょう。

女性の場合は、ヒールの高すぎないプレーンのパンプスを選びましょう。
ペタンコ靴もマナー違反ですので、ヒールは3センチから5センチ程度がいいでしょう。
黒であっても、ワンポイントの花やリボンのついているものは避け、装飾のない靴を選びましょう。
脱いだり履いたりすることもありますので、ストラップタイプのものも避けた方が無難です。

ストッキング

法事の際、女性はストッキングを着用するのがマナーです
夏場であっても生足は避け、肌色ではなく黒いストッキングを着用しましょう。
厚みがありすぎず、うっすらと肌が見える程度のものがよいとされています。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
法事の服装について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

法事の際の髪型について

葬儀

法事の際は、地味で落ち着いた髪型が好ましいです
肩にかかるようであれば、後ろで一つに結びましょう。
長すぎる場合は、耳より下の位置でおだんごにするとスッキリまとまりますね。

髪色は、黒か落ち着いた茶色であればそのままで構いません。
髪色が明るすぎるときは、スプレーで黒く染めるか、黒いウィッグを使用するのがオススメです。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
法事の際の髪型やヘアスタイルについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

法事の際の男性・女性のヘアスタイルはどうする?注意点も解説します

法事に参列する際の髪型について解説しています。具体的にはどんなヘアスタイルが適しているの?とお悩みの方に向けてオススメのヘアスタイルも紹介しています。男性・女性・お子さんの長さに合わせた髪型がありますので、法事に参列される前にチェックしておきましょう。

法事のアクセサリーについてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとの記事では、法事の際のアクセサリーについて以下のことを説明しました。

  • 法事の際に身につけるアクセサリーは二種類までにする。
  • 指輪は結婚指輪のみ身につけても構わない。
  • ネックレスは一連タイプのもので、パールやオニキスなどを選ぶ。
  • イヤリングやピアスを身につける場合は、パールの一粒タイプで揺れないものを選ぶ。
  • バッグは無地の黒いバックで、動物や爬虫類を連想させる素材のものは避ける。
  • 法事の際は腕時計は外し、どうしても必要な場合はフォーマル用の腕時計を身につける。
  • 法事の際の化粧は「ナチュラルメイクより薄く」することを心がける。
  • 法事の際の服装は3回忌までは喪服、7回忌以降は平服を着用するのが一般的である。
  • 法事の際の髪型は肩につくようであれば後ろで一つにまとめ、髪色が明るすぎる場合はスプレーやウィッグなどを使用する。

法事の際は、服装だけでなくアクセサリーにも注意を払わなければならないことが分かりました。
マナーや注意点を覚えてしまえば、いざというときに慌てなくて済みますね。
作法だけでなく、身につけるものや持ち物もマナー違反にならないようにして、法事に参列しましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
法事の当日の流れなどを詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

故人を供養するために四十九日や一周忌・三回忌などでは法事を行うことが必要となりますよね。では、法事が始まる時間は何時からなのでしょう?今回は、法事が始まるのは何時からなのかについてと法事にかかる時間を解説したいと思います。。ぜひ最後までご覧ください。

「法事・アクセサリー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

葬儀用のパールアクセサリーとは?アクセサリーの種類や注意点を解説のサムネイル画像

葬儀用のパールアクセサリーとは?アクセサリーの種類や注意点を解説

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事とお葬式の違いとは?亡くなった後の流れについてまとめましたのサムネイル画像

法事とお葬式の違いとは?亡くなった後の流れについてまとめました

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説のサムネイル画像

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説

法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!のサムネイル画像

法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと