初盆に持っていくものをご紹介!参列できない場合の対処法も解説

今度迎えるお盆が初盆の場合、故人を供養する意味が強いという点で普通のお盆と違いがあるため、持っていくものにも気を遣うでしょう。このため、初盆で持っていくものについて前もって知っておけば無難といえるでしょう。今回は初盆で持っていくものを見ていきます。

目次

  1. 初盆に持っていくものについて
  2. 初盆とは?
  3. 初盆に持って行くものとは
  4. 初盆に参列できない場合は?
  5. 法事に持っていくものをご紹介
  6. 初盆に持っていくものに関するまとめ

初盆に持っていくものについて

葬儀

皆さん、今年のお盆はどのように過ごす予定でしょうか?
地元に帰省してのんびりするという方や、国内や海外の観光地に旅行に出かけるという方もいるでしょう。
中には、今年はご家族やご友人などお知り合いの方が初盆という場合もあります。

初盆となると、普通のお盆と異なり先日に四十九日を迎えた故人を供養することが主となってくるため、普通のお盆とはまた違った準備が必要です。
そして、初盆の場合は故人のための初盆法要も行われるため、参列する側としては持っていくものをあらかじめ知っておく必要があります。

しかし、初盆を初めて経験するという方やそれほど初盆について経験や知識のない方にとっては、初盆に持っていくものといわれてもあまりイメージできないでしょう。
そこで今回終活ねっとでは、初盆の際に持っていくものについてご紹介していきます。

  • 初盆とはいったいどのようなお盆なのか?

    普通のお盆とは意味合いの違う初盆がどのようなものなのかについて、簡単に見ていきます。

  • 初盆で持っていくものとは?

    お知り合いの方が初盆という場合に持っていく物について詳しくご紹介します。

  • もし、初盆に参列できない場合は?

    何らかの事情があって初盆に参列できない場合、どのように対処すれば良いかについてご説明します。

  • 法事に持っていくものとは?

    普通のお盆の場合に行われる法事の際に持って行く物を、簡単に解説します。

今年迎えるお盆が初盆であるものの、何を持っていけば良いかわからないという方向けにまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初盆とは?

お墓

最初に初盆というものについて、簡単に説明しておきます。

初盆とは、お盆の中でも1年以内に身内の方の四十九日があり、その後にお盆を迎えるケースのことです。
四十九日を過ぎた故人にとっては、初めて死後の世界から子孫の方たちの住む世界に里帰りして、一緒に過ごすお盆であるため、初盆と呼ばれます。

初盆では迎え火(お盆初日に焚く火のこと)を焚いた後に、普通の盆提灯のほかに無地の白提灯をすのが一般的です。
また、四十九日を過ぎたばかりの故人のために初盆法要を行い、その際には故人にゆかりのある人が大勢参列します。

初盆に持って行くものとは

仏壇

ここまで見てきたように、初盆は普通のお盆とは異なった意味を持っているため、法要などで持っていくものについて迷いがちです。

そこで、初盆の際に持っていくものについて詳しく見ていきましょう。

お供え物

初盆で持っていくものとして最初に挙げられるのが、故人にお供えするためのお供え物です。
おすすめのお供え物としては、お線香・お花・菓子折り・お酒・提灯などがあります。
特に、故人が生前好んでいたものであればなおさらおすすめです。

また、品物ではなくお金という形でお供えを持参するというケースも最近増えてきており、こちらもうってつけといえるでしょう。

お供え物の相場

品物という形でお供え物を持参する場合は、3千円から5千円というのが一般的な相場です。
特に故人と生前に親しい間柄だった場合は、1万円ほど包む場合もあります。

もちろん地域によって相場はさまざまですが、あまり高額の場合は受け取ったご遺族側の方がお返しの際に困惑してしまいますので、配慮しましょう。

なお、故人と血縁関係にある場合は、より高い相場で1万円から3万円ほど包むのが一般的です。

お供え物ののし

お供え物を包む際にはのしをつけるのが一般的な作法とされています。
菓子折りや夏野菜・果物などであれば、「御供」や「御供物」、「御仏前(ご仏前)」などの表書きを使います。
お線香であれば、上記の表書きのほかに「御香典」も一般的です。

お金を包む場合は「御供物料」や「御香料」、「御仏前(ご仏前)」の表書きが基本とされています。
ちなみに、表書きを記す際は黒い墨を使うのが作法です。

のしの水引については、1万円以下であれば黒白または黄白で結び切りやあわじ結びの結い方がしてあるものを選びましょう。
ただし、それ以上の額のものは双銀の水引を使うのがマナーです。

香典

初盆の際に持っていくものには香典も欠かせませんが、お供え物(特にお金を包んでいる場合)とは別に用意して持っていくという点に注意しましょう。

香典の金額相場

初盆法要で包む香典の金額相場は、生前の故人との関係やご自身の年齢によって異なりますが、故人が血縁者の場合は高くなる傾向にあります。

例えば、故人が親である場合は1万円から3万円が相場であるのに対し、故人が知人や友人の場合は5千円から1万円が一般的です。
ただし、故人が親である場合は、別途白提灯代として3千円(兄弟姉妹1人あたり)を包むという作法もあります。

このほか、故人が親以外の場合で、法要後の会食に参加するということであれば、5千円から1万円ほど多めに包んでおくと良いでしょう。

香典袋の表書き

香典を包む際には香典袋の準備も必要です。
表書きには、故人がすでに四十九日を過ぎているということから「御仏前(ご仏前)」が一般的に用いられます。

なお、白提灯代を包む場合は「御提灯代」と記すようにしましょう。
ちなみに、香典袋の表書きは、お供え物の場合と同じようにすべて黒い墨を使って書きます。

さらに、香典を包む際には新札(俗にいうピン札)ではなく古いお札を使うのがマナーです。
これは、故人の不幸が起きることを予想していたと思われないようにする工夫であることによります。
もし、手元に古いお札がない場合は、新札に折り目をつけてから包むようにしましょう。

数珠

法要の場に持っていくものとして忘れてはいけないのが、数珠です。
僧侶の方の読経の最中に手を合わせる際に使われるほか、お焼香の際にも欠かせない仏具といえるでしょう。

できれば、本格的な2輪の数珠(108個の玉でできているもの)があれば良いのですが、1輪の簡素な数珠(27個の玉からできているもの)を持参しても特に問題はありません。

初盆に参列できない場合は?

困った人々

何らかの事情があるために、お知り合いの初盆に参列できない場合もあるでしょう。
この場合は、持っていくものとして代表的とされる香典を、現金書留で郵送するのが一般的です。

香典はもちろん香典袋に包んだ状態にしたうえで、さらに現金書留用の封筒の中に入れて送ります。
この時、表書きは「御供物料」と黒い墨を使って記すのが一般的です。
さらに、法要に参加できない代わりにお悔やみの手紙も一緒に入れて、法要の1週間前に相手方の元に届くように送りましょう。

また、香典以外にもお供え物を送る場合は、のし紙を掛けたうえで、お悔やみの手紙を同封して送ります。
ただし、初盆は真夏であるため、傷みやすいものや日持ちのしないものはおすすめできません。
このため、菓子折りのように長持ちしやすいものを送りましょう。

なお、お供え物は遅くとも初盆法要の前日までには相手方のもとに届くようにするのがマナーです。

法事に持っていくものをご紹介

葬儀

ここまでは初盆の場合に持っていくものについて詳しく見てきました。
一方で普通のお盆などの法事の場に持っていくものには、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

ここでは法事の際に持っていくべきものについて、簡潔にご紹介します。

香典

普通のお盆の場合など法事の場でも、香典は持っていくものとして欠かせません。
法事の香典は、故人が血縁者の場合は1万円から3万円、血縁者以外の場合は5千円から1千円が一般的な相場です。
法事後の会食に参加する場合は、さらに1万円から2万円ほど多めに包んでおくと無難でしょう。

ただし、故人が血縁者以外の場合でも生前に親しい間柄にあった場合は少し多めに包んでも良いでしょう。

普通のお盆の場合も含め法事の際に用意する香典については、下記の記事の方がより詳しく説明していますので、ぜひともご参照いただければ幸いです。

こちらも読まれています

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

数珠

数珠もまた、普通のお盆など法事においても不可欠な必携品といえます。

特に、普通のお盆の場合は法事の後にお墓参りをすることが初盆の場合(初盆の段階で故人のお墓がないこともある)以上に多いため、なおさら数珠は必要といえるでしょう。

初盆に持っていくものに関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、初盆の際に持っていくものについていろいろと見てきました。
今回の記事の内容をまとめますと、以下の4点のようになります。

  • 初盆とは、お盆の中でも故人の四十九日が1年以内にあり、それが過ぎた後で迎える場合を指す。
    普通のお盆に比べて、故人を供養する意味合いが強いことから、故人のために白提灯を飾ったり初盆法要を行ったりする。
  • 初盆に持っていくものとしてお供え物や香典、数珠が挙げられる。
    お供え物はお線香やお花、菓子折り、あるいはお金などが代表的で、特に故人が好んでいたものが望ましい。
    3千円から5千円が相場で、のしには「御供」や「御供物料」といった表書きを使う。

    香典の金額は故人が血縁者の場合で1万円から3万円、それ以外の場合で5千円から1万円が相場である。
    香典ののしは表書きとして「御仏前(ご仏前)」が使われる。
  • 初盆に事情があって参列できない場合は、香典やお供え物をお悔やみの手紙を添えて郵送する。
    香典は現金書留専用の封筒に入れて、初盆の1週間ほど前に着くように送る。
    お供え物についてものし紙を掛けた形で、初盆の前日に間に合うように送ると良い。
  • 普通のお盆など法事の場合は、香典と数珠を持参する。
    香典は血縁者が故人の場合で1万円から3万円、それ以外の場合で5千円から1万円であるが、会食に参加する場合は1万円から2万円を多めに包むと良い。
    このほかに数珠も必携品といえる。

初盆ではお供え物や香典、数珠が持っていくものとして主に挙げられますが、いずれも故人を供養する気持ちを込めたうえで持っていくと良いでしょう。
なぜならば、故人の供養の際に最も大切なのは、真心であるためです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「初盆・持っていくもの」に関連する記事

「初盆・持っていくもの」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初盆・持っていくもの」についてさらに知りたい方へ

初盆の提灯の飾り方はどうする?処分方法や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

初盆の提灯の飾り方はどうする?処分方法や金額相場についてもご紹介

初盆法要ですることとは?初盆を迎えるための準備についても解説のサムネイル画像

初盆法要ですることとは?初盆を迎えるための準備についても解説

初盆にお線香を贈る際のマナーとは?お線香の上げ方についても解説のサムネイル画像

初盆にお線香を贈る際のマナーとは?お線香の上げ方についても解説

初盆の迎え火はどうやって行う?迎え火のやり方や時間帯を解説しますのサムネイル画像

初盆の迎え火はどうやって行う?迎え火のやり方や時間帯を解説します

神式の初盆は新盆祭・新御霊祭とよびます。のサムネイル画像

神式の初盆は新盆祭・新御霊祭とよびます。

初盆で渡すお供え物の表書きとは?のしのマナーについても解説しますのサムネイル画像

初盆で渡すお供え物の表書きとは?のしのマナーについても解説します

浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!のサムネイル画像

浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!

初盆の香典袋はどうやって選ぶ?袋の選び方や正しい書き方をご解説のサムネイル画像

初盆の香典袋はどうやって選ぶ?袋の選び方や正しい書き方をご解説

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと